既卒フリーター就活の悩み

フリーター生活が辛い…正社員就職を実現する3つのコツ。

フリーター生活が辛い…正社員就職を実現する3つのコツ。の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「フリーター生活が辛い…」と悩んでいませんか?

就職したくても、どうしていいか不安だと思います。

今回は、
フリーターから就職するときの3つのコツ
をお話ししますね。

「フリーター生活が辛い…」就職して正社員になりたいあなたへ

フリーター生活がいよいよ辛くなってきた…

就職したいけど、どうしていいかわからない…

周りがみんな就職したし、お金がないのも辛い…

フリーターを辞めたいけど、今さら正社員になれる?

こんなふうに「フリーター生活が辛い…」と悩んでいませんか?

 

「最初はフリーターでもやっていけると思ったけど、時間が経つにつれて辛さを肌で感じるようになってきた」という人もいれば、

「就職をあきらめてフリーターになったはいいけど、やっぱり辛い…」と後悔している人もいるかもしれません。

 

実は、ぼくもフリーターから就職した経験があるので、その辛い気持ちはよーく分かります。なんとかしたいですよね。

ここからは、ぼくの経験も合わせて、辛いフリーター生活に別れを告げるための3つのコツをお話ししますね。

フリーター生活はどんどん辛くなる!?そうならないために就活して抜け出そう

フリーターに別れを告げるコツをお話しする前に、、、

「まだなんとなく就職する決心がつかない…」という人もいると思います。

 

そんな人に就職を決心してもらうために、あえて「このままフリーターを続けるともっと辛くなるかもしれない」という3つの心配事をぼくの経験からお伝えしておこうと思います。

フリーターはいくら働いても時給換算。職歴にならないし、仕事に意味が見出しにくい

フリーターを長く続ければ続けるほど辛くなってくることのひとつは、自分のやっている仕事に意味が見出だせなくなることです。

 

もちろん、お金を稼いでいること自体には意味がありますが、アルバイトをいくらやっても、

  • 正社員のように”職歴”として認められない
  • 時給が大幅に上がることはない(給料があがりにくい)
  • 単純作業が多く、スキルアップができない

ということが大半です。

 

その分、責任が軽い、すぐ辞められる、自由度が高い、というメリットもありますが、やはり、将来に対して不安になりますし、「なんのためにこの仕事しているんだろう?」と思う瞬間が多くなってきます。

 

また、年を重ねると「もう20代後半だけど、こんな仕事してていいんだろうか…」と虚しさを感じやすくなるので、フリーター歴が長くなればなるほど、辛さは増しますね。

フリーターは社会的信用が低い。肩身がせまいのでどんどん辛くなっていく

ぼくがフリーターをしていて最も辛かったのが、

  • 職業をアルバイトと答えるのが恥ずかしい
  • 同年代の友人は就職してしまう、結婚する人もいて孤独感を感じる
  • クレジットカード等の審査が通らない・一人暮らしの保証人に困る

など、社会的に信用が低く、肩身の狭い思いをしなくてはいけなかったことです。

 

20代前半のうちならあまり気にならないかもしれませんが、25くらいになれば、正社員とフリーターの差がだんだん出始めます。

友人は就職しているので、お金がある、自分は生活費で精一杯。結婚したりマンションを買った友人もいるのに、自分は貯金ゼロ。となると、精神的にかなりきついです。

 

20代後半になれば、さらにその差が大きくなるので、辛くなっていくのは目に見えていますよね。

フリーター生活は先が見えにくいので「諦め」が強くなる。

そして、フリーターを続けると

  • 金銭的なこと
  • キャリア(仕事)
  • プライベート

の先行きが見えないので、どうしても「諦め感」が強くなってしまいます。

 

まだ20代で若いのに、「もういいや…どうせダメだから」というような考えグセがついてしまうのが辛いです。ぼくもこんな状態でした。

 

しかし、フリーターでいることに辛さを感じているなら、まだチャンスはあるんですよ。

人間って、辛い状態からは脱却したい生き物です。その「辛い」という思いは原動力になるからです。

 

本当に危険なのは、「辛い」「これじゃあダメだ」と思わなくなったとき。

今ならフリーター生活を抜け出すことはできるので、まずは一歩でも動き出すことが大切ですよ。

辛いフリーター生活を脱出するには「いつまでに就職するかとりあえず決める」

それではここからは、フリーター生活を抜け出すコツをお話ししていこうと思います。

 

まず、最初にやっておきたいのが、

  • この日までに就職する
  • ◯月には正社員になっている

というように、期限を決めることです。

 

なぜこれが大切かというと、フリーターでもとりあえずは生活できるので、就活がダラダラと長引く事が多いからです。

とくに、バイトをたくさん入れてしまうなど、重要度が「就活 < バイト」にならないようにコントロールすることが大切です。

 

バイト地獄にハマってしまうと抜け出せなくなってしまうので、せめて期限を決めて、その日までに必ず就職するという目標は設定しておくと良いです。

 

基本的には、就職内定までにかかる時間は、早ければ2週間、だいたい2〜3ヶ月で決める人が多いと言われています。

ゴールが決まれば逆算して就活スケジュールを組むこともできるので、まずはいつまでに就職するかを決めましょう。

マイナスはプラスに変換して辛いフリーター生活を脱出する

フリーターを続けることが辛くても、なかなか就職活動を始められないのは、フリーターからの就職に不安材料があるからだと思います。

  • 正社員経験がない
  • フリーター歴が長い
  • これといったスキルがない(資格がない)

など、「痛いところを突かれたらどうしよう…」という不安になっている人は多いと思います。

 

しかし、考えてみてください。

そもそもフリーターを雇おうと考えている企業は、「職歴」「スキル」「経験」などは期待していません。

 

もちろん、スキルや資格はあるに越したことはないですが、それよりも、

  • 本当に就職したいと思っているのか
  • 就職のためになにか努力をしてるか
  • 会社に合う人柄か・周りとうまくやれそうか

など、人間的な部分を見ていることのほうが多いんです。

 

なので、「未経験歓迎」「フリーター可」といった求人をきちんと選ぶ必要はありますが、不安材料を過度に心配して動き出さないのは勿体無いです。

 

不安材料となるマイナスをうまく伝えるコツとしては、

過去は素直に反省している

今は「就職したいと真剣に思っている」

今後は御社でこんなふうに活躍したい

というように、過去から未来に沿ってプラスに転じるような説明をすること。

 

  • フリーター歴は長いけど、その分就職して働くことを真剣に考えている
  • 就職しなかったことは本当に後悔している、だから就職したら今までの分を取り戻すつもりで貢献したい

など、マイナスをプラスに変換するイメージを今から作っておく良いです。

 

これはそのまま就職活動の面接や書類作成で使える考え方なので、習慣化するようにしてくださいね。

辛いフリーターからの就活はひとりで乗り切ろうと思わないことが大切

最後3つめのコツは、フリーターから就職をするならひとりでがんばろうと思わないほうが良いということです。

 

なぜかというと、正直言って、フリーターから就職するのは簡単ではありませんし、うまくいかずに辛いこともあります。さらに、モチベーション維持も大変です。

だからこそ、利用できるサービスをうまく使ったり、頼れる人に頼って就活を進めることを前提にしたほうが賢いんですよ。

 

基本的にフリーターが就職するときに大切なのは、

  • 就活マナーやコツを理解して進めること
  • ブラック企業対策をすること
  • タイミングや応募する企業が自分に合っているかどうかを判断する

この3つです。

 

しかし、これらをすべてひとりでこなすのは大変なんですね。

 

なので、就職支援サービスを使ってキャリアアドバイザーにサポートしてもらうのがおすすめです。

 

就職支援サービスというのは、キャリアアドバイザーという担当者が付いて、就活をバックアップしてくれるサービスのことで、、、

例えば、就活のマナーやフリーターが就職するときの効果的なアピール方法を教えてくれたり、適正に合う仕事を紹介してもらうことができるんですね。

 

また、キャリアアドバイザーは、求人を出している企業の採用担当者とやり取りをしているので、普通には知ることができない企業情報を教えてくれたりもします。

それがそのままブラック企業企業対策になりますし、本当に自分に合う企業かを見極める助けにもなります。

 

ぼくも就職支援サービスを使って就職しましたが、とくに書類落ちが激減しましたし、モチベーション維持にとても役立ちました。

キャリアアドバイザーに相談すれば、仕事内容も細かく教えてもらえるので、就職後もイメージしやすくおすすめです。

フリーターの就活をきちんとサポートしてくれる就職支援サービスを使うのがポイント!

ただ、ひとつだけ注意してほしいのは、フリーターの就職をきちんとサポートしてくれる就職支援サービスを使ったほうが良いということです。

 

例えば、マイナビエージェントだとか、リクナビエージェントなど有名なサービスはたくさんありますが、正社員経験がないと、ほとんどサポートしてもらえないこともあります。

 

ですから、正社員経験がなくてもきちんと仕事紹介やキャリアカウンセリングをしてもらえるサービスを使ってください。

 

ぼくがおすすめなのは、レバレジーズ株式会社が運営している、フリーターや既卒者専門の「ハタラクティブ」というサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

未経験歓迎の求人が多く、フリーターからの就職をきちんとサポートしてもらえます。

キャリアアドバイザーが親切で話しやすい人が多いのもおすすめしたいポイント。「これなら就職活動乗り切れるかも」と思えるはずです。

 

サポートエリアは東京・神奈川・埼玉・千葉限定ですが、その分関東1都3県の就職にはとても強いので、まずは相談してみてください。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする