ニート就活の悩み

【無職・ニートだから恥ずかしい】恥を感じたときこそ自分を変えるチャンス

【無職・ニートだから恥ずかしい】恥を感じたときこそ自分を変えるチャンス

無職生活が続いているから
恥ずかしい。。。
これからどうしたらいい?

恥ずかしいから
ニートを隠している
こんな生活を抜け出したい

こんなふうに悩んでいませんか?

無職やニート生活をしていると、「自分が恥ずかしい」と思ってしまいますよね。

ダイスケ

はじめまして!「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

実はぼくも就職前はフリーターやニートをしていた時期があるので、気持ちはよくわかります。

「はやく胸を張って過ごせるようになりたい」と思うはずです。

 

そこで今回の記事では、ぼくの経験も踏まえて「無職・ニートが恥ずかしいと思ったときの対処法」をお話ししていきます。

実は、「恥ずかしい」と悩んでいるときこそ、生活を変えるチャンスだということをご存知でしょうか?

  • チャンスの理由
  • 無職・ニートを抜け出す
    3つの道

をお話ししていくので、参考にしてもらえると嬉しいです。

【大きな原動力】無職やニートが恥ずかしいと感じたときがチャンスの理由

では、どうして無職やニート生活が恥ずかしいと感じているときがチャンスなのでしょうか?

それはズバリ、「恥」の気持ちは大きな原動力になるからです。

人は誰でも、恥をかくことに恐怖を覚えます。

例えば、

  • クラスのみんなの前で
    恥をかきたくないから
    テスト勉強をがんばる
  • おしゃれな街に行くときは
    恥ずかしくないように
    ファッションに気を配る

こんな経験は誰でもありますよね。

つまり、恥をかかないためなら、少し無理をしたり、がんばったりできるわけです。

 

ぼくも経験があるのでわかりますが、無職やニート生活を抜け出すのは大変です。

重い腰を上げるには、大きな原動力が必要となります。

その原動力になるのが、「恥ずかしい気持ち」というわけです。

実際ぼくがフリーターやニート生活をやめて就活をした理由も

友人がみんな就職して
自分だけフリーターになってしまった

フリーターだという理由で
当時つきあっていた彼女に振られた

という「自分だけ恥ずかしい」という気持ちでした。

 

なので、もしも今「ニート生活が恥ずかしい」「無職期間が長引いて誰にも言えない」と悩んでいるなら、その気持ちを原動力に変えて動き出すチャンスです。

少し勇気はいるかもしれませんが、「恥ずかしい」という悩みは、ニートや無職を抜け出せば必ず解決します。

ダイスケ

このチャンスを逃さないように一歩踏み出していきましょう!

【恥ずかしい気持ちをチャンスに変える】ニートや無職を抜け出す3つの道

では、ニートや無職を抜け出すには具体的にどんな方法があるのでしょうか?

様々な道はありますが、一般的には次の3つの方法が考えられます。

  1. 自分で事業を起こす
  2. 非正規雇用で働く
  3. 正規雇用で働く

自分で事業を起こす

まずは自ら事業をスタートさせる道です。

例えば、エンジニアやデザイナーのフリーランスになる、飲食店やカフェなどのお店をオープンさせるといった方法です。

26歳のフリーターが就職するには 何がしたいかより何ができるかを意識する

とくに最近はウェブ上でもビジネスが完結する環境が整ってきたため、エンジニアなどでフリーランスを目指す人は増加傾向にあります。

「1からスキルを身に着けてフリーランスで独立する」といったケースもあるようです。

 

ですが、実際に自分で事業を起こすのは簡単とは言えません。

もちろん、どんな事業を選ぶかによりますが、全くノウハウやスキルがない状態でスタートする場合は数年単位で「下積み(勉強期間)」が必要になってきます。

「今すぐに無職やニートを抜け出せる」というわけではないわけです。

また、事業を起こすにはまとまったお金がかかるケースも多いため、資金がない場合は厳しい方法です。

なので、

  • 金銭的に余裕がある
  • すでにスキルがある
  • 周りに事業を
    助けてくれる人がいる

という人以外はおすすめできない方法です。

 

もしもフリーランスや独立を目指すのであれば、まずは正社員である程度経験を積んで(2〜3年程度)から事業を起こすのがベターかと。

そのほうが、

  • 現場で経験を積める
  • お客さんや取引先と
    繋がりができる
  • 信用度が上がる

などメリットが大きいはずです。

非正規雇用で働く

次は、非正規雇用で働く方法です。

例えば、アルバイトとして採用されたり、派遣会社に登録して派遣社員として働く道ですね。

内定がほしいときこそ企業(求人を出している会社)の気持ちを考えることが大切

非正規雇用は比較的採用のハードルが低いため、無職やニート生活を手っ取り早く抜け出せる方法と言えます。

ぼくもフリーター生活をしていましたが、

  • シフトの融通が効く
  • 面接が受かりやすい
  • 仕事を辞めやすい

といったメリットもありました。

 

しかし、個人的にフリーターや派遣社員といった「非正規雇用で働く方法」はあまりおすすめできません。

もちろん、期限を決めて

「ちょっと腕鳴らしに働いてみる」

「お金が必要だからアルバイトをする」

というなら良いかもしれません。

ですが、非正規雇用で働いてしまうと「恥ずかしい」という気持ちを解決できないので注意してください。

なぜなら、結局フリーターや派遣社員になってしまうと、

  • フリーターをしているなんて
    周りに言えない
  • ずっと派遣のままだったら
    どうしよう。。。

このような悩みを抱えてしまいます。

実際ぼくも、

  • 友人がみんな就職して
    自分だけフリーターになってしまった
  • フリーターだという理由で
    当時つきあっていた彼女に振られた

こんな理由で就活をする決意をしました。

 

また、正規雇用と非正規雇用では人が一生のうちに稼ぐ「生涯賃金」に驚くほど大きな差が生まれます。

20代中盤からは正社員との給料差がどんどん開き、ピーク時には倍近い差が生まれてしまいます。

これを十数年続けると、数千万円単位で金銭的な差が生まれるわけです。

 

もちろんお金が全てではありませんが、同じように働くのであれば少しでも良い条件で働いたほうが賢いと思いませんか?

「まずはアルバイトでいいかも」

「正社員なんて無理だから派遣で我慢しよう」

と思っている人もこのあたりを考えて無職・ニートを抜け出す道を選択してください。

正規雇用で働く

最後は、正規雇用で働く方法です。

言うまでもなく、正社員として採用され企業などで働く道ですね。

個人的には、この方法が最もおすすめできます。

 

たしかに正社員は、このなかではハードルが高い方法になります。

面接をパスするのは簡単とは言えませんし準備も必要です。

ですが、一度それを乗り越えてしまえば、最も

  • 雇用や給料が安定している
  • スキルや経験が身につく
  • 社会的な信用が増す

そんな働き方です。

 

そもそもニートや無職が恥ずかしい理由は社会的な信用がないからですよね。

  • 無職状態を誰にも打ち明けられない
  • ニートだから友達と会えない
  • 彼氏・彼女がほしいけど
    無職の自分には無理

こうした悩みは、社会的な信用が高い正社員になることですべて解決できます。

 

ただし、正社員にもブラック企業や劣悪な人間関係・職場環境などの問題もあるので、会社選びだけは慎重に行う必要があります。

きちんと情報収集できる環境を整えることが大切です。

【恥ずかしいという悩みを解決しよう】ニートや無職から正社員になる3つのポイント

ここまでのお話をまとめると「正規雇用で働くのがベター」ということになります。

正規雇用で働けば「ニートや無職が恥ずかしい」という悩みを解決できるからです。

とは言え、

でもどうやって
正社員を目指したらいいわけ?

と悩む人もいますよね。

ここからは、ぼくの経験をもとにニートや無職から正社員になるための3つのポイントをお話ししていきます。

  1. 早めにトライが可能性を上げる
  2. 受かりやすい仕事に目を向ける
  3. 決してひとりで悩まない

早めにトライが可能性を上げる

まずは、早めに行動に移すことが大切です。

なぜなら、ニートや無職を抜け出すには

  • 年齢が若いほうが
    就活で有利になりやすい
  • ブランク期間は
    長引かないほうが印象が良い

と言えるからです。

実はニートや無職から就職をする場合、年齢が上がるにつれて就職チャンスは減る傾向にあります。

未経験で応募できる仕事の数は、25歳前後から減少を始め、30歳をすぎるとガクッと減ると言われています。

これはどうしてかというと、未経験者を採用する企業は

  • 将来性
  • 指導のしやすさ(人柄)
  • やる気

などを重視するため、年齢の若い人材を欲しがるためです。

また、ずっとニートや無職を続けていたら、「恥ずかしい」という気持ちはいずれ

「もうどうでもいい」

という諦めに変わってしまうかもしれません。

そうなってしまったら、もうどうすることもできません。

 

なので、ニートや無職から抜け出すには、早めに就活をトライすることが何より大切。後回しにせず、今トライすることがとても重要です。

受かりやすい仕事に目を向ける

2つ目のポイントは、受かりやすい仕事に目を向けることです。

ニートや無職から正社員を目指すとなると、仕事選びに迷う人が多いはずです。

もしかしたら、

  • この仕事は絶対に無理
  • あの業界は向いていない

逆に

就職するならあの業界以外
考えられない

など、こだわりを持つかもししれません。

もちろん、どうしてもやりたい仕事があるなら挑戦すべきですし、絶対に無理だと思う業界を目指す必要はありません。

 

でも、ニートや無職から正社員になるには仕事を選びすぎてしまっても、なかなか内定をもらえません。

なので、

  1. まずは受かりやすい仕事を知る
  2. そのなかでチャレンジできそう
    ・興味がある求人にアプローチする

という流れで仕事を選ぶのがベターです。

それだけでも、就職チャンスがグンと上がります。

これまでの英語・資格・スキルよりも これからの成長を期待させよう!

では、具体的にどんな仕事が受かりやすいのでしょうか。

それは、

  1. 人手不足の業界
  2. 未経験者の受け入れが
    多い職種

この2つです。

 

当然ですが、人手が足りない業界は求人が多く採用のハードルが下がります。

そのため、ニートや無職からでも正社員になりやすいわけです。

以下は、日本商工会議所が調査した「人手不足の割合が多い業界」です。

【業界別集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

また、そもそも未経験者の受け入れが多い職種も就職のチャンスが大きいと言えます。

転職サイトのマイナビが発表しているデータを見てみましょう。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

未経験者の受け入れが多い職種は、単に受かりやすいだけでなく、

  • 研修等の充実
  • 職場への溶け込みやすさ
    (未経験の同期が多い)
  • キャリアアップのしやすさ

などを期待できるので、ニートや無職からでも入社しやすいのも大きなメリットになります。

まずは受かりやすい仕事を知って、そのなかでチャレンジできそうな仕事、興味のある求人にアプローチしてみてください。

そうすることで就職チャンスが上がるはずです。

ひとりで悩まない

最後のポイントは、絶対にひとりで悩まないことです。

正社員経験がないことが 不採用の理由だとしたら

「恥ずかしいという気持ちはチャンス」と言いましたが、ニートや無職を抜け出すのは決して簡単ではありません。

とくに正社員を目指す場合、

  • どんな仕事を選ぶべき?
  • 面接で何を話したらいい?
  • どう企業とやり取りしたらいい?

など悩みは尽きないはずです。

そもそも「何からはじめていいかわからない」という人もいるかもしれません。

そんな状態でひとり悩んでしまうと、就活を挫折する可能性も高まります

実際ぼくはなかなか面接が受からず、一度就活を諦めてフリーターに舞い戻った時期があります。

 

なので、まず最初に「ひとりで悩まない環境」を作ることを強くおすすめします。

幸い今は、ニートや無職の就活をサポートしてくれるサービスが充実しています。

  • わかものハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などは、無料で就活をサポートしてもらえます。

キャリアアドバイザーと面談

とくに就職エージェントは求人を出している企業と結びつきが強く、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

就職エージェントを活用することで、

これなら就職できるかもしれない

と感じるはずです。

ダイスケ

まずは就職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーを味方につけることからはじめましょう。

既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。の画像
既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社まとめ【未経験でもしっかりサポート】 既卒・フリーターの就職に強い【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行なってい...

注意したいエージェント選び

ただし、エージェントの選び方だけは注意してください。

エージェントといえば、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「doda」などが有名ですが、これらは社会人経験がある転職者を対象としたサービスです。

そのため、「サポートは難しい」と断られるケースも多いです。

【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法
【済】【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターや既卒、ニートや無職などで正社員経験がない(少ない)と、dodaをはじめ...

ですから、「未経験者を専門としているサービス」を活用してください。

そうすれば、きちんとサポートをしてくれますし、ニートや無職から就職するコツをしっかり教えてもらえますよ。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉 
愛知 大阪 兵庫 広島 福岡 
宮城 岡山 札幌 石川
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事