既卒フリーター就活のコツ

これで解決!フリーターが就職しやすい時期とおすすめの考え方

これで解決!フリーターが就職しやすい時期とおすすめの考え方の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「就職しやすい時期っていつなんだろう…」と悩んでいませんか?

今回は、
おすすめしたい「就職しやすい時期の考え方」
についてお話ししますね。

フリーターが就職しやすい時期っていつ?と悩むあなたに

就職したいけど、フリーターが就職しやすい時期っていつなんだろう。。。

1番良いタイミングで就職活動がしたい

こんなふうに思っていませんか?

就職する時期はいつがベストなのか、フリーターには気になるところですよね。

 

そんなわけで今回は、

  • 押さえておきたい採用需要が増える時期
  • 時期だけに囚われるのもよくない理由
  • おすすめの就職活動をはじめる時期

この3つのトピックでお話しをしようと思います。

 

「フリーターが就職しやすい時期はいつなのか?」「どの時期に就活をスタートさせたらいいのか?」と悩んでいる方に参考にしていただけると嬉しいです。

フリーターは押さえておきたい!就職の採用需要が増える時期

フリーターの就職時期を考えるとき、必ず押さえたいのが採用需要が増える時期です。

  • 3〜4月の春採用の時期
  • 9〜10月の秋採用の時期

一般的な企業は、この時期に採用活動をすることが多いです。

 

つまり、「採用需要が増える=求人が増える=就職しやすくなる」と言えるので、フリーターの就職時期としては押さえておくべきなんです。

 

実はぼくもフリーターから就職した1人ですが、、、

ぼくの場合、時期を考えて就活をしたというよりは結果的にそうなりましたが、就職が決まったのは3月でした。

今思えば、タイミング的に良い時期に就職できたのかな、という気がします。

 

どうしてかというと、ちょうど年度が変わる時期と重なったので周りに溶け込みやすかったですし、4月入社の仲間も数名いたので気持ち的にも安心だったからです。

 

なので、就職時期を考えるのであれば、スタートしやすい3〜4月、9〜10月を押さえておくと良いですね。

就職に適した時期にはデメリットがあることも考えておく

ただし、求人が増える時期(採用シーズン)は、

  • フリーターから就職したい人
  • 転職をしたい人

など、確実にライバルが増えます。

 

魅力的な求人には人が殺到したり、面接の採用基準が高めになったり、実はデメリットもあることは頭に入れておいたほうが良いです。

 

とはいえ、現時点で採用シーズンが近い時期なら就職チャンスが増えることも間違いないので、求人情報を集めるなどして動き出すのがおすすめです。

就職の時期だけに囚われるのはよくない!?年齢と就職時期の関係も考えたほうがいい

採用の重要が増える時期を押さえることは大切ですが、その一方で、フリーターは就職の”時期”ばかり気にしすぎるのも考えものということを知っておいてください。

 

というのは、フリーターが就職できる求人自体が年齢と共に減っていくことに関係しています。

グラフはわかりにくいですが、就職チャンス(求人数)は、25歳を境に減り、27歳、30歳、というように、年を取るにしたがって少なくなります。

裏を返せば、少しでも若いうちに就職したほうが良いんですね。

 

それなのに例えば、26歳のフリーターが、

もう採用シーズンがすぎたから、

来年の3〜4月まではフリーターでいいか。

と考えて、その間に27歳になったとしたら、就職チャンスは減ってしまいますよね。

就職の時期を考えすぎることがマイナスになることもあるんです。

 

1歳違うだけで相手に与える印象が変わることはありますし、とくに20代と30代では、フリーターからの就職チャンスに大きな差が生まれやすいと言われています。

ですから、「フリーターはなるべく早く就職したほうが良い」と考えて動き出すことも必要です。

就職時期を考えることは大切。でも「今」動き出すことはもっと大切。

さてここまで、フリーターが就職しやすい時期をお話ししてきましたが、

3〜4月、9〜10月が良いけど、なるべく早めがいい。。。

結局、どうしたらいいの!?

と思った方もいるはずです。

 

そうなんです、就職しやすい時期はズバリここ!と言うのはとても難しいのは確かです。

採用シーズンは参考にすべきですが、マイナスもありますし、フリーターは年齢も意識しなくてはいけません。

 

ただ、ぼくが思うのは、フリーターの就職は、

  • 年齢的に若いほうが良い
  • 「就職をしなきゃ」と考えたそのとき動き出したほうがいい

ということです。

つまり、就職しやすい時期を意識しつつも今やれることをやり始めたほうが良いということです。

 

そもそも、求人企業とのめぐり合わせは予測がつくものではないですし、「就職しなきゃ」とモチベーションが高いときに動き出すことがなにより大切です。

新卒の採用と違って、どんな求人がいつ出るかは誰にもわかりませんし、いくら採用シーズンは就職しやすかったにしても、それまで待っている時間はもったいないです。

 

また、さらに現在は、様々な業界で「人手不足」が問題になっていて、とくに中小企業の人手不足は深刻化しています。

【中小企業基盤整備機構】

人手不足を感じていますか?

  • YES 73.7%
  • NO 26.3%

人手不足をどの程度感じていますか?(YES回答者のみ)

  • かなり深刻 19.7%
  • 深刻 33.1%
  • なんとかやっていける程度 47.2%

参照データ:「中小企業基盤整備機構より一部抜粋 http://www.smrj.go.jp/kikou/dbps_data/_material_/g_0_kikou/news/pdf/20170508_questionnaire.pdf

企業にとっては頭の痛い問題ですが、こうした状況はフリーターには追い風です。

「就職したい」と思っているなら、まずは動き出すことが大切ですよ。

就職活動はキャリアアドバイザーに相談するのがおすすめ

そして、就職活動を進めるなら、就職支援サービスを使うと良いですね。

すでに求人検索サイトなどで仕事情報を集めている人もいるかもしれませんが、フリーターから就職するなら、

  • フリーターや既卒者に特化している
  • 就職活動を直にサポートしてもらえる

そんな就職支援サービスを使うのがおすすめです。

 

キャリアアドバイザー(担当者)が手取り足取り就職についてアドバイスしてくれますし、わからないことや不安も相談できて便利です。

就職する時期についても相談できるので、自分が希望する仕事の求人が出やすいタイミングなどを聞いてみても良いかもしれません。

 

ちなみに、フリーターや既卒者に特化したサービスでおすすめできるのは「ハタラクティブ」というサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

20代で正社員経験がない就活者をたくさん内定に導いているサービスで、とにかく相談しやすいのが魅力です。

気さくで話しやすいキャリアアドバイザーが多く、親切に就活をバックアップしてくれます。

さまざまな職種の求人を紹介してもらえるので、仕事探しの幅も広がるはずです。

サポート地域は関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)なので、関東エリアで就職するならぜひ活用してほしいサービスです。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする