既卒フリーター就活の悩み

既卒3年目の就職成功に必要な3つのポイント【就活の不安を徹底解消】

既卒3年目の就職に必要な3つのポイント【就活の不安を徹底解消】

既卒になって3年目。。。
就職したいけど、正社員は厳しいかも

こんなふうに悩んでいませんか?

既卒のまま時間が経過してしまうと、

  • 「このまま正社員になれないのでは?」
  • 「将来どうしたらいい!?」
  • 「一生フリーターかも」

と不安になりますよね。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

実はぼくも、約3年のフリーター生活を経て就職した経験があるので、その気持ちはよくわかります。

「3年」は区切りの良い期間ですし、大卒で既卒3年の場合「20代中盤」です。焦りが募りますよね。

 

しかしぼくの経験から言うと、既卒3年目はまだまだ正社員になるチャンスはたくさんある年代です。

もちろん、新卒の就活に比べれば難しくなりますが、諦めずにきちんと就活を進めれば正社員になることはできます。

大切なのは、以下の3つのポイントを押さえて就活を進めることです。

  1. 就活で大切なことは「反省」と「これから」
  2. 「企業が既卒者に求めること」を理解する
  3. ひとりで悩むのはやめる
ダイスケ

就職を考えているなら参考になるはずなので、ぜひ読んでみてくださいね。

既卒3年目にも就職チャンスがある理由

もしかすると、

既卒3年目にも就職チャンスはたくさんあるって本当!?

と思った方もいるかもしれません。

既卒の就活に必要な3つのポイントをお話する前に、既卒3年目でも就職チャンスがある理由についてサラッとお伝えしておきますね。

 

先にお話ししたように、たしかに既卒の就活は簡単とは言えません。

「既卒歴(フリーター歴)が3年を超えると、就職率がガクッと下がる」というデータもあるので、決して楽に就職できるわけではありません。

フリーターの正社員転職状況より

  • フリーター歴半年     72.5%
  • フリーター歴1年から2年 60.0%
  • フリーター歴3年超    57.0%

引用元:厚生労働省HPより

 

しかし現在は、

  • 人手不足
  • 少子高齢化
  • 雇用意識の変化

などが原因で、既卒者やフリーターなど「未経験者」にとって非常に就職しやすい環境が整っています。

 

例えば、既卒者が就職しやすい中小企業では、近年人手不足が深刻化しています。

商工会議所が調査した以下のデータを見てください。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

なんと、約半数の企業が人手不足を抱えていることが分かっています。

 

人手が足りないということは、当然「採用のハードル」が下がります。

採用ハードルが下がるということは、職歴や経験がない既卒者やフリーターにもチャンスが生まれます。

 

また、近年は大卒の新卒よりも「第二新卒者」「高卒の新卒」の人気が高いというデータもあります。

求める人材について【複数回答】

  1. 即戦力となる中堅層、専門家 62.0%
  2. 一定の経験を有した若手社員(第二新卒等) 60.3%
  3. 新規学卒者(高卒) 40.3%
  4. 新規学卒者(大学卒、既卒) 37.9%
  5. 一般職層・非専門的な人材(パート・アルバイト等) 37.1%
  6. 管理職経験者 15.3%
  7. その他 3.2%

引用元:日本商工会議所より 

これは、「新卒一括採用にこだわらない企業が増えている証拠」でもあります。

つまり、「既卒3年目」という経歴だけで落とされるケースは少なくなってきているわけです。

 

いずれにしても近年は、「既卒3年目」という期間や枠組みに左右されず、就活を頑張った人が報われる環境になっています。

ダイスケ

まずは「諦めなければ既卒にもチャンスはある」という気持ちで就活に臨むことが大切です。

これだけはおさえよう「既卒3年目の就活を成功させる3つのポイント」

ではここからは、既卒の就活を成功させる3つのポイントをお話ししていきます。

  1. 就活で大切なのは「反省」と「これから」
  2. 「企業が既卒者に求めること」を理解する
  3. ひとりで悩むのはやめる
ダイスケ

どれも難しいことはありません。ぜひチェックしてみてください。

既卒3年目の就活で大切なのは「反省」と「今後の意気込み」

既卒3年目で就活する場合、

既卒になった経緯をどう説明したらいい?
面接が不安でしかたない。。。

このように頭を悩ませている方は多いはずです。

 

そこで押さえておきたいのが、既卒のマイナスを上手くフォローする方法です。

もしかすると、「嘘をついてでも経歴やスキルは盛ったほうがいいかも」と思う方もいるかもしれませんが、過去のマイナスを隠したり、自分を偽ったフォローに頭を悩ませるのは時間の無駄です。

 

それよりも、

  1. 既卒になったことやマイナスはきちんと認める・反省する
  2. マイナスから何を学んだか・何を感じたかを伝える
  3. 就職したらどうしたいか・今後の意気込みを伝える

このような流れで、「既卒になったフォロー」を準備しておくことをおすすめします。

 

なぜなら、企業の採用担当者や面接官は、「既卒になった理由」そのものよりも、

  • マイナスをプラスに変えられる人材か
  • 将来性のある人材か
  • やる気や熱意があるか

などに興味があるからです。

とくに既卒者を採用する企業は、そもそも「既卒のマイナス」を前提に考えて採用活動を行っています。「きれいな経歴」や「スキル」を期待しているわけではありません。

ダイスケ

下手な言い訳よりも、既卒3年目で就職する意気込みをきちんと伝えることが1番のフォローと言えます。

既卒3年以上の応募者に企業が期待することを理解しておこう

もちろん職歴はないし、スキルや資格もない。。。
これじゃあ就職できるわけないよね、、、

こんなふうに、スキルや経験、資格がないことを不安に思っていませんか?

「既卒で3年以上過ぎているのに、いったい何をやってきたんだろう」と自己嫌悪に陥ってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、先ほどもお話ししたように、既卒者を採用する企業は、スキルや経験がないことを承知で既卒者の採用活動を行っているケースが多いです。

背伸びをして中身の無いスキルや経験をアピールするよりは、企業が既卒者に期待することを理解しておきましょう。

以下のデータが参考になるはずです。

人事が重視する理由ベスト5

  1. やる気 82ポイント
  2. ポテンシャル・将来性 79ポイント
  3. バイタリティ 74ポイント
  4. 社会人スキル 73ポイント
  5. 考え方が柔軟 60ポイント

※経験の浅い第二新卒を採用する理由ベスト5

引用データ:リクナビNEXTより一部抜粋

これは、第二新卒者を採用する理由について人事にリサーチしたデータです。

第二新卒というのは、就職して3年以内で転職する人を指していますが、数年社会人経験がある第二新卒者でも25歳前後までは、スキルや経験よりも人間的な部分が評価されるんです。

 

実は、既卒者に対する期待もこれに似通っていて、

  • やる気や熱意
  • 将来性
  • 会社に合う
  • 人柄や人物像

を期待されるケースが多いです。

 

ですから、スキルや経験がないなら、やる気や熱意を伝える工夫をしたり、応募する企業の雰囲気や職場に合いそうな受け答えを考えてみたり、「就職したらああしたいこうしたい」という展望を伝えたり、企業の期待に応えられるように努力をしてみてください。

ひとりで悩まずに既卒3年以上の就職をサポートしてもらう

3つ目のポイントは、就活をひとりで抱え込む必要はないということです。

 

誰でも既卒3年目の就活は不安です。

  • 「どんな仕事が自分に合っているかわからない」
  • 「書類の書き方がわからない」
  • 「面接にも自信がもてない」

このように悩むのも当然です。

実際ぼくも、就活をはじめたときは何から手をつけていいかわかりませんでした。(実は、1度就活を諦めてフリーターに逆戻りしたことがあります)

 

ですので、就活サービスを活用して

  • 「ひとりで悩まない環境」
  • 「挫折しない環境」

を作ることをおすすめします。

 

とくに「エージェント系のサービス」は、キャリアアドバイザー(担当者)に就活を手伝ってもらうことができるので非常に便利です。

  • 未経験歓迎の求人紹介
  • 求人企業の内部情報やアドバイス
  • 面接や応募書類の対策

などを無料でサポートしてもらえるので、就活サービスは賢く活用しましょう。

キャリアアドバイザーの画像

エージェントを通して就活をしたほうが、求人企業としても、

面接官

エージェントから紹介された人なら、期待できるかも。。。
会ってみようか!

と思ってもらいやすいので、就職チャンスも広がります。

ダイスケ

エージェント系サービスを活用すれば、就活がグンと楽になります。まずは1社登録をしてみると良いですよ。(3社程度登録して自分に合うサービスを見極めるのもおすすめです。)

エージェントは「既卒の就職」に特化したサービスを選ぶ

ただし、エージェント選びにもコツがあります。

有名なエージェント系サービスは、

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • マイナビエージェント

などですが、こうした総合型転職エージェントは、正社員経験がある転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

フリーターや既卒がDODAを使うのはどうなの?迷ったときの対処法。
フリーターや既卒がDODAを使うのはどうなの?迷ったときの対処法。 フリーターや既卒でDODAのような転職エージェントは使えるの? こんなふうに、DODAのような転職エージェントを...

既卒者の就職を専門的にサポートしてくれるエージェントを選んだほうが、自分に合う求人を紹介してもらえる可能性が上がります。

 

ぼくがおすすめできるのは、レバレジーズ株式会社が運営する「ハタラクティブ」というフリーター専門のエージェントです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

既卒者でも就職しやすい求人をたくさん紹介してもらえますし、職種も、

  • エンジニア
  • 営業
  • 事務
  • サービス・販売など

幅広く対応してもらえます。

気さくで優しい担当者が多いので、就活の不安や悩みが相談しやすいのも大きな魅力です。

サポート対応エリアは、関東1都3県限定なので、東京・神奈川・千葉・埼玉で就職する場合は、ハタラクティブを活用しましょう。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事