面接

これで差がつく!採用担当者は既卒・未経験・フリーターのここをチェックしている

ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

採用担当者は自分のどこをチェックしているのか…不安になりますよね。

今回は、採用担当者目線の
「既卒・フリーター・未経験者のチェックポイント」
をお伝えします。

実は既卒者やフリーターの採用は社会人経験者よりも難しい

突然ですが、「企業は、既卒者や未経験者・フリーターを正社員採用することは、社会人経験がある転職者を採用することよりも難しい」って知っていますか?

 

意外に思うかもしれませんが、社会人経験がある転職者であれば

採用担当者

この人はウチでは過去の経験を活かせそうだな!

採用担当者

この人の経験では、ウチはちょっと難しいかもしれない。。。

など、過去の仕事ぶりや経験を判断材料に、採否の判断をしやすいのです。

 

つまり、転職者の実力や適性などを、過去の実績などからある程度は推測できます。

 

しかし、既卒者やフリーターの場合、その判断材料が不足しているために「別のモノサシ」で採否を判断しなくてはいけません。

企業によっては、適性試験などを実施するでしょうが「採用後に成長して自社の力になる人材」を見極めることは、想像以上に難しいこと。

 

ここが採用担当者や面接官の腕の見せどころ。難しいからと言って、適当な人選をしているわけではありません。

様々な角度からあなたをチェックしますが、既卒者やフリーター・未経験者を見極めるときに「どうしても外せないポイント」があります。

 

この記事では、それが「ある」「無い」で採否に差がつく、大切なポイントについてシェアします。

ぜひ就職活動に活かしてくださいね!

スポンサードリンク

既卒や未経験者を採用するときに、企業がチェックするのは「目的意識」

既卒や未経験者を採用するときに、企業がチェックするのは「目的意識」

既卒者やフリーター、未経験者に限った話ではありませんが、「応募に対しての動機が曖昧」「仕事への熱意が不透明」な人に対しては、採用担当者は良い印象を持てません。

ここが、1番最初に採否の判断を分けるポイントでもあります。

 

採用担当者は、実力や適性がはっきり分からない既卒者や未経験者の「未来」を予想しなくてはいけません。

その手がかりとしてもっとも重要なのが、応募者が「どれだけ目的意識をもっているか」なのです。

 

目的意識というのは「どんな夢・ビジョンを持っているか」ということでもあります。

  • 未経験の仕事だけど、実力をつけて、こんなことを成し遂げたい。
  • 既卒から就職するけど、必死に仕事を覚えて、こんなふうになりたい。

もしも、あなたが採用担当者だったら、どう思うでしょう?

 

「なんとなく」ではなく、「こうしたい」「ああしたい」という明確な目的を語れる応募者を採用したくなると思いませんか?

スポンサードリンク

自分自身のためにも「目的意識」をもつことは重要!

自分自身のためにも「目的意識」をもつことは重要!

人事担当者に好意を持ってもらうだけに留まらず、あなた自身のためにも「目的意識」をもつことは重要です。

なぜなら、しっかりとした「目的」さえもっていれば、例えば今後「越えなくてはいけない壁」があったり「通り抜けるべき試練」があっても、なんとか乗り越えていけます。

 

私が既卒フリーターから就職したときも、決して簡単には進みませんでした。
既卒になった経験があればお分かりのように、何度も面接や書類選考で落とされるのは、心が折れそうになります。

しかし、それでも諦めずに就職活動に向かえるのは、就職活動の先に「自分なりの目的」があったからだと私は思っています。

 

就職後も、嫌なこと、辞めたくなることは、どんな企業に入社しても少なからずあると思います。しかし、それを越えていけるのは、目的意識をしっかり持っている人なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

目的意識がわからない!既卒・フリーターから就職を目指すあなたには…

目的意識がわからない!既卒・フリーターから就職を目指すあなたには…

とは言うものの「そんなこと言っても。。。目的意識なんて分からないな。。。」という人もきっといますよね。

最初は、どんな小さな夢でもいいと思います。まずは、自分がどんな風になりたいのかを考えるだけでもいいと思います。

  • 就職したら良い部屋に引っ越したい。。。
  • 欲しかった車を買いたい。。。
  • 就職した友達と普通に遊びたい。。。

はじめのうちは、人に話せないような立派とは言えない夢であっても大丈夫。それを叶えたら、どんどんアップデートしていけばいいんです。

 

たしかに、採用担当者に話せる夢ではないかもしれませんが、「なんとなく就職しなければいけない。。。」という気持ちで望むよりは、断然プラスのエネルギーを伝えられるはずです。

 

目的を意識することは、あなたが考える以上に、随所で自分を支える柱になります。

 

「そういえば、自分はどんな夢があるんだっけ?「どんな自分になりたいっけ?」と、もう一度自分に向き合ってみてください。

 

また、フリーターや既卒者を卒業したい!と思う気持ちは大きな力になります。
こちらの記事では、その気持ちの活かし方をお話ししているので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする