エージェント活用術

無職でもリクルートエージェントを使って就活はできる?注意したいポイントを解説

無職でもリクルートエージェントを使って就活はできる?注意したいポイントを解説の画像
ダイスケ

就職ナビゲーターのダイスケです。

今回は、無職でもリクルートエージェントを使って就活できるのか?
注意したいポイントを解説します!

無職でもリクルートエージェントは使って就活できるの!?

ずっと無職なんだけど、

リクルートエージェントを使える?

仕事を辞めた後、今は無職状態、、、

リクルートエージェントで転職できる?

このように悩んでいませんか?

就職・転職系のサービスと言えば、やっぱり『リクルート』ですよね。

でも、無職の場合、「仕事って紹介してもらえる?」「本当にサポートしてくれるの?」と不安になる人は多いのではないでしょうか?

 

結論から先に言えば、無職でもリクルートエージェントは使えます。

ただし、使えることは使えますが、注意しなくてはいけないポイントがあるんです。

 

そんなわけでこの記事では、無職の就職・転職でリクルートエージェントを使うなら注意すべき大切なポイントについて解説していきます。

就職・転職活動を失敗しないために、ぜひ読んでみてくださいね。

無職で就活するなら絶対に知っておきたい!リクルートの2つのサービスの違い

無職で就活するなら絶対に知っておきたい!リクルートの2つのサービスの違いの画像

注意すべきポイントを解説する前に、ひとつだけ知っておいてほしいことがあります。

それは、リクルートのサービス

  • 「リクナビNEXT」
  • 「リクルートエージェント」

の違いについてです。

両方とも就職・転職で使える無料のサービスですが、実はサービス内容が異なります。

違いについてよくわかっていないなら、この機会にサクッとチェックしておきましょう。

※それは知ってるよ!という方は、>>こちらから次の章へと移動できます。

リクナビNEXTのサービスについて

まず、リクナビNEXTは、リクルートが運営している「求人情報サイト」という位置づけです。

経歴などを入力して会員登録すると、求人情報をWeb上で閲覧でき、自分で就職・転職活動を進めていくサービスです。

 

基本的にはセルフサービスなので、情報収集や面接のセッティング、企業とのやりとりなどはすべて自力で行います。

自分のペースで就職・転職を進められるのがメリットと言えます。

 

また、リクナビNEXTに掲載されている求人数は、約6000件程度になります。

リクルートエージェントのサービスについて

一方リクルートエージェントは、リクルートが運営している「転職エージェント」サービスです。

会員登録後はキャリアアドバイザーが付き、面談等をしながら、求人紹介や面接対策、転職活動のアドバイスなどをしてもらえるサービスです。

転職活動のアドバイスなどをしてもらえるサービスの画像

担当のキャリアアドバイザーと二人三脚で就職・転職活動を進めるイメージで、情報収集や面接のセッティング、企業とのやりとりなどはキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

就活、転職活動でもっとも大切な、面接や情報の精査にフォーカスできるのが大きな魅力と言えます。

 

また、リクルートエージェントに集まっている求人数は、一般には公開されていないものを含めると約10万件。民間の人材系サービスのなかでは最大級と言われています。

求人情報サイトとエージェントは併用がセオリー

このように、リクナビNEXTとリクルートエージェントにはそれぞれサービスの特徴があるので、まずはこれを頭に入れておくことが大切です。

そして、就職・転職活動を進めるときは、

  • 求人情報サイト
  • 転職エージェント

両方を併用するのがおすすめです。

求人情報サイトで常に情報は集めつつ、エージェントサービスをうまく活用して、就活、転職活動が有利になる環境を作っておくと良いですよ。

無職でもリクルートエージェントは使える!でも「正社員の実務経験の有無」がポイント

では、無職の就職・転職で、リクルートエージェントを使うときに注意したいポイントを解説していきます。

 

最初に、「無職でもリクルートエージェントは使える」とお伝えしました。

でも、正社員の実務経験がないと、リクルートエージェントで仕事紹介を受けるのは難しい場合があるんです。

リクルートエージェントの公式サイトの利用案内には、次のような記載があります。

Q:正社員としての就業経験がないのですが、転職支援サービスを利用できますか?

はい、ご利用いただけます。

ただ、お預かりしている求人は、即戦力を求めるものが多いため、実務経験を重視する傾向にあります。

そのため、企業での正社員としての実務経験をお持ちでない場合、ご紹介の可能性は低くなりますので、あらかじめご了承ください。

引用元:リクルートエージェントより一部抜粋

つまり、リクルートエージェントは「即戦力」「実務経験」を重視した求人が集まっているので、正社員経験がないと、なかなか仕事は紹介してもらいにくいというわけです。

 

他の一般的な大手転職エージェントもこのような感じなので、ずっと無職で正社員経験がない場合は、別の方法で就活をしたほうが無難です。(別な方法は次の章で説明しています。)

 

逆に、「正社員経験はあるけど、会社を辞めて今は無職状態」という場合は、リクルートエージェントでサポートしてもらえる可能性は高いです。

正社員経験があれば、実務を活かした転職先をキャリアアドバイザーが探してくれます。

無職のブランクは、長引けば長引くほどにマイナスになるので、この記事を読んでいるよりも、今すぐにリクルートエージェントに登録して転職活動を進めてみてくださいね。

>>リクルートエージェント公式ページはこちら

ずっと無職で正社員経験がないなら「未経験者の就職に強いエージェント」を活用しよう

では、これまでずっと無職で正社員の経験がない場合は、どんな方法で就活を進めたら良いのでしょうか?

それはズバリ、無職やフリーターなどを専門的にサポートしているエージェントを使うのがおすすめです。

 

リクルートエージェントなどの総合型の大手転職エージェントは、正社員経験のある人材をターゲットにしていますが、世の中にはフリーターや無職の就活に的を絞ってサポートしているサービスもたくさんあります。

とくに最近は、人手不足の影響などから、未経験者の就職にフォーカスしたエージェントが充実しています。

 

あまり知られていませんが、実はリクルートも、無職の求職者やフリーター、既卒者などを専門的にサポートするサービスを展開しています。

それが、「就職Shop」というエージェントサービスです。

就職shopの画像

就職Shopでは、書類選考なしで未経験でも就職しやすい企業を紹介してもらえるので、非常に便利。面接対策はもちろん、無職から就活する不安なども相談できて心強いです。

サポートエリア(面談場所)は、

  • 東京4店舗
  • 神奈川(横浜)
  • 千葉
  • 埼玉(大宮)
  • 大阪
  • 兵庫(神戸)
  • 京都

このようになっているので、下記公式サイトで面談予約をしてみてください。

就職したいと考えているなら、まずは相談することが大切。一歩踏み出せば、気持ちもスッと軽くなりますよ。

⇒就職Shopの公式サイトはこちら

 

 

また、サポートエリアが広く、厚生労働省の認定も受けている無職者やフリーターなど未経験者を専門にしているサービスが「ジェイック」です。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックはサポートが非常に丁寧なのが魅力です。

無料で就活講座を受けることができたり、書類選考なしで20社と面談ができるなど、他にはないサポートを受けられるので、会員登録しておくと良いですね。

対応地域は、関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

登録は、このように簡単な選択をして、必要事項を入力するだけ。1分程度で完了します。

⇒ジェイックの公式サイトはこちら

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

 

いかがでしたでしょうか?

無職でもリクルートエージェントは使えることは使えますが、正社員経験の有無が1つポイントになります。

正社員経験があるかたは、今すぐにリクルートエージェントに登録して、転職活動を進めていくのがおすすめです。

そして、これまでずっと無職だったなら、

に登録してみてください。

いずれにしても、無職期間を長引かせるよりは、まずは相談をして一歩でも前に進むことが大切です。

ひとりで悩まずに、使えるサービスはフル活用しましょうね。

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事