面接

熱意もモチベーションも高いのに就職面接が上手くいかない既卒・フリーターがチェックすべきこと

ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

「熱意があるのに就職面接が上手く行かない…」
これは焦りますよね。。。

今回は、
就職面接がうまくいかないときのチェックポイント
をお話ししますね。

熱意があっても就職面接がうまくいかないと落ち込む…あなたは大丈夫?

就職活動では、大抵の人が何社も面接を受けることになります。

数をこなしていくうちに、
「自分は正社員になるためにがんばっている。。。」
気持ちがどんどん引き締まってくるはずです。

 

しかし、熱意もモチベーションもあるのになかなか上手くいかないと、
気持ちがグラつくこともあります。

誰でも不採用が続いたり、厳しいことを言われると落ち込みますよね。

 

あなたは大丈夫ですか?

「気持ちがグラつき気味、落ち込み気味かも。。。」そんな人は、ぜひ読み進めてください。

スポンサードリンク

就職面接がうまくいかないのはすべて自分のせいにしなくて大丈夫!

就職面接がうまくいかないのはすべて自分のせいにしなくて大丈夫!

実は、私が既卒フリーターから就職活動を始めた当初も、
やる気とは裏腹に不採用続き。

「面接は空回りばかりしてる気がする。。。」
と落ち込んだ記憶があります。

 

しかし、面接は数をこなすことで慣れてきますし、
自分の中にノウハウが蓄積されることは事実。

例え不採用でもすべて次に繋がる経験になので、無駄なことは一切無いんです。

 

そして、自分に合った企業に出会える瞬間もどこかでやってきます。

 

なので、まずは「なかなか上手くいかない。。。」としても、落ち込む必要はありません。

上手くいかないと、まるで自分の全てを否定されたように感じることもあります。
でもそれは間違いです。

 

不採用になる原因というのは、
本当に些細なことだったり、自分ではどうしようもできない企業の都合だったりします。

また、一緒に受けた誰かが、
あなたよりほんの少し印象が良かったり、経験が上だったからかもしれません。

 

少なくとも、書類選考を通過して面接に呼ばれる経験をしているのであれば、
決定的にダメな理由があるわけではないです。

それを理解して、モチベーションを下げてしまうことだけには注意しましょう。

 

既卒・フリーターから正社員就職を目指すのであれば、
あなたがアピールすべきことは「高いモチベーションにある」ということを別記事でもお話しました。

こちらの記事です。

たしかにモチベーションを維持することは簡単ではありません。
しかし、そこが頑張りどころ。

自分から積極的に就職活動を盛り上げる工夫をして、前に進んでいきましょう。

スポンサードリンク

就職面接「なにが良かった」「なにが悪かった」をしっかり振り返る!

就職面接「なにが良かった」「なにが悪かった」をしっかり振り返る!

しかしその一方で、
「モチベーションも高いし、やりたい仕事なのに、上手くいかないのはなぜ!?」
と悩む人もいると思います。

 

その疑問を解決するためには、自分自身の面接をしっかり振り返るのがおすすめです。

面接が終わると気分的にホッとするので、
すぐに「面接を振り返って分析する」ということがないかもしれません。

 

しかし、時が経つにつれて自分が話したことなどは忘れてしまいます。
今日の面接で「良かった点」「悪かった点」をしっかりノートに書き出してみてください。

 

そうすれば、必ず

  • 「ここは以前よりも上手く話せたかも」
  • 「ここがマイナスになったかも」

というポイントに気付くことができます。

 

もちろん、面接に受かっていればその分析は無駄になるかもしれませんが。。。(それが1番良いことですね)
必ず次に繋がることなので、やっておくといいですよ。

スポンサードリンク

とくに注意したいのは「話の矛盾」面接は筋の通った話を心がけて!

とくに注意したいのは「話の矛盾」面接は筋の通った話を心がけて!

とくに注意して振り返りたいのが
「なにか矛盾した話をしなかったか?」というところ。

あなたが面接で話した内容をもう一度振り返ってみましょう。

 

自分で話している分には気付かないことが多いですが、人の話を聞いていると
「この人の話って、さっき言ってたことと矛盾してない!?」
と思うことが多々あります。

 

そして、そういう人の話は信ぴょう性にかけますよね。
「言ってることって本当だろうか…」「なんか怪しいかも…」というような疑問や不安が残ります。

 

そんなことを面接の場でしてしまうと、
面接官には疑いの目を向けられてしまう可能性が高いです。

 

しかも、人事担当者は沢山の面接をこなした経験があるので、
人の話を聞きそれを分析することに長けている人が多いです。

そんな人にとって「話に筋が通っているかどうか」を見抜くことは容易です。

 

そのため、自分が面接で話した内容を分析して、
「この質問ではこう答えるのに、自己PRでこんな風に言うのはおかしいかもしれない。。。」
というような箇所を修正して次に生かしましょう。

 

例えば具体的には、

  • 沢山の人に接する仕事がしたいと言っているのに事務職を希望。
  • 技術職など専門的な知識を身につけたいのに、勉強は苦手と言っている。
  • 福利厚生がしっかりしているかを確認したのに、将来は起業したいと言っている。

実際は、ここまで露骨に面接で話すことはないかもしれませんが、これらに近い発言がないかチェックしてみてください。

 

どう話したらいいのかわからない時には、
自分の就職活動の軸となっている部分をもう一度よく考えましょう。

そうすれば、答えは自然に見えてくるはずです。

スポンサードリンク

就職面接が上手くいかないときに取り組んでほしいこと

就職面接が上手くいかないときに取り組んでほしいこと

どうしても面接が上手くいかなかったり、自信がもてない時は、
「模擬面接」を受けてみましょう。

就職支援サービスに登録しているのであれば、
模擬面接や面接対策サービスを行っている場合があるので活用しましょう。

 

模擬面接を行うことで、
一人で考えるだけでは見えてこない問題点や注意点を、第三者から聞き出すことができます。

 

模擬面接をしてもらうときには予め
「自分の話が矛盾しているように聞こえるところをとくに注意して欲しい」と伝えておくと良いです。

そうすれば、相手も注意して聞いてくれますし、的確なアドバイスを受けられます。
これはかなり効果的な方法だと管理人は思うのでおすすめです。

 

就職活動に限った話ではありませんが、
上手く行かなかったとしても、その結果を分析して、また行動していけば、必ずあなたはその分だけ成長しています。

そして、就職活動の成功に一歩ずつ近づいています。

 

それだけは忘れずに、

  • 「自分の面接を振り返ってみる」
  • 「模擬面接の予定を組んでみる」

などして動いていきましょう。

 

もしもまだ就職支援サービスに登録していなければ、既卒者やフリーターの就職に特化したサービスを選ぶといいですよ。

既卒者やフリーターの悩みを理解してもらいやすいですし、相談しやすいのでおすすめです。

 

以下のページでは、フリーターや既卒専門の就職支援サービスをまとめているので、ぜひ参考にしてください!

スポンサードリンク

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする