既卒フリーター就活のコツ

「今」動き出せ!フリーターを抜け出す就職するための3ステップ

「今」動き出せ!フリーターを抜け出す就職するための3ステップの画像
ダイスケ

フリーターから就職経験がある就職ナビゲーター、ダイスケです。

今回は、フリーターを抜け出して就職するための3つのステップについてお話しします。

フリーターを抜け出したいけどなかなか踏み出せないあなたへ

そろそろ就職したい。。。

でも、フリーターを抜け出すにはどうしたらいい?

フリーターを抜け出したいけど、なかなかうまくいかないな。。。

良い方法ってある?

こんなふうに悩んでいませんか?

 

フリーターをやめたいと思っても、

  • なかなか踏み出せない!
  • どう就活したらいいかわからない
  • とにかく不安でしかたない…

という人は多いと思います。

ぼくもフリーターから就職をした経験があるので、不安で悶々とした気持ち、よくわかります。

 

でも、悩んでいても始まらないのが就活ですよね。

 

今回は、フリーターを抜け出すための方法を3ステップに分けてお話しさせていただければと思っています。

  • 抜け出すモチベーションを高める
  • フリーターの弱点をカバーする
  • 就活をひとりでやらない・任せる

この3つを押さえて行動すれば、チャンスは巡ってくるはず。難しいことはないので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

『モチベーション』を高めてフリーターを抜け出そう

先ほどお伝えしたように、フリーターを抜け出したくても、

  • なかなか踏み出せない!
  • どう就活したらいいかわからない
  • とにかく不安でしかたない…

という人は多いと思います。

 

そんなときは、「フリーターを抜け出さないといけない理由」にフォーカスして、モチベーションを高めるのがおすすめです。

 

いろいろな理由はあると思いますが、誰もが「このままフリーターを続けるのはやばい」と思って、就職を考えるはずです。

でも、具体的にどんなふうにやばいかまでは把握できていないのではないでしょうか?

 

つまり、フリーターの末路を知るってこと?

それは怖いから、知りたくない。。。

という人も多いかもしれませんが、マイナスを知ることで「こうしてはいられない!」とやる気も沸いてくるもの。

少しだけ勇気を持って、「フリーターを続けるマイナス」について考えてみましょう。

フリーターが考えておきたい「就職率の推移」

まず最初に考えたいのが、フリーターの就職率の推移です。

 

以下のデータを見てもらうとわかるのですが、

【年代別フリーター就職率】

  • 15〜19歳 男性15.7% 女性17.1%
  • 20〜29歳 男性28.8% 女性15.2%
  • 30〜39歳 男性23.3% 女性8.3%
  • 40〜44歳 男性20.6% 女性7.8%

独立行政法人 労働政策研究・研修機構 若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状②より一部抜粋

基本的に20歳以降は、年齡が高くなるにつれて、どんどん就職率は下がっていきます。

これには様々な要因がありますが、年齡があがるにつれて、応募できる求人自体の数が減少する事と深く関係していると言えます。

 

なので、フリーターを抜け出すには、少しでも若いうちに動き出すことが大切。フリーターを続ければ続けるだけ就職が厳しくなることを頭に入れておきましょう。

フリーターが考えておきたい「正社員との年収差」

次に考えておきたいのが、フリーターと正社員の年収格差についてです。

 

お金がすべてとは言いませんが、年を重ねるにつれてなにかとお金はかかりますし、お金がないと惨めな思いもするもの。

 

以下は、学歴別の正社員の生涯年収ですが、

大卒

  • 男性 2億8000万円
  • 女性 2億4000万円

短大卒

  • 男性 2億4000万円
  • 女性 1億8000万円

高卒

  • 男性 2億4000万円
  • 女性 1億8000万円

引用データ:ハタラクティブより一部抜粋https://hataractive.jp/useful/employment/

※生涯年収とは「一人の人間が一生で得られる収入の総額。」

これに対してフリーターは、男女ともに6000万円程度で落ち着くことが多いと言われています。

約3〜4倍近い差が生まれることになります。驚きですよね。

 

仮に週休2日で1日8時間正社員並みに働いたとしても、ボーナスや退職金、厚生年金などが手厚い正社員とは、雲泥の差が出てしまうというわけです。

 

フリーターから正社員になる時期が遅くなればなるほど、巻き返しが難しくなることを心に留めておいてください。

フリーターが考えておきたい「結婚率や老後のこと」

最後に、幸せな人生を送る上で大切な要素になりそうな、「結婚」「老後」についても考えてみましょう。

 

  • 「結婚なんてしなくてもいい」
  • 「老後のことなんて今から考えられない」

という人もいるかもしれませんが、好きな人ができれば”結婚”に気持ちが傾くこともありますし、後悔がないように老後を考えておくことは大切なことです。

サラッとでいいので、意識してみても良いと思います。

 

以下は、雇用形態別の結婚率ですが、

「雇用形態別の婚姻・交際状況(20代・30代)」

【男性】

  • 正規雇用 27.2%
  • 非正規雇用 6.7%
  • 自営業 12.9%
  • 失業中・仕事はしていない 2.0%

【女性】

  • 正規雇用 28.2%
  • 非正規雇用 25.8%
  • 自営業 12.3%
  • 失業中・仕事はしていない 12.4%

引用元:国土交通省Webサイトより抜粋

とくに男性は、正規雇用に比べて非正規雇用の結婚率は約4分の1にまで減ってしまいます。

 

そして結婚率は、年収に比例する傾向があることもポイント。結婚することになれば、結婚式をはじめ、引っ越しや新居、子どもができればとにかくお金がかかるものです。

結婚生活をスタートさせるときの理想の貯金額というアンケート調査によれば、

【結婚生活をスタートする時の理想のふたりの貯金総額は?】

  1. 200万〜300万未満
  2. 450万〜600万未満
  3. 100万〜150万未満
  4. 150万〜200万未満
  5. 300万〜450万未満

引用元:ゼクシーより一部抜粋https://zexy.net/contents/lovenews/article.php?d=20100527

フリーターの平均年収は、20代で150万円程度、30代以降も200万円程度と言われているので、なかなか厳しいのが現実ではないでしょうか。

 

また、老後の暮らしに関しても、正社員とフリーターでは年収面での差が貯金額にそのまま影響しますし、保険積立額などの大きな差が生まれます。

 

仮に今はフリーターとしてバリバリ働けていても、60代や70代になったとき、同じように働けるわけではありませんよね。

自分の将来のため、と思ってフリーターを抜け出すことを考えてみてください。

フリーターを抜け出すために「フリーターの弱点」をカバーする

フリーターを抜け出すモチベーションが高まったら、いよいよ具体的に動く必要がありますよね。

 

しかし、

フリーターという肩書が就活で不利になるかも…

経験やスキルがないから不安。。。

と悩む人もいるはずです。

 

とくに、

  • 「フリーターになった理由をどう説明したらいいんだろう!?」
  • 「正社員経験がないマイナスをどうフォローしたらいい!?」

と考える人は多いんじゃないでしょうか。

 

そんなときは、これからお伝えする「フリーターの弱点をカバーする伝え方」を試してみてください。

 

例えば、フリーターが就職するときは面接等で必ず、

  • どうしてフリーターを続けているのか?
  • なぜ、就職しようと思ったのか?
  • 正社員としてやっていけるのか?

といったことを質問されます。

これに対して、答えにつまるなどでネガティブな印象を与えてしまうと、採用担当者や面接官は大きな不安を抱きます。

 

ですから、フリーターであることのマイナスは、次の3ステップで回答できるように準備しておくことをおすすめします。

  1. 過去のことは正直に話す
  2. 今感じている反省・学んだ教訓を伝える
  3. 今後はこうしたいという覚悟・意気込みを伝える

 

例えば、

新卒での就職を諦め、1〜2年フリーターとして働こうと決めた。

しかし、友人が正社員として仕事に打ち込んでいる姿を見て、これではいけないと目が覚めた。

自分の考えは甘かった事に気づいた。

就職したら、遅れを挽回するために1日でもはやく戦力になれるようにがんばりたい。

このように、過去から今、未来という順番で話しを進めれば、かならずポジティブな内容で回答を終えることができます。

 

よく「面接はとにかく前向きに」と言いますが、すべてを前向きに話すのは不自然ですし無理もあります。

ですから、話の流れを考えて、常に「今後はこうしたい」という結論に導くことを意識すると、好印象を与えられるようになりますよ。

フリーターを抜け出すことを諦めないために!就活をひとりでやらないことも大切

最後3つ目のステップとしてお話ししたいのが、「就活をすべてひとりで進めず、協力してもらう体制を整えておく」いうことです。

先に見てもらった以下のデータを見ればわかりますが、

【年代別フリーター就職率】

  • 15〜19歳 男性15.7% 女性17.1%
  • 20〜29歳 男性28.8% 女性15.2%
  • 30〜39歳 男性23.3% 女性8.3%
  • 40〜44歳 男性20.6% 女性7.8%

独立行政法人 労働政策研究・研修機構 若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状②より一部抜粋

フリーターの就職率は、高くても3割いかない程度です。

つまり、10人中7人は就職せずにフリーターを続けている現状があるんですね。

 

そのなかには、そもそも就職を考えていない人の他に、フリーターを抜け出そうとしたにも関わらず諦めてしまった人も含まれているはずです。

これは、とてももったいないことです。。。

 

フリーターの就活は、うまくいかないことも多いですし、孤独な作業になりがちなので、モチベーションを保つのが大変です。

 

なので、最初からすべてをひとりでやろうと思わず、「協力してもらえる部分は協力してもらう」という姿勢で就活に臨んだほうが良いよ、というわけです。

 

最近は、フリーターを専門にサポートしてくれる就職支援サービスが充実しているので、就活を始めるなら、まずは2〜3社登録してみると良いですね。

 

就職支援サービスに登録すると、担当のキャリアアドバイザーが、仕事探しから面接対策、就活の悩み相談まで直接対応してくれるので、

話をきちんと聞いてくれる担当者さえ見つかれば、フリーターを抜け出す心強い味方になります。

 

ぼくもそうでしたが、

  • すべてをひとりでやる必要がない
  • 相談できる人がいる

という環境が整えば就活はグッと楽になるので、ぜひ活用してくださいね。

フリーターの就職をしっかりサポートしてくれる就職支援サービスを活用しよう

ちなみに、フリーターや既卒者の就職を専門にしている就職支援サービスでおすすめできるのが、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」

フリーターの就職支援ハタラクティブ

フリーター専門だけあって、就職活動の初歩的からアドバイスしてもらえるので安心です。

”就職支援サービス”というと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、ハタラクティブはそんなことがなく、フレンドリーな雰囲気でおすすめ

もちろん、しっかり仕事を紹介してくれて情報も確かなので、とても使えるサービスですよ。(ただし関東1都3県限定のサービス。東京・神奈川・千葉・埼玉がサポート対象です。)

まずは気軽に相談してみると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする