20代

『就職できない27歳フリーター』の可能性を引き出す思考法

ダイスケ

就職ナビゲーターのダイスケです!

「27歳でそろそろ就職したいのにうまくいかない、、、」と悩んでいませんか?

今回は、
就職できないフリーターの可能性を引き出す思考法
についてお話ししますね。

「27歳のフリーターは就職できない」と諦めたら後悔するのは目に見えている

就活してるけど、なかなか就職できない。。。

もう27歳だから無理なのかも…

就職できないのはフリーターだから?

20代後半になるし、焦るな。。。

あなたもこんなふうに悩んでいませんか?

 

ぼくもフリーター生活を経て就職した過去があるので、不安になる気持ちはよくわかります。

もしかしたら、「就職なんて諦めたほうがいいかも」と弱気になっている人もいるかもしれません。

 

でも、ここで諦めたら、後悔するのは目に見えています。

”27歳のフリーターだから就職ができない”なんてことは無いですし、就職がうまくいかないなら、改善策を探していきましょう。

 

そんなわけでこの記事では、就職の可能性を引き出す3つの考え方をお話ししていきます。

  • ”フリーターだから就職できない”を卒業する
  • 自分のこうしたい、ああしたいを押し出す
  • 自分に足りないポイントを見極める

どれもぼくが就活をしたときに役立った思考法です。ぜひ、参考にしてくださいね。

まずは”27歳のフリーターだから就職できない”という考えを卒業しよう

もしも、就職できない理由を、

  • もう27歳で若くないから
  • フリーター歴が長いから

こんなふうに思っているなら、まずはその考えを捨てることからはじめましょう。

 

それはなぜかというと、就職できない理由を考えたとき、

  • もう27歳で若くないから
  • フリーター歴が長いから

そこで止めてしまったら、それ以上先に進めないからです。

 

たしかに、27歳の就職は若いとは言えませんし、就活でフリーター経験はプラスになりにくいです。

しかし、改善しようがない「年齡」「今の職業」を思い悩んでも仕方ありません。

 

就職できない理由は、他にもたくさんあります。

例えば、

  • 書類の書き方に問題がある
  • 面接の受け答えが噛み合わない
  • 自己アピールがうまくできていない

など、改善できるポイントはいくらでもあるはずです

 

とくに、面接まで進む場合は、年齡や現在の職業が理由で落ちるわけではないことがほとんどです。

仮に、年齡や現在の職業が引っかかるなら、書類選考の段階で落とされるはずです。

 

なので、”27歳のフリーターだから就職できない”ではなく、自分には改善できるポイントがあると考えることで、就職の可能性はグンと広がるはずですよ。

27歳のフリーターだから就職できないと思わず「自分の”ああしたいこうしたい”を押し出す」

きっと、フリーターから就職する人のなかには、

  • どんな会社でもいいからとりあえず就職したい
  • 運良くフリーターの自分を拾ってくれる会社はないかな
  • 自分にはスキルや経験がないからなんでもいい

こんなふうに考えている人もいるはずです。

ぼくもそんなふうに思っていた時期があるので、その気持ちはわかります。。。

 

でも、就職できない理由は、もしかしたらそんな考え方にあるかもしれないんです。

 

就活では、受身の姿勢は明らかにマイナスです。

「どんな会社でもいい」「なんでもいい」「運良く」という姿勢は、面接官や採用担当者にすぐに見抜かれます。

 

精神論的な話になりますが、就職して働くことへの意気込みが足りないと、やっぱり就職活動はうまくいきません。

 

どうしてかというと、正社員経験がある転職者の評価は、前職の実績や仕事内容から目処がつきますが、

フリーターなど就職経験がない応募者の評価は、そもそも評価できる実績等が不足しているので、評価がしにくいわけです。

 

そんなとき、面接官や採用担当者は何を見ているかというと、やる気や意気込み、人間的な部分を重視しているんです。

以下のデータは、第二新卒者の採用理由を調査したデータですが、

人事が重視する理由ベスト5

  1. やる気 82ポイント
  2. ポテンシャル・将来性 79ポイント
  3. バイタリティ 74ポイント
  4. 社会人スキル 73ポイント
  5. 考え方が柔軟 60ポイント

※経験の浅い第二新卒を採用する理由ベスト5

引用データ:リクナビNEXTより一部抜粋

このように、気持ちの部分や人間的な部分を評価する内容になっていますよね。

 

なので、「自分は27歳のフリーターだし。。。」と思わずに、

  • 自分は就職してこうしていきたい
  • 就職できたらこんなふうに活躍したい

など、自分の気持ちをきちんと伝える努力をしましょう。

面接官も人間なので、真剣な気持ちが伝われば「これからがんばってくれそうだ」と思ってもらえるはずですよ。

27歳のフリーターが就職するには「自分に足りないポイントを見極める」ことが大切

もしかしたら、

やりたい仕事がない。。。

そもそも、どんな仕事に挑戦したらいいのかわからない。。。

興味が持てる仕事はあるけど、

面接でどうアピールしたらいいかわからない。。。

こんなふうに悩んでいる人もいるはずです。

  • 「27歳にもなって、やりたい仕事が見つからないなんて。。。」
  • 「フリーターだからアピールの仕方がわからない」

と不安に思っているかもしれませんね。

 

そんなときは、いくらひとりで悩んでも、就職ができない状態を抜け出すことはできません。深みにハマってしまうかもしれません。

なので、ひとりで悩まずにどんどん相談することが大切です。

 

とくにおすすめなのは、就職エージェントのサービスをフル活用することです。

 

就職エージェントを使えば、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者が、直接相談に乗ってくれます。

どんな仕事に就職したらいいか分からないなら、それをそのままキャリアアドバイザーに相談してOKですし、

アピール方法がわからなければ、その仕事や会社について詳しく聞いてみましょう。

 

名前の通り、求職者のキャリア相談に乗るのがキャリアアドバイザーの仕事です。

それぞれに合うアドバイスやサポートをしてもらうことができます。

 

でも、もう27だし、そんなサービス使っていいの?

そもそもフリーターが使える?

と思うかもしれませんが、”フリーターの就職を専門にしているサービス”であれば、きちんと対応してくれるので安心です。

 

ぼく自身、こうしたサービスを使って就活を乗り切ったので、使わないのはもったいないと思います。

こうして少しずつ努力をすれば、成果は必ず現れるはずですよ。

 

ちなみに、フリーターや既卒者の就職を専門にしている就職支援サービスでおすすめできるのが、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」

フリーターの就職支援ハタラクティブ

フリーター専門だけあって、就職活動の初歩的からアドバイスしてもらえるので安心です。

”就職支援サービス”というと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、ハタラクティブはそんなことがなく、フレンドリーな雰囲気でおすすめ

もちろん、しっかり仕事を紹介してくれて情報も確かなので、とても使えるサービスですよ。(ただし関東1都3県限定のサービス。東京・神奈川・千葉・埼玉がサポート対象です。)

まずは気軽に相談してみると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする