面接

フリーター就職のための職務経歴書の書き方!自信がない人向けのサンプル付き

フリーター就職のための職務経歴書の書き方!自信がない人向けのサンプル付き
ダイスケ

既卒就職ナビゲーターのダイスケです。

「職務経歴書の作成」って難しいですよね。

今回は、「初めてでも安心な職務経歴書の書き方」をお伝えします!

フリーターが職務経歴書で注意すべきは「見てくれる人の立場を考えること」

既卒・フリーターから就職を目指す時にネックとなるのが「職務経歴書」です。

正社員経験がないのに職務経験って言っても。。。

書くことがないけど、どうしたらいい?

と、思いますよね。

 

たしかに、社会人経験が豊富な人に比べると職務経歴のネタは少ないかもしれませんが、問題はそこではありません。

採用担当者が知りたいのは、経験が多い・少ないというより、

採用担当

この応募者はいったいどんな経験をしてきて、ウチでどんな貢献をしてくれるんだろう!?

というところにあります。

 

つまりこれまでの雇用形態がアルバイトでも、

  • どんな経験をしてきたか
  • 応募企業でその経験をどう活かすことができるか

を上手く伝える努力をすることが大切。

まずは、この2つを一番に考えて「見てくれる人(採用担当者)の立場を考えた職務経歴書」を作ることがポイントです。

フリーターでアルバイト経験しかなくても雇用形態に悩まず中身とやる気で勝負!

フリーターでアルバイト経験しかない 雇用形態で悩まずに 中身とやる気で勝負!

まず、「フリーターでアルバイト経験しかない。。。」と悩む必要はありません。

アルバイト勤務といっても、どんな業務を任されているかで大分変わってくるからです。

 

仕事の難易度や責任度によっては、社員と変わらない働きをしているアルバイトもいますよね。

つまり、アルバイト勤務という雇用形態よりも「業務の中身」が何より大切です。

正社員としての勤務経験がなくても、応募企業で評価されそうな経験があれば伝えるべきですし、習得したスキルがあるなら記載しましょう。

 

短期間でアルバイトを転々としてきた場合は、なかなか「これ」といった経験が思い当たらないかもしれません。

しかし、真面目に仕事をこなしてきたのであれば、必ず得たことや評価されたものがあるはず。

大まかに考えるのではなく、細かい業務をひとつずつ深掘りして振り返ってみましょう。

 

フリーターや既卒者にとって、「働く意欲・やる気がある」姿勢を示すことはとても大切です。

アルバイト経験で、その姿勢を裏付ける「実績」「評価」を得ているなら、それをどんどんアピールしましょう。

(例) 短期契約アルバイトで、退職時に契約延長を打診された
入社して2ヶ月目でチーフに抜擢された
無遅刻・無欠勤で信頼されていた など。。。

フリーター就職のための職務経歴書は相手がなにを求めているかを考えて書こう!

フリーター就職のための職務経歴書は 相手がなにを求めているかを考えて書こう!

もうひとつ考えておきたいのが、自分のアピール方法についてです。

 

応募書類で自己アピールするのは当然です。
もちろん、それ自体は問題ありません。

しかし、自分をアピールすることばかり考えると、どうしても「自分よがり」な職務経歴書が出来上がってしまいます。

  • 自分はここが強みです!
  • 自分はこんな資格をもってます!
  • 自分はこんな経験してます!

とアピールしても、結局のところ相手が求めている強みや資格、経験で無ければ、あまり意味がありません。

 

なので、あなたが応募する企業は、一体どんなことを求めて求人を出しているのか
しっかりリサーチした上で、自分の何をアピールするかを選択する必要があります。

 

自分の◯◯な強みは、御社のこういうところで生かせると考えております。

というような感じです。

このあたりをあまり考えず、職務経歴書を作成している人が結構多い印象があります。

ここを気をつけるだけで、採用担当者の目に止まりやすいはずです!

職務経歴書がネガティブになってしまうそんなフリーターのあなたがすべきこと

職務経歴書がネガティブになってしまう そんなフリーターのあなたがすべきこと

なかには、就活で不利になりそうなネガティブな過去や事実を抱えていて、「どう職務経歴書に書くべきか悩む」という人もいるのではないでしょうか。

既卒者やフリーターであれば、正社員経験が無いことを必要以上に気にしてしまう場合も。

 

しかし、そういうネガティブな過去や事実は、職務経歴書の書き方次第で、印象をだいぶ変えることができます。

嘘を書くのはNGですが、物事は話し方次第でどうにでもなるのも事実。

ネガティブな印象を前面に押し出して書くことも、前向きな気持ちを前面に押し出して書くこともできるはずです。

 

既卒・フリーターのあなたにおすすめの書き方は、過去に囚われていると感じさせるような文面はやめる、ということです。

 

自分ができることをしっかり示して、今後どのように仕事をしていくか「これからのビジョン」を含めると良いです。

具体的には次の3つを意識してみてください。

  • アルバイトでもどんな実務に関わったかを積極的に示す
  • 自己アピールで、必ず仕事への熱意・意欲を示す
  • 自分で取り組んだ自己啓発があればしっかり示す

正社員を目指す既卒・フリーターにとって、一番大切なのは「意欲・熱意」であることは間違いありません。

もちろん、それだけではダメですが、「意欲・熱意」があることが最低限のラインだと頭に入れておいてください。

 

そして、実際に経験した「実務内容」・資格取得経験などの「自己啓発」など、実績や行動力を伝えるとかなり効果的です!

職務経歴書は就職を有利に進める大事な書類。「会ってみたい」と思わせよう!

また、もともと職務経歴書は、就職を有利に進めるための大事な書類だということは忘れないようにしてください。

応募企業が職務経歴書の提出を求めるのには、きちんと理由があります。

それは、

  • 履歴書だけでは把握できない細かい情報を集めたい
  • より精度の高い採否の判断をしたい

と考えているからです。

 

つまり、既卒者やフリーターでも、職務経歴書を軽視したり、スカスカすぎるのはNG。人事担当者の目に止まりにくいですし、採否の判断にも影響が出てしまいます。

 

職務経歴書を読んでもらって、

採用担当

この人は会ってみたいかも!

と思わせる必要があるんです。

 

そのためには、フリーターや既卒なりの「見せ方」「表現」を工夫することが大切です。

ここからは、職務経歴書が魅力的になる書き方をご紹介していくので、うまく散りばめて書類を作ってみてくださいね。

フリーターや既卒者が意識したい職務経歴書4つの「見せ方・工夫」

就活が厳しい原因は2つに分かれる! 自分が解決できるもの 自分がどうしようもないもの

それでは、フリーターならではの「見せ方・工夫」をした職務経歴書の書き方を4つのポイントでご紹介しますね。

1 勤続する意思をしっかりと伝えること

採用担当者にとって、アルバイト経験しかない応募者の最大の不安要素は「フルタイムで働けるのかだろうか?」「長期的に働く意思があるのだろうか」など、長く続けられるのかどうか。

 

「長く勤続して、キャリアを積みたい」など、正社員就職して長く勤続する気持ちと意欲があることを、職務経歴書には必ず明記しておきましょう。

2 真剣に正社員就職を考えていることを伝える

既卒者・フリーターの応募者に対しては

  • 「なぜ就職することなくアルバイトをしているのだろう?」
  • 「仕事の他に、何か活動をしているのだろうか?」

という疑問をもつ採用担当者が多いです。面接では、必ずこんな質問を受けるはずです。

 

そのため、職務経歴書には、その疑問を払拭するような説明を記載しておくのが望ましいです。

「大学卒業時に就職が決まらずに、アルバイト先にそのまま勤務することになった」「音楽活動でプロを目指すため、就職することなくアルバイト勤務となった」などです。

 

そして現在は、正社員就職に真剣な気持ちで取り組んでいる、という「その経緯」を盛り込めばリアルな真剣な気持ちを伝えられるはずです。

3 アルバイトの勤務姿勢と実績を伝える

即解決!職務経歴書が書けないフリーターが取り入れたい4つのポイント

どんな姿勢でアルバイト勤務してきたかを、具体的なエピソードと共に伝えるのが大切です。

 

責任感を持って取り組んだこと、会社のために自ら進んで行ったこと、さらに実績として残っているものがあれば合わせて記載しましょう。

応募企業に活かせそうな「基礎的な知識・スキル」を習得しているのであれば、迷わずアピールすべきです。

4 アルバイトで信頼されて任されたことを伝える

応募企業に関連するものでなくても、アルバイトで責任度の高い業務を任されていたのであれば、その経験は伝えましょう。

 

「新人の指導」「商品の仕入れ発注」など、仕事が変わってもその経験が活きると判断されることがあるかもしれません。第三者から信頼を得て任された経験・認められたスキルは、高く評価される可能性があります。

 

小さなことでもいいので、自分の経験を振り返って、もう一度考えてみましょう。

フリーター就職のための職務経歴書サンプルはこんな感じ

フリーター就職のための職務経歴書 サンプルはこんな感じ

それでは最後に、

職務経歴書の書き方に自信がない。。。

という人のためにサンプルとなる文面をご紹介します。

 

サンプルは、あくまでも「一例」です。これをそっくりそのまま書き写しても、あなたの魅力を伝えることにはなりません。

全体的な雰囲気はどんな感じにしたらいいのか、参考にしてください。

(ブラウザ上なので、改行などご覧の環境に左右されます。
実際に作成するときは、見やすさを意識して調整を忘れずに!)

職務経歴書

【職務経験】
株式会社◯◯ (アルバイト)
(20☓☓年☓月〜20☓☓年☓月)

◯◯雑貨店 ◯◯店勤務

・レジ業務
・商品ディスプレイ
・発注業務

※レジ業務では、お客様へのあいさつにはじまり「正確性」「俊敏性」に気を配りました。笑顔を大切にし、親しみを感じられるスタッフであるように努めておりました。

※商品ディスプレイや発注業務では、常に在庫状況を確認し、どんな商品が売れているかを参考にディスプレイを決め、売り上げに貢献しようと努めておりました。

(業務を羅列するだけではなく、どんなことに気を配ったかまで書く!)

株式会社◯◯ (アルバイト)
(20☓☓年☓月〜20☓☓年☓月)

コンビニエンスストア◯◯ ◯◯店勤務

。。。

ーーーー以下、2社目のアルバイト経験を記入します。ーーーー

【自己PR】

私は、なにごとも最後まで諦めずにやり通す性格です。
アルバイト勤務ですが、雑貨店、コンビニエンスストアで「接客」「売り上げ管理」「店舗営業の手法」など数多くのことを学び、実践してきました。

リニューアルオープン時には、自らオープン記念特別グッズ販売を企画し、売上増に貢献することができました。
(具体的なエピソードを盛り込むと面接官は興味が沸きやすい!)

店長が不在のときには、新人指導、クレーム対応、売り上げ管理などの業務を任されるまでになり、責任感を強く持ち仕事に取り組んできました。

 

【特記事項】

独学で簿記を学び、日商簿記検定2級を取得。
(応募企業が求めそうな資格・経験をアピール!)

フリーター就職で通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

既卒・フリーターから正社員を目指すための職務経歴書の書き方、参考になりましたでしょうか?

少しでも自信が湧いてきたら、ぼくも嬉しいです。

 

職務経歴書だけでなく履歴書に関しても、応募書類が通過するには、ある程度の「コツ」というものがあります。

それは、応募する企業によって少しずつ違ってくるものなので、応募企業がどんな人材を求めているのかをよく知ることが大切になってきます。

 

そんなときにおすすめしたいのが、「就職支援サービス」を利用することです。

なぜかというと、就職支援サービスに登録して、求人紹介してもらうと、応募企業の求める人材像などを事細かく教えてもらえるからです。

 

とくに応募書類に関しては、就職支援サービスの担当者が通過しやすい書類になるように添削してくれるので、書類通過率が上がります。

ぼくがフリーターから就職したときの経験ですが、就職支援サービスを活用してからは、書類で落とされることはありませんでした。

 

もしも、書類選考に頭を悩ませていたり、どう職務経歴書を書くべきか不安なら、就職支援サービスをどんどん活用して就職活動をしたほうが、絶対に有利です。

 

就職支援サービスを利用するときは、既卒者やフリーターを専門にサポートしているサービスを選んでください。

そうすれば、自分に合った求人を紹介してもらいやすいですし、フリーターならではの悩みや不安を相談しやすいのでおすすめです。

初めてでも使いやすい既卒者やフリーター専門の就職支援サービスは、以下のページで厳選しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。の画像
既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。 既卒・フリーターの就職に強い「JAIC(ジェイック)」 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行なってい...

また、「就職支援サービスって何?」「なぜ使ったほうがいいわけ!?」と疑問に思った方は、「フリーターが正社員になるには就職支援を必ず活用したほうがいい3つの理由」という記事をお読みいただけると解決できるはずです。

就職エージェントの『メリット・デメリット』『使い方や選び方』を優しく解説
就職エージェントの『メリット・デメリット』『使い方や選び方』を優しく解説この記事では、 という方のために、 キャリアアドバイザーはどんなサポートをしてくれるのか なぜ就職エージェン...
未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事