高卒・中卒

18歳の高卒フリーター・ニートから就職するコツ【内定しやすい仕事も解説】

18歳の高卒フリーター・ニートから就職するコツ【内定しやすい仕事も解説】

フリーターをやめて就職したい。
でも、高卒の18歳が正社員になるのは厳しい?

20歳になる前にニートを脱出したい。。。
高卒だとブラックばかり?

こんなふうに悩んでいませんか?

就職をしたくても、学歴や職歴が気になって1歩を踏み出せない人は多いはずです。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

ぼくも就職前はフリーター・ニート歴があるので、不安な気持ちはわかります。無理ゲーでは?と思いますよね。

 

たしかに、新卒や大卒者に比べたら就職は難しくなります。

でも、今18歳であれば、たとえ高卒のフリーターやニートでも就職チャンスはあります。がんばれば、いくらでも巻き返しはできます。

 

この記事では、ぼくの就活経験と人事目線をもとに「18歳の高卒フリーター・ニートから就職するコツ」をまとめました。

  • 就活の良い面を考える
  • 企業が求める人材像を把握する
  • イメージをくつがえす
  • 就職しやすい仕事に目を向ける
  • バックアップしてもらう

まずは諦めずに一歩踏み出すことが大切。これだけは知っておいてほしいことをまとめたので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

18歳の高卒フリーター・ニートは本当に就職できる?【就活の良い面を考える】

もしかすると、

18歳の高卒フリーター・ニートにも
就職チャンスはあるって本当?

こんなふうに思った人もいるかもしれません。

ネットを見ると「フリーターになったら人生真っ暗」「ニートは就職できない」みたいな情報もあるので、不安になるのも当然ですよね。

 

でも、「18歳の高卒フリーターやニートは就職チャンスがある」とお伝えしたのにはちゃんと理由があります。

具体的には以下の2つです。

  1. 人手不足が拡大している
  2. 新卒採用が難しくなっている

ご存知のかたも多いと思いますが、現在は人手不足を抱える業界や企業が増えています。

商工会議所が調査したデータを見ても、半数以上の中小企業は人手不足状態にあることがわかっています。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

人が足りないということは、当然世の中に求人が増えます。さらに採用時の難易度も下がる傾向にあります。

 

また、近年は新卒人気が高いので、新卒を採用したくても人材確保をできない企業も増えています。

こういう企業は、「第二新卒者」や「既卒者」、「未経験者」を積極的に採用します。

ようするに現在は、高卒で学歴に不安があっても、フリーターやニート歴があっても、就職チャンスに恵まれやすい状況というわけです。

さらに未経験者の就活は、基本的に若いほうが有利になりやすい傾向があります。

若いほうが、「将来性」「熱意やバイタリティ」「育てやすさ」などを評価してもらいやすいからですね。

 

ぼくもでしたが、「どうせ無理だ」と思って就活をしても、それは採用担当者や面接官に伝わってしまいます。

学歴や経歴に不安があると自信がもてないのは当然ですが、最初から無理だと思っていたらせっかくのアドバンテージ(若いこと)を活かせません。

なのでまずは、「就職チャンスはある」と考えて前向きに就活を進めましょう。

【学歴やスキルがないと悩んだら】企業は18歳の高卒フリーター・ニートに何を求めているかを知る

もしかすると、

18歳で高卒の自分は
学歴もないしスキルもない
就職できるか不安。。。

こんなふうに思っている人は多いかもしれません。

大学や専門学校進学を考えたり、資格を取ろうと思っている人もいるのではないでしょうか?

 

たしかに、学歴や資格はもっているに越したことはありません。チャレンジするのも一つの方法です。

でも、学歴や資格がないから就職できないというわけではないんです。

どういうことかというと、高卒のフリーター・ニートなどの「未経験者」を採用する企業は、そもそも学歴や経験(資格など)を求めてはいません。

学歴や経験を重視する場合は、最初から新卒者や社会人経験のある転職者を選考するわけです。

 

もちろん、学歴や経験がまったく関係ないというわけではありませんが、自分の足りないところを悩むよりも

「18歳の高卒フリーター・ニートを採用する企業は自分に何を求めているか」

を考えて就活することで、正社員になるチャンスはグンとアップします。

企業が求めているのは「将来性」「熱意」「人間性」

では、具体的に18歳の高卒フリーター・ニートを採用する企業は何を求めているかというと以下の3つです。

  • ポテンシャル(将来性)
  • やる気・熱意
  • 人柄・人間性

基本的に高卒フリーターやニートを採用する企業は、経験やスキルを評価できないことはわかっているので、やる気やバイタリティなど人間的な部分を重視します。

また、「今後活躍してくれるかどうか」を考慮して将来性を評価することも多いです。

 

マイナビが採用担当者に調査した「第二新卒の採用で重視した基準」のデータも見てみましょう。

【第二新卒の採用で重視した基準】

  1. 入社意欲の高さ 41.5%
  2. 一緒に働ける人材か 36.5%
  3. 社内と合いそうな人柄か 33.7%

参照データ:マイナビ転職より一部抜粋

ここでも、「入社意欲」「人物像」などを重視していることが分かりますよね。

 

ですので、「18歳の高卒フリーター・ニートだから学歴もスキルもない」と悩むよりも、

  • 入社後にどんな活躍をしたいか伝える
  • しっかり熱意・やる気をアピールする
  • 自分の人柄が伝わるエピソードを用意

このようなアピールをしましょう。

しっかり伝えることができれば、18歳の高卒フリーター・ニートからでも就職チャンスはあります。

ダイスケ

足りない部分にフォーカスするより、「伝えるべきこと」をきちんとアピールしましょう。 

就活では「18歳の高卒フリーター」というイメージを覆すのがポイント

続いてのポイントは、イメージをくつがえすということです。

世間的には18歳の高卒フリーター・ニートは、どうしたって良いイメージがないですよね。

  • 社会人マナーがなっていない
  • すぐに辞めてしまいそう
  • 仕事ができない・だらしない

こんな感じです。

ぼくがフリーターだったときもそうでしたが、何度も「どうせフリーターでしょ」と見下されたことがあります。

 

でも、実はこうした18歳の高卒フリーター・ニートに対する一般的なイメージをうまく利用すれば、就活を有利に進めることができるんです。

どういうことかというと、人は大きなギャップを感じると普段よりも良い評価をしやすい傾向にあります。

面接の雑談質問には注意! 面接官にはどんな意図がある!? まとめ

つまり、ギャップを意識して就活をすれば、好印象を与えやすくなるんです。

例えば、

  • 社会人マナーを徹底する(挨拶や言葉遣いなど)
  • 入社後の展望を伝える
  • 誤字脱字に気をつける
  • 熱心に面接官の話を聴く
  • 仕事に関する勉強をしているとPR

このような就活を展開することで、大きなギャップを与えることができます。

面接官の印象も

面接官

今は無職みたいだけど、
しっかりした人だな。

採用したら頑張ってくれるかも

このように好印象に変わります。

誰しも「高卒のフリーター・ニート」にはマイナスの先入観があるものなので、基本的なことをしっかりやるだけでもギャップを与えることはできるんです。

そして、基本的なことを注意するのはさほど難しいことではありません。

ダイスケ

ギャップを与えれば良い評価を得やすくなるので、意識してみてください。

【可能性がアップ】18歳の高卒フリーター・ニートが就職しやすい仕事に目を向ける

続いてのコツは、「18歳の高卒フリーター・ニートが就職しやすい業界や職種」に目を向けることです。

きっと「仕事探し」については、

  • どんな仕事を選んだらいいかわからない
  • やりたいことが見つからない
  • 逆に興味あっても求人がない

このように悩んでいる人は多いと思います。

やりたい仕事がないと就活は進みませんし、選びすぎてもなかなか内定は出ません。

なので、まずは就職しやすい仕事に目を向けて、就活を進めるのがおすすめです。

 

具体的に18歳の高卒フリーター・ニートが就職しやすいのは、以下の2つを満たした仕事です。

  • 人手不足の業界
  • 未経験の受け入れが多い職種

先ほどもお話ししたように、人手不足の業界は求人が多く、採用の難易度も低めになります。

ですので、フリーターやニートでも就職チャンスがたくさんあるわけです。

人手不足が割合が多い業界は以下のデータが参考になります。

【業界別集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

介護や運輸、建設、もしくはサービス業やIT系の業界は、慢性的に人手不足となっています。狙い目の業界ですね。

 

また、そもそも未経験者の受け入れ実績が豊富な職種に目を向けるのも大切です。

以下のマイナビが調査した「職種未経験者歓迎の割合が多い職種」が参考になりますね。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

未経験者の採用が多い職種は、難易度が低いだけでなく、研修が整っていたり未経験でスタートする同僚が多いという点でも安心です。

ぼくがおすすめできるのは、IT系の業界や営業系の仕事です。

IT系は今後も伸びるので給料や待遇に反映されやすいですし、スキルを磨けば18歳の高卒フリーター・ニートでもキャリアアップできます。

営業系は、結果を出しさえすれば未経験でも高収入が可能ですし、営業スキルを身につければその後のキャリアに大きなプラスだからです。

 

こうしたデータを見て、「介護や販売はブラックじゃないの」「営業って厳しいでしょ」と思う人もいるかもしれませんが、結局は職場次第です。

きちんと情報を集めれば、良い環境で働くことはできます。

最初から可能性を閉ざしてしまうよりは、「就職しやすい仕事」に目を向けてみてください。

ダイスケ

人手不足の業界や未経験受け入れが多い職種を意識するだけで、就職チャンスはグンと上がりますよ。 

18歳の高卒フリーター・ニートは就活をバックアップしてもらうべき

最後にお伝えするコツは、就活はバックアップしてもらったほうがいいということです。

フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

18歳の高卒フリーター・ニートの就活では、これが一番大切かもしれません。

きっと、いざ就職しようと思っても、

  • 仕事選びに自信がない
  • 面接や書類作成が分からない
  • そもそも何から手を付けていいわからない

という人が大半なはずです。

そんな状態で就活を進めても、残念ながら挫折する可能性が高いです。

それじゃあ意味がないですよね。

 

ですので、ひとりで就活を進めようとしないでキャリアアドバイザーやキャリアカウンセラーに相談できるサービスを積極的に活用しましょう。

ハローワークやサポステといった国がやっているサービスを活用したり、就職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

とくにメリットが大きいのは、就職エージェント系のサービスです。

就職エージェントは求人を出している企業との結びつきも強いので、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 書類免除のケースもある
  • 面接対策やアドバイスが的確

このようなメリットがあります。

また、キャリアアドバイザーは求人を出している企業を訪問したり打ち合わせをしているので、

  • どんな雰囲気の職場か
  • 上司はどんな人柄か
  • どんなアピールが最適か

などを知り尽くしたうえで仕事を紹介してくれます。

 

先ほど「就職しやすい仕事」をお伝えしましたが、こうした仕事は就職しやすい反面、ブラック企業や劣悪な職場に当たってしまうリスクもあります。

なので、キャリアアドバイザーに相談しながら就活を進めたほうが情報をしやすく安全なんですよね。

キャリアアドバイザーと面談

もちろん、「就活は全部ひとりでやる」と決めている人には邪魔かもしれませんが、エージェントを使うメリットはとても大きいです。

ダイスケ

まずは2〜3社登録してみて、自分に合いそうなエージェントを見つけることからはじめると良いですよ。

既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。の画像
既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社まとめ【未経験でもしっかりサポート】 既卒・フリーターの就職に強い【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行なってい...

18歳の高卒フリーター・ニートをしっかりサポートくれる就職エージェント

ちなみに就職エージェントは、フリーターやニートなどの未経験者をきちんとサポートしてくれるサービスを選ぶことがとても大切です。

そうしないと、「放置される」「仕事を紹介してもらえない」ということもあるので、注意してくださいね。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
愛知 大阪 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事