ハローワーク

就職したいけどハローワークに行きづらいフリーターやニートに考えてほしいこと

就職したいけどハローワークに行きづらいフリーターやニートに考えてほしいことの画像
ダイスケ

就職ナビゲーターのダイスケです。

「ハローワークって行きづらい、、、」と悩んでいませんか?

行きづらいなら他の方法で就職を目指せばいいんです。

対処法をお話ししますね。

「ハローワークに行きづらい」そんなフリーターやニートのあなたへ

就職したいんだけど、

ハローワークは行きづらい、、、

どうしたらいいんだろう

こんなふうに悩んでいませんか?

「フリーターやニートから就職したいけど、なんとなくハローワークは抵抗がある」という人、多いのではないでしょうか。

ぼくもフリーターを経て就職したので、その気持ちはよくわかります。。。

 

この記事では、そんな「ハローワークに行きづらいけど就職がしたい」あなたのために、ぜひ考えてみていただきたいことをお話します。

最初に結論を言えば、「行きづらいならハローワーク以外の選択肢を選べばいいよ」ということです。

せっかく就職を考えたならその気持ちを大切にして進んでいきましょう。

フリーターやニートがハローワークに行きづらい理由

ところで、あなたはなぜハローワークに行きづらいのでしょうか。

いろいろな理由があると思いますが、ぼくが行きづらかった理由はずばりこの2つです。

  • ハローワークの雰囲気が何となく嫌だった
  • フリーターからの就職を相談するのが恥ずかしかった

ハローワークの雰囲気が何となく嫌だった

ハローワークって、お世辞にも良い雰囲気とは言えませんよね。

 

ぼくがハローワークに通っていたころは就職率もよくなかったので、求人を検索する部屋にはドンヨリした雰囲気が漂っていた気がします。

平日でもたくさん人がいて、

  • こんなに仕事を探している人がいるのか、、、
  • みんな難しい顔して大変そうだな
  • あの人、この間も来てたな。。。

と思い、ハローワークに行くと気が滅入っていました。

あのなんとも言えない雰囲気を考えると、フリーターやニートが行きづらいと思うのは仕方ないと思います。

別にハローワークが悪いわけではありませんが、これから就職しよう!とやる気を燃やしていても萎えてしまうのではないでしょうか。

フリーターからの就職を相談するのが恥ずかしかった

もうひとつは、フリーターという肩がきで相談するのが恥ずかしかったということです。

 

ハローワークは、職を見つけるための場なので、本来なら恥ずかしがる必要はありません。

でも、ぼくが就活していたころは、ハローワークってどちらかというと、フリーターやニートには優しくなかったと思います。

どちらかといえば、

  • 仕事は選べないよ
  • なんで就職しなかったわけ

という感じでした。

そうなると、フリーターの自分が恥ずかしくて相談するのも気が引けました。。。ハローワークに行きづらい大きな原因だったと思います。

行きづらいけどハローワークの求人数はずば抜けている

このような経験があるので、ぼくはフリーターやニートがハローワークに行きづらいのも不思議はないと思います。

 

ただ、ハローワークは国が運営しているだけあって、求人の数自体はずば抜けて多いことは頭に入れておいたほうがいいと思います。

この記事を書いている時点で、1268629件の求人が掲載されています。

大手の転職サイトでも十数万件程度なので、10倍以上の求人がハローワークにはあるということになります。

 

また、国は最近、若者の就職に力を入れているのもたしかです。

若者をサポートする「サポステ」という事業をやっていたり、若者の雇用を促進する活動も行っています。

 

東京都に関しては、「若者正社員チャレンジ事業」というフリーターやニートなどを専門的にサポートするサービスを一般企業と手を組んでやっています。

若者正社員チャレンジ事業

ハローワークとは一味違ったサポートをしてもらえるので、東京に住んでいるならこうしたサービスに登録してみるのもひとつの方法ですね。

⇒若者正社員チャレンジ事業の公式サイト

 

フリーターやニートの就職はハローワークが全てではない!行きづらいときの対処法

さて、いろいろと前置きが長くなって話が脱線しましたが、、、

ぼくがお伝えしたいのは、

  • ハローワークに行きづらいせいで就職が遠のくのはもったいない
  • ハローワークが全てではない

ということなんです。

 

ハローワークに行きづらいと思っているフリーターやニートは、少なくとも就職したいと思っているはずです。

行きづらいからと言って就職が遠のいてしまったら、とにかくもったいないです!

その前向きな気持ちは大切にしましょう。

 

就職する道はハローワークだけではないので、他の道を選べばいいんです。

ハローワークに行きづらいなら、ハローワーク以外で仕事を探しましょう。

ハローワークに行きづらいなら「求人サイト+就職エージェント」の掛け合わせで就活をしよう

もしかすると、すでに求人サイトで仕事を探しているフリーターやニートの方は多いかもしれません。

 

ぼくがおすすめしたいのは、求人サイトにプラスして「就職エージェント」を使うことです。

就職エージェントというのは、会員登録すると、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者が直接就職をバックアップしてくれる無料のサービスのことです。

求人サイトとは違って個別に就活をバックアップしてもらえるので、希望に合う会社に就職できる可能性が上がります。

求人を紹介してもらえたり、受かるための面接や書類の書き方をレクチャーしてもらえたり、求人企業とのやりとりを変わりにやってもらうこともできます。

 

でも、エージェントってスペックが高い人しか相手にしないんじゃないの?

フリーターやニートは使えるわけ!?

と思う人もいるかもしれませんが、フリーターやニートを専門にしているエージェントを選べば、全く問題ありません。

 

ぼくもこうしたエージェントを使ったことで、書類落ちが激減、就職活動が一気に捗りました。

ハローワークに行きづらくても、フリーターやニートを専門のエージェントなら、気軽に相談できます。

 

とくに相談しやすいのが、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」というサービス。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

”未経験者”の就職を専門にしているので、フリーターやニートでも就職しやすい求人を多数紹介してくれます。

明るく気さくな担当者が多いので、就職の不安や悩みを相談しやすいのもおすすめの理由です。

 

サービスエリアは関東一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定なので、対象エリアで就職するならハタラクティブに相談してみてください。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする