高卒・中卒

ずっとフリーターの高卒でも就職する方法【今日から取り組む3つのステップ】

ずっとフリーターの高卒でも就職する方法【今日から取り組む3つのステップ】

ずっとフリーターの高卒だけど、
これから就職できる?

こんなふうに悩んでいませんか?

就職しようと思っても、高卒でフリーターを続けていると「無理ゲーかも?」「高卒は相手にされないのでは?」と不安になりますよね。

なかなか前に進めないはずです。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

ぼくも就職する前は長いことフリーターやニートをしていたので、その気持ちはよくわかります。

そこでこの記事では、管理人の就活経験と人事目線をもとにして、「就活を成功させる3つのステップ」をまとめました。

  1. タイムリミットを決める
  2. フリーター歴のアピール方法を身につける
  3. 高卒フリーターになった過去をフォローする

以上の3ステップです。

たしかに、ずっとフリーターをしていると「就職は難しい」と思いがちです。

しかし、諦めずに今日からステップを踏めば就職チャンスはまだまだあります。

ダイスケ

わかりやすくお話ししていくので、参考にしてもらえると嬉しいです。

「ずっと高卒フリーター」を抜け出す方法【タイムリミットを決めて就活をはじめる】

最初のステップは、タイムリミットを決めて就活をはじめることです。

26歳フリーターが就職するには 最初に期間を決めてから就職活動に臨む。

ここで言うタイムリミットというのは、「この日までに就職をする」という期限のことです。

もしかすると、

期限を決めても
予定どおり進むわけないでしょ

このように思うかもしれませんが、高卒のフリーターが就職するには「タイムリミット」がとても大切なんです。

 

というのは、期限が決まっていないと、今後もずるずるとアルバイトを続けてしまう可能性が高いからです。

これはぼくの経験則ですが、フリーターをずるずる続けてしまう要因は、

  • やめたくてもやめられない
  • 辞め時がわからない
  • なんとなくバイトをしてい

など、期限を決めずにフリーターとして働き続けることにあると思っています。

アルバイトをしていれば、給料は毎月入ってきますし、働いているという実感もあります。

 

でも、アルバイトはあくまでも「非正規雇用」ですし、正社員のようなスキルや経験も身につきません。給料だってすぐに頭打ちになります。

そのループから抜け出せなくなってしまいますよね。

これを断ち切るには、「この日までに就職をする」というタイムリミットを設けて、そこに向けたプランニングをすることが必要なんです。

就活にタイムリミットを設定するメリット

実は、タイムリミットの設定をおすすめする理由はもうひとつあります。

30前には絶対に動き出す! そうすれば27歳職歴なしでもチャンスはある!

それは、スケジュールが立てやすくなるからです。

 

例えば、「2ヶ月後の6月15日までに高卒フリーターを脱出する」というタイムリミットを設定したとします。

そうなると、「6月15日までに内定をもらうにはどうしたらいいか」と考えますよね。

「6月に入った段階で数十社は面接しておきたい」

「ということは、5月中旬にはしっかり面接をこなせるように応募しないと」

「5月頭には数十社は応募を完了しよう」

このように逆算してスケジュールを決められるので、やることが明確になるという利点があるんです。

 

もちろん、すべてが計画どおりに進むわけはなく、うまくいかないことが多いはずです。

しかし、期限のない目標や仕事は、大抵伸ばし伸ばしになりがちです。そうなると、今後もずっと高卒フリーターという状況を続けてしまいます。

それよりは、自分なりにタイムリミットを設定して、「期限までにどうしたら達成できるか」と考えてみてください。

ダイスケ

タイムリミットを決めて、「ずっとフリーター」という状況を抜け出しましょう。

フリーター歴のアピール方法を身につける【ずっと高卒でフリーターをしてきた経験を活かすには】

2つ目のステップは、フリーター歴のアピール方法を身につけることです。

きっと、高卒でずっとフリーターをしてきたということは、様々なアルバイトを経験しているはずです。

アルバイトを転々としている人も多いのではないでしょうか?

 

就活では、当然「アルバイト歴」を職歴欄でアピールすることになりますが、そのアピールにはコツがあるんです。

例えば、以下のようなアルバイトを経験したとします。

  • アパレル店のスタッフ
  • コンビニ店員
  • 家電販売店で携帯販売

これらをそのままアピールすると、業界がバラバラでアルバイトを転々としているイメージが強いですよね。

それでは良い印象を与えることができません。

 

なので、「アルバイト歴で共通するスキル・経験」を抜き出してアピールすることをおすすめします。

ここで言う「アルバイト歴で共通するスキル・経験」というのは、上記の場合

  • 接客スキル
  • 会話力
  • 在庫管理
  • 後輩指導力
  • 営業力

などですね。

アパレル店員やコンビニ店員は接客スキルや会話力がアップしますし、携帯販売では在庫管理や営業力が身につきますよね。

後輩バイトがいれば、指導経験もあるはずです。

これらをうまくアピールすれば、アルバイト経験に一貫性が生まれます。

社会人経験なしで就職するために必要なたった1つのことの画像

すると、面接官には

面接官

この人は、アルバイトで長年
「接客スキル」と「在庫管理」を磨いているな

このように好印象を与えることができるわけです。

基本的に就活では、

  • 一貫性のあるアピール
  • なにかのスキルに強い人材

が好印象を与えます。

高卒でずっとフリーターをしていても、角度をかえて自分の経歴を振り返れば、一貫性を見つけ出せるはずです。

ダイスケ

アルバイト歴のアピールでは、「共通するスキル・経験」に注目してみてくださいね。

高卒フリーターになった過去をフォローする【ずっとフリーターをしているマイナスを乗り越える】

3つ目のステップは、高卒のフリーターになった過去をしっかりフォローするということです。

いくら28歳のフリーターでもブラック企業の餌食にはならないように!の画像

ずっとフリーターをしていると、

就活をするにしても、
フリーター歴を
どう説明したらいい?

と不安になりますよね。

 

就活の面接では、必ず以下のような質問を受けます。

面接官

どうして今まで
就職をしなかったのですか?

面接官

フリーターになったのは
なぜですか?

なので、高卒フリーターになった過去をフォローできるように準備することが大切です。

 

そこでおすすめしたいのは、以下の3つのステップに沿った回答です。

  1. 質問を受け止める・事実を話す
  2. 反省や気づいたことを伝える
  3. 今後の展望をアピールする

例えば、「どうして今まで就職をしなかったのですか?」という質問に対しては、こんな回答を準備します。

やりたい仕事どうしても見つからず、就職をしないままアルバイトをずっと続けてしまった。

新卒のチャンスを逃したことは反省している。

しかし、アルバイトをするなかで自分と向き合い、心の底から本気でやりたい仕事を見つけることができた。

就職できたら、遅れを取り戻せるように精進する。部署になくてはならない存在へ成長したい。

このように3つのステップに沿って回答をすれば、高卒フリーターのマイナスをフォローしながら、しっかりアピールをすることもできます。

面接官や採用担当者がチェックしていること

実は面接官や採用担当者は、「どうして就職をしなかったか」「高卒でフリーターになったのはなぜか」といった質問をすることで、

  • 将来性
  • 過去から学べるか
  • 人間性

などをチェックしています。

面接官は4つのタイプから 見極めて「空気を読む」

なので、ただ理由を答えて終わりにするのではなく、反省点や気付き、今後の展望をアピールすることがプラスになるわけです。

ダイスケ

ずっとフリーターでも、きちんとマイナスをフォローできれば、面接官を納得させられるはずです。

ずっと高卒フリーターをしていたら何から手を付けていいかわからないのは当然

さてここまで「就活を成功させる3つのステップ」をお話ししましたが、最後にもうひとつだけお伝えしたいことがあります。

それは、高卒の就活をひとりでがんばる必要はないということです。

「就活は自分ひとりでやるもの」と思っている人が多いと思いますが、実はそれこそが落とし穴です。

ずっと高卒フリーターをしていたら、

  • 就活のマナー
  • 仕事の探し方
  • 効果的なアピール方法

などがわからなくて当然です。

そもそも、なにから手を付けて良いかわからないから、ネットで検索をしているのではないでしょうか?

ひとりで就活を抱え込んでしまったら、挫折する可能性も高いです。

 

なので、ひとりで悩むのはやめて、就活を相談できる環境を作ることを強くおすすめします。

具体的には、キャリアアドバイザーやキャリアカウンセラーに相談できるサービスを活用すれば間違いありません。

  • ハローワーク
    (わかものハローワーク)
  • サポステ
  • 就職エージェント

などのサービスは、無料でキャリアアドバイザーやカウンセラーが就活をサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーと面談

とくに就職エージェントは、求人を出している企業と結びつきも強く、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

ダイスケ

まずは就職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーを味方につけることからはじめましょう。

ただしエージェント選びは注意が必要

ただし、エージェントの選び方だけは注意してください。

エージェントといえば、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「doda」などが有名ですが、これらは社会人経験がある転職者を対象としたサービスです。

そのため、「サポートは難しい」と断られるケースも多いです。

 

ですので、「フリーターや未経験者を専門としているサービス」を活用してください。

そうすれば、きちんとサポートしてくれますし、高卒から就職するコツをしっかりアドバイスしてくれますよ。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
愛知 大阪 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事