既卒フリーター就活のコツ

製造業に就職したい既卒者・フリーターがヒントにしたい面接官の気持ち

ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

就職面接では、面接官がどういう気持ちで応募者を見ているかを知っておくことが大切です。

この記事では、
「製造業の面接官の気持ち・視点」
をお伝えします。

既卒、フリーターから製造業に就職したいなら面接官の気持ちを考えるクセをつけよう

あなたは就職活動で、自分のことばかり考えていませんか?

実は、面接官や人事担当者の気持ち・視点を考えることはとても大切です。

 

なぜかというと、最終的に面接官や人事担当者に「この人と一緒に働きたい!」と思ってもらわなければ、採用してもらえないからです。

 

就職活動は、相手があればこそ。

正社員として就職を考えているのならば、常に相手の気持ちを考えるクセをつけておいて損はありません。

 

ここからは、既卒・フリーターから製造業に就職したいあなたに、製造業の人事をしている知人にヒアリングして見えてきた、「面接官や人事担当者の視点・気持ち」をシェアしていきますね。

既卒者・フリーターから製造業に就職!「求められる人材像5選」

既卒者・フリーターから製造業に就職!「求められる人材像5選」

消費者にとって、日々の生活の中で使う身近なものを届けてくれるのがメーカー(製造業)です。

その「製造業」という仕事には、どんな人材が求められるのでしょうか?

求められる5つの人材像を一緒に見ていきましょう。

何のための仕事か?目的を考えられる人材が製造業には必要!

どんな企業の行動にも、柱となる「軸(目的)」があります。

その軸(目的)があるからこそ、企業は存在していると言えます。

 

どういうことかというと、例えばある企業の軸は、

  • 消費者のためになっているのか?
  • 消費者の生活を向上させることができるのか?

このようなものだとすると、「消費者の生活を向上させるため」に商品を製造・開発するのが、企業の存在意義というわけです。

 

軸(目的)を意識できず、本質から外れた行動は、企業のイメージを下げたり、思わぬ損失を招くことになります。

これは、企業にとって嬉しくないことですよね。

 

ですから製造業で働く人材は、自分の仕事を常に検証できる姿勢が求められます。

面接官は「軸(目的)」に沿って行動できる人材かどうかを、あなたこれまでの経験や言動から読み取りたいと考えていることを頭に入れておきましょう。

こだわりがあり、自分の軸をもっている人材が製造業で輝ける!

製造業に就職したい既卒者・フリーターがヒントにしたい面接官の気持ち
  • 自分の中に譲れない何かがある。
  • どんなことがあってもブレることのない軸を持っている。

そのこだわりを実現するために、「どんなアクションを起こしてきたのか」を語れる人材は歓迎されます。

 

なぜなら、企業の軸をすばやく理解し、その軸に沿って仕事ができる人材だからです。

失敗することを恐れず、チャレンジできる人材が製造業で期待される!

商品やアイデアが形になり、世の中に出回る裏には、何百回、何千回もの失敗があります。

1度や2度の失敗で諦めてしまっては、新しいものは生まれません。

 

「失敗を恐れずにチャレンジする姿勢」が大事。

これを面接官や人事担当者は期待しています。

自分の行動に自信と責任をもてる人材が製造業で頼りにされる!

製造業に就職したい既卒者・フリーターがヒントにしたい面接官の気持ち

入社した企業の商品やサービスに、誇りをもてなかったらどうでしょう。

社員が信頼できない商品やサービスを、誰も買いたい(利用したい)とは思いませんよね。

 

それと同じで、「自分に自信が持てず行動にも責任が持てない人材」を企業は採用したいとは思いません。

自分を軽く見積もるのではなく、自分の意思や行動に自信を持っている人材は頼もしく映ります。

分からないことは学ぼうとする姿勢をもった人材が製造業で成長できる!

分からないことがあれば、そのままにせず情報を集めたり、人に聞いたりして学ぶ姿勢は、ビジネスパーソンとしての成長に欠かせません。

疑問を解決しないままでは、いつまでたっても次には進めず、物事の本質には迫れません。

 

試行錯誤する中で、自分の仕事の型が形成されていきます。

常に学ぶ姿勢を忘れない人材は、周りから期待されます。

既卒者・フリーターに求められる人材像は「人間的なポテンシャル」

既卒者・フリーターに求められる人材像は「人間的なポテンシャル」

ここまで、既卒者・フリーターから製造業への就職をテーマに「求められる人材像」をまとめてお話してきました。

しかし、これらの人材像は他の業種にも活かせることですよね。

 

それはなぜかというと、お話したものは

  • 「人間的な強さ」
  • 「人間的な賢さ」

に関するポイントだからです。

 

業種によっては、資格やスキルが必要な場合もありますし、30代や40代になれば職務経験や優れた知識を持っていないと、企業へ入社(転職)することは難しくなります。

しかし、既卒者・フリーターのように20代の若いうちの就職活動は、面接官や人事担当者の視点が少し違います。

 

その応募者が持っている「人間的なポテンシャル」に期待をよせ、これから活躍できるかどうかを吟味して採否を考えています。

 

そのため、日頃から

  • 自分の軸を意識して生活を送る
  • 分からないことがあったらすぐに調べる習慣をつける
  • アルバイトでも目的意識を持って仕事をする
  • なにごとにもチャレンジ!の精神で行動してみる

こんなこと意識して、生活を送ってみることをおすすめします。

 

何もやらずにいるよりは、行動して1ミリでも前に進んだほうが就職活動は成功に近づきます。

 

ぼくもフリーターから就職した過去がありますが、フリーターとして過ごした2年間よりも、就職活動をして目的意識を持って動いていた半年間のほうが、人間的に強く成長できたと思います。

あなたも今日から、何かひとつでもいいので行動してみるといいですよ。

製造業の仕事を本気で探したいなら就職支援サービスに登録してみる

不採用の理由は分かったけど 「求められる人材って!?」 という人のために

就職先の仕事探しは自分ひとりですることも可能ですが、おすすめしたいのは就職支援サービスに登録してキャリアアドバイザーに協力してもらうことです。

キャリアアドバイザーに仕事を探してもらったほうが、良い条件の仕事に就ける可能性が高まるからです。

 

とくに、未経験で製造業に就職したいなら、

  • 面接でどんなことをアピールしたらいいか
  • 応募書類にどんなことを書いたら良いか
  • 果たして自分が合う職場はどんな環境なのか

などが分からないままに就職活動を進めなくてはいけませんよね。

そうなると、就職活動が長期化することもありますし、仮に就職できたとしても、「なんだか想像と違ったかも。。。」と後悔してしまうこともあるかもしれません。

 

キャリアアドバイザーに自分の希望や状況を相談したほうが、それに見合った求人を探し出してくれるので、就職活動を安心して進めることができます。

 

また、応募企業の詳しい情報を教えてもらえるので、書類選考や面接が有利になるのもおすすめしたい理由ですね。

就職成功が近づくので、積極的にキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

おすすめの就職支援サービスは!?

とくにおすすめしたいのが、既卒者やフリーター専門の就職支援サービスに登録することです。

既卒者やフリーターに特化しているので、未経験歓迎の求人が多いですし、キャリアアドバイザーも丁寧に話を聞いてくれるので安心して利用できますよ。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

こんな特徴があります。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
北海道 宮城 愛知 石川 大阪
神戸 京都 福岡 広島 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

ジェイック公式サイト≫

ジェイック登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事