既卒フリーター就活の悩み

【やりたい仕事がないけど就職したい】何のために働くかわからないときの対処法

【やりたい仕事がないけど就職したい】何のために働くかわからないときの対処法

就職はしたいけど、やりたい仕事がない…
何のために働いたら良いんだろう。。。

好きな仕事をしたいけど、「好きなこと」がわからない。
自分を活かせる仕事って何!?

こんなふうに悩んでいませんか?

「やりたい仕事」「好きなこと」がわからないと、就活はなかなか前に進みませんよね。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

実はぼくも「やりたい仕事」が分からず就活を諦めたので、その気持ちはよくわかります。卒業後は3年フリーターをして、既卒で就職しました。

 

そんな経験から言えるのは、

  • やりたい仕事や好きなことがなくても就職はできる
  • 就活は投げ出さないほうがいい

ということです。

就職してからでも、「やりたい仕事」「好きな仕事」「やりがい」を見つけることはできますし、若い内のほうが就職チャンスはあります。

この記事では、

  • 何のために働くかわからない
  • 好きなことを仕事にしたいけど見つからない
  • 自分を活かせる仕事が見つからない
  • やりがいのある仕事が見つからない
  • やりたい仕事がない

こんな場合の対処法をお伝えしていくので、就活に迷いを感じているなら参考にしてもらえたら嬉しいです。

ダイスケ

新卒で就活をしている方、フリーターや既卒で就職したい方向けの記事です。

何のために働くかわからないときの対処法

ポジティブな気持ちを働くことに持てないなら 無理に持つ必要なんてない!

まずは、

別に夢や希望もないし、
俺って何のために働くんだろう。。。

こんなふうに悩んで就活が進まないときの対処法をお話ししていきますね。

 

働く理由がわからないと、志望動機が曖昧になりますし、就活に対するモチベーションもあがりませんよね。

就活では、

  • やる気
  • 熱意
  • 将来性

などが重要視されますが、それらをアピールするのも難しくなるはずです。

 

そこで考えてみてほしいのは、就職しなかった場合の自分の将来です。

  • 就職せずにニートになったら将来どうなる?
  • フリーター生活でやっていける?
  • 友人や恋人が就職したら自分はどうなる?

こんなふうに考えれば、「何のために働くか」以前に、「就職したほうが幸せになれる」「将来後悔せずに済む」という可能性が高いことがわかるはずです。

 

若いうちはアルバイトやニートでも良いかもしれませんが、ぼくの経験上、20代中盤以降は「焦り」「将来の不安」「孤独」などがどっと押し寄せてきます。

フリーター生活は収入が不安定でボーナスや有給がないことが多く、年を重ねるにつれて肩身の狭い思いをします。

今は親に助けてもらえても、いつか必ずひとりでやっていかなくてはいけない日がやってきます。

 

もちろん、フリーターやニート生活のすべてが駄目とは思いませんが、明るい未来は見えませんよね。

何のために働くか分からないなら 自分の未来と真剣に向き合ってみる

ですので、何のために働くかわからないなら、働く意味を考えるよりも、「働かなかったらどうなるか」を考えてみてください。

そうすれば、就職する意味は見えてくるのではないでしょうか。

最初から、

  • 人の役に立つため
  • ◯◯を成し遂げたい
  • 家族を幸せにするため

このような立派な「働く理由」をもつ必要はありませんよ。

好きなことを仕事にしたいけど見つからないときの対処法

続いて、好きなことを仕事にしたいのに見つからないときの対処法です。

好きなことを仕事にしたいのに見つからないときの対処法の画像

まず、「好きなこと」が本当に明確かどうかを考えてみましょう。

例えば、好きな仕事が、

  • アパレル関連に進みたい
  • エンジニアになりたい
  • デザイン関係の仕事がしたい

このように漠然としていると、自分が受け取る情報も漠然としてしまいます。

例えば、ランチに「美味しいものが食べたい」と思って街に出かけると、お店がたくさんあって迷ってしまいますよね。

でも、「美味しいカルボナーラが食べたい」と思えば、お店は絞られるはずです。

 

ですので、

  • アパレルのどんな職種を目指したいか
  • どんなテイストのアパレル企業に入社したいか
  • 就職したらどんなキャリアパスを描きたいか

などもきちんと考えて、できるだけ好きなことを明確化しておくことをおすすめします。

そうすれば、情報収集をしたときに「自分に合った求人・情報」が見分けやすくなるはずです。

 

そして、「好きなこと=向いているとは限らない」と頭に入れておくことのもおすすめです。

どんなに「好きなこと」でも、「仕事にしたら向いていなかった」ということはありますし、実際の業務と「好きなこと」がリンクしないケースもあります。

 

とくに入社1年目〜2年目は、なかなか好きな仕事を任せてもらえないことが多いので、好きなことばかりに固執すると、入社後に後悔するかもしれないということは知っておいたほうが良いですね。

「好きなこと」だけにこだわるのではなく、他の業界を見てみたり、別の職種を検討したり、視野を広くもって就活をしてみてください。

自分を活かせる仕事が見つからないときの対処法

次に、自分を活かせる仕事が見つからないときの対処法です。

自分を活かせる仕事が見つからない? それは自分の能力・興味・価値観が しっかり把握できていればの話

「就職して業務にあたる」となると、大なり小なり自分の能力を活かさなくてはいけませんよね。

ですので、「自分を活かせる仕事」を探したくなるのは当然です。

 

しかし、新卒の就活生やフリーター・既卒から就職する方は、実戦(正社員経験)経験が無いので、自分の能力やスキルなどをきちんと把握できていないはずです。

自分の能力やスキルが把握できていないと、そもそも「自分を活かせる仕事」を正確に予測するのは難しくなります。

 

ですので、自分を活かせそうな「仕事選び」「会社選び」をする必要はありますが、あまりにこだわり過ぎる必要がないということも知っておきましょう。就活が進まない原因になってしまいます。

「自分の能力・スキル」は、実際に働いてみないことにはわかりませんし、仕事をしていく中で「得意な仕事はこれかも」と気づいたりします。

逆に、いくら「自分はこの能力が優れているから、この仕事はできる」と思っていても、実際にやってみると上手くいかないこともあります。

 

自分の能力やスキルは、「働く中で明らかになり、磨かれていくものでもある」ということを頭に入れて就活を進めると良いですよ。

やりがいのある仕事が見つからないときの対処法

では、やりがいのある仕事が見つからないときはどうしたら良いのでしょうか?

やりがいのある仕事が見つからないときの画像

まず考えたいのは、そもそも「やりがいのある仕事」というのは存在しないということです。同じように、「やりがいのない仕事」も存在しません。

 

同じ仕事をしても、Aさんは「やりがいがある」けれど、Bさんは「やりがいがない」というケースもありますよね。

つまり、仕事自体に「やりがいがある・ない」の区別はありません。

 

ですので、自分自身が「やりがいを感じられるか」にフォーカスすることが大切です。

社会人経験なしで就職するために必要なたった1つのことの画像

そこで考えたいのは、自分がその仕事をして「人や会社の期待に答えることができそうか」ということです。

基本的に「やりがい」という感情は、

  • 人の期待に応えられる
  • 会社の期待に応えられる

ということが大きく関係しています。

業界や職種を考えることも大切ですが、「この仕事なら自分の働きでお客様に喜んでもらえそう」「この職場なら会社の利益になる働きができそう」こんな視点で仕事選びをしたほうが、やりがいのある仕事は見つかりやすくなるかもしれません。

 

「やりがいのある仕事」が見つからないなら、

  • 自分が人の期待に応えられることは何か
  • 会社の期待に応えられることって何か

これらを考えてみてください。

やりたい仕事がわからないときの対処法

それでは最後に、やりたい仕事がわからないときの対処法です。

やりたい仕事がわからないときの対処法

まず最初に、「就職=やりたい仕事をすること」と考えているなら、その思い込みを変えることからはじめましょう。

実はぼくも、新卒の就活では「やりたい仕事に就かないと駄目」という思い込みがありました。

でも、ある時期を境に、「それは少し違うかもしれない」ということに気づきました。

イメージのギャップに苦しむ友人とやるべき仕事をする友人

やりたい仕事がわからない!けど既卒・フリーターから就職したいあなたに伝えたいこと

これは、憧れの業界へと就職した友人Aさんと話したときの内容です。

最近どうなの?仕事は楽しい?

友人A子

いや、、、もう辞めたいかも。。。

あんなにやりたいって言ってた仕事なのに?

友人A子

憧れは憧れだよね。。。ギャップがありすぎてさ。。。それに同僚もね〜

不思議なことに、憧れだった「やりたい仕事」に就職できた友人は、描いていたイメージとのギャップに苦しんでいるようでした。

 

その一方で、ぼくの友人Bくんは、どこか違いました。

彼は、地元の企業に就職したUターン就職組。久しぶりに再開した彼は、人間的にかなり成長していました。

最近仕事どうなの?なんか上手くいってそうだけど?

友人Bくん

上手くいってるかは知らないけど、がんばってるよーそりゃ

へえー、、、

友人Bくん

おまえには話したと思うけど、オレ地元帰ってやりたいことある!って言ってたじゃん?それがさ。。。

と、彼は自分の夢や目標を熱く語ってくれました。

Bくんは、「やりたい仕事」「やりたいこと」というよりは、自分の夢や目標を叶えるために、今やらなくてはいけない仕事・やるべき仕事をがんばっていました。

やりたい仕事ではなく「やらなくてはいけない仕事・やるべき仕事」

BくんはAさんと違って、「やりたい仕事をすること」を目的にせず、仕事を「自分のやりたいことや目的を叶えるために必要なこと」と捉えて、毎日がんばっていました。

まずは、「やりたいこと・叶えたい目的」があり、それを叶えるために就職して「やらなくてはいけない仕事・やるべき仕事」を頑張る、というスタンスですね。

 

もしも、「やりたい仕事」が分からないなら、やりたい仕事探しは一旦脇に置いて、その代わり、

  • 「自分が人生でやりたいこと」
  • 「自分が人生で叶えたい目的」

を考えてみてはいかがでしょうか?

その目的に向かうためなら、「やりたい仕事」が見つからなくても、就職する意味は見出だせますし前に進んでいけるはずです。

やりたいことがないのは仕事の種類を知らないだけ!?

また、「やりたい仕事がない」と悩む背景には、そもそも世の中にどんな仕事があるのかを把握できていないというケースもあります。

フリーターでやりたいことがないのは仕事の種類を知らないだけ!?

たとえば、営業職にしても様々な種類があることをご存知でしょうか?

  • 法人営業
  • 個人営業
  • 企画営業
  • ルート営業
  • IT営業

など、様々な営業形態があります。

営業といえば、

「成績を達成するために朝から晩まで飛び回っている」

「売上があがらず上司に怒られている」

こんなイメージが強いかもしれませんが、すべての営業職がそういうわけでもありません。

 

つまり、やりたい仕事が見つからないときは、世の中にあるいろいろな仕事に目を向けてみることも大切。先ほどもお話ししたように、広い視野で就活を考えることはひとつのポイントです。

やりたい仕事がなくても一歩踏み出すことが大切

いかがでしたか?

やりたい仕事がわからないときの対処法をお話ししてきました。

お伝えしたように、

  • やりがい
  • 働く理由
  • 好きな仕事
  • やりたい仕事

がわからないときは、視野を広げることが大切。そして一歩踏み出してみてください。

ダイスケ

一歩踏み出して就活を進める過程、そして就職して働くなかで、自分のやりたい仕事、やりがいに気づくかもしれません。

 

ただし、

  • 就活に行き詰まっている
  • 内定が取れず不安

という場合は、ひとりで悩まないことも大切です。

ひとりで悩まないことも大切の画像

「就活=ひとりでがんばるもの」と思っている方は多いかもしれませんが、今は就活を楽に進めるための無料のツールがたくさん揃っています。

とくに就職エージェント系のサービスを活用すれば、就活に詳しい担当者(キャリアアドバイザー)に、

  • 希望に合う求人を探してもらえる
  • 応募企業別に面接のコツをおしえてもらえる
  • 企業とのやりとりを代わりにやってもらえる

など、直接サポートをしてもらうことができます。

 

有名なサービスは、

  • 「doda」
  • 「リクルートエージェント」
  • 「マイナビエージェント」

などですね。

 

就活のプロである担当者と話をすることで、「なかなか就職が決まらない理由」が見えてくるケースもありますし、就活に対するモチベーションも上がります。

実際ぼくも、

  • 書類落ちが激減した
  • 面接に自信がもてるようになった
  • 短期間で内定をもらえた

こんなメリットがあったので、就活に苦労しているなら就職エージェントはマストだと思います。

就職エージェントは自分に合ったサービスを活用する

ただし、就職エージェントを活用する場合は、

  • 新卒の方は「新卒者向け」
  • 既卒やフリーターの方は「未経験者向け」

のエージェントサービスを活用するようにしてください。

そのほうが、サポートが丁寧で希望に合う求人が見つかりやすいというメリットがあります。

 

それぞれおすすめできるエージェント系サービスをお伝えしているので、参考にしてみてくださいね。

>>新卒の方はこちら

>>既卒やフリーターの方はこちら

新卒の就職をサポートしてくれるサービス

ちなみにぼくがおすすめできるのは、「キャリアチケット」という新卒の就活サポートが専門のサービスです。

新卒の就職エージェント「キャリアチケット」

新卒の就職を1から丁寧にサポートしてくれるので、非常に使いやすいです。

キャリアチケットでは、新卒の採用を熟知している担当者が、とても丁寧にカウンセリングをしてくれます。

適正や希望があやふやでも、内定を獲得するにはどうすればいいか一緒に考えてくれるので、安心して相談できると思います。


関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に特化しているので、関東エリアで就活するなら相談してみると良いですよ。

公式ページ:キャリアチケット

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、「すぐに就職を決めたい」「たくさんの企業と出会うチャンスがほしい」という場合は、就職イベントに参加してみるのもおすすめです。

 

とくに「ミーツカンパニー」の就職イベントはチェックすべきです。

就職イベントミーツカンパニーの画像

座談会形式でイベントが行われるので、企業との距離が近く、その日に内定をもらえるチャンスがあるなどメリットが大きいです。

人数も50人限定で行われるので、疑問点なども聞きやすいのが魅力です。

東京(五反田で開催)はもちろん、大阪や福岡、名古屋など…各地で開催しているので、都合がつくなら参加してみると良いですよ。

公式ページ:【ミーツカンパニー】

既卒やフリーターの就職をサポートしてくれるサービス

既卒やフリーターからの就職をサポートしてくれるサービスのおすすめは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」です。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

「約6割は社会人経験がない人が利用している」というだけあって、

  • 学歴不問
  • 未経験OK
  • フリーター歓迎

の求人をたくさん紹介してもらえるサービスです。

営業や事務、エンジニア、販売などの仕事が豊富で、キャリアアドバイザーが優しくサポートしてくれるのでおすすめです。

サポート地域は以下のようになっています。

  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉
  • 愛知
  • 大阪
  • 福岡

対象の方は、ハタラクティブを利用すると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事