高卒・中卒

無職の高卒は就職できない?【職歴なしでチャンスを掴む就活術】

無職の高卒は就職できない?【職歴なしでチャンスを掴む就活術】

無職の高卒は就職できないかも。。。
正社員になるにはどうしたらいいの?

就職したいけど、職歴はないし学歴は高卒。
一生フリーターは確定?

このように悩んでいませんか?

就職したいと思っても、「学歴や職歴が気になってなかなか一歩を踏み出せない!」という人は多いのではないでしょうか?

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

ぼくもフリーター・ニートから就職した経験があるので、不安な気持ちはよくわかります。無理ゲーだと思いますよね。

 

でも、20代のうちならまだまだ就職チャンスはいくらでもあります。

諦めずに就活をすれば、数ヶ月後、半年後には正社員になって笑っているかもしれません。

 

そこで今回の記事では、ぼくの就活経験と人事目線をもとに「職歴なしの高卒から就職チャンスを掴むコツ」をお話ししていきます。

  • 「就職できない」というマインドを変える
  • 高卒や無職期間のマイナスを前向きにアピールする
  • 就職できるチャンスが多い業界や仕事にフォーカスする
  • 挫折しない環境を作る
ダイスケ

わかりやすく解説していくので、参考にしてみてくださいね。

職歴なしの高卒は就職できないというマインドを変える【前向きな人が採用される】

まずは、「就職できない」というマインドは変えていきましょう。

冒頭の吹き出しのように、

「無職の高卒に就職は無理」

「職歴がないと正社員は難しい」

このように思っていませんか?

「就職できない」と思っていたら、本当に就職チャンスが遠ざかってしまいます。

ネガティブな気持ちは、ネガティブな結果を引き寄せるからです。

 

ぜひ一度、採用担当者の立場を想像してみてください。

「高卒だから自分には無理だ」

「無職期間があるから正社員になれない」

こんな人を自分の会社に採用したいと思うでしょうか。。。

たとえ学歴や職歴に不安があっても、「これからがんばる」という前向きな人が欲しいですよね。

たしかに、高卒で無職期間があると、新卒に比べれば就職チャンスは少なくなりますし、バリバリのエリートコースを歩むのは難しくなります。

でも、普通に正社員として就職するチャンスは、世の中にたくさん転がっています。

なので、無職の高卒は就職できないという思い込みは捨てて、前向きなマインドで就活を進めていくことが大切です。

職歴がない高卒でも就職チャンスがある理由

では、どうして「就職チャンスはある」と言えるのでしょうか。

それは、以下の2つの理由があるからです。

  • 人手不足が慢性化している
  • 新卒の獲得が難しくなっている

 

実は近年、多くの企業では人手不足が慢性化しています。

とくに中小企業の人手不足は深刻と言われていて、実に50%を超える企業が人手不足に悩んでいることがわかっています。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

人手不足は企業にとって大問題ですが、逆に求職者にとってはチャンスです。

  • 求人の数が増える
  • 採用のハードルが下がる
  • 未経験でも採用してもらいやすい

このような流れができるからです。

 

また、現在は「新卒の売り手市場」なので(新卒人気が高く学生は就職に困らない状況)、新卒の獲得が困難な状況も生まれています。

そのため、あえて

  • 第二新卒
  • 既卒
  • フリーター

などの若い人材、未経験者を採用する企業も増えています。

このような理由から、確実に高卒や職歴がない人にも就職チャンスは広がっています。

ダイスケ

高卒は就職できないというマインドを切り替えて、前向きな気持ちで就活を進めていきましょう。

高卒や無職期間のマイナスを前向きにアピールする【3ステップを意識したPR術】

次のコツは、「マイナスは前向きなアピールに変える」ということです。

就活の書類や面接では、

「高卒」

「無職」

「職歴がない」

このような経歴はマイナスに働きがちです。

採用担当者や面接官は、

面接官

高卒よりも大卒の人材を選ぶべきかもしれない。。。
ブランクがあるけど、正社員としてやっていけるのかな

このような不安を感じるからです。

 

なので、前もって高卒や無職期間のマイナスを前向きなアピールに変える準備をしておきましょう。

「受け入れ」「気づき」「意気込みや今後の展望」の3ステップ

そこでおすすめしたいのが、以下の3ステップを意識したアピール術です。

  1. 正直に話す・受け止める
  2. 反省点や気付きを語る
  3. 就職したらどうがんばりたいかを伝える

例えば、面接官に

面接官

どうして高校卒業後に空白期間があるのですか?

と質問を受けた場合は、このような回答をします。

やりたいことが見つからずにブランクを作ってしまった。甘い考えだったことを強く反省している。

しかし、自分と向き合う時間を持てたことで、「これだ」と思える仕事が見つかった。

就職できたら、1日でも早く周りに信頼してもらえるようにがんばりたい。

マイナスの問いはきちんと受け止め、正直に返答をします。そして、マイナスから得たことを伝え、今後の意気込みをアピールする流れです。

 

基本的に面接官や採用担当者は、職歴がない高卒の応募者を採用する場合、

  • 将来性はあるか
  • 過去から学べる人材か
  • 周りと馴染める人間性か
  • やる気や熱意はあるか

などを面接でチェックしています。

なので、「受け入れ」⇒「気づき」⇒「意気込みや今後の展望」この3ステップを意識することが非常に大切です。

ダイスケ

高卒や無職期間に関するマイナスは、プラスに変換して準備しましょう。

高卒からの就職チャンスが多い業界を狙い撃ちする【職歴なしの未経験でもOKの仕事】

3つ目のコツは、就職チャンスが多い業界や仕事を狙い撃ちするということです。

先程お話ししたように、高卒や無職でも就職チャンスは増えています。

ですが、「仕事が選び放題」というわけではありません。

 

もちろん、どうしても就きたい仕事や業界があるなら、まずはチャレンジするべきですが、あまりに仕事を選びすぎると、「全く内定をもらえずに就職を挫折…」なんてこともあります。

なので、就職チャンスが多い業界や仕事に狙いを定めて、就活を進めていくことが大切です。

就職チャンスが多い業界・仕事の具体例

具体的に「就職チャンスが多い業界・仕事」というのは以下のとおりです。

  • 人手不足の業界
  • 未経験者の受け入れが多い仕事

人手不足の業界は、必然的に就職チャンスが高まります。

ここでは、厚生労働省が発表している「人手不足の割合が高い業界」を見てみましょう。

【業界別集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

このように、運輸や建設、介護、情報通信(IT系)などは人手不足の割合が平均よりも高いことがわかっています。

 

また、未経験者の受け入れが多い職種も狙い目です。

学歴不問のケースが多く、職歴がなくても採用されやすい職種です。

一般的には、以下のような職種が未経験でも受かりやすい代表例ですね。

  • 営業職
  • 事務職
  • エンジニア職
  • 介護職
  • サービス職
  • 販売職 など

 

とくに高卒の就職でおすすめできるのは、IT系の企業や業界、エンジニア職です。

今後まだまだ伸びる業界ですし、スキルアップをしていけば学歴や職歴に関係なく給料・待遇アップも可能な仕事だからです。

 

また、営業や介護職、販売などは「ブラック」「過酷」というイメージを抱く人が多いかもしれませんが、すべての企業がそういうわけではありません。

きちんと情報を吟味すれば、良い条件で正社員就職できる可能性はあるので、なるべく広い視野をもって求人を探してみてください。

ダイスケ

就職チャンスが多い業界を狙い撃ちすることで、正社員になれる可能性がグンとアップしますよ。

職歴なしの就活を挫折しない環境を作る【ひとりで高卒の就職をがんばる必要なし】

最後のコツは、就活を挫折しない環境を作るということです。

冒頭でもお話ししたようにぼくもフリーター・ニートから就職しましたが、正直に言うと、未経験の就活は決して楽ではありません。

  • どんな仕事を選べばいいか
  • どのように面接・書類対策をするべきか
  • そもそも何から手を付けていいか

このように、わからないだらけ。就活がうまくいかずに、気持ちも折れそうになったこともありました。

とくに、高卒の学歴や職歴に不安があると、ひとりで就活を進めるのは思っている以上に大変です。

 

なので、今のうちに就活を挫折しない環境を作っておくことを強くおすすめします。

就活をサポートしてくれるサービスを積極的に活用する

具体的には、就活をサポートしてもらえるサービスを活用すれば安心です。

  • ハローワーク
    (わかものハローワーク)
  • サポステ
  • 就職エージェント

などに登録すれば、担当者が無料で就活をサポートしてくれます。

就活の不安や悩みをひとりで抱える必要はありません。頼れる部分は頼ったほうが、楽に就活を進めることができます。

 

とくに民間企業が運営している就職エージェントは、求人を出している企業とつながりが強いので、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • どんなアピールが好印象か的確なアドバイスをくれる
  • 細かい職場環境を教えてもらえる(上司の人柄や雰囲気など)

このように大きなメリットがあります。

キャリアアドバイザーと面談

もしかすると、

高卒で無職期間があったら、
就職エージェントに登録しても無駄でしょ?

と思う人もいるかもしれませんが、今は未経験者や学歴に不安がある人を専門にサポートしてくれるエージェントも増えています。

せっかく就活をスタートしても、挫折してしまったら意味がありません。

ダイスケ

まずは、就職エージェントに登録をして「悩まない就活」を進めましょう。

高卒からの就職を徹底サポートしてもらえる就職エージェント

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
愛知 大阪 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

高卒で就職するなら絶対使いたいエージェント3選+使う時の注意点
高卒で就職するなら絶対使いたいエージェント3選+使う時の注意点 こんなふうに悩んでいませんか? 転職エージェントは「仕事紹介」や「就職サポート」をしてくれる無料の転職サービス。うまく活...
未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事