ニート就活のコツ

最初が大事!就職したい22歳の無職・ニートがやるべき3つのこと。

最初が大事!就職したい22歳の無職・ニートがやるべき3つのこと。の画像
ダイスケ

既卒就職経験アリの就職ナビゲーター、ダイスケです。

「無職、ニートだけど就職したい…」
こう思ったら、最初にやっておきたいことがあるんです。

この記事では、
就職したい22歳の無職・ニートがやるべきこと
についてお話しします。

無職・ニートでも22歳はまだまだチャンスがある年代!

  • 22で無職じゃさすがにヤバイ…就職したい…
  • 大学中退してニートをしてたけどそろそろ働きたい。
  • 高校卒業後はずっと無職だったけど、22歳だしなんとかしたい…

こんなふうに「そろそろ就職したい」「就職しないと不安」と思っていませんか?

ただ、無職やニート生活が少しでもあると、なかなか一歩が踏み出せないですよね。

 

ぼくもフリーター・ニート経験を経て就職した経験があるので、焦る気持ちや不安はあるのに動き出せないもどかしさが分かります。

「22歳で無職だったら、就活しても雇ってもらえないんじゃないか」と思ってしまいますよね。

 

しかし、年齢的なことで言えば、22歳はまだまだ就職チャンスはたくさんある年代です。

もちろん、ストレートで新卒就職するのに比べればチャンスは減りますし、就職自体難しくなるのは事実ですが、就職の成功は自分に合う企業にきちんと入社することです。

遅れをとっても、これからきちんと就活して、自分にフィットする企業に就職することを目標にすることが大切です。

 

ここからは、22歳の無職、ニートから就職したいと思ったらこれだけはやっておきたいと言える3つのことをお話ししていきます。

未経験OKの求人は、25歳を境に減り、27歳、30歳を目安にどんどん少なくなっていくと言われているので、22歳の今のうちに就職を考えるのは賢い選択ですよ。

「22歳で無職、ニートだからダメ」という気持ちを切り替えて就活しよう

「22歳で無職、ニートだからダメ」という気持ちを切り替えて就活しよう

まず1番最初にやっておきたいのは、メンタル的なことです。

 

22歳で無職、ニートだと、先にお話ししたように「22歳で無職だったら、就活しても雇ってもらえないんじゃないか」と思ってしまったり、

  • どうせ受からないよな。。。
  • なんにもアピールできることなんてない
  • もうダメじゃん…

というように、マイナスなことを考えがちだと思います。

ある意味しょうがない部分はありますが、就活をマイナスな気持ちのまま進めたら、マイナスを引き寄せるだけです。

 

ぼくも就職活動をはじめたときは、どうせダメだよな…と思いながら応募したり、面接を受けていました。

後ろ向きな気持ちは、どうしても相手に伝わってしまうもので、一度面接で、「本当に入社したいと思ってる?やる気あるの?」と聞かれたこともあります…

仕事ができるできない以前に、気持ちの部分を見透かされてしまうというわけです。

 

なので、マイナスばかり考えず、自分の良い面にフォーカスすることが、就職活動を進める上でとても大切なんです。

 

そうは言っても、22歳の無職、ニートで良い面ってなんなの?

と思うかもしれませんが、例えば、

  • 新卒にはない魅力⇒すぐに入社して働ける
  • 若さや熱意、やる気がある=将来性がある
  • 素直に話をきける=育てやすい

こんなプラス面もあります。

 

リクナビが調べた「経験の浅い第二新卒を採用する理由ベスト5」というデータがあるのですが、

「経験の浅い第二新卒を採用する理由ベスト5」

  1. やる気
  2. ポテンシャル・将来性
  3. バイタリティ

参考データ:リクナビNEXTより一部抜粋

こんなふうに、社会人経験がある第二新卒でさえ、やる気や将来性、バイタリティなどの基本的な部分が重要視されているので、これらが伝わるように気持ちを切り替えておくと良いですよ。

「22歳、無職・ニート。」のウィークポイントをプラスに変えよう

「22歳、無職・ニート。」のウィークポイントをプラスに変えよう

ここまで、プラスや自分の良い面にフォーカスしようとお話ししてきましたが、決して22歳の無職、ニートの弱みやマイナスポイントを忘れてOKと言いたいわけではありません。

弱みやマイナスポイントに囚われるのではなく、きちんと対策しておくことが大切です。

 

22歳の無職、ニートが就職活動で弱みとなる部分は、ある程度決まっていますよね。

  • どうして22歳までニート生活をしていたのか?
  • 就職せずに卒業したのはどうして?
  • 中退してしまった理由は?
  • 就職してやっていけるのか?

採用担当者や面接官もこんなことが気になるので、ほぼ必ず似たような質問をされることになります。

 

しかし、質問される内容が分かっているということは、逆に考えれば対策しやすいと言えるので、弱みになる部分の回答を備えておくことで、不安を抱えずに就活を進められるということなんです。

 

上記のような弱みになるような質問に対しては、特別な理由がある場合はそのまま答える必要があると思いますが、

  1. 理由を素直に答える
  2. その経験から何を学んだかを伝える・反省を述べる
  3. これからはどうしたいと思っているかを語る

こういう流れで対策しておけば、ポジティブな流れの回答を準備しやすくなります。

弱みやマイナスをそのままにすると印象はよくないので、何を学んで、今後はどうしたいかをきちんと伝えるようにするのがコツですよ。

22歳の無職、ニートから就職するためには最低限のマナーやノウハウを身につける

22歳の無職、ニートから就職するためには最低限のマナーやノウハウを身につける

最後3つ目のやっておきたいことは、22歳で無職、ニートから就職するなら、就職マナーや就職ノウハウを身に着けておいたほうが良いということです。

 

ぼく自身の就活を振り返って思うのは、就職にもマナー的なことや「この企業にはこうしたほうが良い」というようなノウハウがあるので、それを知って就活をしたほうが断然有利だということです。

 

例えば、就職活動をしたことがある人は多いと思いますが、新卒で就職するのと既卒になって就職するのとでは、同じ就活でも細かなマナーが違ってきます。

また、応募する企業によって、気をつけた方が良いポイントも当然異なってくるので、それなりにノウハウやコツを知ることって大事なんですね。

 

「就職できない…受からない…」というのは、無職・ニートだから、フリーターだから、というよりも、就職マナーやノウハウ、コツが身についていないことが原因というケースも多いです(ぼくもそんな感じでした。)。

 

ですから、「就職が成功するにはどうするべきか」を身につけてから、就職活動をするのも大切なことですよ。

フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

しかし、就職マナーやノウハウは、ひとりで調べてもよくわからない…という人が多いと思います。

 

なので、できれば就職支援サービスを使って就活を進めたほうが良いですね。

 

就職支援サービスというのは、キャリアアドバイザーという担当者が、

  • 要望に合う求人を探して紹介してくれる
  • 応募する企業の細かな情報を教えてくれる
  • ひとりひとりに合った就職のコツや注意点を教えてくれる

などを無料でバックアップしてくれるサービスのことですね。

 

22歳の無職、ニートと言っても、大卒の人もいれば専門中退、高卒でしばらくアルバイトをしていた、などいろいろなケースがあると思うので、自分に合う就活ノウハウを身につけるには、キャリアアドバイザーに直接相談したほうが良いです。

 

でも、無職でニートだったし、そんなで相談していいの?

と不安かもしれませんが、ニートや既卒など、未経験からの就職を専門にしているサービスを使えば対応してもらえます。

 

  • 適性のある仕事ってどんなもの?
  • やりたいことがないけど、どう求人を選べばいいか?
  • 面接や書類はどう対策したらいい?

なども最初に聞けるので、うまく活用すると良いですよ。

ぼくは、こうしたサービスを通して就職したので、使ったほうが有利になると思います。

22歳の無職、ニートの就職におすすめできる就職支援サービスは!?

とくにおすすめできるのは、レバレジーズ株式会社が運営しているハタラクティブという就職支援サービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

ニートや既卒、フリーターなど未経験の就職を専門的にサポートしています。

仕事をきちんと紹介してくれましたし、担当者も親切でした。

職種も、エンジニアや営業、事務、サービス業、販売など、いろいろだったので、仕事探しがしやすいと思います。

相談したことで、「就職できるかも!」とやる気をもらえました。

 

ただし、サポートは関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定です。その分、関東エリアの就職には強いので、関東で就職するならここを活用すると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする