20代

21歳で無職はヤバイ?ニートが就職するために知るべき3つのこと

21歳で無職はヤバイ?ニートが就職するために知るべき3つのことの画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーター、ダイスケです。

「就職したいけど、21歳で無職…」
どうしたらいいか悩みますよね。

今回は、
ニートから就職するために知っておきたい3つのこと
についてお話ししますね。

21歳で無職…ニートから就職するときに大切なことは「諦めないこと」

高校卒業後はニートに…

21歳で無職だけどこれからどうしていけばいいんだろう…

大学中退後、無職のまま21歳になってしまった。

就職したいけど、やっぱり無理かな…

このように悩んでいませんか?

21歳で無職…これからどうしていけばいいのか頭が痛いですよね。

「ニートが正社員就職なんて一生無理かも」と心配になると思います。

 

実は、ぼくも大学卒業後は就職をせず、フリーター・ニート生活をしていた経験があります。

一度は、「正社員なんて無理。ずっとフリーターでいいや、、、」と思っていました。

 

でも、25歳のときに一念発起。就活を再開して都内のIT系企業に就職することができました。ブラックでもなく、良い職場でした。(今は他にやりたいことができて転職しましたが。)

 

そんな経験から言えるのは、ニート経験があっても新卒じゃなくても、無職だったとしても、就活のコツを押さえて取り組めば正社員になるチャンスはちゃんと残されているということです。

 

とくに21歳と若いなら、「フレッシュな人材」と思ってもらいやすいので、可能性はたくさんあります。

諦めないことがなにより大切なんです。

 

ここからは、ぼくの経験も踏まえて、21歳・無職から就職するために、「これだけは知っておいたほうがいいよ」という3つのポイントをお伝えします。

参考になりそうなことがあれば、就職に役立ててくださいね!

同じ無職でもブランクの長さで印象は違う!21歳のニートならまだ大丈夫

21歳にもなって無職なんて、もう正社員なんて無理かも…

と思う人もいるかもしれません。

 

たしかに、「無職」「ニート」の印象は良くありません。

就職活動をしても、面接官や採用担当者に、「この人は大丈夫なんだろうか…」と思われる確率は高いです。

 

しかし、同じ無職・ニートでも、ブランク(無職期間)の長さによって、かなり印象や評価は違ってくるんですね。

 

例えば、大学中退した21歳の無職・ニートが就活した場合、きちんとこれからがんばりたいということを伝えれば、

面接官

ちゃんと反省しているみたいだし、まだ21歳で若い。

ポテンシャルにかけてみようか…

と思ってもらえるかもしれませんが、29歳の無職・ニートが同じように就活しても、

面接官

ブランクが長いのが気になるな…

29歳で職歴なしか…う〜ん…

というように、印象はかなり変わります。

なので、21歳という若さは自分の武器だ!と自覚して、はやめに就活をスタートさせたほうがプラスです。

21歳で無職でも正社員を目指したほうが絶対にいい。「ニートだしアルバイトから…」は後悔のもと!?

ニートだしいきなり正社員を目指すより、まずはアルバイトがいいかも…

こんなふうに考えていたら、これだけは知っておいてください。

フリーターも”仕事をする”という意味では同じですが、20代中盤をすぎたころに後悔する確率が高い、ということです。

 

なぜ後悔するかというと、いずれは正社員を目指したくなるからです。

 

例えば、フリーターだとボーナスや退職金がでることはほとんどありませんし、条件を満たさなければ雇用保険や社会保険には入れないのがアルバイトです。

さらに、雇用期間も限りがあることが多く、ずっとその仕事を続けられる保障がないので、来月仕事がなくなる…ということもあります。

 

賃金については、以下のようなデータもあります。

統計によれば正社員の生涯賃金が2~3億円程度、フリーターでは5~8千万円程度という試算が出ており、実に3~4倍もの格差が生じる可能性があると言われています。

参照データ:ジェイックより一部抜粋 https://www.jaic-college.jp/useful/freeter/

ここまで違うのは驚きですよね。

 

また、ぼくがフリーターをしていたときに辛かったのが、単純作業の繰り返しで、いくらがんばったとしてもスキルアップができなかったことです。

人は、”人生の4分の1は仕事に費やす”と言われているので、やりがいある仕事をしたほうが良いですよね。

 

もちろん、正社員就職はアルバイト入社よりハードルは高いです。

しかし、今がんばっておけば20代中盤〜後半になったとき後悔しないと考えれば、乗り切れないハードルではありません。

就職支援サービスを使えば無職やニートでも仕事は紹介してもらえる。21歳ならチャンスはある。

でも、具体的にどうやって仕事を探したらいいかわからない…

ニートを雇ってくれるところってブラックばかりじゃないの?

と不安な人も多いと思います。

 

最近は国もニートや無職者支援に力を入れていて、厚生労働省は”サポステ”という就労支援をやっていたりします。

【サポステとは】

地域若者サポートステーション(愛称:「サポステ」)では、働くことに悩みを抱えている15歳~39歳までの若者に対し、キャリアコンサルタントなどによる専門的な相談、コミュニケーション訓練などによるステップアップ、協力企業への就労体験などにより、就労に向けた支援を行っています。

参照元:厚生労働省より抜粋

こうした国のサービスを頼るのもひとつの方法です。

 

ただ、国がやっているからと言って、「良い仕事を紹介してもらえる」「サポートが良い」というわけでもない、というのが個人的な印象ではあります。

 

逆に、ふつうに民間企業がやっている就職支援サービスを使ったほうが、企業は広告費を払って求人を出しているので、採用する気満々で面接をしてくれたり、サポートしてくれる担当者も協力的だったりします。

 

とくに、ニートやフリーターなど職歴がない人を対象にしている就職支援サービスは、たくさん求人を紹介してもらえるのでおすすめです。

 

「無職だし…。ニートだから…。」と思わずに、まずは「どんな仕事紹介してもらえるんだろう」ぐらいの気持ちで相談してみると良いですよ。

無職・ニートから就職するなら活用したい就職支援サービスとは!?

ちなみに、ぼくがおすすめできるのはレバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」という就職支援サービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

ニートやフリーターの就職を専門的にやっている民間サービスで、未経験OK、フリーター歓迎の求人をたくさん紹介してもらえました。

サポートしてくれる担当者はみんな優しく話しやすいですし、わからないことも聞きやすいので安心です。

 

ニートから就活する上で、「相談しやすさ」は欠かせないポイント。ここを活用してみると良いですよ。(ただし、サポートは関東1都3県限定。東京や神奈川、埼玉や千葉の就職にとても強いです。)

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする