面接

知っててよかった!フリーター就職の面接で必ずされる4つの質問

知っててよかった!フリーター就職の面接で必ずされる4つの質問
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

フリーターの就職面接では、
「必ずされる質問」というものがあります。

この記事では、
フリーター就職面接で必ずされる4つの質問
をお話ししますね。

フリーターの就職面接では「必ずされる質問」の準備をパーフェクトにしよう

フリーターのわたし、就職面接でどんな質問をされるんだろう。。。

既卒・フリーターから正社員就職を目指す人は、多少なりとも面接に不安を抱えているはずです。「あんなこと、こんなこと、答えにくいことを聞かれたらどうしよう・・・」と悩みますよね。

 

前もって質問内容が全て分かっていれば、怖いもの無しですが、、、実際はそうではありません。かといって、なにも準備せずに面接に望むのもNGです。

行き当たりばったりの回答をしても「言ってることが支離滅裂。。。」だったら不合格ですよね。

 

しかし、面接には「必ずされる4つの質問」というものがあります。それだけはパーフェクトに準備しておきましょう。

 

これから挙げる「4つの質問」は、面接のどこかで聞かれる可能性がとても高いものです。というのは、面接官はこれらの質問をしないと、応募者のことがよくわからずに採否の判断が難しくなります。そのためとても重要な質問なんです。

 

これら4つをしっかりと準備しておかないと、あなたという人材を企業に売り込むことは出来ません。必ず押さえておきましょうね!

フリーター就職で必ずされる4つの質問

フリーター就職で必ずされる 4つの質問

「面接で必ずされる4つの質問」は、次のとおりです。

  • 自己紹介・自己PRに関連する質問
  • 長所・短所に関連する質問
  • 志望動機に関する質問
  • 就職しなかった理由・フリーターの理由

これらの質問から何を得たいのか、を面接官の立ち場で考えてみましょう。どんな意図があって質問しているかが分かります。

 

自己紹介・自己PRや「長所・短所」の質問から得たいこと

自分のことをしっかり理解出来ているか、自分ならではの良さや強みを、仕事に活かすことが出来るかを知りたい。

志望動機に関する質問から得たいこと

やる気や仕事に対するモチベーションの高さを計りたい。自社に合っている人物かを見極めたい。

就職しなかった理由・フリーターの理由から得たいこと

特別な理由があるのかを知りたい。過去をどう受け止めていて、それを今後にどう結びつけていきたいかを知りたい。

 

どの質問も、応募者をよく知るためには欠かせない質問だと思いませんか?

「面接官はなぜこんな内容の質問をするんだろう?」と考えながら、それに対応した答えを準備することが大切です。面接官の立場になったつもりで、自分の準備した答えを見直してみるのも効果的です!

フリーター就職で必ずされる4つの質問の回答ポイント!

フリーター就職で必ずされる 4つの質問 回答のポイント!

ここからは、面接で必ず聞かれる4つの質問に対する「回答のポイント」をチェックしていきましょう!分かりやすいように箇条書きでまとめてみました。

どんなことに気をつけて答えたらいいのか?参考にしてください!

①自己紹介・自己PRについての質問

自己紹介は、人間性をチェックされるので笑顔で答えよう。

自己紹介は、長くなりすぎることなく要点をまとめて伝えることを心がけよう。

応募する仕事に関連する自分の強みを添えられたらグッド。

 

あまりに仕事とかけ離れた内容にならないように気をつけよう。

自己PRは「自分のできること」を積極的にアピールしよう。

アピールしようとしている自分の強みは応募企業で活かせるかをよく考えよう。

 

具体的な実績や評価がある場合は、それらを織り交ぜるようにしよう。

自己PRは自慢話ではないことを頭に入れておこう。

②長所・短所についての質問

長所を羅列するよりも具体的なインパクトのあるものをひとつ用意しておこう。

「短所はありません」は自分をよく理解できていないと見られてしまうかもしれない。

短所を補う努力をしていることを、具体的にアピールしよう。

短所は、裏を返せば長所、長所も裏を返せば短所、になることを覚えておこう。

③志望動機についての質問

応募先企業はどんな人材を求めているのかをしっかりリサーチしておこう。

具体的に、どんな部分で会社に貢献できそうかを考えておこう。

他の企業ではなく、応募企業を選んだ理由を考えよう。

自分の気持ち中心ではなく、企業にどう貢献できるかを話そう。

応募企業はライバル社と比較して、どうオリジナリティがあるのかを考えよう。

応募企業の商品・店舗・サービス等を実際に自分で利用してみて、それを活かそう。

④就職しなかった理由・フリーターの理由

嘘を組み立てて理由をつけるのは不自然になるのでやめよう。

過去の自分の決断には責任を持とう。

その決断を反省する・受け止めるなどして、これからに活かそうとしていることをアピールしよう。

これまではこうだったが、これからはこうやって努力していく、という話の流れにしよう。

4つの質問に上手く答えられないなら試してほしいこと

4つの質問に上手く答えられないなら 試してほしいこと

「面接で必ずされる4つの質問」参考になりましたか?

面接は、準備を十分にしないままに行き当たりばったりで臨んでいると、話の軸がブレてしまったり、話の内容が違ってきて、面接官に「???」と思われてしまう可能性が高いです。

「自分のことをよく知ってもらえるような質問=必ずされる質問」だという認識で、回答はしっかり準備しましょうね。

 

とは言いますが、これら4つの質問になかなか上手く答えられない・準備ができない、という人もいるはずです。

それはきっと、

  • 「自分のことがよくわからない」
  • 「応募企業の求める人材が見えてこない。。。」
  • 「既卒になった理由をポジティブに語れない・・・」

などの理由ではないでしょうか?

 

そんな時は、1人で悩まずに就職支援サービスを利用して、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

質問に対する答え方をアドバイスしてもらえたり、面接の練習をしてもらえるので、面接に対する自信がつきます。
自分では気付かないポイントを、第三者の客観的な視点で見てもらうことは、自分の回答を深掘りできる大きなチャンスでもあります。

 

私の就活経験からおすすめしたいのが、フリーターや既卒を専門にサポートしてくれる就職支援サービスを利用することです。

とくに、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」という就職支援サービスは、自己分析から相談に乗ってくれるのでおすすめです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

自分が進みたい方向が定まったり、フリーターになった理由を上手く話せるようになるので、自信がつくと思います。

もちろん、就職の悩みから仕事紹介、内定までしっかりサポートしてくれるので、一度相談してみるといいですよ。

関東1都3県の就職に強いので、東京・神奈川・千葉・埼玉で就職する方におすすめです。

会員登録は、1分程度で簡単にできますよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする