既卒フリーター就活のコツ

本気でフリーターを卒業したい人が頭に入れるべき3つのポイント

ダイスケ

就職ナビゲーターのダイスケです。

「フリーター生活を卒業したい…」
と思っているなら、知っておいてほしいことがあるんです。

今回は、
本気でフリーターを卒業したい人が頭にいれるべき3つのポイントをお話ししますね。

本気でフリーター卒業を考えているならチャンスはある

この記事を読んでいるあなたは、

  • 今度こそフリーターを卒業して正社員になるぞ!
  • もうフリーターは嫌だ。就職して働きたい!

こんなふうに思っているのではないでしょうか。

 

実はぼくも、学校卒業後はフリーターをしていました。3年フリーターをしたあとに就職した過去があります。

何の取り柄もなかった自分が就職できたのは、やはりあなたが今感じているような「絶対フリーターを卒業したい」という強い気持ちがあったからだと思います。

 

なので、本気でフリーター卒業を考えているなら、チャンスはあります。

 

ここからは、フリーターを卒業するために、”これだけは頭に入れておいたほうがいい”3つのポイントをお話ししていきます。

  • フリーター卒業のポイントは「スピーディーに」
  • なんのためにフリーターを卒業するか目的を明確化する
  • 卒業するために有益なツールはどんどん使う

なにか1つでも参考になれば、ぼくも嬉しいです。

「フリーターの卒業はスピーディーに」が大きなポイント!

1つめのポイントは、フリーター卒業を本気で考えているなら、なにごともスピーディーに行動したほうが良いということです。

 

”スピーディー”は具体的にどういう意味かというと、例えば、

  • 応募しようと思った求人は先延ばしにせず”今”応募する
  • 就活をはじめていないなら今日からスタートさせる
  • 長期決戦ではなく短期決戦を意識する

など、なるべく素早く就職を決めるイメージです。

 

これはどうしてかというと、「フリーター卒業は時間との戦い」という側面があるからなんです。

 

たとえばフリーターの就職率は、以下のデータを見ると分かりますが、

【フリーターの就職率(フリーター期間別・男女合計)】

  • 6ヶ月以内 64%
  • 7ヶ月から1年 58.3%
  • 1年から2年 52.2%
  • 2年から3年 58.9%
  • 3年超 48.9%

引用データ:厚生労働省HPより抜粋

フリーター歴1〜2年のうちは多少上下があるものの、フリーター歴3年を超えると、半数以上が就職できない結果になっていますよね。

それ以降は、どんどん下降していくわけです。

 

また、フリーターが就職しやすい「未経験OK」の仕事も、年齡が上がるにつれて応募できる数が減ると言われています。

25歳、27歳、を境に減少し、30歳以降はガクッと少なくなります。

なので、チャンスが大きいうちに、素早くフリーター卒業を目指す決意が大切というわけです。

 

また、これはぼく自身が感じたことですが、就活に時間をかければかけるほど、モチベーションを保つのが難しくなります。

人が集中して物事に取り組める時間は限られているので、

例えば、

  • 3ヶ月本気でフリーター卒業に掛ける
  • 半年は就職のことだけ考えて専念する

など、自分のなかで目標設定するのがおすすめ。

”スピーディー”に行動することを心がけて、フリーター卒業を目指しましょう。

なんのためにフリーターを卒業するか目的を明確化しておくことがポイント!

2つめのポイントは、「なんのためにフリーターを卒業するのか、目的を明確にしておく」ということです。

なんのために卒業するか???

目的は当然「フリーター卒業」なんだけど、、、

もしもこんなふうに思った人は注意が必要です。

 

どうしてかというと、フリーターから就職するのは、正直言って簡単ではありません。

最初のうちは、書類落ちばかり、、、面接がボロボロ、、、ということも多いです。

そうなると、フリーターを卒業したい気持ちもだんだん萎え、あきらめムード、、、なんてこともあるかもしれません。

 

そんなときに力になるのが、「なんのためにフリーターを卒業するのか」という、自分なりの目的なんです。

 

フリーター卒業は、あくまでも目的を叶えるための”目標”です。

その先に、心の底から「ああしたい」「こんなふうになりたい」という”目的”があるはずです。

 

例えば、

  • フリーターを卒業して、堂々と彼女と付き合いたい
  • 正社員になって、もっと打ち込める仕事がしたい
  • 就職してお金や将来の心配から開放されたい

など、自分なりの目的ってありますよね。

 

その目的が明確であればあるほど、就活が苦しいときに力になります。

「目的を叶えるためにフリーター卒業までがんばろう!」と思えます。

 

なので、

  • なんのために自分はフリーターを卒業したいのか
  • 卒業することで自分にどんなプラスがあるのか

をしっかり頭に思い描いておくと良いですよ。

フリーターを卒業するために有益なツールはどんどん使う!

3つめのポイントは、フリーター卒業に有益なツールはどんどん使ってみる姿勢が大事だということです。

 

先にお話ししたように、フリーターの就活は簡単ではありません。

新卒の就活と比べると就職チャンスは減っていますし、就職シーズンに一気に求人が出揃うわけでもありません。

また、企業が親切に説明会を開いてくれるのも稀な話しです。

 

基本的には自ら動いてがんばらなければ、なにも前に進まないわけです。

 

しかし、自分でひとりで就活に取り組んでも、モチベーションの維持に苦労したり、そもそも何をしていいかわからなかったりするんですよね。

なので、フリーターの就職に役立つツールを積極的に活用することが大切なんです。

 

具体的には、”就職のプロに相談できるサービス”を使うのがおすすめです。

  • ハローワーク(わかものハローワーク)
  • 民間の就職エージェント

を活用してみましょう。

 

もちろん「求人サイト」などで仕事を探すのも良いですが、膨大な数のなかから、自分に合う仕事や的確な情報を集めるのは至難の業です。

さらに就活がうまくいかないと、だんだんモチベーションも落ちてきます。

 

それに比べキャリアアドバイザーや就職アドバイザーなどに相談できるサービスは、

  • わからないことが聞ける
  • キャリア相談ができる
  • 仕事を探してもらえる
  • 書類や面接対策をしてもらえる

など、サポートが充実しているので、就活に行き詰まらずに済みます。

信頼できるアドバイザーと出会えばフリーター卒業の大きなモチベーションになるので、有効に活用すると良いですよ。

おすすめできる就職支援サービスとは!?

ちなみに、ぼくがおすすめできるのは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」というサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

既卒やフリーターなどの”未経験者”を専門的にサポートしているサービスなので、既卒の悩みや不安がとても相談しやすいです。

 

もちろん、仕事もきちんと紹介してくれますし、面接を乗り切るコツや企業の詳しい情報を教えてくれるので、安心して就活を進められます。

気さくで話しやすいキャリアアドバイザーが多いので、きっと「相談してよかった」と思うはずです。

サポートエリアは東京・神奈川・千葉・埼玉に限られているので、対象エリアで就職するならここを活用してみてください。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする