学校中退

高校中退の中卒で営業職を目指すなら必ず知っておきたい3つのポイント

高校中退の中卒で営業職を目指すなら必ず知っておきたい3つのポイントの画像
ダイスケ

就職ナビゲーターのダイスケです。

今回の記事では、高校中退から営業職を目指すなら必ず知っておきたい3つのポイントをお話ししますね。

高校中退してるけど営業職に就職できる!?

高校中退してるけど、営業職に就職できる!?

中卒から営業の正社員になるにはどうしたらいい?

こんなふうに悩んでいませんか?

学歴不問・未経験OKの求人が多い営業職。高校中退でも正社員を目指しやすいので、挑戦したい人は多いと思います。

とくに不動産営業などは、中卒など学歴に不安があっても、がんばり次第で年収を大きく伸ばせるので、魅力的な職種ですよね。

 

しかし、営業職にチャレンジしたくても、

  • 「どうやって就活を進めたらいい?」
  • 「中卒でも就活を成功させるにはどうしたらいい?」

と不安になる人は多いのではないでしょうか。

ぼくもフリーターから就職した経験があるので、就活が不安になる気持ちはよくわかります。

 

そこでこの記事では、高校中退から就職を目指すなら知っておきたい「営業職への就職を失敗に終わらせない3つのコツ」をお話ししていきます。

  • 営業は何を求められるか知っておく
  • ブラック企業に捕まらないように気をつける
  • ひとりで就活を悩まない

なにか1つでも参考になれば、ぼくも嬉しいです。

高校中退から営業へ就職するなら「営業は何を求められるか」を知ろう

高校中退から営業へ就職するなら「営業は何を求められるか」を知ろう

まず最初に頭に入れておきたいのは、「営業は何を求められるか」です。

言い換えると、営業職を募集している企業は、高校中退から就職を目指すあなたに何を期待しているかですね。

 

実は採用担当者の多くは、社会人経験がある人材(職務経験がある人材)を採用するよりも、社会人経験がない未経験者を採用する場合に頭を悩ませます。

それはどうしてかというと、社会人経験があれば、前職の経験やスキルから、

採用担当

この人はこのくらいのパフォーマンスを発揮してくれるだろう

という予測がしやすいのですが、未経験者の場合、その判断がしにくくなります。

そもそもの判断基準(これまでの経験やスキル)が無いので、採否の判断が難しいというわけです。

 

そんな場合、採用担当者は何を見ているかというと、

  • やる気や熱意
  • 人柄
  • 将来性

などの人間的な部分を判断基準にしやすくなります。

とくに営業職は、会社の最前線で業務にあたる人材なので、「顧客に良い印象を与えられる人材か」「会社の顔として表に出せる人材か」などを他の職種よりも厳しく問われます。

「顧客に良い印象を与えられる人材か」「会社の顔として表に出せる人材か」のイメージ画像

ですので、高校中退から営業職を目指すなら、スキルや資格というよりは、

  • 営業職にかける熱意
  • 周りに好かれる人柄
  • 諦めない気持ち

などが求められるということを頭に入れておくと良いですね。

 

逆に言えば、学歴が中卒だったとしても、「この人なら営業で成長してくれるだろう」と思ってもらえれば営業の就職にはチャンスがあります。

自分勝手な自己PRをするのではなく、採用担当者から何を求められているのかを意識することで、採用される可能性は上がりますよ。

中卒で学歴に不安があるなら注意!ブラック企業の営業職に捕まらないように気をつける

次に注意したいのが、「ブラック企業の営業職には就職しないように気をつけてほしい」ということです。

 

残念ながら、学歴に不安がある人材や、未経験で就職する高校中退の求職者は、ブラック企業にとってみれば、格好のターゲットです。

せっかく就職できても、

  • 極端な長時間労働
  • 厳しい営業ノルマ
  • パワハラ

などが当たり前の職場では、長く仕事を続けるのは難しいですよね。

短気離職につながってしまうはずです。

中卒で学歴に不安があるなら注意!ブラック企業の営業職に捕まらないように気をつけるの画像

いくら就職しやすくても、就職先がブラック企業だと、

  1. すぐに会社を辞める
  2. 短気離職が原因で再就職が厳しくなる
  3. フリーターやニートになってしまう

このような悪循環にハマる可能性が高くなってしまいます。

ですので、応募先企業がブラックな体質をもっていないかは、事前によく調べることが大切です。

 

もちろん、高校中退から就職を目指す場合は、選べる仕事の幅がせまかったり、妥協しなくてはいけないことも出てきます。

しかし、就職=ゴールではなく、就職=新しいスタートなので、就職した会社で力を発揮するためにも、情報収集だけは念入りに行ったほうが、あとで後悔しないはずです。

営業職の種類によって仕事内容も変わってくる

また、ひとくちに「営業職」と言っても、営業方法や対象となるお客さまによって、仕事内容や難易度は変わってきます。

最低限、新規営業かルート営業か、法人営業か個人営業か、は把握しておくようにしてください。

新規営業

  • 飛び込み営業
  • テレアポ営業

など、新規顧客の開拓が目的の営業手法を指します。

新規顧客を増やし売上を伸ばすことを求められるので、意欲や勇気にあふれる人材が採用されやすいと言えます。

ルート営業

すでに開拓した顧客に営業をする手法を指します。

決まった顧客をまわったり、納品のタイミングで、自社商品やサービスの営業をかけたり、新しい情報を提供するのが仕事です。

顧客や担当者との関係が重要になってくるので、人柄や人間関係をつくるのがうまい人材が重宝されます。

法人営業と個人営業

法人営業というのは、企業を対象に営業をする方法を指します。

それに対して個人営業は、個人の顧客を対象に営業をする方法です。

 

法人営業は、大きな取引を経験できたり、会社同士の取引のため、比較的約束を取り付けやすいなどの特徴があります。

それに対して個人営業は、個人が相手なので、なかなか取り合ってもらえなかったり、冷たくあしらわれることもあります。

ただし、個人のニーズやメリットを理解できれば、商談が成立しやすいという側面もあります。

 

このように、営業の種類はさまざまなので、

  • 自分に合う営業はどんなスタイルなのか
  • 応募する企業はどんな営業を展開しているのか

を意識して就活を進めるようにすると良いですよ。

高校中退から営業職を目指すなら「ひとりで悩まない」ことが大切

最後のコツは、「高校中退から営業職を目指すなら、ひとりで悩まない」ということです。

 

先程、「ブラック企業に就職しないように、情報収集だけはしっかり取り組もう」と言いましたよね。

でも、

情報収集をしっかりって言ったって、

どうしたらいいかわからないんだけど。。。

こんなふうに思った人、きっとたくさんいるはずです。

また、

  • そもそも就活のやりかたが分からない
  • 営業が自分に向いているか自信がない
  • どんな求人を選べばいいか分からない

など、就活に不安を感じている人は多いはずです。

ぼくも、フリーターから就活をしたときはまさに同じような状況でした。

 

そこで役立ったのは、就活に詳しい人のアドバイスやノウハウです。

高校中退から営業職を目指すなら「ひとりで悩まない」ことが大切の画像

就活って、「ひとりでがんばらなくてはいけないもの」というイメージがあるかもしれませんが、実は全くそんなことはありません。

むしろ、高校中退で学歴に不安があるなら、頼れるものはどんどん頼らないと、いい条件の会社に就職するのは難しくなってしまいます。

 

営業職に就職するなら、先にお話ししたような「営業の種類」についてもきちんと理解することが大切なので、ひとりで悩んでいるのは大きなマイナスです。

 

今は、ハローワーク(わかものハローワークやサポステなど)や就職エージェントに登録すれば、高校中退でも、キャリアアドバイザーに相談に乗ってもらえます。

キャリアアドバイザーに紹介してもらった求人企業なら、

  • 仕事内容
  • 会社の雰囲気や上司の人柄
  • 面接のコツ

なども教えてもらえるので、就活は断然楽になります。

 

とくに就職エージェントを活用すれば、情報収集の面で大きな差が出るので、まずは登録して相談に乗ってもらいましょう。

もちろん、就職エージェントに登録すればあとは安心というわけではありませんが、やる気さえあれば、キャリアアドバイザーは喜んでサポートしてくれます。

賢く活用して、就活を少しでも有利にしましょう。

高校中退から営業職を目指すなら活用したい就職エージェント2選

ちなみに、レバレジーズ株式会社が運営する「ハタラクティブ」というサービスは、営業職を目指すならおすすめです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

中退者やフリーターなど未経験者を対象にしているので、一から親切に就活をバックアップしてくれます。

キャリアアドバイザーは優しく親身になって話を聞いてくれるので、相談しやすいのがポイント。

求人も、営業をはじめとして、事務、エンジニア、販売、サービス業など、幅広い仕事を提案してくれるので、自分に合った仕事が見つかりやすいです。

関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の就職に特化しているので、関東で就職するならハタラクティブがおすすめです。

すべて無料なので相談して失うものはありません。まずは話を聞いてみましょう。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事