既卒フリーター就活の悩み

フリーターは何歳まで続けて大丈夫?その答えの出し方

フリーターは何歳まで続けて大丈夫?その答えの出し方
ダイスケ

20代専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「フリーターって何歳まで続けていいのか…!?」
これは悩みますよね。

この記事では、
「フリーターを何歳まで続けるかの答えの出し方」
をお伝えします。

フリーターを何歳まで続けていいのか、不安…

何歳までフリーターでいて大丈夫なんだろう?

そろそろ就職しないと将来が危ない?

フリーターをしていると、ふと「この生活を何歳まで続けていいのだろう」と考える瞬間がありませんか?

20代前半だと、25歳がひとつ節目になりますし、
20代中盤以降は、30歳が迫るにつれて不安になると思います。

 

この記事では、フリーターを何歳まで続けたらいいかを考えた時、
どこにポイントをしぼって答えを出したらいいのか、フリーターから正社員になる限界はどこか、についてお話しています。

まとめると。。。

  • なぜフリーターを続けているのかをまずは考える
  • フリーターから正社員を目指す限界は29歳が目安

何歳まで続けたらいいかよりもなぜフリーターを続けているかを考えよう

何歳まで続けたらいいかよりも なぜフリーターを続けているかを考えよう

フリーターをしている人には、それなりの「フリーターを続ける理由」があるはずですよね。

よくあるのものでは、

  • バンド活動などをしていて目指す職業がある
  • 他にやりたいことがある
  • 正社員として働くのに抵抗がある

など、さまざまだと思います。

 

しかし、その理由が「本当に芯の通ったものなのか」を一度考えなおしてみることはとても大切です。

「バンド活動があるから、自分はフリーターをしている」

「他にやりたいことがあるから、就職はしない」

これを言い訳に、無意識に正社員として働くことから逃れようとしてはいないでしょうか。

 

夢を追い続けることは、個人の自由。何歳まででも出来ます。
しかし、夢を受け入れる側はいつまでも待ってくれるわけでもありません。

「フリーターは何歳まで続けられそうだから、この歳まではがんばる」
という考え方も場合によってはアリかもしれませんが、、、

本当にやりたいことがあるのであれば、「フリーターは何歳まで」云々ではなく、期間をしっかりと設定して、そこに全てをかけるぐらいの意気込みが必要ではないでしょうか。

 

「フリーターは何歳まで?」という話からは若干脱線してしまいますが、本当に目指す職業ややりたいことがあるなら、一度考えてみてくださいね。

 

一方で、フリーターを続ける理由がハッキリせずに「なんとなく」続けているのなら、次に紹介するフリーターが直面する問題に目を向けてみることが大切です。

何歳までフリーターを続けるか考えるときに知っておきたいフリーターが抱える問題

何歳までフリーターを続けたらいいかを考えるときにもうひとつ大切なのは、フリーターを続けることの問題に目を向けておくことです。

将来に対して何も問題がないのであれば、
正社員でなくフリーターであろうが誰も気にしませんよね。
でも、フリーターであり続けると、次のような問題が待っています。

フリーターを続ける上で最も不安なのが経済的な問題

フリーターを続ける上で最も不安なのが 経済的な問題

フリーターが一生で稼ぐ生涯賃金は、約6000万円と言われています。
これが多いのか少ないのか分かりにくいので、簡単に計算してみましょう。

20歳から働き始めて、80歳まで生きたとして、60年間は生活費がかかると仮定した場合。。。

6000万円÷60年間=100万円/年

単純に考えると、1年100万円で生活しなくてはいけません。
1ヶ月で考えると、10万円に満たず、とても苦しいことが分かります。

 

これに対して正社員の生涯賃金は、約2億6000万円前後と言われています。
同じように計算してみましょう。

2億6000万円÷60年間=433万円/年

単純に考えると、1年433万円で生活できる計算になります。
1ヶ月で考えると、36万円と決して苦しい生活ではありません。

実際は、こんな単純にはいきませんが、フリーターでは生活そのものが経済的にかなり厳しく、正社員とは4倍近い差が生まれることが想像できます。

 

20代のころはあまり実感がないかもしれませんが、年が上がるにつれて正社員との差は大きく広がっていくことは早い内に知っておくべきです。

正社員になるのが遅ければ遅いほどに不利になるので、「フリーターは何歳まで」ということ以前に、経済的に心配したくないなら、一ヶ月でも早く正社員として働いたほうが有利です。

フリーターも不安になる年金や結婚などの将来を左右する問題

フリーターも不安になる 年金や結婚などの将来を左右する問題

経済的な問題と繋がっていますが、「年金」についても考えておくべきです。
「老後のことなんてまだ考えられない」という気持ちも分かりますが、年金は、現実問題として老後の経済的な支えとなるからです。

 

年金受給資格を得るためには、70歳までに25年分の年金を納める必要があります。

先のことを考えすぎるのも時にマイナスになりますが、年金未納は、自分のためにはならないと考えておくことが大切です。

 

もうひとつ、フリーターにとって「結婚」も大きな壁になってしまうかもしれません。

一生独身を貫くのであれば、関係ないかもしれませんが、ひとりでずっと暮らすのは寂しいものですし、いつ結婚したい相手ができるかわかりません。

そんな時、フリーターでいることはかなりのマイナスになることは、データが示しています。

 

正社員が40%の結婚率なのに対して、非正規雇用者の結婚率は10%を少し越える程度。

 

また、年収別の結婚率をみても、年収が高いほどに結婚している率は高くなる傾向がハッキリ分かります。

 

結婚後はお金がかかるものですし、
子どもができるとさらに出費は増え、責任も大きくなります。

必ずしも正社員であれば結婚できるわけではありませんが、相手はもちろん、相手の家族などの理解が得やすく、社会的信用が得やすいことなど、正社員就職が結婚において大きなアドバンテージになることは確かです。

フリーターから正社員を目指せるのは29歳までが目安!?

フリーターから正社員を目指すのは 29歳までが目安!?

フリーターを何歳まで続けるかを考えている人は、
「何歳までならフリーターから正社員を目指せるの?」が気になるはずです。

 

結論からいうと、「29歳まで」がひとつの目安になると思います。

 

その理由のひとつは、管理人はフリーターから正社員就職をしたときに様々な就職サービスを利用しましたが、「未経験者は20代まで」という話を散々聞かされましたからです。

また、フリーター専門の人材紹介会社を利用したときも、「30歳を越えると紹介できる求人が極端に少なくなる」という説明を受けたこともあります。

 

実際に調べてみると、フリーターを専門に就職支援してくれるサービスは、基本的には20代まで、としている会社が多いです。

ですから、「フリーターから正社員就職できる可能性が高いのは29歳まで」と目安にしておくことをおすすめします。

 

ただし、決して、29歳までならフリーターしていて大丈夫、正社員としていくらでも雇ってもらえる、というわけではありません。

未経験者を受け入れる企業は、年齢が若い人を好む傾向にあります。
そのため、30代を超えると求人数がぐっと減ってしまう、というだけで、20代であれば誰でもOKなわけではありません。

 

29歳までが目安とは言いましたが、就職活動は早ければ早いほうが、有利になるのは確実です。
その辺を頭に入れた上で、あなたにとって何歳までフリーターを続けることがリスクが少ないのかをしっかり考えてみてはいかがでしょうか。

 

また、「30歳を過ぎてるけど、どうしたらいいの!?」という方は、こちらの記事が参考になるかもしれません。

30歳をすぎてから正社員就職を目指すためのアプローチ方法をご紹介しています。

『フリーターは何歳まで続けて大丈夫?その答えの出し方』まとめ

いかがでしたでしょうか?
フリーターは何歳まで続けるべきか、その答えを出す参考になれば嬉しいです。

 

もしも、「そろそろ就職活動したい」というなら、就職支援サービスを徹底的に活用しましょう。

就職に関しては誰もが最初は素人なので、どうやって進めていいかわかりません。

そして、普通に求人サイトを見て応募しても、それが果たして「フリーターを受け入れてくれる求人か?」がわからないので、ムダに終わることが多いです。

 

前もって就職支援サービスに相談しておけば、

  • 望みに沿った求人紹介
  • 面接や応募書類のアドバイス
  • 求人企業との連絡ややり取り

などを無料でやってくれます。

とくに、フリーター就職専門の就職支援サービス「フリーター歓迎求人」が多いのでおすすめです。

 

管理人が利用したフリーター就職専門の「ハタラクティブ」は、未経験歓迎求人や、フリーターOKの求人をたくさん紹介してもらえたので、仕事探しがしやすかったです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

担当のキャリアアドバイザーも親切で、話しやすいのもおすすめできるポイントですね。

関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の就職に特化しているため、関東圏で就職する方は登録しておくと良いですよ。

無料の会員登録は1分程度で簡単にできます。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

 

 

おすすめできる就職支援サービスは、こちらの記事にもまとめています。

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする