既卒フリーター就活の悩み

ハローワークは就職できない!?【就活に悩むフリーターは情報収集を徹底しよう】

ハローワークは就職できない!?【就活に悩むフリーターは情報収集を徹底しよう】

ハローワークで就活してるけど、
なかなか就職できない。。。

やっぱりフリーターは
ハローワークの就活は無理!?

こんなふうに悩んでいませんか?

就職したいのになかなか結果に結びつかないと、モチベーションが下がりますよね。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

ぼくも就職する前はフリーターをしていたので、不安な気持ちはよくわかります。

 

そこでこの記事では、ぼくの就活経験と人事目線をもとにして、

  • ハローワークで就職できない理由
  • フリーター就活で最も大切なこと
  • 活用すべき就活サービス

をまとめました。

 

結論を言うと、ハローワーク1本で就活するのはあまりおすすめしません。

なぜなら、フリーターがハローワークを通じて就職することはもちろん可能ですが、なかなか就職できない要素も多いからです。

ハローワークだけでなく他の就活サービスも活用することが大切です。

ダイスケ

ハローワークの就活に行き詰まっている方は参考にしてもらえると嬉しいです!

ハローワークでフリーターがなかなか就職できない3つの理由

では、どうしてフリーターはハローワークでなかなか就職できないのでしょうか。

それは以下の3つの理由が考えられるからです。

  1. ライバルが多い
  2. 自分に合う企業を紹介してもらいにくい
  3. 採用意欲が高くない企業も掲載されている

ライバルが多い

ご存知のとおり、ハローワークは国が運営しているサービスです。

そのため、全国各地に事業所があり、そこに集まる求人数も膨大です。

この記事を作成している時点で、なんと約84万件の求人を検索することができました。

人材業界大手のリクルートエージェントですら保有求人数は12万件程度と言われているので、求人の豊富さという点では圧倒的ですよね。

また、国が運営しているので安心感もあり「仕事を探すならハローワーク」と考える人も多いはずです。

 

このように、ハローワーク自体は非常に良いサービスですが、裏を返すと非常に利用者が多く、就職するうえでライバルが多いサービスと言えます。

とくにフリーターは、職歴や経験に関して不利になるので、様々な経験を積んだ転職者や再就職者のライバルが多いと、なかなか就職できない状況に追い込まれてしまいます。

ハローワークでは、未経験向けの求人でもバリバリの経験者が応募しているケースもあり、就職ハードルは高くなってしまうわけです。

フリーターだから就職できないというよりは、ライバルが多くて埋もれてしまう面があることを頭に入れておくと良いですね。

自分に合う企業を紹介してもらいにくい

基本的にハローワークでは、「端末などを使い自分で求人を探し、仕事先に紹介してもらう」という流れで就活をすることになりますよね。

すると、本当に自分に合っている企業かわからなかったり、情報収集が不十分なまま採用試験に進むケースが珍しくありません。

面接でミスマッチが起きたり、情報収集不足で適切なアピールができずに撃沈という結果につながってしまいます。

 

ぼくの就活経験から言って、求人票の内容だけでは本当にその企業が自分に合っているかは予測できません。

また、もっと細かい生の情報を仕入れなければ、面接がうまくいかないのも当たり前です。

情報収集の面では不十分な場合が多いということも知っておきましょう。

採用意欲が高くない企業も掲載されている

実はハローワークでは、企業が求人を掲載するのにお金がかからないことをご存知でしょうか?

一般的な「求人サイト」(リクナビNEXTやマイナビ転職など)は、企業が「掲載料」「紹介料」を支払うことで求人を掲載しています。

企業側にとってはありがたいことですが、掲載にお金がかからないため、

  • 採用意欲が高くはない企業
  • 採用活動にお金をかけられない企業
  • ブラック企業

といった企業も求人を掲載しやすくなります。

 

例えば、

「今はそんなに人が必要ではないけど、費用がかからないし掲載しておこうか」

「採用してダメならまた新しい人材を入れればいい、掲載費はかからないから」

このように考える企業も混ざってしまうわけです。

もちろん、ハローワークにも優良企業や掘り出し求人は掲載されています。

ですが、悪い求人や就職しにくい求人も混ざっているということを頭に入れておきましょう。

就職できないフリーターがもっとも大切にすべきは深い情報収集【ハローワーク以外の情報源を】

ここまで、フリーターがハローワークでなかなか就職できない理由についてお話ししてきました。

では、どのように就活を進めれば、就職チャンスがアップするのでしょうか?

フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

それは、

  • 自分に合う求人を紹介してもらう
  • もっと深い情報収集をする

この2つを意識することです。

 

お話ししたように、ライバルが多いなかでフリーターが内定を勝ち取るのは非常に難しくなります。

例えば、ライバルが職歴アリの転職者ばかりだったら、フリーターは当然不利ですよね。

また、ハローワークは利用者数が段違いに多いので、良いチャンスが巡ってきても椅子取り合戦に巻き込まれてしまうわけです。

 

なので、当たり前のようですが、なるべくライバルの少ない中で、自分の状況(フリーターや職歴なし・未経験など)に合った求人を紹介してもらうことが大切です。

深い情報を得ることでフリーターの就職チャンスはアップする

そして、フリーターが就活を成功させる上でもっとも大切なのが応募企業の深い情報を仕入れることです。

もちろんハローワークでも、「仕事内容」「給料」「福利厚生」「求める人材像」といった基本的な情報は得られます。

ですが、

  • 職場の生の雰囲気
  • 上司になる人の人柄
  • 面接でプラスになるアピール

などの情報は、知りたくてもなかなか教えてもらえませんよね。

こうした細かな情報が、経験やスキルのないフリーターの求人選び、面接を有利に進めるためのカギになったりします。

 

就職できないと悩んでいるときは、

  • 自分に合う求人を紹介してもらう
  • もっと深い情報収集をする

この2つを意識して、もう一度トライしていきましょう。

就職できないフリーターはハローワークだけでなく他の就活サービスもしっかり活用する

ここまでの話を聞いて、

でも、自分に合う求人を
紹介してもらったり、
もっと深い情報収集をするには
どうしたらいいわけ!?

と疑問に思った方もいるはずです。

これに関しては、冒頭でもお話ししたようにハローワークだけでなく他の就活サービスも活用するのがポイントです。

具体的には、エージェント系の就活サービスを使いましょう。

有名所では、

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • doda

といったサービスが「エージェント系」にあたります。

 

こうしたエージェント系のサービスは、求人検索して応募できるだけでなく、担当者(キャリアアドバイザー)が就活を1からサポートしてくれます。

基本的にエージェントの担当者は、掲載企業を訪問したり企業の採用担当と打ち合わせをしたうえで仕事を紹介してくれます。

そのため、

  • 職場の生の雰囲気
  • 上司になる人の人柄
  • 面接でプラスになるアピール

などの深い情報を教えてくれるわけです。

キャリアアドバイザーと面談

また、エージェント系のサービスはハローワークと異なり、企業は紹介料を支払う形で求人を掲載しています。

そのため、採用意欲が高く、エージェントにしか掲載されない求人も多い傾向にあるんです。

つまり、エージェント系のサービスを活用することで、就職チャンスがアップする

  • 自分に合う求人を紹介してもらう
  • もっと深い情報収集をする

この2つのポイントをクリアできるというわけです。

 

もちろん、エージェントを活用すれば必ず就職できるというわけではありませんが、就活がグッと楽になるのは確かです。

ダイスケ

まずは1〜2社登録してみて、担当者に話を聞いてみると良いですよ。

失敗しない就活サービスの選び方

ただし、エージェントの選び方だけは注意してください。

先ほどのお話ししたように、エージェントといえば、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「doda」などが有名ですが、これらは社会人経験がある転職者を対象としたサービスです。

そのためフリーターなどの未経験者は、「サポートは難しい」と断られるケースも多いです。

【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法
【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターや既卒、ニートや無職などで正社員経験がない(少ない)と、dodaをはじめ...

ですので、「フリーターや未経験者を専門としているサービス」を活用してください。

そうすれば、きちんとサポートをしてくれますし、フリーターから就職するコツをしっかり教えてもらえますよ。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
愛知 大阪 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事