面接

面接の雑談質問には注意!面接官にはどんな意図がある!?

面接の雑談質問には注意!面接官にはどんな意図がある!?
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

面接の雑談質問…どう受け答えしたらいいのか悩みますよね。

今回は、
雑談質問における面接官の意図
についてお話ししますね。

面接の雑談にも意図がある!?油断は禁物!

面接官が、面接の始まりや終わりに、
「雑談レベル」の会話をしてくることがありますよね。

面接官

会社の場所は、わかりにくかったでしょう?

面接官

今日は雨でご足労かけました。

面接官

今日はアルバイトはお休みされたのですか?

など、気楽な雰囲気で聞かれる質問です。
あなたはどんな対応をしていますか?

 

面接は、応募者側も面接官側も、最初はどうしても緊張するので、固い空気に包まれます。

そんな、重い雰囲気のままに面接をスタートさせる面接官もいますが、場の雰囲気を和らげる目的で、最初は雑談トークを投げかける面接官もいます。

 

応募者側としては、はじめから固い質問をされるよりも「日常会話」のような軽いやり取りからスタートできるほうがホッとするものです。

さらに、面接官が軽いジョークでも飛ばしてくれれば、一気に肩の力が抜けたりもします。

 

しかし、ここで気を抜くのはNGです!

つられて、緊張感が全くなくなってしまうのも考えものです。

 

面接官がこんな「雑談レベル」の会話をするのには、目的がないわけではありません。

その場の雰囲気を和らげる目的はもちろん、あなたが社会人として

  • 「初対面の人への対応力があるか」
  • 「基礎的な力があるか」

を密かにチェックしていたりします。

 

この記事では、面接の代表的な雑談トーク、そして気をつけておきたいポイントをご紹介していきます。

「雑談と言えど、油断は禁物」これだけは頭に入れておきましょうね。

面接の代表的な雑談トークを切り抜ける方法

面接の代表的な 雑談トークを切り抜ける!

面接は、まずあいさつが済むと、軽い話題からスタートすることが多いです。

ここで面接官は、「面接の雰囲気作り」をするのと同時に、あなたが「初対面の人とスムーズに会話ができるか」をチェックしています。

 

例えば、悪天候でこんな質問をされたとします。

面接官

雨の日にご足労かけます。道のり大変だったでしょう?

この質問に、「はい・いいえ」の一言だけで答えるようでは、会話はそこで終わってしまいますよね。

これでは、「対応力」「コミュニケーション力」が足りないのでは?と思われても仕方ありません。

 

面接の質疑応答が始まる前とはいえ、会社に足を踏み入れた時点で面接は始まっています。

会話のキャッチボールができるように心がけましょう。

 

それでは、注意すべき「面接の代表的な雑談トーク」を見ていきましょう!

面接雑談トーク1『会社の場所はすぐにわかりましたか?』

面接の代表的な 雑談トークを切り抜ける!

会社の場所についての質問は、よく面接官から投げかけられる雑談トークです。

ここでも、「初対面の人と会話をスムーズにできるか」ということを見ているのと同時に、

  • この応募者は事前に会社の場所をチェックしていたか?
  • 会社までの道のりをチェックできる注意力・行動力があるか?

などを見極めようとしています。

 

そのため、「はい・いいえ」だけではなく、会社の場所を調べた方法、道のりで目印になったものなどを回答に盛り込んで話すと良いですね。

はい、事前に御社のホームページで場所を確認しておりましたので、迷うことはありませんでした。

◯◯ビルを曲がって3分程度と記載されていたので、すぐに見つけることができました。

社会人としての「行動力や注意力」があることを控えめにアピールしましょう!

面接雑談トーク2『ご自宅からはどんな交通手段で来ましたか?』

面接の代表的な 雑談トークを切り抜ける!

会社の場所に関連して、通勤に関しての質問も面接の最初によく投げかけられます。

この質問は、そのまま「通勤のルートを知りたい」という面接官の目的がありますが、仕事によっては

  • 夜遅い時間・早朝でも通えるだろうか
  • 交通の便が悪くてもちゃんと通えるだろうか

という懸念も含まれています。

 

ポイントになるのは、「仕事に支障なく通勤できることを具体的な通勤方法や通勤実績で示す」ということです。

 

電車で◯◯線を利用して参りました。最寄り駅の◯◯駅からは、40分弱です。

アルバイト先までは1時間かけて通っていますが、遅刻や欠勤で迷惑をかけたことはありません。

フリーター経験しかなくても、アルバイト先まで電車やクルマで通っていたのなら、「これまで遅刻や欠勤で迷惑をかけたことはない」「自宅からは遠いけれど、1年間通い続けた」など、具体的なアピールができますよ。

面接雑談トーク3『アルバイトはお休みして面接にこられたのですか?』

面接の代表的な 雑談トークを切り抜ける!

応募書類や面接の流れから、現在フリーターということを面接官が知っているなら、

面接官

今日はアルバイトはお休みですか?

というような質問もよくされます。

 

中には、アルバイトよりも正社員面接が大事だし。。。と、本音をそのまま伝えてしまう人もいるかもしれませんが、それはNGです。

はい、今日は前もってお休みをいただきました。

アルバイト先には就職活動中で面接日ということを伝えてあります。

アルバイトといっても

  • しっかり休みを取った
  • 説明して半日休みにしてもらった

など、責任感のある行動を示すことが大事。勤務態度・仕事への姿勢を疑われてしまったらマイナスです。

面接の雑談質問は実はあなたの印象を左右する大きなポイント!

面接の雑談質問には注意! 面接官にはどんな意図がある!? まとめ

いかがでしたでしょうか?

面接の最初にされる雑談は、実はあなたの印象を左右する大きなポイントです。

面接官が最初にあなたから受けた印象は、面接の間ずっとそれを引きずってしまうことが多いと言われています。

 

さらに面接官は、「雑談トーク」の裏側では、あなたの適性などをしっかりチェックしているものです。

社会人としての

  • 初対面の人への対応力があるか
  • 基礎的なマナーなどはあるか

が測られていると自覚して、気を抜かないようにしましょうね。

面接に自信がもてないなら就職支援サービスを活用する

面接に自信がもてないなら、就職支援サービスを活用するのもおすすめです。

前もってキャリアアドバイザーに面接対策をしてもらえば、安心して面接に臨むことができますよ。

 

就職支援サービスというのは、

  • 希望に合った求人探し
  • 面接や書類のアドバイス
  • 応募企業の詳細な情報
  • 企業とのやり取り

などをキャリアアドバイザーという専門家に、無料でバックアップしてもらえるサービスのことです。

 

とくにフリーター・既卒が就職する場合は、面接や書類で苦労することが多いです。

きちんと対策できているかをチェックをしてくれる、キャリアアドバイザーとつながりを持っていたほうが、就活が進みやすいですよ。

 

ちなみにぼくは、フリーターや既卒を専門にサポートしてくれる「ハタラクティブ」というサービスを使って就職を決めました。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

面接に限らず就職活動で不安なことがあれば相談できますし、自分に合う求人を探してもらうこともできるので、効率的に就活を進めることができます。

関東1都3県の就職に強いので、東京・神奈川・千葉・埼玉で就職するなら登録しておきたいサービスです。

キャリアアドバイザーは親切でフレンドリーなので、気軽に利用するといいですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

 

 

面接の「雑談トーク」には気をつけて、面接官の意図を把握できるようにキャリアアドバイザーの力を借りながら就活を進めると良いですよ。

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする