ニート就活のコツ

今が踏ん張りどころ!無職の29歳が就職するためにできること

今が踏ん張りどころ!無職の29歳が就職するためにできること
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「29歳で無職はまずい…」と思っていませんか?

就職を考えているなら、20代のうちがチャンスなんです。

今回は、
29歳、無職から就職するコツ
についてお話ししますね。

29歳の今がチャンスを無駄にしない頑張りどころ。

29歳で無職はさすがにやばい…

就職を決めて安定したい…

もう20代も最後…30歳になるまえに

ニート生活はやめたい!

こんなふうに思っている人は多いかもしれません。

 

29歳、無職の人が就職するには、必然的に「未経験OK」「フリーター歓迎」などの求人を探すことになりますが、以下のデータを見ても分かるように、求人数自体も30歳を境にガクッと減ります。

『年齢による求人数の変化(緑の線が求人数)』

つまり29歳の今が、チャンスを無駄にしない踏ん張りどころというわけなんです。

 

そうは言っても、これまで無職期間が長かったり、ニート状態でいると、就職できるか不安になりますよね。

ぼくもフリーター、ニートを経て就職したのでその気持ちはよくわかります。

 

ここからは、そんな不安を乗り越えて就職するためにチェックしたい3つのポイントをお話ししていきます。

  • 29歳無職の仕事探しは求人集めから
  • 企業は無職やニートから就職する人に何を求めているか知る
  • ひとりでがんばらずに味方をつける

参考になることがあれば嬉しいです。

29歳無職の就職活動は「就職しやすい求人集め」から

29歳無職の就職活動は「就職しやすい求人集め」から

就職するには、まずはなんといても求人を集めないことには始まりませんよね。

しかし、29歳の無職から正社員を目指す場合、闇雲に求人を探して応募しても、

  • なかなか書類が通らない
  • 面接に進んでも落ちまくる

ということが続く可能性が高いです。

また、「自分はどうしてもやってみたい仕事がある」「これだけは絶対ダメだから無理」と最初から選択肢を狭めすぎるのも、就活がうまくいかない原因になってしまいます。

 

そこで考えたいのが、まずはとにかく「未経験OK」「フリーター歓迎」といった、就職しやすい求人を出来る限りたくさん集めることです。

そのなかで、

  • 「自分と接点のある仕事」
  • 「興味が沸く企業」
  • 「経験がリンクしそうな求人」

をピックアップしていったほうが、内定も得やすく仕事選びもしやすくなります。

 

膨大な数の求人情報から当てもなく求人を探すのは、大海原で迷子になるようなものです。

 

それよりは、29歳の無職でも就職しやすい条件の仕事を集めた上で、自分が活きそうな求人を探したほうが効率的です。

求人探しでつまづかないためにも、これだけは覚えておくと良いですよ。

企業は無職やニートから就職する29歳に何を求めているか知る

企業は無職やニートから就職する29歳に何を求めているか知る

次のポイントは、「企業はどんな視点や考えをもっているか」を知って就活に臨んだほうが、スムーズに進みやすいということです。

 

どういうことかというと、就活中はどうしても、

29歳で無職、就職するにはどうしたらいいんだろう…

不安だけど、とにかく就職したい…

「自分が就職すること」ばかり考えてしまいますよね。

 

「就職したい」という気持ちは大切ですが、相手(企業)の考えや気持ちを考えずに自己中心的な就活をしていると、なかなかうまくいかないことが多いです。

 

あなたには「就職したい」という気持ちがあるように、企業側にも「こんな人材がほしい」「こんな理由で採用活動をしている」いう考えがあります。

これをきちんと理解して就活に臨むことで、的を得た自己PRや回答をしやすくなるというわけです。

 

以下は、「企業が既卒者を採用するときに重視している点」として紹介されているポイントですが、参考になるはずです。

  • 素直さがあり、育てやすいか
  • 入社意欲の高さ、熱意があるか
  • 「社風にフィットするか」「一緒に働いていけるか」などの人柄

引用データ:「既卒の就職は難しい!? 既卒就活で内定を得る方法とは?」マイナビより一部抜粋

すべて、人柄やメンタル面に関連あることなのが分かりますよね。

 

つまり企業は、29歳の無職から就職を目指す人材には、経験やスキルなど難しいことではなく、「人として会社に必要かどうか」「本当にやる気がある人なのか」を見ていることが多いということです。

これだけは心に留めて、就活にチャレンジすると良いですよ。

29歳、無職からの就職はひとりでがんばらずに味方をつける

29歳、無職からの就職はひとりでがんばらずに味方をつける

最後のポイントは、「29歳で無職から就職するなら、1人でがんばらずに味方に助けてもらったほうが良い」ということです。

 

正直言って、無職の状態から就職するのは簡単なことではありません。

当然、1度や2度応募しただけだと、内定が得られない確率のほうが高いです。

 

ですが、回数を重ねればコツも掴めますし、面接も場馴れしてくるので、確実に就職には近づくわけです。ぼくが就活したときもそうでした。

 

しかし、大変だからと途中で投げ出してしまったら、すべての努力は水の泡…

とくに29歳で就職を諦めてしまったら、そこから奮起してやり直すのはかなり大変です。

 

なので、うまくいかないときに相談できたり、注意点をきちんとアドバイスしてくれる、就職支援サービスを活用するのがおすすめです。

 

就職支援サービスというのは、簡単に言えばハローワークみたいなもので、キャリアアドバイザーという担当者が、

  • 希望やその人に合った求人を紹介してくれる
  • 応募書類や面接対策を一緒にやってくれる
  • 不安や悩みの解決をアドバイスしてくれる
  • 応募する企業の深い情報を教えてくれる

無料でこんなサポートをしてもらえるサービスです。

就活をバックアップしてくれる味方のようなものなので、頼れるところは頼ったほうが良いです。

 

仮に面接で落ちても、どうして上手く行かなかったのかアドバイスをもらえますし、常に求人紹介をしてもらえるので、モチベーションを保つ助けになります。

就職活動に不安があるなら、就職支援サービスを使ったほうが良いですね。

無職からの就職を専門的にバックアップしてくれるサービスは?

ちなみに、おすすめの就職支援サービスは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」というサービスです。

既卒者や無職、ニートの就職を専門にサポートしてくれます。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

専門だけあって、未経験OKの求人や入社ハードルが低い求人が多いですし、キャリアアドバイザーもフレンドリーで優しいので相談しやすいですよ。

ただし、サポートは関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定。関東の就職にはとても強いので、関東エリアで就活するなら活用すると良いですね。

登録は、以下の公式サイトで1分程度で完了します。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする