学校中退

大学院を中退するけど就職するにはどうしたらいい?3つのポイント。

大学院を中退するけど就職するにはどうしたらいい?3つのポイント。の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

この記事では、
大学院を中退したあとに就職するためのポイント
をお話ししますね。

大学院を中退して就職したいけど、就活をどう進めていいかわからない

大学院を中退して就職しようと思う。

でも、就活ってどうしたらいいんだろう…

こんなふうに悩んでいませんか?

 

大学院まで進学する人は、いわゆる普通の就活をするのではなく、研究をしたり専門知識を身につけるなどの目的があるはずです。

そのため、大学院中退⇒就職とシフトチェンジするのは、かなり不安だと思います。

 

たまに、「中退して就活したけどうまくいかず、高学歴フリーターになった…」という話も聞きますが、そうなるのは避けたいところですよね。

 

ここからは、大学院中退後に就職するために知っておきたい以下の3つのポイントをお話ししていきます。

  • 大学院中退後の就職は早めがプラス!?
  • どうして大学院中退したか?フォローを練る
  • 既卒としての就活を乗り切るためのツールを活用する

1つでも参考になればうれしいです。

大学院を中退して就職するなら「はやめ」がプラスになるかもしれない

最初に知っておいたほうが良いのは、大学院を中退する時期(就活をはじめる時期)についてです。

 

就活は、少しでもはやめに開始したほうが、有利に働く可能性があるということを頭に入れておきましょう。

なぜかというと、既卒者などの社会人経験がない人材の採用は、若ければ若いほうが、

  • ポテンシャルを感じやすい
  • ブランクが短いほうが安心感がある

など企業に好印象だからです。

 

これはあくまでも例ですが、新卒の「採用のしやすさ」を100とすれば、

  • 25歳前後で70
  • 27歳前後で50
  • 30歳以降で20

というようなイメージで企業の採用意欲は下がっていきます。

 

例外はありますし、年齢だけで判断されるわけではありませんが、なるべくはやめに就活をはじめるに越したことはありません。

 

また、「この時期は求人が多い。この時期は少ない」など、求人には波がありますが、新卒採用のように企業は一斉に採用活動をするわけではないので、自分に合う既卒向け求人がいつ現れるかは全く予測できません。

そういう意味でも、常に求人をチェックするなど、就活は「はやめ」を意識したほうが賢いですよ。

どうして大学院を中退したか?就職するにはフォローを練る

次に考えておきたいのが、就活で「どうして大学院を中退したか?」と聞かれたとき、どんなフォローをするかです。

 

「大学院中退」は避けて通れない話題なので、不安な人は多いと思います。

「中退したことは言わなくていいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、履歴書や面接で嘘をつくのはNGです。

 

とくに履歴書に関しては、会社に提出する正式な書類ということもあり、大学院中退の事実を記載しないと学歴詐称で問題にならないとも言い切れません。

 

なので、どうして大学院中退に至ったのかを前向きにフォローできるように準備しておいてほうが安全です。

 

中退はどうしても悪いイメージを与えてしまいますが、

  • どうしても御社で働きたいと思い中退の道を選んだ
  • 別の道で情熱を捧げるものが見つかり中退した

など、面接官や採用担当者を納得させられる理由をきちんと考えれば、逆に好印象を残すことも可能です。

 

言い訳を考えるのではなく、「わたしを雇えばあなたの企業にとってプラスになります」と伝えるイメージでフォローを考えてみてください。

大学院中退の既卒としての就活を乗り切るには!?就活ツールを活用する

大学院を中退すると、学歴は大卒でも、”既卒”として就職活動をすることになります。

なかには、新卒として採用してくれる企業もありますが、大半は既卒扱い。新卒就活よりは苦戦するのが実情です。

 

そこで是非活用してほしいのが、既卒の就活をサポートしてくれる就職支援サービスです。

 

既卒の就活は新卒時の就活とは違って、基本的には会社説明会や就職セミナーがあるわけではありません。つまり、企業情報や就職のコツは、自分で収集しなくてはいけないんですね。

 

しかし、個人でやれる情報収集には限界があるので、

  • ブラック企業に捕まってしまった
  • 入社してみたらあまりのミスマッチですぐ辞めた

ということもあるんです。

 

こうしたリスクを無くすには、就活をよく知るキャリアアドバイザー(担当者)に相談しておいたほうが良いです。

 

とくに、既卒の就職を専門にしているサービスはおすすめなので、はやめに登録してフル活用しましょう。(最後におすすめできる就職支援サービスをお伝えしています。)

まとめ&大学院中退から就職するなら使いたい就職支援サービス

いかがでしたか?

大学院中退から就職するときに知っておきたい以下の3つのポイントをお話ししてきました。

  • 大学院中退後の就職は早めがプラス!?
  • どうして大学院中退したか?フォローを練る
  • 既卒としての就活を乗り切るためのツールを活用する

フォローがどうしても思いつかないときも、良い案を提示してくれるかもしれませんから、キャリアアドバイザーに相談してみると良いですよ。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

こんな特徴があります。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
北海道 宮城 愛知 石川 大阪
神戸 京都 福岡 広島 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

ジェイック公式サイト≫

ジェイック登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事