既卒フリーター就活の悩み

「フリーターの自分が情けない…」と感じたときが実はチャンスという話

ダイスケ

就職ナビゲーターのダイスケです。

「フリーターの自分が情けない…」
と落ち込んでいるなら、この記事が役立つかもしれません。

今回は、フリーターで情けないと感じたときこそチャンスかもしれない!というお話しです。

情けないと感じたときこそフリーターを抜け出すチャンス!?

フリーターの自分が情けない。。。

いったいどうしたらいいんだろう…。

こんなふうに悩んでいませんか?

  • 周りの友達はみんな就職してしまった
  • お金がなくてアルバイト漬けの日々
  • 親や親戚にも合わせる顔がない

…など、フリーターの自分が情けなくなる瞬間ってありますよね。

 

実はぼくも学校卒業後はフリーターになり、3年アルバイトをしたあとに就職しました。

いつまで経ってもフリーターだよね、と彼女に別れを告げられたり、気まずくて実家に帰れず正月を一人寂しく向かえたり、、、

自分が情けなくて落ち込んだことを思い返すと、数え切れないほどです。

 

ただ、そんな経験から言えるのは、「情けない思い」を強く感じたときこそ、フリーターを抜け出すチャンスだということなんです。

  • どうして情けない思いはチャンスなのか
  • チャンスを活かすための思考法

をお話ししていきますね。

「情けない…なんとかしなきゃ!」強い思いがフリーターを抜け出すモチベーションになる

でも、どうして、情けないと感じたことがフリーターを抜け出すチャンスなの?

と思った人は多いはずです。

 

その理由は簡単です。

情けない自分に嫌気が差して、「これじゃダメだ、なんとかしなきゃ!」と思っている今のあなたは、フリーターを抜け出すモチベーションがとても高い状態だからです。

 

フリーターを抜け出すときは、

  • 就職へのモチベーション
  • 強い危機感

が大きな力になります。

 

「情けない自分をなんとか変えたい」「もう情けない思いはしたくない」と本気で思っていればいるほど、就職に対して真剣になれるはずです。

本当に情けないと思っている今は就職チャンスが大きい

きっとあなたも、これまで1度や2度は、

  • 「就職したほうがいいのかな」
  • 「そろそろ将来のために正社員になろうかな」

と考えたことはあると思います。

 

しかし、それを行動に移せなかった(行動に移すのが難しかった)のは、モチベーションや危機感がそこまで強くはなかったからではないでしょうか?

 

つまり、本当に「自分が情けなくてしょうがない!」と思っている今こそ、就職チャンスは大きいというわけなんです。

 

もちろん、フリーターが正社員で就職するのは、はっきり言えば難しいです。いろいろ苦労することもあります。

でも、「情けない自分は嫌だ。この状況を変えたい」という気持ちがあれば、就活を乗り切ることができますよ。

「フリーターの自分が情けない」というイメージをプラスに変えて就職チャンスを活かそう

”情けない”という気持ち⇒

強い危機感や就活のモチベーションになる⇒

就職チャンスが広がる!

ということはお分かりいただけと思います。

 

しかし、「フリーターの自分が情けない」という気持ちをそのまま就活に持ち込んでしまうと、面接官や採用担当者にマイナスのイメージを与えることは頭に入れておきましょう。

 

例えば、就職理由を聞かれたとき、

とにかくフリーターの自分が情けなくて、、、

情けない自分を変えたくて就職することを決意しました。

こんな自己アピールをしたらどうでしょう。

 

真剣な思いは伝わるかもしれませんが、単なる自己満足で終わっている印象を与えてしまうかもしれません。

劣等感が強調されると、相手に良いイメージを与えられません。

 

なので、「自分が情けない」という気持ちをプラスに変えるために、

  • 情けない経験から何を学んだか
  • その経験を就職先でどう活かせそうか
  • 今後は就職してどうしていきたいのか

を併せて考えてみてください。

この思考が身につくと、フリーターのマイナス点をプラスに変えやすくなります。

 

例えば、「どうして就職することなくフリーターをしているのか?」と質問されたときも、

  • 就職しない経験から何を学んだか
  • その経験を就職先でどう活かせそうか
  • 今後は就職してどうしていきたいのか

に沿って回答すれば、マイナスの過去があってもプラスの印象を残しやすくなります。

 

万能に使える考え方なので、就職チャンスを活かすために頭に入れておくと良いですよ。

情けないフリーターを抜け出すには「しっかり情報を集める」ことが大切

さてここまで、

  • どうして情けない思いはチャンスなのか
  • チャンスを活かすための思考法

についてお話ししてきました。

 

しかし、

就職したい気持ちはあるけど、

正直どう進めたら良いのかわからない。。。

不安なんだけど。

という人は多いと思います。

 

そこでまずはやっておきたいことは、「しっかり情報を集める」ということです。

 

具体的には、

  • 自分はどんな仕事に向いているか、興味があるかを明確にする
  • 就職しやすい業界や求人を集めてみる

このあたりですね、

 

いくらフリーターでも、「とにかく就職さえすれば良い」というわけではないですよね。

就職してから「やっぱり続けられない…」となったら意味がありません。

 

まずは、

フリーターでも就職しやすい業界や仕事の求人を集める。

その中から、

  • 自分が興味のある仕事
  • 適正がありそうな仕事

を選ぶ。

この方法が就活を成功させる秘訣なんです。

 

ただ、これをひとりでやるのは大変です。

自分に向いている仕事や適正がわからない人は多いでしょうし、就職しやすい業界や求人を見極めるのも難しいです。

 

なので、就職支援サービスを活用するのがおすすめです。

就職支援サービスというのは、

  • ハローワーク
  • 就職エージェント

などのことで、キャリアアドバイザーやカウンセラーが、直接就活をバックアップしてくれる仕組みのサービスですね。

 

とくに、フリーターの就職に特化した就職エージェントを使えば、自己分析を手伝ってくれたり、希望や適正に合った就職しやすい求人を紹介してもらえます。

 

また、就職エージェントのキャリアアドバイザーは、大抵紹介する企業を訪問するなどして採用担当者と打ち合わせをしています。

そのため、詳しい内部情報や職場の雰囲気、上司の人柄などを教えてくれたりもします。

そういう意味でも、まずは就職エージェントを活用して情報を集めてみると良いですよ。

情報を集めるために使いたい就職エージェント

フリーターや既卒者専門の就職支援サービスでおすすめできるのが、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」

フリーターの就職支援ハタラクティブ

フリーター専門だけあって、就職活動の初歩的からアドバイスしてもらえるので安心です。

”就職支援サービス”というと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、ハタラクティブはそんなことがなく、フレンドリーな雰囲気でおすすめ

もちろん、しっかり仕事を紹介してくれて情報も確かなので、とても使えるサービスですよ。(ただし関東1都3県限定のサービス。東京・神奈川・千葉・埼玉がサポート対象です。)

まずは気軽に相談してみると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする