既卒フリーター就活のコツ

フリーターが就職するために『資格取得』はアリ?ナシ?

フリーターが就職するために『資格取得』はアリ?ナシ?の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「就職するのに資格取得を目指すのはアリ?」
そう悩んではいませんか?

今回は、
フリーターは就職するために資格取得を目指すべきか!?
についてお話ししますね。

フリーターから就職するために資格取得を目指したら良いの?

就職を目指すフリーターの人の中には、就職のために

  • 「なにか技術を身につけたい」
  • 「面接で有利になる資格を取得したい」

と考える人も多いはずです。

 

「◯◯の資格保持者優遇」「◯◯スキルがある方歓迎」という条件がついている求人も多いので、資格取得やスキルを身につけることが就職でも有利になりそうですよね。

 

今回は、そんな「フリーターの資格取得・就職」についてのJさんの悩みを取り上げてみます。悩みはこちらです。

【Jさん 25歳フリーター】

2年前に大学を卒業したのですが、就職活動をしたもののあまり上手く行かず、フリーターとしてしばらく過ごすことに決めました。

最初はフリーターでもいいんじゃないかと思っていたのですが、2年近くフリーターをしてきて、最近は限界というか虚しいなと感じています。

正社員で働きたいと思うようになってきました。

 

ただ、自分は正直なんの取り柄もないので、就職する前にプログラミングスキルを身に着けようかと思っています。

1年位はフリーターをしながら資格取得を目指したら良いのか、それとも他にも良い方法がありますか?

どんな資格取得がフリーターの就職に有利かを見極めることが大切

どんな資格取得がフリーターの就職に有利かを見極めることが大切

フリーターが就職するときに資格取得が有利になるのか?と言えば、それはイエスでもあり、ノーでもあると思います。

というのも、その資格が本当に就職で役立つ資格かによって、随分変わってくるからです。

 

例えば、就職や転職を有利にすると言われているポピュラーな資格は、

  • 簿記検定
  • TOEIC
  • 宅地建物取引主任者
  • 介護福祉士

などですが、この中だと簿記検定やTOEICなどの資格は、持っていればプラスにはなりますが、資格単体で就職や転職の内定を勝ち取れるほどの力があるわけではありません。

 

もちろん、実務経験がある上に簿記1級を持っていたり、TOEICで高い点数を所持していれば、かなり優遇されることは間違いないと思います。

しかし、実務経験がないフリーターが1年かけて簿記1級取得を目指しても、それに見合うリターンが果たして得られるどうかは疑問というわけです。

 

基本的に就職や転職に資格がもっとも有利に働くのは、その資格がないと仕事ができないポジションの求人です。

わかりやすくいえば、看護師は、看護師免許がないと仕事ができませんよね。

また、業務独占資格といって、弁護士や税理士、行政書士などは、資格がなければそもそも働けないので、こういう資格は時間をかけてでも資格取得をする価値があると言えます。

資格取得をして就職するよりもフリーターは実務経験を積んだほうが賢い

資格取得をして就職するよりもフリーターは実務経験を積んだほうが賢い

Jさんの資格取得に関して言えば、プログラミングスキルを身につけたいという思いは素晴らしいと思いますが、もう1年フリーターを続けて資格取得を目指すというのはあまりおすすめできることではありません。

そもそもIT業界は、技術やトレンドの移り変わりが激しい業界なので、まずはフリーターを歓迎してくれるIT企業に就職して、実務経験を積んでいったほうが1年後に知識も技術も上がっていると思うからです。

 

逆に、資格取得までフリーターを続けていると、年齢が上がってしまいますし、フリーター歴も長くなってしまいますよね。

資格取得できたとしても、年齢やフリーター歴の長さが就職活動でマイナスに働かないとも言い切れません。

 

資格保持者を優遇する、という求人に応募する場合は、ほんの少しでも勉強していれば、

  • 「現在資格取得向けて勉強しています。」
  • 「次の試験に向けてオンラインで学んでいます。」

というようにアピールができます。

 

また、Jさんは「2年近くフリーターをしてきて、最近は限界というか虚しいなと感じています。正社員で働きたいと思うようになってきました。」と言っているので、しっかり就職活動をして正社員で働いたほうが気持ちにも張りが出ると思いますね。

資格取得に頼らずフリーターから就職するには就職支援サービスを活用する!

資格取得に頼らずにフリーターが就職するためには就職支援サービスを活用する!

Jさんは、「自分には何の取り柄もないので、」と言っています。

きっと、資格取得を目指す気持ちの裏には「就職に自信がない」という本音があるのではないでしょうか。

実は、ぼく自身もそうだったので気持ちはよくわかります。。。

 

しかし、仮に目当ての資格を取得できたとしても、それが「絶対に就職ができる」という保証になるわけではありません。

資格取得に時間を費やしても、就職できなかったら。。。フリーター歴が伸びてマイナスになったら、、、目も当てられませんよね。

 

ですから、おすすめなのは今のうちに就職をして実務経験を積んでいくことです。

20代の1年は貴重なので、経験は積むだけ積んだほうが後悔しないと思います。

 

もしも不安が大きくて難しいようなら、就職支援サービスを活用してキャリアアドバイザーに相談しながら就職活動を進めるのがおすすめです。

とくに、フリーターを専門に就職支援をしているサービスなら、不安や悩みをそのまま相談できるので、安心して就活に力を注ぐことができます。

 

ちなみに、ぼくが利用しておすすめできるのは、レバレジーズ株式会社が運営する「ハタラクティブ」というサービスです。

フリーターや既卒の就職を専門的にサポートしてくれます。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

フリーターや既卒の就職に特化しているので、就職に自信がなくても一からサポートしてもらえて安心です。

ただし、サポートは関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限られるので、関東で就職する人におすすめのサービスですね。

キャリアアドバイザーが親切に対応してくれるので、まずは相談してみるといいですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

 

以下の記事でも、おすすめの就職支援サービスについてお話しているので参考にしてくださいね!

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする