ニート就活のコツ

【不安を徹底解消】25歳の無職・ニートから就職を叶える3つのコツ

【不安を徹底解消】25歳の無職・ニートから就職を叶える3つのコツ

もう25歳だけど、無職生活を続けている
就職したいけど不安だな

学校卒業後はニートになってしまった
20代も中盤だし、これからどうしたらいい!?

こんなふうに悩んでいませんか?25歳で無職だと将来に不安を感じますよね。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

実はぼくも、25歳までフリーター・ニート生活をしていたので、焦りや不安な気持ちはよくわかります。(ぼくは24歳で就活をはじめ、25歳で就職した過去があります。)

 

そんな経験から言えるのは、25歳は無職(ニート)を抜け出す絶好のタイミングだということです。

なぜなら、20代中盤ならまだまだ就職チャンスがたくさんありますし、人生を立て直すのに遅くはないからです。

 

この記事では、不安を解消して就職を成功させるための3つのコツをまとめてみました。

  1. 「今」行動することが就職チャンスを広げる
  2. 弱みを強みに変えるフォローの仕方を頭に入れておく
  3. ひとりで悩まずに頼れるものは頼る
ダイスケ

どれも難しいことはないので、ひとつでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

25歳は無職・ニートを抜け出す絶好のチャンスの理由

もしかしたら、

本当に25歳で無職・ニートを抜け出すチャンスなんてあるの!?

と疑問に思った方もいるかもしれません。

就職を成功させる3つのコツをお話しする前に、「チャンスの理由」をサクッとお伝えしておきますね。

 

まず、理由のひとつとして挙げられるのは、近年「未経験者や第二新卒を積極的に採用する企業が増加している」ということです。

その背景にあるのは、

  • 人手不足
  • 新卒の採用が難しくなっている

この2つのポイントです。

 

ここ数年は、とくに中小企業の人手不足が深刻化していて、実に「半数の企業が人員の不足に頭を悩ませている」というデータがあります。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より 

 

とくに下記の業界は人手不足が深刻化しているので、未経験者でも就職しやすい状況になっています。

【業界別集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

無職やニートから就職する場合、当然「未経験者」ですので、人手不足が続く状況はプラスと言えるわけです。

 

また、近年は新卒者の採用が激化していることから、「新卒がほしくても採用できない企業」が増えています。

そうした企業は、「既卒」「第二新卒」の人材に目を向けるので、やはり就職チャンスは広がります。

 

もちろん、簡単に就職できるわけではありませんが、きちんとコツを押さえて諦めずに就活をすれば内定は取れます。

ダイスケ

「25歳の無職・ニートからでも就職チャンスはある」と前向きに捉えることがとても大切ですよ。

「今」動き出す!25歳の無職・ニートを抜け出すには行動が大切

ではここからは、25歳の無職・ニートから就職を叶えるための3つのコツをお伝えしていきます。

 

まず1つの目のコツは、「今」行動して就職チャンスを広げるということです。

素早い就活が大切!25歳、無職は今が頑張りどころ

先に「25歳は無職・ニートを抜け出す絶好のチャンス」とお話ししましたが、実はこの時期を逃すと就職率がどんどん下がってしまいます。

 

以下は、「フリーターから正社員になった割合」を調査したデータなのでご覧ください。

フリーター歴 正社員になった割合
6ヶ月以内 64%
7ヶ月から1年 58.3%
1年から2年 52.2%
2年から3年 58.9%
3年超  48.9%

引用元:独立行政法人労働政策研究・研修機構「大都市の若者の就業行動と意識の展開」

このデータを見ると、フリーター歴3年(大卒で考えると25歳前後ですね)までは約5〜6割が就職をしていますが、3年を超えると半数を下回っていますよね。

基本的に就活は、ブランクが長ければ長いほど不利になるケースが多くなります。

25歳を境に未経験で挑戦できる仕事が減ることも考慮する

また、就職する業界によっては、未経験者を採用する年齢の上限が25歳前後に設定されていることもありますし、そもそも「未経験OKの求人数自体は25歳を境にどんどん減る」というデータもあります。

年齢が高くなると(20代後半以降)、未経験で挑戦できるのは、

  • 営業職
  • 飲食などサービス業
  • 介護系
  • 建設関連など

などの分野に固定されやすくなるので、選択肢が多い25歳の今のうちに動き出すことが大切です。

「今」行動することが就職チャンスを狭めないコツ、ということを知っておきましょう。

25歳でニートをやめるには覚悟を決めて行動に移す

では、具体的に「今」どんな行動を取るべきなのでしょうか。

ぼくがおすすめしたいのは、まずは「社会人に近い生活スタイルを取り戻しておく」ということです。

25歳でニートをやめるには覚悟を決めて行動に移す

無職・ニート生活を送っていると、

  • 生活リズムが乱れている
  • 家にひきこもり気味
  • 人と話す機会が少ない

こんな状態の方が多いと思います。

ぼくもそうでしたが、これらをいきなり変えるのは正直かなり大変です。「めんどうくさい」「だるい」と就活を挫折する原因になってしまいます。

 

ですので、例えば、

  • 朝早めに起きる習慣をつける
  • 毎日身だしなみを必ず整える
  • とりあえず通勤の練習してみる
  • コンビニの店員さんにあいさつをする
  • 体を動かす・散歩にでかける

など、「社会人が普通にやっていそうな行動」をしてみてください。(これらはぼくが実際におこなったことです。)

「早起きなんてすぐできる」「通勤の練習なんて馬鹿らしい」と思う方もいるかもしれませんが、実際にやってみるとニート・無職を抜け出すモチベーションが上がりますし、一歩踏み出すきっかけにもなります。

また、スーツや革靴、カバンなどの「就活アイテム」を揃えることから始めるのもおすすめです。

ダイスケ

いきなり生活を変えるのは大変なので、まずは「社会人に近い生活スタイルを取り戻すこと」から始めてみると良いですよ。

きちんとフォロー!25歳の無職・ニートの弱みをプラスに変える

2つ目のコツは、25歳の無職・ニートの弱みを強みに変えるフォローの仕方を押さえておくということです。

 

就活では必ず、

  • 「どうして25歳までニートだったのか」
  • 「無職期間はなにをしていたのか」
  • 「就職しなかったのはなぜか」

このような「弱み」に関する質問を受けるので、これらをフォローする方法を知っておけば就活の不安を解消できるというわけです。

25歳、無職のウィークポイントは決まっている

では、どんなフォローが有効なのでしょうか。

おすすめしたいのは、以下の流れにそってマイナスをプラスに変える受け答えを準備しておくことです。

  1. マイナスを素直に認める・理由を話す
  2. 無職・ニート期間に得たこと・感じたことを伝える
  3. 就職したらどうしていきたいか(意気込み)を語る

例えば、

面接官

無職期間があるのはどうしてですか?

という質問に対しては、

  1. 無職になった理由を素直に答える
  2. 無職になって感じたこと、反省点などを伝える
  3. もし就職できたらどんな活躍がしたいかを語る

このように、無職期間の理由だけではなく、反省点や今後の展望も併せて伝えましょう。

そうすれば、25歳で無職・ニートのマイナスをフォローしながら、きっちり自己アピールもできますよね。

 

「弱み」に関する質問は必ず受けるので、マイナスをプラスに変える受け答えを準備しておくと良いですよ。

無職・ニートのイメージを逆手に取れば好印象を与えられる

また、

  • 25歳で無職期間がある
  • ニート生活をしていた

これらは「100%就活のマイナス」と考える方は多いと思いますが、実は悪いことばかりではありません。

なぜなら、「25歳の無職・ニート」のイメージを逆手に取れば、好印象を与えることができるからです。

「25歳の無職・ニート」のイメージを逆手に取れば、好印象を与えることができるイメージ画像

例えば、一般的に「25歳で無職・ニート」は、

  • やる気や熱意がない人
  • だらしない人
  • すぐに辞めてしまいそうな人

こんなイメージですよね。

でも、面接で「書類がきちんとしている」「熱意のこもった自己PRをしている」「人柄が良さそう」こんな印象を残したらどうでしょう。

 

人間には、「もとのイメージと大きなギャップがあると好印象を感じやすい」という特性があるので、

採用担当

この応募者、25歳までたいした仕事はしてないけど、しっかりしてて期待できるかも…

このように高い評価をもらえるかもしれません。

ダイスケ

25歳の無職・ニートはマイナスとばかり思わずに、フォローの準備をきちんとしておくと良いですよ。

25歳の無職・ニートから就活を成功させるには「ひとりで悩まずに頼れるものは頼る」

最後のコツは、ひとりで悩まずに頼れるものは頼るということです。

ニートだからといってブラック企業だけは絶対に避ける

基本的に就活は、

  1. 求人を探す
  2. 企業研究をする
  3. 応募書類作成
  4. 応募する
  5. 面接
  6. 内定

このようにやることはシンプルですが、無職・ニートから就職する場合、求人を探すだけでも一苦労です。

  • 「そもそもどんな求人に応募したら良い?」
  • 「ニートの自分を受け入れてくれる企業はある?」
  • 「書類の書き方や面接の受け方は?」

このように、何から手をつけていいかわからないという方は多いのではないでしょうか。

ぼくの経験上、ひとりで悩めば悩むほど就活が苦しくなり、モチベーションも下がります。

 

ですので、不安を感じているなら、頼れる就活サービスはどんどん活用して賢く就職活動を進めることが成功のコツと言えます。

 

とくに「エージェント系のサービス」を活用すれば、「キャリアアドバイザー」と呼ばれる担当者が無料で、

  • 希望や経験に合った求人紹介
  • 応募企業の詳細な情報提供
  • 面接や書類のアドバイス
  • 就職の不安や悩み相談

などをサポートしてくれるので、求人サイトと平行して登録しておきましょう。

キャリアアドバイザーに紹介された求人は情報精度が高いですし、場合によっては「書類免除」で面接を受けられることもあります。

キャリアアドバイザーと面談

また、就職を目指す25歳の無職・ニートは、ブラック企業のターゲットになることも多いので、求人企業の情報を探ってくれるエージェント系サービスはとても便利です。

25歳の無職・ニートがブラック企業に就職して早期離職すると、キャリア的・精神的なダメージは計り知れません。

ダイスケ

自分が納得できる形で就職するためにも、ひとりで悩まずにエージェント系サービスなどを活用して就活を進めてくださいね。

無職やニートの就職を専門的にサポートしてくれるサービスを活用する

ただし、エージェント系サービスを活用するなら「無職やニートの就活を専門にしているサービス」を活用するようにしてください。

有名なエージェントサービスは、

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

などがありますが、こうした総合型エージェントは、職歴のある転職者を対象としていることが多いです。

フリーターや既卒がDODAを使うのはどうなの?迷ったときの対処法。
フリーターや既卒がDODAを使うのはどうなの?迷ったときの対処法。 フリーターや既卒でDODAのような転職エージェントは使えるの? こんなふうに、DODAのような転職エージェントを...

ですので、無職やニートに特化したサービスを選んで活用するようにしてください。

 

ぼくがおすすめできるのは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」です。無職・ニート・既卒の就活に特化したサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

「約6割は社会人経験がない人が利用している」というだけあって、

  • 学歴不問
  • 未経験OK
  • 既卒歓迎

の求人をたくさん紹介してもらえます。

営業や事務、エンジニア、販売などの仕事が豊富で、キャリアアドバイザーが優しくサポートしてくれます。

はじめてエージェントを使う方も安心だと思います。

サポート地域は以下のようになっています。

  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉
  • 愛知
  • 大阪
  • 福岡

対象の方は、ハタラクティブを利用すると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事