エージェント活用術

経験者が語る。フリーターが使うべき転職エージェントと注意点3つ。

経験者が語る。フリーターが使うべき転職エージェントと注意点3つ。の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「転職エージェントってどこを使ったらいいの!?」
と悩みませんか?

今回は、
フリーターが使うべきエージェントと注意点
についてお話ししますね。

フリーターが転職エージェントを使うときは注意点もある!

転職エージェントを使って就職したいけど、フリーターの自分はどこを使ったらいいんだろう!?

こんなふうに、就職先を転職エージェントに相談したいと考えているフリーターの人は多いと思います。

また、

そもそも、転職エージェントってフリーターのわたしが使っていいの!?

と利用することを不安に思っている人もいるはずです。

 

ぼくもフリーターから就職した経験がありますが、同じようなことを悩みました。

そして、エージェントを活用して無事に就職した結果分かったのは、

  • フリーターでも転職エージェントは使える
  • ただし、使い方やエージェント選びにはコツがある

ということです。

転職エージェントを使えば、たしかに就職活動が捗ることは間違いないですが、使い方やエージェント選びを間違えると逆効果になることも…

 

そんなわけでここからは、フリーターが転職エージェントを使う時に注意したい3つのポイントをシェアしようと思います。

最後に、使ったほうが良い転職エージェントも紹介するので、参考にしてくださいね。

(フリーターが使ったほうが良いエージェントだけ知りたいという人は、⇒ここからすぐ飛べます。

「フリーターだし何にもわからない…転職エージェントに任せとこう…」はNG。

「フリーターだし何にもわからない…転職エージェントに任せとこう…」はNG。

先ほども話したように、転職エージェントは使うべきだと思いますが、

エージェントに任せれば大丈夫だろう…

サポートしてもらう立場だし…

と、エージェントに頼りっぱなしの姿勢はよくありません。

 

なぜかというと、転職エージェントの直接のお客さんは、転職する人ではなくて求人をだしている企業だからです。

簡単に言えば、転職エージェントはこんなビジネスモデルで成り立っているんです。

企業がエージェントに「こんな人を探しているので見つけてください」と依頼をする⇒

エージェントは人材を探して企業に紹介する⇒

無事にその人材が内定⇒

エージェントは成功報酬として企業からお金をもらう

つまり、「エージェントの仕事は、企業のニーズに見合う人材を、企業に紹介すること」という側面があることを頭に入れておくことが大切なんです。(もちろん、企業のニーズだけを満たしているわけではなく、転職者の希望を叶えるようにエージェントは動いてくれますよ。)

 

そこに、

なんでもいいので仕事を紹介してもらえればいいです。

フリーターなので、やりたいこともよくわからないし。。。全部任せます。

という利用者と、

わたしはこんなアルバイトを2年間やってきて、こんな経験をしました。

できれば、こんな分野に進みたいと思っています。

という利用者がいたらどうでしょうか。

 

エージェントにしてみれば、前者は、「ちゃんと就職する気があるのかな…紹介して大丈夫かな・・・」と不安になるはずです。

 

逆に後者なら、「この人なら、あの企業に紹介できるかもしれない…」と積極的にサポートしたくなるものです。

 

もちろん、「どんな仕事が向いているかわからないから相談したい…」というのは全然構わないと思いますが、最低限、

  • 自分は本気で就職をしたい!
  • こんなことが得意・こんなアルバイト経験が強み

ということだけは、伝えられるようにしておくと良いです。

 

そのほうが、エージェントから信頼されやすいですし、結果的に良い求人を紹介してもらえたり、推薦や書類免除なんかをしてもらえるかもしれません。

「最終的な決定権は自分にある」と自覚して転職エージェントを活用しよう

「最終的な決定権は自分にある」と自覚して転職エージェントを活用しよう

フリーターから就職するときは、

  • 「書類の書き方ってこれでいいのかな?」
  • 「企業とコンタクトを取るのってどうしたらいい?」
  • 「スーツってなにを選んだら良い?」

…と、わからないことが本当に多いですよね。

そんなとき、転職エージェントを使っていれば、担当のキャリアアドバイザーにいろいろ質問ができるので、これは大きなメリットです。

 

しかし便利なだけに、キャリアアドバイザーの提案やアドバイス、サポートを何も考えずに「YES」で通してしまうと後々「こんなはずじゃなかったのに…」ということもあるので注意してください。

最終的な決定は必ず自分の責任でする、と心に決めておいたほうが良いです。

 

書類の書き方や企業とのやり取りの仕方などに関しては、知識のあるキャリアアドバイザー教えてもらったとおりに行って良いですが、たとえば

  • 紹介された求人に応募するか
  • 内定が出たあと受けるか辞退するか

などは、自分が納得できない部分があったり、どうしても気が乗らないことがあれば、キャリアアドバイザーにそのことをよく相談するなどして、自分が責任をもって答えを出すことが大切です。

 

就職に失敗してしまえば、それは自分の責任ですし、フリーターからの就職失敗はかなり痛いです。

自分の人生を左右する決断でもあるので、サポートで納得できないことがあれば必ず相談したり、自分の思いを大切に考えてみてください。

 

キャリアアドバイザーのサポートを活かしつつ、自ら舵をとって就職活動を進める必要があります。

フリーターは「フリーター専門の転職エージェント」を使ったほうが良い!

フリーターは「フリーター専門の転職エージェント」を使ったほうが良い!

さて、最後のポイントは、フリーターの転職エージェント選びについてです。

 

転職エージェントは、リクナビ、マイナビなどいろいろな人材系企業が運営していますよね。

大手のエージェントサービスは、知名度も高いので使いたくなりますが、フリーターはサポートしてもらえないこともあります。

 

なぜかというと、先にお話ししたように転職エージェントは「企業が求めている人材像に見合う人材を、企業に紹介することが仕事」なので、基本的に「転職者」をターゲットにしているサービスは、フリーターや既卒者には冷たいんですね。

 

なので、転職エージェントを使う場合は、フリーターや既卒者の就職を専門にしているエージェントを利用したほうが良いです。

 

大手に比べると、求人の数は少ないのがネックですが、その代わり、未経験でも応募しやすい求人がたくさん揃っていたり、フリーターの就活ノウハウも豊富なので、結果的には有利になることが多いです。

 

転職エージェント選びを間違っても、思うように求人を紹介してもらえなかったり、サポートができないと言われるなどで就職活動のモチベーションが下がる結果になるので、フリーターや既卒の就職を専門にしているエージェントを使うのがおすすめですよ。

フリーターの就職専門だから使いやすい転職エージェント

ここまでフリーターが転職エージェントを使うときの注意点を3つお話ししてきました。

ぼくが経験して分かった大事な部分だけを凝縮してまとめたつもりなので、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

最後に、利用して好印象だったフリーターの就職を専門にしている転職エージェントを挙げておきますね。

 

まず、ぼくが最もおすすめできるのは、レバレジーズ株式会社が運営しているハタラクティブというフリーターや既卒に特化したエージェントサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

おすすめの理由は、

  • 求人を沢山紹介してもらえたこと(営業、SE、販売、サービス、事務など幅広い)
  • キャリアアドバイザーが優しいので相談しやすいこと

この2つです。

他のエージェントよりも気軽な雰囲気でカウンセリングをしてもらえますし、たくさん求人を紹介してもらえたのでイチ押しのサービスです。

ただし、サポートエリアは関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定。関東で就職するなら活用しましょう。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする