既卒フリーター就活のコツ

【知らなきゃ損】フリーターやニートが受かりやすい仕事と応募時の注意点

【知らなきゃ損】フリーターやニートが受かりやすい仕事と応募時の注意点

全然内定をもらえない…
フリーターでも
受かりやすい仕事ってある?

ニートでも受かりやすいのは
どんな業界なんだろう。。。

こんなふうに悩んでいませんか?

ダイスケ

はじめまして!「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

フリーターやニートから正社員を目指すのは、なかなかハードですよね。。。

がんばってるのに書類落ちが続いたり、どうしても面接が通らない人は多いかもしれません。

ぼくも以前はフリーター・ニートをしていたので、同じように悩みました。

 

そこで大切なのは、就職チャンスが多い業界や職種に目を向けることです。

つまり、受かりやすい仕事に的を絞るわけです。

 

今回の記事では、ぼくの就活経験と人事目線をもとに

  • フリーターやニートが
    受かりやすい仕事
  • 受かりやすい仕事に
    応募するときの注意点

をまとめました。

ダイスケ

これを知っておけば、就職チャンスはグッと上がります。参考にしてもらえると嬉しいです!

【必ず押さえておきたい】フリーターやニートが受かりやすい仕事

それでは早速、フリーターやニートが受かりやすい仕事について解説していきます。

それはズバリ、

  1. 人手不足の業界
  2. 未経験者歓迎が多い職種

この2つです。

人手不足の業界

人手が足りない業界は、当然ですがたくさん求人を出します。

そして、採用のハードルを下げたり、良い雇用条件を出すなどして(給料を上げるなど)、人材を確保しようとします。

つまり、フリーターやニートなどの「未経験者」でも、受かりやすい条件が整っているわけです。

ちなみに日本商工会議所が調べたデータによれば、約50%の中小企業は人手不足を抱えていることがわかっています。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

例えば、あなたの街に中小企業が1000社あれば、そのうち500社は「人材がほしい!」と思っている計算になります。

実は、思っているよりも就職チャンスはあるんです。

 

では、具体的にどんな業界が人手不足に陥っているのでしょうか?

これも日本商工会議所が調査した「人手不足の割合(業界別集計)」をチェックしてみましょう。

【業界別集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

とくに人手不足の割合が高いのは、介護や運輸、建設業界です。

また、サービス業やIT系(情報通信・情報サービス)も、需要が多いため常に人手が足りない代表例と言えます。

 

もしかすると、介護や運輸業界などは

介護系はちょっと無理。。。

運送業界ってつらそう

と思うかもしれませんが、

介護⇒介護職
ではなく
介護業界で事務職を得る

運輸⇒運送業務
ではなく
運輸業界で営業職を得る

など、視点を変えればいろいろな働き方があります。

ダイスケ

まずは「これは無理」と決めつけずに広い視野で受かりやすい仕事を探してみてください!

未経験者歓迎の割合が多い職種

もうひとつフリーターやニートが受かりやすいのは、未経験者歓迎の割合が多い職種です。

未経験者歓迎というのは、言い方を変えれば

未経験者の受け入れが
きちんとできている職場

未経験者を
ターゲットにしている仕事

です。

つまり、経験やスキルに不安を抱えるフリーターやニートでも就職チャンスが十分にある求人と言えるわけです。

 

具体的な職種は、マイナビが調査している「職種未経験者歓迎の割合が多い職種」のデータをチェックしてみましょう。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

こうした求人は、単純に受かりやすいだけでなく、

  • 研修制度の充実
  • 職場への溶け込みやすさ
    (未経験の同期が多い)
  • キャリアアップ

などを期待できるので、フリーターやニートでも安心して正社員を目指せるメリットもあります。

ダイスケ

こうした職種に狙いをつけて、そのなかで「これなら挑戦したい!」と思える求人にアプローチしてみましょう!

【フリーターやニートは要注意】受かりやすい仕事に応募するときの注意点

さてここまで、フリーターやニートが受かりやすい

  1. 人手不足の業界
  2. 未経験者歓迎が多い職種

についてお話ししてきましたが、、、

実は応募するときに必ず気をつけてほしい注意点があるんです。

 

それは、

  • ライバルは多い
  • ブラック企業
  • 1人で情報収集はNG

以上の3つです。

受かりやすい求人はライバルが多い

人手不足の業界や未経験者歓迎の割合が多い職種は、たしかに「受かりやすい」と言えます。

でも、採用のハードル(難易度)が低かったり、スキルや経験を必要としないため、必然的に就活のライバルは多くなる傾向があります。

つまり、ライバルに埋もれて受からないことも多々あるんですね。。。

そこで大切なのは、企業のニーズをきちんと理解して就活に臨むことです。

企業のニーズというのは、「企業側が就活者に何を求めているか・期待しているか」を指します。

 

基本的に人手不足の企業は、

  • 早く人材を獲得したい
  • すぐに辞められると困る

と考えています。

なので、企業とのやりとりは即レスを心がけたり、

「すぐに入社できる・働ける」

「この業界でじっくり経験を積みたい」

と伝えれば、企業のニーズとマッチして採用される可能性が高くなるはずです。

 

また、未経験者を歓迎する企業は、経験やスキルよりも

  • やる気や熱意
  • 人柄
  • 将来性

などをチェックしています。

なので、面接や書類では、

  • 就活にかける思いを
    きちんと伝える
  • 就職後の展望を語る
  • 自分の人間性が伝わる
    エピソードを用意する

などの工夫をすれば、企業のニーズに答えられるはずです。

ダイスケ

ライバルを一歩リードする準備をしておきましょう!

受かりやすい企業はブラックが多い

受かりやすい仕事は、残念ながらブラック率も上がってしまいます。

基本的にブラック企業の大半は、採用のハードルを低く設定しています。

また、大量募集をしていたり、常に求人を出しているケースが多いため、フリーターやニートなどの未経験者が餌食になりやすいんですね。

せっかく努力をして就職を決めても、職場がブラックだったら、笑うにも笑えません。。。

借りにブラックに就職して短期間で辞めてしまったら、フリーターやニートの再就職はさらに厳しくなってしまいます。

 

なので、受かりやすい仕事に応募するときは、情報収集の徹底がマスト

最低限、

  • どんな職場か
  • 詳しい仕事内容
  • 給料や福利厚生などの条件

などを事前にきちんとリサーチすることが大切です。

ダイスケ

きちんと情報収集をして、ブラック企業対策をしましょう!

既卒やフリーターの就職先はブラックしかないのか!?【ホワイトを狙う方法まとめ】
既卒やフリーターの就職先はブラックしかないのか!?【ホワイトを狙う方法まとめ】 こんなふうに悩んでいませんか? ぼくも就職前はフリーターをしていたので、「仕事なんてブラックしかないかも....

1人で情報収集はNG

そうは言っても、

どうやってそんな情報を
集めたらいいわけ!?

と悩む人もいるはずです。

そこで知っておいてほしいのは、たった1人で情報収集をするのはNGだということです。

 

個人で出来る就活の情報収集には、ハッキリ言うと限界があります。

また、いくら「受かりやすい業界や職種」でも、求人によってはフリーターやニートには厳しい仕事も少なくありません。

 

なので、就活の情報収集はひとりで頑張ろうと思わずに、フリーターやニートの就活をサポートしてくれるサービスをうまく活用しましょう。

例えば、

  • わかものハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などは、無料で就活を相談することができます。

キャリアアドバイザーと面談

とくに就職エージェントは、求人を出している企業と結びつきが強く、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

就活がうまくいかない理由をキャリアアドバイザーやカウンセラーが見つけてくれたりもします。

 

また、面接に自信がなかったり、仕事選びで迷ったときも、エージェントの担当者に相談すれば、

担当者

面接では、
こんなアピールが好印象です。

担当者

職場の雰囲気はこんな感じだったので
◯◯さんに合っていると思います。

このように的確なアドバイスをもらえます。

 

もちろん、エージェントを使えば絶対に就職できるわけではないですし、「就活はひとりで進めたい!」という人にはおすすめできません。

ですが、エージェントを活用することで、情報収集の質はグッと上がり、自分にとって最適な職場に応募できるチャンスは確実に広がります。

ぼく自身はエージェントサービスを活用したことで

  • 書類落ちが激減した
  • 面接に自信をもてるようになった
  • 普通は応募できない
    求人を紹介してもらえた

などいろいろなメリットがありました。

まずは気になるサービスを1〜2社登録してみると良いですよ。

既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。の画像
既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社まとめ【未経験でもしっかりサポート】 既卒・フリーターの就職に強い【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行なってい...

注意したいエージェント選び

ただし、エージェントの選び方だけは注意してください。

エージェントといえば、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「doda」などが有名ですが、これらは社会人経験がある転職者を対象としたサービスです。

そのため、「サポートは難しい」と断られるケースも多いです。

【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法
【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターや既卒、ニートや無職などで正社員経験がない(少ない)と、dodaをはじめ...

ですから、「未経験者を専門としているサービス」を活用してください。

そうすれば、きちんとサポートをしてくれますし、フリーターやニートから就職するコツをしっかり教えてもらえますよ。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉 
愛知 大阪 兵庫 広島 福岡 
宮城 岡山 札幌 石川
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事