既卒フリーター就活のコツ

将来が不安…20代のフリーターが正社員就職する3つのコツ

将来が不安…20代のフリーターが正社員就職する3つのコツ
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

フリーターを続けていると将来が不安になりますよね。

正社員就職を考えている人は多いと思います。

今回は、
20代のフリーターが就職するコツ
についてお話ししますね。

20代でフリーターをしていることに不安を感じるならチャンスかもしれない!?

この先いったいどうなるんだろう…

20代のうちに就職しないとマズイよな…

フリーターのままだと将来が不安…

就職したいけど、どうしたらいいんだろう…

こんな不安を感じていませんか?
下記のデータは、「将来に対して不安を感じるか」というアンケートを、高校生、大学生、主婦、フリーターにとった結ですが、、、

フリーター将来に不安を感じているかアンケート結果

このように、フリーターだけ約7割、頭一歩抜き出ていることがわかりますよね。

フリーターは将来に対して不安を感じやすい職業なんです。

 

しかしです、、、

もしも今、将来に対して大きな不安を感じているなら、それはチャンスが訪れている証拠でもあります。

 

というのは、人が成長するときに不安や悩みは付きもの。「フリーターでいる不安を解消したい!」という強い気持ちが、就職活動では大きな力になるからです。

 

実はぼくも20代でフリーターから就職した経験があるので、不安や悩みを抱えるつらさが分かります。

でも、その不安や悩みがなかったら、今もずっとフリーターをしてたと思うんです。

 

なので、「フリーターをやめて就職するチャンスは今なのかも」と思って、就職活動を進めてみてください。

 

ここからは、20代のフリーターが就職するために頭に入れておくと良い3つのコツをお話ししていくので、参考にしてくださいね。

「20代のフリーターは不利かも…」を乗り越える!就職活動で強気になるコツ

「20代のフリーターは不利かも…」を乗り越える!就職活動で強気になるコツ

就職したいと思っても、「20代でフリーター、職歴もない。就職できるのかな…」と不安になる人は多いはずです。

もしかしたら、「新卒が毎年就職活動してるのに、フリーターの自分が相手にしてもらえるんだろうか…」と思うかもしれません。

 

しかし、世の中の流れとして「既卒者の就職内定率」は、

  • 2016年度既卒者 45.0%
  • 2015年度既卒者 43.2%
  • 2014年度既卒者 30.7%

引用データ:2016年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」より一部抜粋

このように、年々上がっていることが分かっています。

 

これには、「新卒者の採用が確保できないため、既卒者を採用したい企業が増えた」という、人手不足が根底にあったり、「新卒に限らず能力のある人を採用したい」という企業が増えている背景があります。

つまり、フリーターにとっては、就職しやすい環境になってきているわけです。

 

また、フリーターが就職するときは、当然職歴がある転職者もライバルになるわけですが、すべての面で劣っているわけではないです。

企業側から見れば、

  • 内定後はすぐに入社して働いてくれる
  • 変に社会人慣れしていないので1から指導できる
  • 給料を高く設定しなくてもいい

というメリットもあります。

 

もちろん、これらのメリットは企業の考え方や方針に大きく左右されますし、決して楽に就職できるわけではないですが、20代はまだまだやり直しができる年代なのは確かです。

ぼくがそうだったように、フリーターでもきちんと就活すれば正社員になることはできます。

 

なので、「フリーターの自分にも価値があって、ちゃんと必要としてくれる企業はある」と信じて就活に臨む姿勢が大切ですよ。

内定を得るコツ!企業は20代のフリーターになにを求めているかを知ろう

内定を得るコツ!企業は20代のフリーターになにを求めているかを知ろう

「自己PRをしっかり練る」「フリーターをしている理由をきちんと伝える」など、内定を得るために必要なことはたくさんありますが、ひとつ見落としがちなことがあるんです。

 

それは、「企業の視点を知ること」です。

 

「20代のフリーターに対して企業はなにを求めているか、期待しているか」を理解して就活に臨むことが、とても大事なんです。

そうしないと、自分中心で的はずれな自己PRをして失敗することが多いので注意が必要です。

 

企業は、具体的に20代のフリーターに何を求め、何を期待しているのかというと、、、

  • やる気や熱意はあるか?
  • 人間性は?人柄はいいか?
  • 会社の方針に合致しているか?

採用基準として、これら3つを重視していることが多いです。

 

アルバイト経験は評価対象になりますが、フリーターは「職歴がない」と見なされる事がほとんどなので、採用を決定づけるポイントは、上記3つの人間的な部分になることが多いんですね。

 

ですから、「就活のテクニックを駆使しよう」と意気込むよりは、基本的な「やる気や熱意」「人間性」「会社の方針を理解しているか」をきちんとアピールすることのほうが大切です。

企業の立場で考えることはついつい見落としがちなので、注意してくださいね。

20代の就活をスムーズに進めるにはフリーターでも就職支援サービスを使おう

20代の就活をスムーズに進めるにはフリーターでも就職支援サービスを使おう

ぼくは、20代のフリーターが就活をスムーズに進めるには、就職支援サービスを使うのがもっとも確実だと思っています。

 

就職支援サービスというのは、会員登録すると、キャリアアドバイザーという担当者に就職活動のバックアップをしてもらえるサービスのことで、簡単に言えばハローワークみたいなものですね。

その理由は、

  • フリーター歓迎求人を効率よく集められる
  • 面接対策や応募書類の書き方を教えてもらえる
  • フリーターが就職する悩みを聞いてもらえる
  • 就職内定までサポートしてくれる人がいてやる気がでる

こんなメリットがあるからです。

 

20代のフリーターにとって、不慣れな就職活動をひとりで進めるのは、かなり大変ですしストレスに感じて面倒くさくなるものです。

そんなとき、就職支援サービスの助けがあると、就活はスムーズにいきますし、自分ひとりでは見つけられなかった求人と出会えたりするので便利です。

将来が不安でも、キャリアアドバイザーのような就活のプロに話を聞けば、今後のプランを考えられるようになります。

 

とくに、フリーターや既卒者の就職を専門的にサポートしている就職支援サービスを使えば、きちんと対応してくれるので安心だと思います。

うまく活用して、就活を有利に進めましょうね。

20代のフリーターが使うべきおすすめの就職支援サービスは?

ちなみに、ぼくが使った就職支援サービスは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」というフリーターや既卒者を専門にしているサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

関東1都3県のみ(東京、神奈川、埼玉、千葉)サポート対象ですが、希望に合う求人をたくさん紹介してもらえました。

エンジニア、営業、事務、販売、サービス業など、幅広い求人を選べたので、今後どうするか不安でも選択肢が多いと思います。

キャリアアドバイザーも親切なのでかなりおすすめ。関東で就職するなら、ハタラクティブを使ってみてください。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする