既卒フリーター就活のコツ

サービス業に就職したい既卒・フリーターが参考にしたい面接官・人事担当者の視点

ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

就職面接では、面接官がどういう気持ちで応募者を見ているかを知っておくことが大切です。

この記事では、
『サービス業企業の面接官の視点』
をお伝えします。

サービス業に就職するなら「この人と一緒に働きたい」と人事担当者に思ってもらうことが大切

就職活動は、相手(企業)があってこそ成立するものです。

応募企業の「面接官・人事担当者」の気持ちを理解することは、とても大事です。

 

「この人となら一緒に働きたい!」と面接官や人事担当者に思ってもらえるような人材になることが、就職活動成功への早道だとご存知ですか?

また、面接官や人事担当者が求める人材像には共通点はありますが、業種によって微妙に変わってくるのも事実です。

 

この記事では、サービス業へ就職したい既卒者・フリーターが参考にしたい「面接官・人事担当者の視点」をピックアップしてご紹介しようと思います。

面接官の視点はここ!サービス業は人に対してどれだけ興味を持てるか

面接官の視点はここ!サービス業は人に対してどれだけ興味を持てるか

サービス業の面接官・人事担当者が、応募者に求める重要なポイント、それは「人に対してどれだけ興味を持って仕事ができるか?」これに尽きます。

 

もちろん、自社のサービスに関する知識・技術があるに越したことはありません。

しかし、それだけではサービス業は上手くいきません。

 

「相手に興味を持ち、理解したいという気持ち」が無ければ、仕事はその先へは進んでいかないのです。

  • どうしたら相手に分かりやすく商品やサービスを伝えられるか?
  • そのために必要なこと・出来ることはなにか?

相手を理解したいと思わなければ、こう考えることができません。

もう少し、詳しく見ていきましょう。

他人事とは思わずに自分だったらどうだろうと考えられるか?

サービス業に就職したい既卒・フリーターが参考にしたい面接官・人事担当者の視点

人を理解するためには、他人の気持ちをすぐに想像できる力が必要です。

日頃から、様々な場面において自分だったら「どう思うだろうか」「どう感じるだろうか」と想像を巡らすことが、自己の成長にもつながります。

じっくりと丁寧に人と接することができるか?

仕事に丁寧に取り組めば取り組むほどに、労力も時間もかかります。

その過程は、決して楽しいわけでもありません。

 

しかし、丁寧さは相手に伝わります。そして、常に粘り強く仕事に向かう姿勢が、周りからも相手からも評価されるものです。

仕事の現場で求められる「感覚」の適性はあるのか?

実際に仕事が行われるサービス業の「現場」で、あなたは力を発揮できるのか。

仕事場では、今のままでいいのか変化が必要なのか、それを常に検証し行動に移す必要があります。

 

それは、あなたの行動力やセンスに懸かっています。

その適性があるのかどうか、面接官の知りたいところでしょう。

サービス業の「面接官・人事担当者の視点」にはヒントがたくさん!

サービス業の「面接官・人事担当者の視点」にはヒントがたくさん!

サービス業の面接官・人事担当者の視線や気持ちが少し見えてきましたか?

ここでご紹介している視線や気持ちは、ほんの一部。しかし、とても大切な要素であることに変わりはありません。

 

サービス業に関わらず、どんな業界へ就職するにしても、社会人として成長していくには欠かせないヒントが「面接官・人事担当者の視線や気持ち」には散りばめられています。

 

どんなビジネスも相手・人がいてはじめて成り立ちます。

これを心に留めておけば、あなたの就職活動に必ずプラスになりますよ。

もしもサービス業に就職したいなら、就職支援サービスを活用してみる!

もしもサービス業に就職したいなら、就職支援サービスを活用してみる!

サービス業の仕事を探すのであれば、ひとりで求人を選ぶだけではなく、就職支援サービスのキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

就職支援サービスに登録すれば、キャリアアドバイザーという担当者が、あなたの希望を聞いて求人探しを手伝ってくれます。

 

とくにサービス業は、就職先によって「給与面」「待遇面」などが大分異なることも多いので、できるだけ「あとになって後悔しない条件」で就職することが望ましいです。

いくら自分に向いている、好き、という仕事でも、給与が低かったり、待遇面で不満が出てしまうと、「辞めたい…」「別の仕事がよかったかも…」という気持ちが出てくるものです。

 

既卒者やフリーターから就職するのであれば、「就職後すぐに転職」という事態だけは絶対に避けたいので、キャリアアドバイザーに相談しながら納得した上で就職を決めたほうがいいですよ。

 

就職支援サービスは、求人紹介だけではなく、

  • 面接や応募書類のアドバイスやチェック
  • 自己分析や悩み相談
  • 応募企業とのやり取り

などもやってくれるので、就職活動自体もスムーズに進みやすいので、積極的に活用することをおすすめします。

 

ただし、既卒者やフリーター専門の就職支援サービスに登録することを忘れないでください。

そうしないと、思ったような求人紹介をしてもらえなかったり、サポートしてもらえないこともあるので注意してくださいね。

 

既卒者やフリーター専門の就職支援サービスのなかでおすすめできるのは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」です。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

キャリアアドバイザーがとても親切なので、相談がしやすく、希望に沿った求人を一緒に探してくれるのでおすすめです。

既卒者やフリーター歓迎の求人が多いので、満足できる求人に出会いやすいですよ。

ひとつネックなのは、サポートは関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限られることですが、関東で就職する方はハタラクティブに登録しておけば安心です。

会員登録は、下記公式サイトで1分程度で簡単にできます。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする