エージェント活用術

フリーターがリクナビを使うなら知っておきたい3つのこと【就職するために重要】

フリーターがリクナビを使うなら知っておきたい3つのこと【就職するために重要】

就職したいから、とりあえずリクナビに登録しておくか。。。

仕事を探すなら、やっぱりリクナビNEXTかな!?

このように考えて「リクナビNEXT」を使おうとしているフリーターの方は多いのではないでしょうか?

リクナビは、大手リクルートが運営しているだけあって、知名度が高く安心感も抜群ですよね。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

ぼくもフリーターから就職した経験があるので、「リクナビNEXTを使えば安心かも」と思う気持ちはよくわかります。

 

しかし、フリーターの就活では、「リクナビNEXTのみ」はおすすめできる就活方法ではないんです。

この記事では、リクナビNEXTを活用するなら絶対に知っておいてほしい3つのポイントをわかりやすくお伝えしていきます。

  1. リクナビはライバルが多い
  2. すべてひとりでやる=挫折しやすい
  3. リクナビ+他サービスが就活成功を高める
ダイスケ

どれも難しいことはないので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

リクナビはライバルが多い!?就活が不利なフリーターには大打撃

では、どうして「リクナビNEXTのみ」はフリーターの就活にはおすすめできないのかをお話ししますね。

社会人経験なしで就職するために必要なたった1つのことの画像

1つ目の理由は、「リクナビNEXTはライバルが多いから」です。

 

ご存知の通り「リクナビ」は、日本の人材業界で1位2位を争う知名度がある「リクルート」が運営している転職サービスです。

少し古い情報ですが、

  • 会員数は600万人
  • 転職した人の約8割はリクナビを利用している
  • 毎週2万人会員が増える

このように、非常に人気と実績があります。

 

ですので、転職や就活をするなら登録しておくべきサービスですが、その半面、「人気がある=ライバルも非常に多い」と言えます。

ライバルが多いということは、就活は当然難しくなりますよね。

 

とくにフリーターは、

  • 正社員経験のある転職者
  • 第二新卒者

など、社会人経験のある転職者と内定を争うこともあります。

そうなると、当然フリーターは不利。つまり、ライバルが多いということはフリーターにとっては分が悪いわけです。

 

実際ぼくは、就活をはじめたころリクナビNEXTだけを使って就活していましたが、なかなか面接に呼ばれず苦労した経験があります。

ダイスケ

もちろん、リクナビNEXTで就職を決めているフリーターや既卒者もたくさんいますが、「みんな使っている=ライバルが多い」ということは知っておきましょう。

リクナビを使うなら注意!「フリーターの就活をすべてひとりでやる=挫折しやすい」

次に知っておいたほうが良いのは、リクナビNEXTを使った就活は「すべてひとりでこなすことが前提」なので案外大変だということです。

基本的に「リクナビNEXT」「マイナビ転職」などの求人情報サイトを使った就活は、

  1. 会員登録
  2. 求人を自分で探す
  3. 自分で応募する
  4. 自分で企業とやりとりする
  5. 書類選考や面接を受ける

このようにすべてひとりで進めなくてはいけません。

 

すると、以下のようなデメリットがあります。

  • 自分に合う求人を見つけるのが難しい
  • ブラック企業の区別がつかない
  • モチベーションを保つのが大変

自分に合う求人を見つけるのが難しい

フリーターから就職する場合、

「就職したいけど、どんな仕事に適正があるんだろう。。。」

「そもそも、なにを基準に就職先を選べばいいかわからない」

このように、「就職先選び」に自信をもてない方は多いはずです。

 

「リクナビNEXT」などの求人情報サイトの場合、適正や希望をひとりで考えて、自分にフィットする業界・仕事を探し出す必要があります。

これは意外に大変です。

就職したいけど、どこに就職したらいいのかわからない

このようなジレンマに陥るケースも多いと言えます。

ブラック企業の区別がつかない

リクナビNEXTやマイナビ転職などの求人情報サイトは、豊富な求人が揃っていて検索も非常に便利です。

ブラック企業の区別がつかない

しかし、その中身を詳しく知るには限界があります。

企業情報は記載されていますが、「実際の職場の雰囲気」「実際の残業や仕事内容」は正確に把握できにくい部分もあります。

そのため、

  • 自分に合わない企業
  • ブラック企業

を見極めるのが難しいのは、大きなデメリットと言えます。

モチベーションを保つのが大変

何度もお話ししているように、リクナビNEXTやマイナビ転職などの求人情報サイトは、すべてひとりで就活を進めなくてはいけません。

そして、フリーターの就活は決して簡単ではありません。

モチベーションを保つのが大変

そのため、リクナビNEXTだけでは、就活のモチベーションを保つが意外に難しいのもデメリットです。

 

新卒の就活とは異なり、フリーターの就活はある意味「自由」です。

周りが一緒に就活をするわけではないので、すべて自分次第。自分自身がモチベーションを高く保てなければ挫折してしまいます。(実際ぼくは、なかなか面接が受からず一度就活を諦めたことがあります)

ダイスケ

このように、フリーターの就活をひとりで進めるのは思っている以上に大変です。「リクナビNEXTだけ」では不安です。

フリーターの就活は「リクナビ+他サービス」が就活成功の近道

では、フリーターの就活は「リクナビNEXTだけ」ではなく、どんな就活をしたらいいのでしょうか。

 

それはズバリ、

  • リクナビNEXT(求人情報サイト)
  • エージェント系サービス

を併用するのがおすすめです。

 

ぼくは、リクナビNEXTは情報収集のサブ的な役割、メインはエージェント系サービスを活用しました。

エージェントサービスというのは、キャリアアドバイザー(担当者)に就活を直接サポートしてもらえるサービスのことです。

  • 適正や希望にあった求人を紹介してもらえる
  • 求人の詳細な情報を教えてもらえる
  • 受かりやすい書類・面接対策をしてもらえる

このように就活がグッと楽になります。

エージェントを活用したほうがブラックにあたるリスクを減らせる

とくに、エージェントが紹介してくれる求人・職場は、キャリアアドバイザー(担当者)が直接訪問しているケースが多いので、

  • どんな雰囲気の職場か
  • 上司の人柄
  • 詳しい仕事内容や好印象を与えるコツ

などを詳しく教えてくれます。

つまり、エージェントを使って仕事を探したほうが、自分に合った仕事を見つけやすかったり、ブラックに当たるリスクを減らすことができるというわけです。

 

いくら就職が叶っても、職場環境が最悪だったり、想像とかけ離れた業務だったら、仕事を続けることができませんよね。

まして早期離職をしてしまったら、フリーターに逆戻りです。

 

ですので、フリーターから就職をする場合は、

  • リクナビNEXTなどの求人情報サイト
  • エージェント系サービス

をうまく併用して賢く就活を進めましょう。

「フリーター専門のエージェント」を選ぶことが大切

ただし、エージェント選びにもコツがあります。

有名なエージェント系サービスは、

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • マイナビエージェント

などですが、こうした総合型転職エージェントは、正社員経験がある転職者を対象にしているケースが多いので、あまりおすすめはできません。

【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法
【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターや既卒、ニートや無職などで正社員経験がない(少ない)と、dodaをはじめ...

フリーターの就職を専門的にサポートしてくれるエージェントを選んだほうが、自分に合う求人を紹介してもらえる可能性が上がります。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは、未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

こんな特徴があります。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
北海道 宮城 愛知 石川 大阪
神戸 京都 福岡 広島 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

ジェイック公式サイト≫

ジェイック登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事