既卒フリーター就活のコツ

26歳で初就職するときやってはいけない4つのNGポイント。

26歳で初就職するときやってはいけない4つのNGポイント。の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

「26歳で初就職…何から手をつけたらいいんだろう!?」
初めて就職するときは不安になりますよね。

今回は、
26歳で就職するときにやってはいけないNGポイント
についてお話ししますね。

26歳の初就職でやってはいけない4つのNGポイントまとめてみました。

もう26歳だし、就職したい…

でも初就職だし、なにをどうしていいのかわからない…

このように不安を抱いていませんか?

26歳は「いい大人」と言われるかもしれませんが、初就職するときはいろいろ悩みますよね。

就職したいという気持ちはあっても、「なにから手を付けていいのか分からない…」と一歩踏み出せずにいる人も多いのではないでしょうか。

 

ぼくも25歳のときにフリーターから正社員就職したのですが、初就職だったのでわからないことばかり…最初のうちはだいぶ苦労しました。

 

そんな経験から思うのは、初就職するときは、やってはいけないNGポイントを頭に入れてから動き出したほうが良いということです。

いくら就活でプラスになることを知っていても、NGポイントをひとつでもやらかすと、プラスが台無しになってしまうからです。

 

というわけで、以下の初就職するときにやってはいけないNGポイントを4つお話ししていくので、ぜひチェックしてみてください。

  • 26歳で初就職だからと言って「なんでもかまわない」はNG
  • 就職活動マナーを知らずに26歳の初就職に臨むのはNG
  • 26歳で受け身の姿勢で初就職はNG
  • 就職のコツを知らないままに26歳で初就職はNG

スポンサードリンク

26歳で初就職だからと言って「なんでもかまわない」はNG

26歳で初就職だからと言って「なんでもかまわない」はNG

26歳で初就職なんだから、贅沢言ってられない…

どんな仕事でもかまわないから、就職できさえすればいいかな…

こんなふうに思っているなら、注意が必要です。

 

ぼくも最初はこう思って就職活動をしていたのですが、2つの面で不利になることがあるんです。

  • どんな仕事でもいい=なにがしたい人か分からないと思われる
  • ブラック企業や自分に合わない仕事に当たりやすくなる

企業の採用担当者は、「どんな仕事でもする。なんでもいいから雇ってください」と言われたら、「別にウチじゃなくてもいいってことだよね…」と思ってしまいます。

 

また、どんな仕事でもいいという姿勢は、なにがしたい人なのか伝わりにくいので、正社員就職するときはマイナスになってしまうんです。

 

もちろん、26歳で初就職するのに、仕事を選びすぎるのは内定を取れない原因にもなり得ますが、最低限、

  • 自分は就職してどんな仕事がしたいと思っているか
  • なぜこの仕事(企業)を選んだのか

を語れるようにしておくことは大切です。

 

そして、就職できさえすればいいと考えていると、ブラック企業や不向きな仕事に当たって、結局すぐ辞める…ということにもつながりやすいので、十分に注意してくださいね。

スポンサードリンク

就職活動マナーを知らずに26歳の初就職に臨むのはNG

就職活動マナーを知らずに26歳の初就職に臨むのはNG

新卒就活した経験がある人は、なんとなく応募書類の書き方や面接の進め方はわかると思います。

しかし、新卒の就活と、26歳で初就職する就活は、異なるポイントがいろいろあることも頭に入れておくべきです。

 

応募書類にしても、職務経歴書を書く必要があったり、面接では個人面接がほとんどだったり、注力すべきことやアピールポイントも違います。

 

ぼくも就活したときに、「大学ではこんな経験をして、こんなことが得意でした。」とアピールしたら、面接官に

面接官

ウチは、学生時代のことはあまり参考にしてないから、ちょっと厳しいね…

と言われたことがあります。

このように、就職活動のマナーや注力すべきポイントがズレていると、採用担当者に「この応募者は、正社員としてやっていけるのかな…」と思われやすいので気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

26歳で受け身の姿勢で初就職はNG

26歳で受け身の姿勢で初就職はNG

初就職だから、仕事は周りに教えてもらおう

勉強させてもらえばいいよな…

こんなふうに、「自分は26歳で初就職の身だから仕事は教えてもらえばいい」と思っていたら、黄色信号です。

 

もちろん、自ら勉強する姿勢は大事ですし、分からないことは教えてもらう必要があります。

ただし、「教えてもらうのが当たり前」という受け身の姿勢で就活しても、採用担当者は良いイメージを持ってくれないんです。

 

というのは、就職してからは、自ら進んで勉強したり、頑張る人はどんどん成長して戦力になりますが、言われたことしかやらない人や自己判断して動けない人は、成長が期待できないと思われるからです。

職場は学校ではないので、

まだなにも分からないので、勉強させてください。

言われたことはなんでもやります。

という自己アピールをしても、採用担当者の心には響きません。

例えば、

現在、業務で必要になりそうな簿記の勉強を独学でしています。

入社できたら、すぐに業務をマスターできるように努力します。

こんな感じで、「成長する人」というアピールをするのがおすすめです。

スポンサードリンク

就職のコツを知らないままに26歳で初就職はNG

就職のコツを知らないままに26歳で初就職はNG

ぼくが就職活動をして思ったのは、就活にもコツがあるということです。

 

ただ単に事実をそのまま書いた応募書類を送って、なんの対策もせずに面接を受けても、採用担当者には魅力的な人材には見てもらえないことが多いんです。

とくに26歳で初就職する場合は、それなりにハンデもあるので、コツを知って就活をしたほうが有利です。

 

26歳までどんな経験をしてきたかによって、アピールポイントが違ってくるので、一概には「これがコツ」とは言えませんが、

  • アルバイト経験を魅力的に見せる
  • 適性に合った仕事を選ぶ
  • 未経験でも受かりやすい職種や業界を見極める

など、やれることはあります。

コツを知ってから初就職に挑戦したほうが、断然内定はもらいやすいと思います。

 

26歳で就職するためのコツについては、以下の記事で詳しくお話ししているので、良かったら合わせて読んでみてくださいね!

 

『26歳の初就職でやってはいけない4つのNGポイント』まとめ

『26歳の初就職でやってはいけない4つのNGポイント』まとめ

いかがでしたか?
26歳の初就職でやってはいけない4つのNGポイントをお伝えしました。

どれも注意しておくに越したことはないことなので、ぜひ就活に活かしてくださいね。

 

繰り返しになりますが、26歳の就職を成功させるには、コツを知る事も大事なので、こちらの記事も参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする