既卒フリーター就活の悩み

職歴なし既卒から就職するコツを解説【マイナスのフォローが鍵】

職歴なし既卒から就職するコツを解説【マイナスのフォローが鍵】

職歴なしでも正社員になれる?
既卒が就職するにはどうしたらいいの!?

このように悩んでいませんか?

既卒で職歴がないと就活が不安になりますよね。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

実はぼくも既卒のフリーターから就職した経験があるので、悩む気持ちはよくわかります。

 

でも、きちんと「コツ」を押さえて就活を進めれば、既卒からでも内定は取れます。

とくに「マイナス(既卒になったことや就職を逃したことなど)のフォロー」が就職成功の鍵と言えます。

 

この記事では、職歴がない既卒から就職するための5つのコツをまとめてみました。

  1. ポジティブに考える
  2. スピーディーに動く
  3. 相手の立場になる
  4. マイナスをきちんとフォローする
  5. 1人で悩まない
ダイスケ

どれも難しいことはないので、参考にしていただけたら嬉しいです。

職歴がない既卒は『就活をポジティブに考えること』が大切

まずは、就活をポジティブに考えることから始めましょう。

職歴がない既卒は『就活をポジティブに考えること』が大切

きっと、職歴がない既卒の方の大半は、

  • 職歴がないから就職は不利
  • ブラックの求人しかない
  • そもそも就職できるかわからない

このように、就活をネガティブに考えているはずです。実際ぼくも「就活するだけ無駄」と思っていた時期がありました。

 

けれど、ネガティブな姿勢は、ネガティブな結果を引き寄せてしまいます。

後ろ向きな人材を欲しがる採用担当者や面接官もいません。

 

ですので、既卒から就職をする場合は、

  • 就活の良い面
  • ポジティブな情報

を見るようにしましょう。

既卒者が就職しやすい環境は整っている

例えば、「既卒は就職が厳しい」と思う方は多いかもしれませんが、以下の「既卒者の内定率」のデータを見てください。

【既卒者の調査時点での内定率】

  • 2018年度 45.0%
  • 2017年度 44.0%
  • 2016年度 45.0%
  • 2015年度 43.2%
  • 2014年度 30.7%

※マイナビ既卒者の就職活動に関する調査より
(参照データ:マイナビニュースより一部抜粋

既卒者の内定率は、ここ数年40%中盤をキープしています。2014年に比べると約15%も内定率が上がっていることがわかりますよね。

 

また、近年は「人手不足」「新卒採用が困難」などの影響で、

  • 未経験者
  • 第二新卒者
  • フリーターや既卒者

の採用ハードルは下がっている(内定が取りやすい)と言われています。

たしかに、新卒や職歴がある転職者に比べると既卒の就活は難しいですが、きちんと業界や職種を選べば、職歴がない既卒にも十分就職チャンスはあります。

ダイスケ

「既卒にもチャンスがある」と前向きに考えて、就活を進めましょう。

『スピーディーに動けること』は職歴がない既卒者のアドバンテージ

次のコツは、「スピーディーに動くこと」です。

『スピーディーに動けること』は職歴がない既卒者のアドバンテージ

実は、職歴がない既卒者にとって「スピーディーな行動」は大きなアドバンテージ(有利な点)です。

なぜなら、職歴がある転職者や新卒は、仕事をしながら転職活動をしたり、学校卒業のタイミング=入社時期なので動きが鈍りがちですが、既卒の場合、

  • いつでも面接が受けられる
  • 即入社が可能
  • 就活を最優先できる

このように、スピーディーな就活が可能ですよね。

採用活動をしている企業は人手がほしいので、こうしたスピーディーに動ける人材は非常にありがたい存在と言えます。

 

また、新卒の就活とは異なり、中途採用は「タイミング」が重要です。

いつ良い求人が出るかは予測できないので、スピーディーに動けるのように準備をして、就職チャンスを逃さないようにしましょう。

就職率が下がらないうちに「今すぐ動き出す」

また、「スピーディー」というのは、「今すぐ動き出す」という意味でもあります。

 

実は、既卒者やフリーターの就職率は、年齢が上がるにつれ下降傾向にあることがわかっています。

【フリーターの就職率(フリーター期間別・男女合計)】

  • 6ヶ月以内 64%
  • 7ヶ月から1年 58.3%
  • 1年から2年 52.2%
  • 2年から3年 58.9%
  • 3年超 48.9%

引用データ:厚生労働省HPより抜粋

厚生労働省が調査した「フリーターの就職率」を調べたデータを見ても、フリーター歴半年以内は6割以上が就職しているのに対し、3年を超えると半分にも満たない結果になっています。

 

ですので、既卒から正社員を目指すなら、

  • 今すぐに就活をはじめる
  • スピーディーな対応を心がける

ということを押さえておきましょう。

ダイスケ

スピーディーな対応は職歴がない既卒の就職チャンスを広げるコツです。

『相手の立場になること』で職歴がない既卒の就職チャンスは増加する

次のコツは、相手の立場になって考えるということです。

『相手の立場になること』で職歴がない既卒の就職チャンスは増加する

職歴がない既卒から就職する場合、

経験やスキルがないのは大きなマイナスだ。。。
なにをアピールしたらいい?

このように、「自分目線」で考えがちですよね。

しかし、就活を成功させるヒントは「相手目線になること」にあります。

 

例えば、既卒やフリーターなどの未経験者を採用する企業は、そもそも経験やスキルを重視してはいません。

  • 就職に対するやる気や熱意
  • 職場に馴染む人柄・誠実さ
  • 将来性(ポテンシャル)

など、人間的な部分を評価する傾向が強いです。

以下は、「第二新卒の採用で重視するポイント」を調査したデータですが、  などが上位を占めていますよね。

 

これを考えると、無理に背伸びをしたアピールをするより、「やる気や熱意」を伝える努力をしたり、「人柄が伝わるアピール」を準備したほうが良いということが分かりますよね。

つまり、相手目線(企業の気持ち)で就活を考えないと、企業の心に響くアピールは難しい、というわけです。

 

もちろん「自分がどう思うか」も大切ですが、

  • 応募企業は何を期待しているか
  • 面接官や採用担当者ならどう考えるか

という視点を持って、就活に臨みましょう。

職歴がない既卒の就活は「チャレンジ精神」が大切

また、仕事探しは「チャレンジできそうな仕事」をテーマにすることをおすすめします。

職歴がない既卒の就活は「チャレンジ精神」が大切

最初から、

  • 絶対にこの業界はNG
  • この職種以外は無理

というスタンスで仕事を探すと、既卒の就職チャンスや選択肢は極端に減ってしまいます。

 

ですので、

  1. まずは既卒が採用されやすい仕事を集める
  2. その仕事・会社情報をじっくり精査する
  3. そのなかで「チャレンジできそうな仕事」にトライする

このように、相手の立場(既卒の採用に力を入れている業界など)を考え、広い視野をもって仕事探しをしてみてください。

 

先にお話ししたように、近年は人手不足の影響で既卒の就職チャンスは広がっています。

中小企業の人手不足は慢性化していて、実に50%以上の企業が人手不足を抱えていると言われています。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

そして、以下の業界は人手不足が深刻化していることも分かっています。

【人員過不足・業界別集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

こうした業界に目を向けて、チャレンジできそうな求人を探してみましょう。

ダイスケ

相手目線で就活を考えることで、既卒の就職チャンスは増加します。

『マイナスをきちんとフォロー』職歴がない既卒が就職する鍵

次のコツは、マイナス(既卒になったことや就職を逃したことなど)をきちんとフォローするということです。

『マイナスをきちんとフォロー』職歴がない既卒が就職する鍵

職歴がない既卒者にとって、就活の大きな不安要素は、

  • 既卒になった理由
  • 就職を逃した事

などを面接等で質問されることではないでしょうか。

実は、既卒のマイナス面をきちんとフォローできるかどうかで、就活の結果は大きく変わります。

 

そこで押さえておきたいのが、マイナスをプラスに変えるフォローの方法です。

具体的には、以下の方法でマイナスの質問に答える準備をしておくと良いです。

  1. マイナスは素直に認める・その理由を正直に話す
  2. その結果何を得たか・学んだかを伝える
  3. 就職したらどうしたいか・今後の展望を語る

 

例えば、「どうして就職しなかったのですか?」という質問に対しては、

  1. 「就職しなかった理由を正直に話す」
  2. 「既卒になって感じたことや学んだことを伝える」
  3. 「就職したら「こんなふうにがんばりたい」など展望を語る」

「認める⇒得たことを伝える⇒今後の展望をアピールする」このような流れで解答することで、マイナスをプラスに転じることができます。

 

基本的に採用担当者や面接官は、既卒になった過程や就職しなかった理由を追及したいわけではなく、

  • マイナスをきちんと受け止められる人材か
  • 自分を客観視できるか
  • 就職に対して前向きか

などをチェックしています。

ダイスケ

職歴がないなどのマイナスは前向きに転じて、フォローする準備をしておきましょう。

『ひとりで悩まない』ことが職歴のない既卒の就活チャンスを広げる

最後のコツは、「就活をひとりで悩まない」ということです。

『ひとりで悩まない』ことが職歴のない既卒の就活チャンスを広げる

既卒の就活は、

  • 職歴がない
  • 経験やスキルがない
  • 就活の仕方がわからない

など悩みは尽きませんよね。

こうした悩みや不安をひとりで抱え込んでしまったら、就活を挫折する可能性が高くなってしまいます。

実はぼくも、就活を一度諦めてフリーターに逆戻りした経験があります。

 

そこで思うのは、活用できるものはきちんと活用して、人の助けを借りながら就活を進めたほうが賢いということです。

人の助けを借りながら就活を進めたほうが賢い

幸い今は、既卒の就活サービスも充実しています。

とくに「エージェント系」のサービスを使えば、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者に就活を無料で手伝ってもらえます。

 

求人情報サイトを使っている方が多いと思いますが、エージェントサービスを活用したほうが、

  • 既卒が応募可の求人紹介
  • 求人企業の内部情報アドバイス
  • 面接や応募書類の対策

などをサポートしてもらえるので、就活がグッと楽になります。

 

既卒の就職は、いかにして、

求人企業

我が社は、既卒の人材を積極的に採用しているよ。

という企業にたくさんアプローチできるかが鍵です。

エージェント系サービスを活用すれば就職チャンスが広がるので、まずはいくつか登録しておくことをおすすめします。

「既卒専門のエージェント」を選ぶことが大切

ただし、エージェント選びにもコツがあります。

有名なエージェント系サービスは、

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • マイナビエージェント

などですが、こうした総合型転職エージェントは、正社員経験がある転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法
【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターや既卒、ニートや無職などで正社員経験がない(少ない)と、dodaをはじめ...

既卒の就職を専門的にサポートしてくれるエージェントを選んだほうが、自分に合う求人を紹介してもらえる可能性が上がります。

 

ぼくがおすすめできるのは、レバレジーズ株式会社が運営する「ハタラクティブ」という既卒・フリーター専門のエージェントです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

既卒でも就職しやすい求人をたくさん紹介してもらえますし、職種も、

  • エンジニア
  • 営業
  • 事務
  • サービス・販売など

幅広く対応してもらえます。

気さくで優しい担当者が多いので、就活の不安や悩みが相談しやすいのも大きな魅力です。

サポート対応エリアは、関東1都3県限定なので、東京・神奈川・千葉・埼玉で就職する場合は、ハタラクティブを活用しましょう。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事