ニート就活のコツ

大卒ニート脱出の方法。就職するカギは「最初の1歩」

大卒ニート脱出の方法。就職するカギは「最初の1歩」の画像
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです。

「大卒ニートを脱出したい…」
こう思っているなら、今がチャンスです。

今回は、
大卒ニートを抜け出す就職のコツ
をお話ししますね。

大卒ニート脱出のカギになるのは「最初の一歩」

  • 一度ニートになったら、ろくな就職先はないはず…
  • 特別なスキルや経験がない大卒ニートを雇ってくれる会社はないと思う…

大卒でニート状態の人は、こんなふうに考えて、就職したくてもなかなか一歩が踏み出せないと思います。

 

ぼくも、大学卒業後にフリーター、ニート生活を2年間続けた後に就職した経験があるので、不安な気持ちがよく分かります。

毎日、「自分は一体なにやってるんだろう…」と自己嫌悪に陥っていたことを思い出します…

 

しかし、今になって思うのは、大卒ニートを脱出するために必要なのは、「就職しよう」と思って行動に移す、その一歩だということです。

一歩踏み出せば、ニート脱出って結構トントン拍子にいくものなんですよ。

 

でも、大卒ニートが就職できるの?

こう思いますよね。

ここからは、大卒ニートがとりあえず一歩踏み出すべき理由と、そのときに気をつけてほしい3つのポイントをお話しします。

とくに難しいことはないので、「大卒ニートを脱出して就職したい」と思っているなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

一歩踏み出した大卒ニートの3割は就職して正社員になっている

一歩踏み出した大卒ニートの3割は就職して正社員になっている

「ニートやフリーターが増えて社会問題になっている」よくこんな話がニュースになったり、話題に上りますよね。

そのせいか、ニートやフリーターになってしまうと、なんとなく負け組みたいな気持ちになったり、もう終わりと思ってしまいますよね。

 

しかし、実際ニートやフリーターが急増しているかというと、実はそんなこともないんです。

内閣府がまとめた「平成27年度版、子ども・若者白書」によると、

  • ニート(若者無業者)の数は2002年に急増した後はあまり変化がない状態
  • フリーターに至ってはピーク時の2003年から38万人も減少

こんなことが分かっています。
(参照元:内閣府「平成27年度版、子ども・若者白書」

 

さらに、興味深いデータとして、「1年前にニートだった人の現在の職業」を調査したものがあります。

結果を見てみると、

大学卒者 男性

  • 正規の職員・従業員 30.4%
  • パート・アルバイト 12.0%
  • 派遣社員 2.4%
  • 契約社員などその他 5.8%
  • 自営業・自営手伝いなど 1.3%
  • 家事等 0.8%
  • 求職者 27.4%
  • 非求職無業者(ニート) 18.4%

 

大学卒者 女性

  • 正規の職員・従業員 29.4%
  • パート・アルバイト 13.1%
  • 派遣社員 7.2%
  • 契約社員などその他 12.5%
  • 自営業・自営手伝いなど 0.3%
  • 家事等 0.4%
  • 求職者 14.7%
  • 非求職無業者(ニート) 20.8%

引用元:独立行政法人 労働政策研究・研修機構(データの一部抜粋)

このように、男女ともに3割近くの人が正社員として働いているんです。

そもそも「就職したい」と思っていない「非求職無業者」が約20%いますし、今も求職中の「求職者」より正社員になっている割合は高いですよね。

それを考えると、決して低い数字ではないと思います。

 

少なくとも、大卒ニート脱出のために一歩踏み出せば、チャンスはあるという証拠。世間のニートやフリーターへのイメージに囚われず、就活してみたほうが良いですよ。

そうすれば、1年後は全然違う生活を送っている可能性は高いですから。

大卒ニートが就職するとき気をつけたい3つのポイント

大卒ニートが就職するとき気をつけたい3つのポイント

さて、大卒ニートが一歩踏み出したほうが良い理由は、何となくお分かりいただけたと思いますが、、、いくら一歩が大事とは言っても、無鉄砲に就活をしても上手くいかないと思います。

そこで、就職するために最低限気をつけたい3つのポイントをお伝えするので、ここだけ気をつけて、就活をスタートさせましょう。

「どうして大卒ニートをしているのか」その理由を練っておく

応募書類や面接で、採用担当者が必ず知りたがるのは、

  • どうして新卒で就職しなかったのか?
  • なぜニート生活を送っているのか?
  • 働いていない特別な理由があるのか?

といった、大卒ニートをしている理由です。

最も答えにくい質問だと思いますが、同様に最も聞かれやすい質問でもあるので、答えを練っておきましょう。

 

大卒ニートになった理由は、ネガティブな場合が多いと思うので、次の3ステップで理由を組み立てるとうまくいくと思います。

ニートになった理由や就職しなかった理由を素直に述べる

そのことを深く反省していることを伝える (なぜ反省するに至ったかを伝えられるとベター)

どうしても正社員として社会復帰したいことを伝える (社会人として普通に働けることをアピールできればベター)

正直に過去を話して、反省を述べ、これからどうしたいかを話せば、採用担当者にその意気込みが伝わる可能性は高いので、ぜひ頭に入れておいてくださいね。

大卒ニート脱出を挫折しないための環境づくりをしておく

大卒ニート脱出を挫折しないための環境づくりをしておく

せっかく就職活動をスタートさせても、なかなか内定が取れなかったり、嫌な面接官に当たってしまったりすると、挫折してしまうこともあります。

そのまま年を重ねると、ニート脱出はますます難しくなるので、挫折しないための環境を自ら作る事も大切なんです。

 

ぼく自身がやったこと(強制的にそうなった)を例に出すと、、、

  • 後戻りできない環境に身を置く
  • 就職したらやりたいことを書き出してみる
  • 就職支援サービスを使う

これらは、かなり効果的だったと思います。

 

ぼくの場合、一人暮らしをしていたので、ニートになったときの生活費は貯金が頼り…この月までにニートはやめないと、アパート代や光熱費は確実に払えないということを計算していました。

実家に帰るという選択肢もなかったので、この環境はある意味、ニート脱出のモチベーションになった気がします…

 

基本的にニート生活を送れる人は、働かなくてもなんとかなる環境が整っているケースも多いと思うので、「それがもう無くなる」と仮定して動いてみるといいかもしれません。

 

また、就職したら金銭的に充実しますし、社会的な信用度も高くなるので、やりたいことをリストアップしておくと、頑張れる気がしてきます。

そして、就職を支援してくれるサービスを使うと、担当者とやりとりができるので挫折しにくいです。

就職支援サービスについては、このあともう少し詳しくお話ししますね。

大卒ニートから就職するときも「ブラック企業対策」だけはしておく

大卒ニートから就職するときも「ブラック企業対策」だけはしておく

最後3つ目のポイントは、就職先を決めるときはブラック企業に当たらないように気をつけたいということです。

大卒でニートをしているから、

  • 就職先なんて選べない
  • とにかく就職さえすればいい

こんなふうに思っていたり、周りから言われるかもしれないですが、ニートから就職する人こそ、就職先はきちんと選ぶべきです。

 

なぜかというと、就職先がブラック企業だったら、せっかく正社員になれてもすぐに辞めることになったり、体を壊してニート生活に逆戻りしてしまうかもしれないからです。

結局就職は、自分自身のためにすることなので、気持ちよく働ける就職先選びを目指してください。

キャリアアドバイザーに大卒ニート脱出をバックアップしてもらう

キャリアアドバイザーに大卒ニート脱出をバックアップしてもらう

さて、大卒ニートが就職するとき気をつけたい3つのポイントをお話ししてきました。

  • 「どうして大卒ニートをしているのか」その理由を練っておく
  • 大卒ニート脱出を挫折しないための環境づくりをしておく
  • 大卒ニートから就職するときも「ブラック企業対策」だけはしておく

言葉にすると簡単そうですが、、、これらをひとりで進めるのは、どうも自信がない…という人も多いはずです。

実際ぼくも、すべて1人でやるのはしんどかった記憶があります。

 

そこでおすすめなのは、先にチラッと話題にでた就職支援サービスを使うことです。

就職支援サービスを使えば、キャリアアドバイザーという担当者が、

  • 書類や面接対策を一緒に練ってくれる
  • 求人企業の細かい情報を教えてくれる
  • 自己分析やカウンセリングをしてくれる

。。。というようなサポートをしてくれるので、不安なく就職活動を進めることができます。

キャリアアドバイザーの画像

大卒ニートから就職するときは、求人選びや自己PR作成の段階で悩むと思うので、就職活動のイロハを知っているキャリアアドバイザーと繋がりがあったほうが、断然楽ですし書類も通りやすいです。

また、キャリアアドバイザーから得る企業情報は、ブラック企業対策としてかなり役立ちますね。

 

ぼくの場合は、キャリアアドバイザーに相談してから書類落ちがグンと減って、相談して1か月で2社内定をもらえたので、(それまで内定ゼロ)使ってよかったと思います。

最初の一歩として、キャリアアドバイザーと繋がりを持つのはおすすめです。

大卒ニートにおすすめできる就職支援サービスは?

ただし、就職支援サービスはたくさんあるので、必ず「ニートやフリーターなどを対象にしたサービス」を選ぶことを忘れないでください。

 

リクルートやマイナビのような、有名サービスもありますが、「社会人経験がある転職者」を対象にしていることが多いので、満足な対応をしてもらえないことがあるので注意です。

 

ぼくがおすすめできるのは、レバレジーズ株式会社が運営している「ハタラクティブ」というニートやフリーターの就職に特化したサービスです。

フリーターの就職支援ハタラクティブ

社会人経験なしでもきちんとサポートしてくれますし、ニートやフリーターに特化しているだけあって、とにかく相談しやすいのがおすすめの理由です。

幅広い求人を紹介してもらえますし、キャリアアドバイザーもフレンドリーで優しく、手厚いサポートを受けられるサービスです。

東京をはじめとして、神奈川、埼玉、千葉の関東エリアの就職に強いので、関東で就職するなら1番おすすめ。気軽に相談してみると良いですよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

 

 

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする