既卒フリーター就活のコツ

就職を目指す人材に企業が求める4つの資質。そのうち2つはフリーターに絶対必要!

企業が就職を目指す人材に求める4つの資質。そのうち2つが既卒・フリーターに絶対必要!
ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

「企業はどんな人材を求めているのか。。。」
知っておきたいところですよね。

今回は、
フリーターに絶対必要な2つの人材としての資質
をお伝えしますね。

企業は、正社員の人材を採用するときに4つの重要ポイントを求めると言われています。あなたはそれらをご存知ですか?

  • スキル
  • 実績
  • やる気
  • 人柄

企業は、この4つを兼ね備えた人材を正社員として採用したいと思っています。

 

企業としては、自社で能力を発揮できない、貢献できない人材は採用してもしょうがない。。。と思うのは当たり前です。仕事をこなすためのスキルや、成果を期待させる実績が必要と考えるのも頷けますよね。

 

しかし、既卒者やフリーターが正社員就職を目指す場合はどうでしょう!?「スキル」や「実績」という面で、どうしてもマイナス評価を受けてしまうはずですよね。

 

では、どうしたらいいのだろうか、というと、「スキル」や「実績」は動かしようのない資質ですし、下手にアピールしても中身が伴っていなくては意味がありません。

それよりは、残りの2つの資質「やる気」「人柄」に注目してみましょう。それらを最大限に応募企業に伝える努力をするのが、既卒・フリーターの就職術なのです。

スポンサードリンク

企業が求める人材として「やる気」「人柄」に注目する理由とは!?

企業が求める人材として 「やる気」「人柄」に 注目する理由とは!?

「スキル」や「実績」が伴っている人材は、企業に無くてはならない存在です。企業が採用活動するときは、明確に「これだけのスキルと実績を備えた人材を採用する」と決めている場合がほとんど。

そのため、求められるスキルや実績のレベルが高い求人は、残念ながら既卒者やフリーターが採用される可能性は低いです。

 

しかし、既卒・フリーターの求職者が応募すべきは、そもそもそういう求人ではありません。既卒者やフリーターから正社員を目指す求職者を受け入れたいと考えている企業の求人です。

 

そういう企業は、予め「スキル」や「実績」が不足している求職者を理解して採用活動をしています。ということは、あなたに求めるのは残りの「やる気」そして「人柄」の2つである可能性が高いのです。

スポンサードリンク

企業が求める人材として「やる気」「人柄」をアピールするために

企業が求める人材として 「やる気」「人柄」を アピールするために

では、「やる気」と「人柄」とは具体的にはどういう資質なのでしょう?そして、どう伝えたらいいのでしょう。

 

「やる気がある」というのは、当然といえば当然のことです。就職しようとしているのに、やる気が無いというのはおかしな話ですし、求職者が持つべき1番基本的な要素です。

しかし、応募書類や面接で「やる気だけはあります。がんばります。」と伝えても、なかなかその思いが伝わりにくいのが「やる気」の表現の難しいところ。

 

そこで、やる気を面接でしっかり表現するために、次のようなことを日常的に心がけてみるのがおすすめです。

  • 積極的な発言を心がける
  • 向上心を強く持つ
  • 自ら学ぶ姿勢を持つ
  • 入社することへの意欲を持つ
  • 仕事へ前向きな姿勢を持つ
  • プライベートでも前向きな行動をする

こういうことを普段から心がけておくと、面接でも自然と「やる気」オーラが出てきます。発言も積極的になり、前向きな印象を与えることができます。

やる気を言葉だけで伝えるのは意外にも難しいので、日常的に「やる気を持っている状態」に自分を持っていっておくようにしましょう。

 

また、「人柄が良い」と言っても、感じ方は人それぞれですし、仕事によっては求められるものも違ってくるので、これも実は難しい表現です。

しかし、「一般的にはどんな人柄が企業にとって好感触か!?」を、一通り確認しておいて、これも普段から気をつけるようにするのがおすすめです。

  • 信頼できる
  • 誠実
  • 謙虚
  • 気配りができる
  • 人の悪口を言わない
  • 協調性がある

これらが「企業が好感を持つ人柄」です。とくに、チームで仕事を進める機会が多い企業の場合「協調性がある」ことは必須の項目です。

 

どんな企業でも、一人で仕事を完結することは稀ですし、必ず人と人が関わりあって協力して成果を出すのが会社の仕組みです。そのため、「協調性」をはじめとする、周りへの配慮や信頼感が無い人材は敬遠されるのです。

スポンサードリンク

企業が就職を目指す人材に求める4つの資質そのうち2つが既卒・フリーターに絶対必要!まとめ

ここまでお話してきたことを頭に入れた上で「やる気」「人柄」を考え、あなたの応募書類や面接に活かしていきましょう。そうすれば、企業にとって魅力的な応募者に映るはずです。

 

そしてもちろん、あなたらしさやあなたが持つ良いところも合わせてアピールしていくことも重要です。既卒・フリーターを採用しようと考える企業は、応募者それぞれの「良い所」「伸びしろ」を見て、今後の成長を期待している側面があります。

 

もしも、自分を客観的に見ることができないのであれば、友人や家族、先輩、周りの誰かに「わたしの良い所ってなに?」「おれの長所ってどこ?」と聞いて回るのもおすすめです。

自分一人では考えつかなかった「新しい発見」があるかもしれません。

 

また、就職活動に直で結びつく「新しい発見」を得たいのであれば、就職支援サービスに登録してキャリアアドバイザーのカウンセリングを受けるのが1番の近道です。

なぜなら、キャリアアドバイザーは、あなたの話を聞いた上で、就職に関する客観的なアドバイスをしてくれるからです。
あなたに合った求人紹介もしてもらえますし、どんな仕事が向いているかも教えてくれます。

 

コチラの記事では、「どうして就職支援サービスを利用するべきなのか」を詳しくお話ししています。
きっとお役に立てると思うので、合わせてご覧ください!

 

また、以下の記事は、既卒・フリーターにおすすめできる就職支援サービスを厳選して紹介しているので、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする