ニート就活のコツ

20歳のニートが就職するには何が必要!?無職からの就活術。

20歳のニートが就職するには何が必要!?無職からの就活術。の画像
ダイスケ

既卒就職経験アリの就職ナビゲーター、ダイスケです。

「無職だけど就職したい…」こんなふうに思っていませんか?

今回は、
20歳のニートが就職するために必要なこと
についてお話ししますね。

20歳の無職・ニートの就職はまずは一歩踏み出すことが大切!

20歳で無職…ニート生活をこれ以上続けたくない…

でも、就職できるのかな…

無職で20歳になっちゃった…

これからは正社員として働きたいな…

「就職したいけど不安」「無職だけどどうしたらいい!?」と悩んでいませんか?

10代のうちは、とりあえずこのままでもなんとかなるかも…と思っていても、20歳を過ぎるとだんだん将来が不安になってきますよね。

 

年齢こそ違いますが、ぼくも25歳で就職をするまで、フリーター、ニートをしていた過去があるので、無職でいる憂鬱な気持ちはよくわかります。

 

今だから言えるのですが、無職・ニートから就職するなら、できるだけ早いうちに(若い内)就職活動をしたほうが良いです。

  • 無職期間はできるだけ短いほうが就職に有利
  • 若いほうが就職チャンスはある

と言えるからです。

 

とくに20歳前後なら、無職期間もそんなに長くはないですし、若さも全然あるので、まずは一歩踏み出して就活することが大切です。

 

ここからは、ぼくの就活経験やこれまで人事を任されてきた経験をもとに、20歳の無職、ニートが就職するために「これだけは必要」という3つのポイントをお話ししていきます。

どれも難しいことはないので、参考にしてもらえたら嬉しいです!

まず20歳の無職・ニートの就職に必要なのは『気持ちを切り替えること』

まず20歳の無職・ニートの就職に必要なのは『気持ちを切り替えること』

20歳で無職、ニートだと、冒頭でもお話ししたように就職できるのかどうか不安だと思います。

ぼくもそうでしたが、就職活動はしたいけど自信がもてないので、「どうせダメだよな」「もう正社員は無理じゃね?」とかなりネガティブに思っていました。

 

ただ、そういう気持ちで就活を進めると、ネガティブな気持ちが応募書類に表れたり、採用担当者にも伝わるので、うまくいかないんですよね。

 

なのでまずは、「20歳で無職、ニート=マイナス、就職できない」とばかり思わず、前向きな気持ちに切り替えることが大切です。

 

そこでぜひ知っておいてほしいのが、労働政策研究・研修機構という組織が発表している以下のデータです。

【1年前「無業・非家事非通学・無配偶で卒業者」であった者の現状】

正社員になった人の割合(20〜24歳)

  • 男性 18.3%
  • 女性 17.9%

非求職無業者の割合(20〜24歳)

  • 男性 29.7%
  • 女性 26.7%

参考データ:労働政策研究・研修機構より一部抜粋

分かりやすく言えば、1年前に無職、ニートだった人の約20%程度は正社員になっているという調査結果なんです。

つまり、無職やニートでも正社員として採用されている人はちゃんといるというわけです。

 

「20%って少ないな…」と感じるかもしれませんが、データを見ると分かるように、100%中約30%は就職活動をしていない(非求職無業者、つまり就職する気がない人)ことを考えると、そこまで少ないわけでもないんです。

なにもしなければそのままですが、きちんと就活すればチャンスはあると言えるのではないでしょうか。

 

なので、20歳で無職、ニートでも、「1年後は正社員として働いているかもしれない」と前向きな気持ちで就職を考えましょうね。

20歳の無職、ニートの就職に必要なのは『弱みをプラスに変える考え方』

20歳の無職、ニートの就職に必要なのは『弱みをプラスに変える考え方』

ここまでお話しした「気持ちを切り替える」に関連しているのですが、20歳の無職、ニートという弱みをプラスに変える考え方を知っておくことも大切です。

 

これはどうしてかというと、例えば就職活動で面接を受けると、必ずといっていいほど、以下のような弱みに関する質問をされるはずですが、、、

  • どうして就職せずに卒業したんですか?
  • 無職になったのはどうしてですか?
  • これから正社員としてやっていけますか?

これらの弱みをプラスに変えられないと、採用担当者や面接官に信頼してもらえないからです。

 

採用担当者としては、単純に弱みを突きたいわけではなく、採用するのに不安があるから以上のような質問をします。

なので、その質問に対しては、プラスで終えるような答え方を準備しておくことが必要なんです。

 

例えば、「どうして就職せずに卒業したんですか?」という質問に対して、次のような流れで答えを準備すれば、弱みをプラスの方向へ変えることができます。

  1. 理由をきちんと答える
  2. その結果どんなことを学んだか、反省したか、を素直に伝える
  3. 今後はどうしていきたいのかを熱意をもって話す

このような3ステップに沿って話を組み立てれば、プラスのイメージで答えられるのでおすすめです。

 

弱みの質問に対しては、理由や現状だけを答えても相手の不安感を取り除くことはできません。「今後はどうしたいか」をきちんと伝えられるように準備すると良いですよ。

20歳の無職、ニートの就職に最低限必要なのは『就活マナーやコツ』

20歳の無職、ニートの就職に最低限必要なのは『就活マナーやコツ』

最後3つ目のポイントは、実は20歳の無職、ニートの就職にもっとも必要なことかもしれません。

それは、就活のマナーやそれぞれに合った就活のコツを理解して就職を進める、ということです。

 

就職活動には一定のマナーがありますし、新卒の就活時とは違う面も多々あります。

これを知らないと採用担当者に良いイメージを与えられないことがあるので、就活マナーはとても重要というわけです。

 

また、20歳で無職、ニートと言っても、高卒の人もいれば大学や専門学校を中退した人もいますし、なかには就職後すぐに辞めて無職になった人もいるはず。その状況は十人十色ですよね。

それぞれの状況で就活を成功させるコツは違ってくるので、自分に合った就活ノウハウを身に着けておくことも大事なんですね。

 

ただ、こうした就活マナーや就職のコツをひとりで身につけるのは難しいのも事実なので、就職支援サービスをうまく活用するのがおすすめです。

ニートや未経験者の就職を専門にしているサービスを使おう

たとえば、ハローワークもそのひとつですが、ぼくが使って就職に結びついたのは、ニートや未経験者の就職を専門にしている民間のサービスですね。

 

ニートや未経験の就職を専門にしているので、

  • 就職マナーやわからないことが聞きやすい
  • 未経験でもOKの求人が集まっているので探しやすい
  • 企業の細かい情報を教えてもらえるので安心

こんなプラスがあっておすすめです。

 

とくに、レバレジーズ株式会社が運営しているハタラクティブという就職支援サービスは、ニートや無職経験があってもきちんと相談に乗ってもらえます。

担当者が話しやすく、就職に対するモチベーションが上がりました。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

仕事も、エンジニアや事務、営業、販売やサービスなど、いろいろ紹介してもらえたので、もっともおすすめできるサービスですね。

ひとつだけ注意したいのは、関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定のサービスだということです。

そのかわり、関東エリアの就職には強いので、対象ならしっかり活用してくださいね。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

 

 

ダイスケ

いかがでしたか?20歳の無職、ニートの就職に必要な3つのポイントをお話ししてきました。

  • 気持ちを切り替える
  • 弱みをプラスに変える

そして就活マナーやコツを理解しておくことが大切です。

お伝えした支援サービスもうまく活用して、まずは一歩でもいいので踏み出してみてくださいね。

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする