既卒フリーター就活の悩み

既卒3年以上でも就職先はあるのか!?就活に必要な3つのこと

ダイスケ

就職ナビゲーターのダイスケです。

「既卒3年以上だと就職先はないかも。。。」と悩んでいませんか?

今回は、既卒の就活成功に必要な3つのことについてお話ししますね。

就職したくても「既卒3年以上」の経歴が不安なあなたへ

既卒になって3年過ぎた。。。

正社員の就職先はあるのかな

フリーター生活も4年目、、、

就職したいけど、難しいかも。。。

こんなふうに悩んでいませんか?

就職したくても、既卒で3年以上経過してしまうと「正社員になれないのでは?」「就職口がないかも」と不安になりますよね。

とくに、これといったスキルや経験、資格などが無いと、就活に自信は持てないはずです。

 

実はぼくもフリーターから就職をした経験がありますが、スキルもなければ資格もない、もちろん人脈もないわで、かなり悩みました。

 

しかし、だからと言って就職のチャンスがないわけではありません。

既卒3年以上でも、諦めずにきちんとコツを掴んで就活をすれば、正社員になることは可能です。(ぼくは25歳でIT系企業に就職できました)

 

そこでこの記事では、既卒3年以上で就職するために必要な「3つのコツ」についてお話ししようと思います。

  • 就活で大切なことは「反省」と「これから」
  • 企業が既卒者に期待することを理解しておく
  • ひとりで悩まずにサポートしてもらう

その前に少しだけ、“既卒3年以上”は就活で本当に不利なのかについてお話ししますね。

既卒3年以上は就職で不利になる!?その真相について

既卒になって3年以上過ぎると、「就職するのは難しいかも」と考える人は多いと思います。

でも、実際はどうなのか、、、気になりますよね。

 

そこで参考になるのが、フリーターの就職率を調査した以下のデータです。

【フリーターの就職率(フリーター期間別・男女合計)】

  • 6ヶ月以内 64%
  • 7ヶ月から1年 58.3%
  • 1年から2年 52.2%
  • 2年から3年 58.9%
  • 3年超 48.9%

引用データ:厚生労働省HPより抜粋

フリーター歴6ヶ月以内だと64%が就職していて、フリーター歴が7ヶ月から1年だと58.2%。。。といった具合ですね。

このデータと見るとわかるように、やはり既卒3年以上では、就職率がガクッと下がることが分かっているんです。

 

どうして3年以上になると就職率が落ちるのか、その理由は様々ですが、昔から3という数字は、

  • 石の上にも三年
  • 仏の顔も三度まで
  • 三度目の正直

など、ことわざにも多く使われている区切りが良い数字です。

 

そのため、いい意味でも悪い意味でも、3年という期間はひとつの目安として考えられる傾向はあります。

採用する側は、

面接官

既卒で3年以上過ぎているのか。。。

う〜ん。。。

と思うでしょうし、就職する既卒者も、

既卒になって3年過ぎた。。。

就職したいけど、難しいかも。。。

というように、不安になり、なかなか就活に踏み出せないんですね。

 

しかし、現在の就職事情を見れば、既卒3年という立場をあまり気にしなくて良いこともわかります。

近年は、

  • 人手不足で求人が増加している
  • 就職者の売り手市場

と言えるので、たとえ既卒3年以上でも就職しやすい状況になっているんです。

 

とくに、既卒者が就職しやすい中小企業の人手不足は深刻なため、就職のハードルはかなり下がっています。

 

以下のデータを見るとわかりますが、7割を超える企業で人手不足が起こっているので、就職チャンスは確実に増えています。

人手不足を感じていますか?

  • YES 73.7%
  • NO 26.3%

人手不足をどの程度感じていますか?(YES回答者のみ)

  • かなり深刻 19.7%
  • 深刻 33.1%
  • なんとかやっていける程度 47.2%

引用データ:日本商工会議所より  http://www.jcci.or.jp/shortage%20of%20workers3.pdf

ですから、既卒3年以上という期間は気にせずに、どんどん就活にトライすることが大切。冒頭でもお話ししたように、諦めなければチャンスは巡ってきますよ。

既卒3年以上の就活で大切なことは「反省」と「これから」

既卒3年以上で就活するとなると、

  • 既卒になった経緯をどう説明しよう、、、
  • 今まで何をしていたと言えば良いのだろう!?

こんなふうに、既卒になったことや自分の過去が気になるはずです。

どんな言い訳をしたらいいのか、嘘をついたほうがいいのか、と悩む人もいるのではないでしょうか。

 

もちろん、きちんと回答を準備する必要はあります。しかし、過去に起こったマイナスに頭を悩ませるのは時間の無駄です。

というのは、企業の採用担当者が本当に聞きたいのは、過去のマイナスについての言い訳ではなく、

  • マイナスから得た反省
  • これからどうしていきたいか

という「現在の気持ち」「未来に向けた意気込み」だからです。

 

とくに、既卒者を積極的に採用する企業は、そもそも既卒のマイナスを織り込み済みで採用活動を行っています。

きれいな経歴や過去を期待しているわけではありません。

 

それよりも、どれだけ就職したい気持ちがあるのかを見ていることが多いです。

下手な言い訳をするより、既卒で3年以上過ごした反省を伝えたり、今後はどうしていきたいのか将来についてきちんと考えておくことが大切ですよ。

既卒3年以上の応募者に企業が期待することを理解しておこう

もちろん職歴はないし、スキルや資格もない。。。

これじゃあ就職できるわけないよね、、、

こんなふうに、スキルや経験、資格がないことを不安に思っていませんか?

「既卒で3年以上過ぎているのに、いったい何をやってきたんだろう」と自己嫌悪に陥ってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、先ほどもお話ししたように、既卒者を採用する企業は、スキルや経験がないことを承知で既卒者の採用活動を行っているケースが多いです。

背伸びをして中身の無いスキルや経験をアピールするよりは、企業が既卒者に期待することを理解しておきましょう。

以下のデータが参考になるはずです。

人事が重視する理由ベスト5

  1. やる気 82ポイント
  2. ポテンシャル・将来性 79ポイント
  3. バイタリティ 74ポイント
  4. 社会人スキル 73ポイント
  5. 考え方が柔軟 60ポイント

※経験の浅い第二新卒を採用する理由ベスト5

引用データ:リクナビNEXTより一部抜粋

これは、第二新卒者を採用する理由について人事にリサーチしたデータです。

第二新卒というのは、就職して3年以内で転職する人を指していますが、数年社会人経験がある第二新卒者でも25歳前後までは、スキルや経験よりも人間的な部分が評価されるんです。

 

実は、既卒者に対する期待もこれに似通っていて、

  • やる気や熱意
  • 将来性
  • 会社に合う
  • 人柄や人物像

を期待されるケースが多いです。

 

ですから、スキルや経験がないなら、やる気や熱意を伝える工夫をしたり、応募する企業の雰囲気や職場に合いそうな受け答えを考えてみたり、「就職したらああしたいこうしたい」という展望を伝えたり、企業の期待に応えられるように努力をしてみてください。

ひとりで悩まずに既卒3年以上の就職をサポートしてもらう

さてここまで、2つのコツをお話ししてきましたが、

言ってることはわかるけど、

伝えるべきことをどうアピールしたらいいかわからない

就職活動は初めてだし

そもそもなにから手をつけていいのか不安。。。

こんなふうに悩む人も多いかもしれません。

 

そこで3つめのコツとしてお伝えしたいのが、ひとりで就活を悩まないことです。

 

誰だって既卒3年以上で就活するのは不安ですし、悩むのも当然です。

しかし、それをひとりで抱え込む必要はないんです。

 

今は既卒者の就活を対象にした就職支援サービスが充実しているので、それらをうまく使って、就活が有利になる環境を作りましょう。

とくに、エージェント系の就職支援サービスの活用はマストです。

 

エージェント系というのは、担当者が直接就活をバックアップしてくれるサービスのことですね。

  • 希望に合う求人を紹介してもらえる
  • 企業の深い情報を教えてもらえる
  • 面接や書類の対策をしてもらえる

など、担当者に相談しながら就活を進めることができます。

 

どうしてエージェントの活用がマストかというと、相談することで、どんなアピールが好印象か明確になりますし、エージェントを通して求人に応募したほうが、企業側に、

面接官

エージェントから紹介された人なら、期待できるかも。。。

会ってみようか!

と考えてもらいやすいので、就職できる可能性が増えるからです。

 

エージェントを使うのと使わないのとでは、就活の進み具合に大きな差がでるので、まずは1社からでもいいので登録をしておきましょう。(3社程度登録して自分に合うサービスを見極めるのもおすすめです。)

既卒からの就職におすすめ!無料でサポートしてもらえるエージェントサービス

ちなみに、とくにおすすめできるのが、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」というエージェントサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

”未経験者”の就職を専門にしているので、既卒者やフリーターでも就職しやすい求人を多数紹介してくれます。

明るく気さくな担当者が多いので、就職の不安や悩みを相談しやすいのもおすすめの理由です。

 

サービスエリアは関東一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定なので、対象エリアで就職するならハタラクティブに相談してみてください。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする