ニート就活のコツ

『はやくなんとかしたい…』27歳、無職・ニートのための就職テク

『はやくなんとかしたい…』27歳、無職・ニートのための就職テクの画像
ダイスケ

既卒就職経験アリの就職ナビゲーター、ダイスケです。

「無職、ニートだけどいい加減に就職したい…」
と悩んでいませんか?いろいろ不安になりますよね。

今回は、
27歳の無職ニートから就職するための就活テク
についてお話ししますね。

27歳の無職・ニートの就職は今のうちに動き出すのが吉。

27歳で無職…ニート生活をなんとかしたい…

でも、就職するにしてもなかなか一歩が踏み出せない…

こんなふうに不安な気持ちで過ごしていませんか?

無職期間やニート生活は、長引けば長引くほどにどう就職すれば良いのか悩みますよね。

「就職したくても、なかなか重い腰が上がらない…」という人は多いと思います。

 

実はぼくも25歳までフリーターとニート生活をしていたので、その気持ちはよくわかります…。

焦る気持ちとは裏腹に、行動できない…そんな自分がもどかしかった記憶があります。

 

しかし、その後がんばって就職をして、人事経験を積んだ今になって思うのは、「あのとき、ニートを抜け出して本当によかった」ということです。

 

ぼくが在籍した会社では、20代なら未経験者でも積極的に採用していましたが、30歳を境に、何の経験もない人は、お見送りするしかないというのが実情でした。

年齢的に20代後半くらいまでが未経験採用の限度、と考えている企業は、結構多いと思います。

 

なので、27歳で無職、ニートを抜け出したいと思っているなら、今のうちに就職活動を開始することがとても大切。今がチャンスとも言えるので、少しだけがんばってみると良いですよ。

 

ここからは、ぼくの経験からおすすめできる就職テクを3つお伝えしていきます。

難しいことではないですし、ぼくでも出来たことなのでひとつでも役立ててもらえたら嬉しいです。

就職テク1:27歳の無職、ニートの弱みをきちんと理解して対策する

就職テク1:27歳の無職、ニートの弱みをきちんと理解して対策する

27歳の無職、ニートが就職活動するとき、マイナスになるポイント、弱点は大体決まっています。

例えば、面接官や採用担当者は以下のポイントを気にすることが多いです。

  • 27歳までニートだったのに働ける?
  • 無職の期間が長いけど、正社員としてやっていけるか?
  • どうして27歳の今になって就職しようと思ったんだろう?
  • 正社員として働く気持ちは本当にあるの?

こんなふうに、ある程度はマイナスになるポイント・弱点として質問されること、突かれることは決まっているんですね。

「マイナスが多いからどう回答したらいいんだろう…」と悩むかもしれませんが、突かれるポイントが最初から分かっているということは、ある意味対策がしやすいと言えるんです。

 

もちろん、弱点を突かれることは不安でしょうし良い気はしませんが、面接官が知りたいのは、基本的には

 

  • ニート・無職になったのはなぜか?
  • その経験から何を思ったか?反省したか?
  • 今後はどうしていきたいと思っているか?

この3点です。

つまり、これらをプラスに説明できるように対策しておくことが大切というわけなんですね。

 

「無職、ニートになった理由」⇒「何を思い、どう反省したか」⇒「今後の意気込みや思い」というように、過去から未来に向けて話を組み立てることで、前向きなイメージを与えやすくなります。

弱みをプラスに変えることは就活テクの基本なので、押さえておくと良いですよ。

就職テク2:27歳の無職、ニートが就職するときは面接官にギャップを与える

就職テク2:27歳の無職、ニートが就職するときは面接官にギャップを与える

無職、ニートの27歳が就職するときは、

自分には何の経験もスキルもない…

こんなで就職できるのかな!?

と悩む人もいるかもしれません。

 

ぼくも同じように悩んで、資格取得を目指した時期もあるのですが、、、そもそも27歳の無職やニート、未経験の人材を採用しようと考えている企業は、豊富な経験やスキルを期待しているわけでもありません。(あるに越したことはないですが…)

 

それよりも、どちらかと言えば、

  • やる気や熱意があるか
  • 会社にフィットする人物像か

をチェックされることのほうが多いです。

なので、これらのポイントに応える努力をして、過度に「経験」「スキル」「資格」を気にせずに、まずは動いてみることが大切です。

 

そして、面接や書類対策で有効になるテクニックを覚えておくと良いですね。

履歴書提出前の最終チェックは 第三者にしてもらうのがおすすめ!

それはなにかというと、”採用担当者や面接官にはできるだけギャップを与えるようにする”ということなんです。

 

27歳の無職、ニートは、言い方は悪いかもしれませんが、

  • やる気や熱意がない
  • すぐに辞めてしまうかもしれない
  • 仕事ができないかもしれない

一般的にはこんなイメージを持たれることが多いので、逆にこれを利用するんです。

 

例えば、27歳までニートや無職だったとしても、

  • 言葉遣いが丁寧でマナーがしっかりしている
  • 仕事をよく理解していて、やる気に満ちている
  • 努力している様子が伝わってくる

などすれば、面接官や採用担当者としても、

面接官

この人は、ちゃんとしてるかも…

今後はがんばってくれるかもな…

と思う可能性があるわけです。

 

さすがにいくらやる気あって人柄がよくても、大手企業や有名企業に未経験のニートが就職するのは難しいかもしれませんが、「未経験歓迎」「経験不問」といった企業なら、チャンスはあります。

なので、「いかにギャップを与えられるか」を考えて、就職活動を進めるのはおすすめですよ。

就職テク3:27歳の無職、ニートで就職する人は「就職マナーやノウハウ」をきちんと身につけている

就職テク3:27歳の無職、ニートで就職する人は「就職マナーやノウハウ」をきちんと身につけている

最後に、27歳の無職、ニートから就職するために頭に入れておいてほしいのが、就職を成功させる人は、

  • 就職活動のマナー
  • 面接対策や書類作成ノウハウ

などを身につけて就職活動しているということです。

 

例えば、車の免許を取るときも、何の練習、勉強もしないままにいきなりテストを受けても、合格をもらえる確率は低いですよね。

運転マナーや交通規則を知ることが必須ですし、運転を正しく知っている人に指導を受けることで合格が近づきます。

 

就職活動もこれに似ていて、ある程度は就活のマナーやノウハウを身に着けておいたほうが、就職しやすいんですね。

 

就職活動がうまくいかないと、「27歳でニートだからダメなんだ…」と思いがちですが、それだけではなく就活のマナー・ノウハウが身についていないことが原因だったりします。

 

ですから、就活マナーやノウハウを学んだ上で就職活動を進めることも、内定までの距離が近くするためには必要なことですね。

27歳の無職、ニートが就職を目指すときに必要なこと

とは言え、就活マナーやノウハウは、ひとりで就職活動をしていてもなかなか身につかないものですし、自己流でやってもうまくいかないことも多いと思います。

ぼくも就活本やネットで調べたことがありますが、本当に使える就活マナーや最新の就活ノウハウは、よくわからなかったりします。

 

そこでおすすめなのは、就職支援サービスを活用することです。

就職支援サービスというのは、簡単に言えばハローワークのようなもので、担当者に

  • 希望に合う求人を紹介してもらえる
  • 応募する企業の情報を詳しく教えてもらえる
  • 企業とのやりとりを変わりにしてもらえる

などのバックアップを無料で受けられるサービスのことです。

 

これを使えば、キャリアアドバイザーという担当者に、直接就活をサポートしてもらえるので、就活マナーや自分に合うノウハウを教えてもらうことができるんですね。

ぼくもこれを活用したことで、どう就活を進めたら内定が近いかを具体的には教えてもらえましたし、自分に合った求人も紹介してもらえたので、就活がスムーズに進みました。

 

27歳でニート、無職というマイナスをどうプラスに説明するかについても、ひとりひとりに合った対策をしてもらえるので安心だと思います。

まずは、就職支援サービスを使うことから就活をはじめるのはおすすめです。

就職支援サービスは無職、ニートなどの未経験者に対応しているサービスを選ぼう

就職支援サービスを使うときに、ひとつだけ注意してほしいのが、無職者やニート、未経験者をきちんとバックアップしてくれるサービスを選ばないといけないということです。

そうしないと、思ったようなサポートをしてもらえないことがあるので、注意してください。

 

ちなみに、ぼくも使ったおすすめの就職支援サービスは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」です。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

ニートなどの未経験者の就職を専門にしているサービスだけあって、

  • 就活の基本からマナー
  • どうすれば未経験で就職できるか

などのコツを教えてもらえますし、担当者も優しくサポートしてくれるので安心でした。

未経験を歓迎している企業も集まっているので、仕事探しがしやすくおすすめです。

 

ただし、サポートは、関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定です。その分、関東の求人には強いので、関東地方で就職するなら活用すると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする