既卒フリーター就活の悩み

一生懸命頑張ります!だけはNG!やる気を伝えるための既卒・フリーター就職術

ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

面接などで「やる気」を伝えるのは難しいですよね。

ついつい「一生懸命頑張ります」と言ってしまうのではないでしょうか。

この記事では、
面接でやる気を伝えるためのテクニック
をお伝えしますね。

就職活動で注意が必要!「一生懸命頑張ります!」はごく当たり前のこと

あなたは面接や応募書類で

「一生懸命頑張りますので、よろしくお願い致します。」

という決まり文句で、やる気をアピールしていませんか?

 

この「一生懸命頑張る」という姿勢は、たしかに大事なことです。

ぼくも、新卒で就活したときや既卒フリーターから就活した時、自己PRといえば「一生懸命頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します!」という言葉が決まり文句でした…

面接がボロボロだったとしても、とりあえず「頑張る姿勢を示しておけば、なんとかなるかもしれない・・・」と、どこかで思っていたのかもしれません。

 

しかしそれは幻想でした。

そもそも、「一生懸命がんばる」ということは、仕事をする上で「ごく当たり前のこと」なんですよ。

一生懸命なのはみんな一緒!やる気を伝えるには不十分!?

一生懸命なのはみんな一緒!やる気を伝えるには不十分!?

ぼくがそれを見直すきっかけになったのは、就職支援サービスを利用した時のことです。

 

サポートしてくれる担当のキャリアアドバイザー(CA)に、応募書類や面接のチェックをしてもらい、アドバイスを聞く中で、こんな会話をした記憶があります。

CA

応募書類もですが、「一生懸命頑張る」や「精一杯やる」という言葉が多すぎるかもしれませんね

あ、そうですか、、、やる気をアピールしたくて

CA

んー、一生懸命頑張るのは大切ですけど、アピールとしては弱いかもしれません。
みんな同じように頑張っているわけなので。。。

CA

やる気はあって当然、くらいの心構えでもう一度自己アピールを練り直してみましょう

こんなことを言われて、ハッとしたのを覚えています。

 

自分だけが一生懸命という気持ちになりがちですが、当然周りの就活生も同じように一生懸命なのです。

そんな中で、ただ単に「一生懸命だ」というアピールは有効でしょうか。

 

”一生懸命さ”だけで採用担当者に「やる気」が伝わるかというと、そんなことはありません。やっぱりなにかが足りないんです。

一生懸命なやる気を伝えるには「具体的」に踏み込む!

一生懸命なやる気を伝えるには「具体性」まで踏み込む!

では、どうやって「自分のやる気・意欲」を応募企業に伝えたらいいのでしょうか?

そのポイントは、やる気や意欲を具体的にイメージさせることにあります。

 

企業側としては「とにかく頑張ります!」「精一杯やります!」と言われたところで

  • この人は何をどうやって頑張ってくれるのか???
  • この人はどんなことに精一杯取り組んでくれるのか???

が良くわかりません。

応募者が自社で働くところを思い浮かべられないんですね。

 

頑張って働くことが前提とはいえ、具体的なやる気・意欲を示すことが出来れば、印象もガラリと変わってきます。

  • 入社してどんな方向に向かっていきたいか?
  • 仕事に対してどんな気持ちをもっているか?
  • どんな取り組み方で仕事をするのか?

この3つのポイントを盛り込んで、自分のやる気や意欲を具体的に説明してみてください。

この「具体性」がとても大切になります。

 

なぜなら、目標を設定せず闇雲に仕事をしていても、ビジネスは上手くいきません。

「一生懸命にどんなことをしたいのか?どう取り組むのか?」ここまで考える必要があるんですね。

 

正社員として働くようになると、仕事の結果が出たら、打ち立てた目標とどのくらい差があるのかを見極め、その結果を反省したり、足りない点を次に生かすことが求められます。

一生懸命な気持ちだけでは、やはり足りないのです。

あなた自身も納得できる「一生懸命」の伝え方を!

あなた自身も納得できる「一生懸命」の伝え方を!

「具体的な自分のやる気・意欲を企業側にイメージさせること」これを目指していきましょう。

これが出来てはじめて、「やる気のアピール」は機能します。

 

もしも、「一生懸命頑張るだけが取り柄」と考えているならば、その「一生懸命」な気持ちを、具体的に膨らますことにチャレンジしてみてください。

きっと、あなた自身も納得がいく「自分のやる気アピール」ができるはずです。

もしも自分を客観的に見つめることが難しいときは。。。

また、うまく自己アピールが出来ないし、そもそも自分のことを客観的に見つめることができない。。。という悩みを抱えているのなら、就職支援サービスを利用してみましょう。

 

ぼくも利用しましたが、キャリアアドバイザーという担当者が、就職の不安や悩みの相談に乗ってくれます。

 

とくに、既卒・フリーターからの就職支援を専門にしている就職支援サービスであれば、就職のコツを1から教えてもらえますし、やる気の上手い伝え方もアドバイスしてもらえます。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

こんな特徴があります。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
北海道 宮城 愛知 石川 大阪
神戸 京都 福岡 広島 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

ジェイック公式サイト≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ダイスケ

いかがでしたか?

既卒者やフリーターの就職に強い就職支援サービスは、以下のページにもまとめているのでぜひ参考にしてくださいね。

既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。の画像
既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。 既卒・フリーターの就職に強い「JAIC(ジェイック)」 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行なってい...
未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事