エージェント活用術

既卒者が就職支援サービスを使う時にアドバイザーに嫌われないための3つのポイント

既卒者が就職支援サービスを使う時コンサルタントに嫌われないために知っておくべき3つの事
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

「就職支援サービスに登録したはいいけど、
アドバイザーから嫌われてるかもしれない。。。」

これはマズい状態です。

この記事では、
アドバイザーに嫌われないための3つのポイント
をお話ししますね。

アドバイザー

う〜ん…この人はどうやって就職支援したらいいんだろう。。。

もしも、あなたを担当する就職支援サービスのキャリアアドバイザーが、こんな風に感じていたら。。。就職活動は上手くいかないかもしれません。

 

就職支援してもらいたいのに「キャリアアドバイザーはあなたの扱いに悩んでいる」。これは避けなくてはいけない状況です。

自分に合った求人を紹介してほしい、アドバイスをもらいたい、それなのに、キャリアアドバイザーに「扱いにくい求職者」という印象を与えてしまうと、何一つ良いことはありません。それどころか非常にマイナスです。

 

「それって結局、キャリアアドバイザーの力不足じゃないの!?」「つまり、その人材紹介会社が自分には合わないってこと!?」そういう場合もあるでしょうが、「就職したい側」の考え方や姿勢が問題アリということも。

そうなると、キャリアアドバイザーを変えても、就職支援サービスや人材紹介会社を変えても、同じことの繰り返しです。

 

また、その考え方や姿勢を見直しておけば、キャリアアドバイザーや人材紹介会社から「良い求人を紹介してもらえる」「適切なアドバイスを受けられる」可能性も上がるということです。

この記事では「キャリアアドバイザーが就職支援に悩む人の3つの特徴」をご紹介します。こうならないように、上手くサポート受けて就職活動を進めていきましょう!

スポンサードリンク

キャリアアドバイザーが就職支援に悩む人の3つの特徴

1.目的が曖昧でなんとなく就職活動をしている人

目的が曖昧でなんとなく就職活動をしている人

はじめからハッキリした立派な目的を持っている必要はありませんが、「なんとなく。。。」という気持ちで就職活動をしている人は要注意です。

  • 親に急かされるし
  • そろそろしておいたほうがいいかな
  • 理由はとくにないけどなんとなく

思い立ったキッカケはなんであれ、就職活動を始めようと思った理由や目的は深掘りして考えておいたほうがいいです。

 

キャリアアドバイザーは、あなたの話を聞く中で「この人には、どんな仕事が合っているのかな?」「この人は、何が得意なのかな?」「どんな求人案件が合致するかな?」ということを見極めようとします。

それが、「なんとなく。。。」という曖昧な受け答えや表現をされると、冒頭の話のように「。。。どうやってサポートしていけばいいんだ。。。!?」と首をかしげることになってしまいます。

 

もちろん、そこがキャリアアドバイザーの腕の見せ所!とも言えますが、、、全てのアドバイザーが話を引き出すのが上手いとは限りません。それ以前に、積極的に就職支援を受けようとする気持ちが就職活動では大事です。

 

「なんとなく。。。」という軽い気持ちで就職活動を始めても、途中で挫折してしまったり、「あれ、俺はなんで就活してるんだっけ?」と目的を見失ってしまうかもしれません。

そのためにも、就職活動の目的や動機は出来るだけ深掘りしておきましょう!

スポンサードリンク

2.決められない。。。優柔不断で時間がかかる人

決められない。。。優柔不断で時間がかかる人

就職活動を成功させるために必要なポイント、それは「スピーディーさ」です。既卒・フリーターから正社員就職を目指すとき、あなたの武器となるのは素早い行動力なんです。

 

企業が中途採用をするのは、その時に必要な人材をすぐに迎え入れたいからです。そのため、入社時期を調整することなく「すぐに働くことができる」のは大切な要素。

だから、素早いレスポンスを返せることは、既卒・フリーターから就職するあなたの「武器」になるというわけです。

 

それは、キャリアアドバイザーとのやり取りでも一緒です。求人紹介を受けても、返事をするのに慎重になりすぎたり、何日も放置しておくのはNG。「この人はあまりやる気がないのかな。。。」と思われてしまいます。

「素早いレスポンス」は、就職活動成功の鍵です。

3.あれもこれも外せない、夢だった企業じゃないとダメ…自分の立場を把握できていない人

あれもこれも外せない、夢だった企業じゃないとダメ 自分の立場を把握できていない人

やる気や意欲が高いのは、企業だってキャリアアドバイザーだって大歓迎です。しかし、望みが高すぎたり、全てを完璧にしようとすると、どうしても無理な相談になってしまうことがあります。

  • 「給与額は◯◯以上、残業無し、休日も取れて、仕事内容はこれ限定で!」
  • 「◯◯社にどうしても入社したいので、紹介してください!」

ここまで露骨ではないにしても、希望する条件が多すぎたり、難易度が高すぎると、キャリアアドバイザーはそれに答えるのは難しくなるでしょう。

 

もちろん、どうしても外せない条件や希望を自分の軸にすることは必要ですが、自分の立場や能力を把握することも大切。

最初からすべてを手に入れなくても、企業やキャリアアドバイザーに「この人は伸びしろがある」と思ってもらえれば、入社後に希望を実現していけるかもしれません。数年後には、希望を叶えるために転職することだってできます。

スポンサードリンク

キャリアアドバイザーが就職支援に悩む人の3つの特徴!まとめ

いかがでしたでしょうか?以上の3つの考え方や姿勢を見直しておけば、キャリアアドバイザーや人材紹介会社から「良い求人を紹介してもらえる」「適切なアドバイスを受けられる」可能性がグンとアップするはずです。

既卒・フリーターから正社員就職を目指すなら、必ずチェックしておきましょうね。

 

とはいえ、あなたがチョイスした就職支援サービスや人材紹介会社が「既卒・フリーターからの正社員就職」にあまり力を注いでいないとしたら、それはまた別の問題です。

 

まずは、あなたに合った就職支援サービスの利用・登録が大切です。

フリーターや既卒の就職に力を入れている就職支援サービスは、こちらの記事にまとめているので参考にしてくださいね!

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする