既卒フリーター就活のコツ

英語を使った仕事に就職したい既卒・フリーターのあなたが事前に知っておくべきこと

英語を使った仕事に就職したい既卒・フリーターのあなたが事前に知っておくべきこと
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「英語を使った仕事に就きたい。。。」
英語が得意なら尚更ですが、実は注意が必要です。

どんなことに注意すべきなのか、お話ししますね。

英語力は大事なビジネススキル!でも、あなたの英語力はどんなレベル?

「英語力」は、世の中がグローバル化している中で、今まで以上に大事なビジネススキルとされています。

「有名企業が英語を公用語にした」という話題も有名になりましたし、外国人と普通にやり取りできるスキルは、今やそれほど珍しくありません。

 

既卒やフリーターから正社員就職を目指す人の中にも、留学経験があったり、語学を学んでいた人もいると思います。

 

それなら当然、

自分の語学力を生かして働きたい!

英語を使える職場に就職するのはどうだろう!

と考える人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、あなたの英語力・語学力はどんなレベルですか?

 

就職活動で大きなアドバンテージを得るには「英語ができる」と言っても、それなりに高いレベルが求められます。

また、英語力を生かして仕事をしたくても、英語だけに焦点をあてていると上手くいかないかもしれません!

それはどういうことなのか、今日はそんなお話です。

これから英語力をつけて就職活動に活かしたいと考えているなら注意!

これから英語力をつけて就職活動に活かしたいと考えているなら注意!

実は、ぼくも既卒でフリーターをしていた時期に、英会話スクールに通ってみたり独学で英語の勉強をしていたことがあります。

TOEICや英検を受けたりもしました。

 

それを始めた理由は、「なんとなく英語が話せたらいいな。。。」という気持ちと「就職活動で役に立つかもしれない」というものでした。

「資格を持っていればとりあえず職に活かせるだろう」そう信じていたからです。

 

しかし、その結果はぼくが考えていたものとは程遠いものになりました。。。

 

もし、就活を始める時点で、すでに高い英語力を身につけているならそれほど心配はありません。

でも、これから「英語力を身につけて英語を活かした就職をしたい!」と思っているなら、注意が必要です。

 

ぼくのケースだと「英語の資格をとっていったい何をしたいのか」という具体的な展望がなかったことに加え、「英語ができたらなんとかなるのでは。。。」という幻想を抱いた結果、就職活動をズルズルと先のばしする原因になってしまいました。。。

 

今、既卒やフリーターをしていて、就職活動を有利に進めるために英語の勉強を始めようとしているなら、ぼくのようにはならないように、

  • 英語を活かしてなにがしたいのか明確な目的があるか
  • 期限をシビアに決めて取り組めるか

これだけはよく考えたほうがいいですよ。

英語の仕事がしたいけれど英語力が足りない人におすすめの方法

英語の仕事がしたいけれど英語力が足りない人におすすめの方法

英語が元から得意で自信がある人ならともかく、短期間でTOEICの点数を大幅に向上させたり、実務レベルで使えるような英会話力を身につけるのはなかなか難しいです。

 

英語を使った仕事に就職する場合、就職活動で一定の評価を得るには、TOEICスコアは700点以上を取る必要があると言われています。

また、実務で英語を使って働くような環境であれば、当然そのレベルを求められます。

 

もちろん、全ては努力とやり方次第なので一概には言えませんが、英語のスキルが身につくまで就職活動をしないのも、リスキーなことのように思います。

 

例えば、今から2〜3ヶ月でスキルが身につくなら話は別ですが、1年〜2年と費やすと、その分年を重ねることにもなりますし、その間に就職して社会人として働く経験を積むほうが、後々有利かなと思うからです。

 

というのは、特別に専門的な仕事を除いて、英語をはじめとする「語学力」は、それ単体が評価されて就職できるものではありません。

 

大抵は、他に様々な能力や経験を総合的に評価して人材を採用します。

英語力だけあれば良いかというと、そういうわけではないんですよね。

 

もしも本気で英語力を身につけて仕事に活かしたいのであれば

  • 「就職をして実務経験を積みつつ英語力を高める」
  • 「後に英語を活かした仕事へと転職なり異動する」

こんな風に進んだほうが、リスクが少なくスムーズにいくかもしれませんよ。

英語を使って何ができるか?これが就職には必要!

英語を使って何ができるか?これが就職には必要!

これは、英語などの語学力に限らず、「資格」に関しても同じようなことが言えると思います。

その資格が無いと業務自体が成り立たないものではない限り、あくまで資格はプラスアルファの能力です。

 

「英語力だけあれば大丈夫 資格があれば大丈夫」ではなく、「応募企業で成果を出せる人材だと思ってもらうためにはどうしたらいいのか?」を頭に入れて、就職活動を進めることが大切です。

 

英語力に自信がある人も、それを活かして仕事をしたい場合も、英語力のアピールだけに注力しているとなかなか結果はついてきません。

  • まず自分はどんな成果を出せるか
  • 自分はどう会社の利益に貢献できるか
  • 自分の英語力を仕事でどう活かせるのか

これを全面に押し出して就職活動を進めていきましょう。

 

結局、英語も資格も「それを使って何ができるか?」が1番大事です。

それを見失わなければ、うまくいくはずです!

 

また、英語や資格を活かして就職したいと考えているなら、就職支援サービスを使って就職活動を進めましょう。

フリーターや既卒者を専門にサポートしているサービスなら、キャリアアドバイザーという担当者が

  • 希望に合った求人探し
  • 就職活動の不安や悩み相談
  • 面接の対策や応募書類のアドバイス

などをしてくれるので、英語や資格など、自分が活かしたい能力を相談してみるといいですね。

 

希望に合った仕事を紹介をしてもらえるかは分かりませんが、思っても見なかった仕事で自分の能力を活かせることに気づけるかもしれません。

サービスは無料で利用できるので、チャレンジして損はないと思います。

 

ちなみに、ぼくが利用した就職支援サービスは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」というサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

フリーターや既卒専門のサービスなので、親身に話を聞いてもらえますし、しっかりサポートをしてくれるのでおすすめです。

当然ですが、「フリーターOK」「既卒歓迎」の求人が多く、仕事選びから面接のコツまで丁寧に教えてもらえます。

サポートは関東1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定なので、関東で就職するなら活用しましょう。

会員登録は、1分程度で簡単にできますよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする