既卒フリーター就活のコツ

【フリーターはどの業界に就職したらいい?職種は?】おすすめの選び方

【フリーターはどの業界に就職したらいい?職種は?】おすすめの選び方

フリーターから就職したい。
でも、どの業界を目指すべき?

就職を考えているけど、
どの職種を選べばいいのかな…

こんなふうに悩んでいませんか?

いざ就職しようと思っても、どの業界を目指すべきか、職種は何がいいのかと不安になりますよね。

ダイスケ

はじめまして!「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

実はぼくもフリーターから就職した経験があるので、同じように悩みました。

 

そこでこの記事では、ぼくの就活経験と人事目線をもとに「フリーターはどの業界・職種を目指すべきか」を分かりやすくまとめました。

ポイントは以下のとおりです。

  1. まずは興味のある業界・職種にトライ
  2. 何を大切にしたいかを考えてみる
  3. 就職しやすい業界・職種に目を向ける
ダイスケ

詳しくお話ししていくので参考にしてもらえると嬉しいです!

【フリーターはどの業界を目指す?】まずは興味のある業界・職種にトライ

1つ目のポイントは、興味のある業界・職種にトライすることです。

当然の話ですが、少しでも興味のある業界・職種を選んだほうが就活のモチベーションは上がります。

また、興味のある仕事なら

  • やる気や熱意を伝えやすい
  • 自己アピールを自然に行える

といった側面があるので就活がうまくいきやすくなります。

 

きっと、フリーターから就職を目指す場合は、たとえ興味のある業界・職種があったとしても、

フリーターの自分には無理では?

働いてみたい会社を見つけたけど
職歴もないし受かるわけない

こんなふうに考えがちではないでしょうか?

やりたいことはあるのに、「フリーターだから無理」と決めつけてしまうケースです。

 

たしかに、業界や職種によっては就活のハードルはグンと上がります。

しかし実際は、トライしてみない限り誰にも結果はわかりません。

また、興味のある業界・職種に応募したり面接を受けることで、色々な「気付き」も見つかりますし次に繋がる場合もあります。

何より、挑戦せずに諦めるのはもったいないですよね。

ダイスケ

まずは自分が興味のある業界・職種にトライしてみることが大切です!

【逆算的発想】どの業界か迷ったフリーターは何が大切かを考える

ここまで「興味のある業界・職種にトライすることが大切」とお伝えしましたが、きっと「どの業界に就職すべきかを悩むフリーター」は、

  • 興味のある業界がない
  • やりたい仕事がない
  • というかよくわからない

という人が大半ではないでしょうか?

ぼくも最初は同じような感じでした。

そこでおすすめしたいのは、業界や職種を考えるよりも

「就職する上で何を大切にしたいか?」

「人生で重要なことはなにか?」

をよく考えてみることです。

例えばとても単純な例を挙げると、

  • 「月収は◯◯万円ほしい」
  • 「土日は休みが必須」
  • 「ゲームが生きがい」

こんな場合は、平均月収が◯◯万円以上、土日が休みが一般的な業界に的を絞ることができますよね。

そのなかでゲームに関連した求人を探せば、自然と自分にマッチした仕事を見つけられます。

 

もちろん、ここまで簡単にはいきませんが、スタートを「どの業界がいいか?」「どの職種がいいか?」と考えるのではなく、

  • 自分は何を大切にしたいのか?
  • どんな生活を望んでいるのか?

をよく考えることで、逆算的に業界や職種が見えてくるはずです。

もしもフリーターから就職したいのに

  • 興味のある業界がない
  • やりたい仕事がない
  • というかよくわからない

こんな場合は、ぜひ試してみてください。

【どの業界に可能性がある!?】フリーターが就職しやすい業界・職種にチャレンジ

3つ目のポイントは、フリーターが就職しやすい業界・職種に目を向けることです。

内定がほしいときこそ企業(求人を出している会社)の気持ちを考えることが大切

ここまでお話ししたように、興味のある業界にトライしたり、自分が大切にしたいことを考えてみるのは非常におすすめです。

ただ、フリーターの就職成功率を上げるには、「就職チャンスが多い業界・職種」を狙う必要もあります。

 

具体的にどの業界・職種を狙うべきかというと、

  1. 人手不足の業界
  2. 未経験者歓迎の職種

この2つです。

人手不足の業界

実は近年、半数以上の中小企業が人手不足に頭を悩ませていることをご存知でしょうか?

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

日本商工会議所が調査したデータを見ても、50%以上が「人手不足を感じている」と回答しています。

人手が足りないということは、

  1. 求人が増える
  2. 採用の難易度が下がる
  3. 未経験者の就職チャンスが上がる

こうした流れになるので、フリーターにとってはチャンスです。

つまり、どの業界を目指せば良いかわからない場合は、就職チャンスが大きい「人手不足の割合が高い業界」に目を向けるのがひとつの方法なんです。

 

とくに以下の業界は、人手不足の割合が高いという結果が出ています。

【業界別集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

また上記の業界は、慢性的に人手不足と言われる代表例でもあります。

介護職は人手不足、既卒でも就職しやすくても現場はきつい

もしかするとこうした業界は、「仕事がきつい」「長時間労働」「低賃金」といった悪いイメージがあるかもしれませんが、当然すべての企業がブラックではありません。

きちんと就職先を選べば、

  • 高収入
  • 待遇が良い
  • そのうえ採用のハードルが低い

こんなケースもあります。

また、例えば「介護業界は介護をする」「運送業界はトラック運転手」と考えてしまいがちですが、

介護業界に
事務職で就職する

運送業界に
オペレーター職で就職する

といった可能性もあります。

人手不足の業界はフリーターからでも就職チャンスがたくさん転がっています。

目を向けてみるのはひとつの方法です。

未経験者を歓迎する職種

もうひとつは、未経験者を歓迎する傾向にある職種を把握しておくことです。

やはり職種によって、「経験者が有利」「未経験者は圧倒的に不利」といった差があります。

ですから、未経験者を歓迎する割合が多い職種を頭に入れておくのがおすすめです。

以下は、転職サイトのマイナビが発表している「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種のデータです。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

どの職種に就職すべきか分からない場合は、このなかで興味が湧く職種を探してみましょう。

未経験者を歓迎する職種は、就職しやすいだけでなく、

  • 研修等の充実
  • 職場に馴染みやすい
  • ステップアップしやすい

このような期待ができるので、フリーターにとってはメリットが多い就職先と言えます。

ダイスケ

就職チャンスが豊富な業界・職種にも目を向けて、就活を有利に進めていきましょう。

どの業界・職種かを決めるのと同時に【情報収集できる環境を作っておく】

さてここまで、3つのポイントをお話ししてきました。

  1. まずは興味のある業界・職種にトライ
  2. 何を大切にしたいかを考えてみる
  3. 就職しやすい業界・職種に目を向ける

最後にお伝えしたいことがあります。

それは、いずれにしても深い情報収集が大切だということです。

とくに「就職チャンスが豊富な業界・職種」は、きちんと下調べをしてから就職しないと、

  • ブラック企業に当たってしまう
  • 早期離職をしてしまう

こんな結果にならないとも言い切れません。

せっかく就職できても、すぐに辞めてしまったら意味がないですよね。

なので、どの業界・職種に挑戦するかを決めるのと同時に、きちんと情報収集ができる環境を作っておくことが大切です。

ひとりで就活を進めない

具体的には、ひとりで就活を進めるのではなく就活をサポートしてもらえるサービスを活用するのがベストです。

幸い今は、フリーターの就職を無料でサポートしてくれるサービスが充実しています。

例えば、

  • 若者ハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などは、職歴やスキルに不安があっても就活の相談に乗ってくれます。

キャリアアドバイザーと面談

とくに就職エージェントは、求人を出している企業と結びつきが強く、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

就職エージェントを活用することで、

フリーターからでも
就職できそう…

と感じるはずです。

ダイスケ

まずは就職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーを味方につけることからはじめましょう。

既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。の画像
既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社まとめ【未経験でもしっかりサポート】 既卒・フリーターの就職に強い【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行なってい...

注意したいエージェント選び

ただし、エージェントの選び方だけは注意してください。

エージェントといえば、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「doda」などが有名ですが、これらは社会人経験がある転職者を対象としたサービスです。

そのため、「サポートは難しい」と断られるケースも多いです。

【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法
【済】【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターや既卒、ニートや無職などで正社員経験がない(少ない)と、dodaをはじめ...

ですから、「未経験者を専門としているサービス」を活用してください。

そうすれば、きちんとサポートをしてくれますし、フリーターから就職するコツをしっかり教えてもらえますよ。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉 
愛知 大阪 兵庫 広島 福岡 
宮城 岡山 札幌 石川
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事