ニート就活のコツ

無職の20代が就職したいと思ったら最初にすべき3つのこと。

無職の20代が就職したいと思ったら 最初にすべき3つのこと。
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

無職状態から就職するなら、「まずはこれだけはやっておこう」というポイントがあるんです。

今回は、
就職したい無職の20代が最初にすべき3つのこと
についてお話ししますね。

20代には「今は無職でも半年後、正社員になって笑っている」可能性が十分ある

  • 今は無職だけど、そろそろ就職して働きたい…
  • 20代のうちに正社員になりたい…
  • でも、無職期間が長いから不安…

こんなふうに悩んではいませんか?

無職状態から就職するのは、勇気がいることですよね。

 

しかし、今は無職でも、就職しようと動き出しさえすれば、半年後には楽しい社会人生活を送っている可能性は十分にあります。

 

というのは、ぼく自身がそうだったからです。

ぼくは、25歳までフリーター・ニート生活をしていましたが、一念発起して就活を開始。最初は就活が全くうまくいきませんでしたが、試行錯誤した結果、ちゃんと正社員になることができました。

 

そんなぼくの経験を通して、この記事では「就職がしたい…」と思っている無職の20代の人に向けて、「最初にこれだけはやっておいたほうがいいよ!」という、以下の3つのポイントをお話ししていきます。

  • 考え方をシフトすることが大切
  • 自分なりのルールと期限を決める
  • 不安や悩みを1人で抱え込むのはやめる

「無職から就職なんてできるんだろうか…」と不安な気持ちがあるなら、ぜひ参考にしてくださいね。

「20代無職の就職は難しい!?」考え方をシフトすることが大切!

「20代無職の就職は難しい!?」考え方をシフトすることが大切!

就職したいけど、いまさら20代の無職が就活をがんばってもな。。。

望みは薄いかも…

こんな気持ちが強いなら、少しでもいいのでその考え方を変えることが先決です。

 

どうしてかというと、「自分には価値がない」「どうせ良い仕事には就けない」という姿勢で就活を進めても、上手くいく可能性は低いからです。

 

一度、企業側の立場になって考えてみてください。

どうせ自分は、無職の20代…自信がない…

誰もこんな人は採用したくないですよね。

自信満々に振る舞う必要はないですが、少なくとも「これから頑張っていく」という気持ちを前面に出して就活に臨むことがとても大事です。

 

実際、20代ならニート生活をしていたり無職状態でも、きちんと求人を選んで就活をすることで仕事に就くことはできます。

以下は、「1年前に無職だった人の現在の職業」を集めたデータなのですが、、、

大学卒者 男性

  • 正規の職員・従業員 30.4%
  • パート・アルバイト 12.0%
  • 派遣社員 2.4%
  • 契約社員などその他 5.8%
  • 自営業・自営手伝いなど 1.3%
  • 家事等 0.8%
  • 求職者 27.4%
  • 非求職無業者(ニート) 18.4%

 

大学卒者 女性

  • 正規の職員・従業員 29.4%
  • パート・アルバイト 13.1%
  • 派遣社員 7.2%
  • 契約社員などその他 12.5%
  • 自営業・自営手伝いなど 0.3%
  • 家事等 0.4%
  • 求職者 14.7%
  • 非求職無業者(ニート) 20.8%

引用元:独立行政法人 労働政策研究・研修機構(データの一部抜粋)

このように、男女ともに約3割は正社員になっているという事実があります。

 

当然、「もうだめだ…」と諦めてしまえば、就職は難しいですが、「これから頑張るんだ」と心に決めていれば、その思いは採用担当者に伝わるものです。

 

ぼくは今、会社の人事にも関わっていますが、転職者の採用はスキルや経験があれば優遇するものの、結局最後は応募者の人柄や熱意で決まるケースが多いです。

なので、少しでもいいので考え方を前向きにシフトして就職活動に臨んでみてください。

それだけでも、就職できる確率がアップするはずです。

20代の無職から就職を目指すときは自分なりのルールと期限を決めよう!

20代の無職から就職を目指すときは自分なりのルールと期限を決めよう!

次のポイントは、就職を目指す上でのルールと期限は決めておいたほうが良いということです。

 

どういうことかというと、

  • 「20代で無職なんだから、どんな仕事でもいい…」
  • 「無職期間が長いから、なんでもいいから就職したい」

こんなふうに、「なんでもいい」というスタンスの就職は、逆に仕事が見つかりにくくなりますし、ブラック企業に捕まるリスクも高まるので、自分なりのルールを決めて就活を進めるべきだということです。

 

例えば、

  • 興味がある分野、業界、職種の求人を探す
  • アルバイト経験を活かせそうな求人に絞る
  • 学生時代得意だったことを活かせないか探る

など、自分を活かそうと考えることが、結局は仕事選びをスムーズにします。

よく、「仕事が無い…」と言いますが、世の中にはたくさんの求人情報が溢れているので、その中から20代の今の自分に合った求人を見つけることが大切なんです。

 

また、いくら20代で若いと言っても、年を重ねるにつれて、実は応募できる求人の数はどんどん減っていきます。

年齢と求人数の推移(緑の線が求人数)

この表からも分かるように、25歳、27歳、30歳でガクンと減ることが分かっています。

 

ですから、「この日までに就職する」と自分の中で期限を設定して動き出すことも大事なポイントです。

ぼくもそうでしたが、期限がないと「ダラダラ就活をしてしまって、結局思うように成果があがらない…」ということになりやすいので、ぜひ目標期限を設定してみてください。

20代無職の不安や悩みを1人で抱え込んで就活するのはやめる!

20代無職の不安や悩みを1人で抱え込んで就活するのはやめる!

これまで無職だったのに、いきなり就職して働くのは誰だって不安です。

「20代で無職のことをどう面接で説明すれば良いんだろう…」と悩む人も多いはずです。

 

しかし、そんな不安や悩みを、ひとりで抱え込んでしまったり「自分の問題なんだからひとりで乗り切ろう…」と考える必要はないんです。

 

世の中には、就活をスムーズに進めるためのサービスがあったり、就活を手伝う仕事をしている人もいるので、それらを上手く利用しましょう。

 

とくに、キャリアアドバイザーという担当者が就職をサポートしてくれる、就職支援サービスはおすすめです。

「今まで無職だったのに、そんなサービスを使えるの?」と思うかもしれませんが、既卒者やフリーター、ニートなどの就職を専門にバックアップしてくれるサービスがあるので、全く問題はありません。

 

無職の20代が就職するときは、ブラック企業などおかしな職場にあたってしまうのは、もっとも避けたいことです。

そんな場合も、キャリアアドバイザーに相談しておけば、就職先の職場情報を事細かく教えてくれるので、安心なんですね。

 

ぼくも就職支援サービスを使いましたが、

  • 不安なことや悩みを相談
  • どう企業に自己PRをしたらいいのか相談
  • 書類の書き方のアドバイスをもらう

。。。など、かなり助けられました。

 

せっかく就職しようと思っても、ひとりだと壁にぶつかったときに挫折しやすいです。

キャリアアドバイザーと繋がっているほうがモチベーションを保てるので、有効に活用しましょう。

20代の無職が就職するときに使うべき就職支援サービスは?

ぼくが使った就職支援サービスは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」というフリーターやニートの就職専門のサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

サポートエリアは関東(東京、神奈川、千葉、埼玉)に限られていますが、とても親切で使い勝手が良いのでおすすめです。

求人も、営業、エンジニア、事務、販売、サービス業など、かなり幅広く紹介してもらえました。

キャリアアドバイザーもフレンドリーなので、気軽に相談しやすいですよ。

会員登録は簡単なので、公式サイトを見てみてくださいね。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする