既卒フリーター就活の悩み

フリーター生活が大変で辛かったけど就職したら楽になった話。

フリーター生活が大変で辛かったけど就職したら楽になった話。
ダイスケ

フリーターから就職した経験がある就職ナビゲーター、ダイスケです。

「フリーター生活が大変…」
そんな辛い思いをしているなら、就職してしまったほうが楽かもしれません。

今回は、ぼく自身が
就職後どう生活が変わったか、そして就職のコツ
についてお話しします。

フリーター生活は大変…辛いなら就職を目指そう

毎日バイトばかりで大変…

それなのにお金がない…自分は何をやってるんだろう…

周りはみんな就職したり結婚したりしてる

フリーターって辛いな…将来も不安だし…

フリーターをしていると、大変なことが多いですよね。

最初は「気楽で良い」と思っていたフリーター生活も、年を重ねるごとに「こんな生活はもうやめたい…」と感じる人が多くなるのではないでしょうか。

 

実は、ぼくもそのひとりでした。

大学卒業後はフリーターをしていましたが、アルバイト生活の辛さに嫌気が差して、就職を決意したという経緯があります。

 

その結果どうなったかというと、、、

一言でいうと、とにかく楽になりました。

 

お金のことや将来のこと、人間関係など、それまで投げやりだったことが、前向きに考えられるようになったと思います。

フリーターのときはお金がなくて辛かった⇒金銭面で楽になった

フリーターのときはお金がなくて辛かった⇒金銭面で楽になった

ぼくは一人暮らしをしていたこともあって、フリーターのときは貯金はなし、さらに生活もかなりギリギリで大変でした。

大学を卒業させてもらってフリーター、という状況だったので実家に帰るわけにもいかず…バイトをたくさんしているのにお金がないという状態で、これが1番辛かったですね。

 

就職してからは、フリーターのときより給料は上がって、住居手当も出たりしたので、金銭面でだいぶ楽になりました。

ボーナスが出るようになったのも大きいですね。

 

給料は、入社直後や20代前半はフリーターと大差がないこともありますが、20代中盤からはどんどん差が出てきます。

友人とは疎遠になり彼女に振られて辛かった⇒交友関係が広がった

友人とは疎遠になり彼女に振られて辛かった⇒交友関係が広がった

金銭面以上にフリーターをしていたときに辛かった気がするのが、交友関係です。

仲のよかった友人の大半は就職して、必然的に会う機械は激減、さらに大学から付き合っていた彼女に愛想を尽かされて振られたことはショックでした…

 

就職してからは、ビジネス、プライベート両面で人に会う機会が増えたので、交友関係はだいぶ広がったと思います。

就職する業界や企業にもよると思いますが、社会人になってからのほうが、いろいろな意味で”おもしろい人”に出会ってる気がします。

 

あと、金銭的に余裕もできるので、デートに誘いやすくなったと思いますし、友人と旅行に行く機会が増えたと感じますね。

フリーターという肩書が辛かった⇒肩身が狭い思いをしなくて済むようになった

フリーターという肩書が辛かった⇒肩身が狭い思いをしなくて済むようになった

「職業:フリーター」のときは、初対面の人に「仕事はなにしてるんですか?」と聞かれて、よく答えに困っていました。。。

気にしない人は全然気にならないと思いますが、ぼくはかなり体裁を気にするほうなので、肩身が狭かったです。

正月とかたまに実家に帰っても、親戚に会うのも億劫だったり…

 

就職して最初のころは、「今は、こんな会社でこんな仕事をしてます。」と言えるのが、地味に嬉しかった記憶があります。

 

あと、人と話すときに仕事の会話がきっかけで、おもしろい話を聞けたり、交流がはじまったりするので、肩書って結構大事だなと思います。

今も将来もフリーターは不安⇒不安に対して対処できるようになった

今も将来もフリーターは不安⇒不安に対して対処できるようになった

フリーターをしていたころは、常に「この先どうなるんだろう…」「将来の蓄えとか、仕事とか、不安すぎる…」とモヤモヤしていました。

 

とくに給料に関しては、以下の「正社員と正社員以外の賃金」を比べたデータを見ると分かりますが、、、

一般労働者の賃金の推移

正社員は25歳前後から着実に伸びていきますが、正社員以外はずっと平坦です。

今でさえギリギリなのに、年を取ったら生活していけるのか、結婚もできないんじゃないかと、とにかく不安でしたね。

 

さらに、人が一生で稼ぐ生涯賃金も、正社員は2〜3億円と言われているのに対して、フリーターは5000〜8000万円と言われているらしく、これを知ったときは「こんなに差があるなんて…」と愕然としたことを覚えています。

 

就職したからといって、すべての不安が解消するわけでもないですし、新たな不安とか悩みもあります。

でも、就職後はフリーターのころのように将来を悲観的に考えることは少なくなりました。

どうやって不安を対処したらいいか、と前向きに考えられるようになったと思います。

フリーターで大変な思い、辛い思いをしているよりは就職したほうがいい

フリーターで大変な思い、辛い思いをしているよりは就職したほうがいい

フリーターが就職するのは、正直言って簡単ではありません。

就職活動中は、嫌なことや辛いことも多々あります。。。

 

でもぼくは、ずっとフリーターのまま辛く大変な思いをしているよりは、就職活動をがんばったほうがマシだと思ったので就活をしました。

 

がんばって就活すれば経験値が溜まって内定は出やすくなりますし、きちんと就活すればフリーターを抜け出すことはできます。

 

 

でも、具体的にどうやってフリーターから就職したらいいわけ?

と思いますよね。

ぼく自身も最初はよくわからなかったので、とりあえず求人サイトを登録しまくったり、ハローワークに通ってみたり、いろいろ試しました。

 

その結果、「これだけはやったほうが良い」というポイントがあるので、まずはこの3つをやってみてください。

  • フリーター歓迎、未経験OK求人をとにかく集める
  • 常に企業目線で考えて行動する
  • フリーターは就職支援サービスを賢く活用する

就職するとなると、「自分がやりたい仕事をしたい、希望を叶えたい」と思うのは当然ですが、理想ばかり追い求めていると、内定が遠くなってしまうことが多いです。

 

なので、まずはフリーター歓迎や未経験OK求人をとにかく集めて、その中から自分に合うものがないか考えてみてください。

そのほうがマッチする求人を選ぶ確率が高いので、当然内定も出やすいです。

 

また、就職活動は「企業の採用担当者はどんなことを考えて書類を見てるんだろう?」とか、「この会社はなんでこんな求人を出してるんだろう?」というように、常に企業目線で行動すると良い結果を得やすいです。

自分のことしか考えずに、自分アピールをしている人は多いので、ぜひ気をつけてみてください。

 

そして、フリーターから就職するには、就職支援サービスをきちんと活用することがとても大切です。

就職支援サービスというのは、会員登録すればキャリアアドバイザーという担当者が無料で、

  • 求人探しを手伝ってくれる
  • 書類や面接対策を教えてくれる
  • フリーターから就職する不安や悩みを相談に乗ってくれる
  • 応募する企業の細かい情報を教えてくれる

など、いろいろなバックアップが受けられるサービスのことです。

 

最初に言ったように、就職活動は簡単ではないですし、辛いこともあります。

そんな時は、ひとりで悩まずにこうしたサービスを活用して乗り切ることが大切。前もってキャリアアドバイザーとつながっておくのがおすすめです。

 

就活テクニックは他にもいろいろあると思いますが、ぼくが大事だと思うのはこの3つです。

フリーターをやめて就職活動をするなら、ぜひ参考にしてくださいね。

今がんばって就活すれば半年後や1年後は笑っているかもしれない

いかがでしたか?
フリーター生活が大変で辛かったけど就職したら楽になった話。と題してお伝えしてきました。

 

今は辛くて大変でも、がんばって就職すれば半年後や1年後は笑っているかもしれません。

就活すれば、そうなる可能性は十分ありますよ!

 

 

それでは最後に、ぼくが使ったおすすめできる就職支援サービスをお伝えしておきますね。

 

もっともおすすめできるのは、レバレジーズ株式会社が運営する、フリーターや既卒者の就職を専門にサポートしてくれるハタラクティブというサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

あまり聞きなれない人もいるかもしれませんが、フリーターの就職に特化したサービスなので、たくさん求人を紹介してもらえますし、就活のやりかたを1から教えてくれます。

キャリアアドバイザー(担当者)が優しく話しやすいので、就職の不安や悩みも相談しやすいです。

 

サポートエリアは関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定ですが、それだけに関東エリアで就職するならとても使えるサービスです。

まずは相談してみると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする