既卒フリーター就活のコツ

アルバイト経験はホントに就職活動に有利?既卒・フリーターの就活術

ダイスケ

既卒専門就職ナビゲーターのダイスケです!

就職活動でアルバイト経験をアピールするときは、注意したいポイントがあるんです。

この記事では、
アルバイト経験の好印象なアピールの仕方
をお話ししますね。

フリーターが就職活動でアルバイト経験をアピールするときはコツがある

既卒者やフリーターの中には、アルバイトで生計を立ててきた人も多いはずです。

そのため、就職活動で「アルバイト経験」をアピールして仕事ぶりを認めてもらおうとする人もいますよね。

 

ぼくも、既卒フリーターとして過ごした約2年間はアルバイト生活。振り返れば、意外とたくさんの経験を積むことができましたし、役に立つ知識やスキルを学べた期間でもあります。

そして実際、就職活動では「アルバイト経験」を話題に出して、自己PRをしたりもしました。

 

アルバイトと一口に言いますが、最近では非正規雇用であっても正社員に負けず劣らずの働きぶりをする人もいます。

 

また、アルバイトがいないと会社やお店が回らないような環境で仕事をすることだってあります。

実際に職場でその仕事ぶりを見れば、アルバイトだとしても高い評価をもらってもおかしくはない人がたくさんいるとぼくは思います。

 

しかし。。。

「すべての面接で「アルバイト経験」のアピールが通用するとは限らない」ということは覚えておいたほうがいいかもしれません。

 

そして「アルバイト経験」のアピールにはちょっとしたコツがあるのです。

アルバイト経験は就職活動のアピールには不十分ということも!?

アルバイト経験は就職活動のアピールには不十分ということも!?

ぼくは、大学卒業後は約2年間、生活雑貨店にアルバイト勤務した経験があります。

アルバイトとはいえ、2年間で店舗のほとんどの業務を任されるようになり、店長の信頼を得てか新人アルバイトの指導を頼まれたりもしました。
その経験に、多少なりとも自信がありました。

 

アルバイトで積んだ経験を就職活動でアピールすれば「いい印象をもたれるに違いない」と、信じて疑うこともありませんでした。

しかし、ある面接でアルバイト経験をアピールしたところ、

面接官

アルバイトで身につけたことは正直言って役に立つかどうか・・・ウチの仕事は甘くないよ・・・

と、眉をしかめる面接官に遭遇したことがあります。

 

プラスの印象を与えるどころか「そんな甘い考えで応募してもらっても困るよ・・・」というような厳しいジャッジを下されてしまったのです。

例えアルバイトという身分であっても、実際に店舗に立ち、店を切り盛りする仕事を覚え、売上を伸ばすために試行錯誤した経験です。
新人を指導したり、普通の社員スタッフと大差なく働いてきたという自信もありました。

それでも、その現場を知らない人にとっては「アルバイトは経験としては不十分」という認識をもってしまうことはあるのです。

アルバイト経験を就職活動でうまくアピールする方法って?

アルバイト経験を就職活動でうまくアピールする方法って?

でも、それは仕方のないことなのかもしれません。
いくら「そうじゃないんですよ。。。」と自分の経験を詳しく説明したところで、相手の認識を変えることはなかなかできません。

 

あなたも、アルバイト経験をアピールしたいと考えているのであれば、せっかくのアピールが逆効果になるリスクを避けるための対策をとっておきましょう。

 

「アルバイト経験」をアピールするときは、こんな方法をとることをおすすめします。

まず自分から「アルバイト経験がそのまま役立つと考えているわけではないですが。。。」と最初に伝えてから、アピールポイントを小出しします。

例としてはこんな感じです。

応募者

アルバイト経験が活かせるほど、甘い仕事だとは思ってはいませんが、2年間続けた生活雑貨店のアルバイトでは、新人の指導を任されるなど、人を束ねるリーダーとしての経験をさせて頂きました。

というように、まずは控えめに自分のアルバイト経験の概要を伝えて面接官の様子を見ます。

 

その後に、面接官が興味を示して

面接官

リーダーというのは、新人指導の他には具体的にどんな仕事をしていたのですか?

など質問を返してくれたらチャンスです。

 

その面接官は「アルバイト経験もプラス評価する」というサイン。

詳しく自信をもって、アルバイトで積んだ経験や技術をアピールをしていけば良いでしょう。

 

ちなみに、アピールポイントをいくつも伝えようとするよりは、ひとつインパクトの残るものを絞ったほうが面接官の印象に残りやすいです。

具体的なエピソードも交えて、イメージしやすいように工夫するのもポイントです。

アルバイト経験を「本当に活かせるか」を知る方法とは!?

アルバイト経験のアピールについて、参考になりましたか?

既卒・フリーター歴が長くなった場合、就職活動までの空白期間をどう過ごしていたかは、面接官や人事担当者にとっては大きな関心事です。

アルバイトをしていた人にとっては、その経験をなんとか就職活動に生かしたいはず。

大抵の面接官は興味を示してくれるはずですが、ご紹介した通りアルバイト経験のアピールは慎重に行うに越したことはありません。

「最初は控えめに、面接官が興味をもったらどんどんアピールをする」この方程式を頭にいれておけば、きっと好印象を残せるはずです!

 

また、アルバイト経験を”本当に”どう活かせるかを知るには、自分ひとりで考えるよりも就職支援サービスに登録してキャリアアドバイザーに判断してもらったほうが良いです。

就職支援サービスに登録してキャリアアドバイザーに判断してもらったほうが良いです。

自分では、

このバイト経験は、絶対にアパレルの就職に役立つはずだ。。。

と思っていても、キャリアアドバイザーのような見る人が見れば、全く別の仕事と結びつけて「こんな仕事も紹介できます」と可能性を広げてくれることがあります。

この辺は、毎日いろいろな仕事紹介を仕事にしている人(キャリアアドバイザーなど)でなければ分からないことなので、一度話を聞いてみることをおすすめしたいです。

 

就職支援サービスに登録すれば、自分に合った求人紹介のほかにも、

  • 面接や応募書類のアドバイス
  • 就職の不安や悩み相談
  • 応募企業とのやり取り(面接セッティング)

などもしてくれるので、登録しておくと便利です。

無料ですべてやってくれるので、損することはありません。

 

ただし、フリーターや既卒者専門の就職支援サービスに登録することがポイント。そうしないと、なかなか求人紹介してもらえなかったり、サポートが受けられないこともありますから、注意してくださいね。

関東で就職するならおすすめは「ハタラクティブ」

フリーターの就職支援ハタラクティブ

レバレジーズ株式会社が運営しているハタラクティブは、既卒者やフリーター専門の就職支援サービスです。

そのため、アルバイト経験などを考慮した上で、フリーターでも就職しやすい企業の求人を紹介をしてくれます。

 

また、親切で気さくなキャリアアドバイザーが多いのもポイント。就職に関することはなんでも相談しやすくおすすめです。

サポートは関東エリア(東京、神奈川、埼玉、千葉)に限定されてしまいますが、関東で就職するならハタラクティブに登録しておけば安心ですよ。

会員登録は、下記公式サイトで1分程度で簡単にできますよ。

⇒ハタラクティブの公式サイトへ

⇒ハタラクティブの詳細はこちら

登録をすると、0120-979-185の番号で担当者が連絡をくれます。
就活サポートを優しく説明してくれるので、安心して受けて大丈夫です。
連絡の時間帯などで希望がある場合は、登録時の備考欄に記載しておきましょう。

関東以外地域でおすすめできる就職支援サービスは!?

また、関東以外で就職するなら、ジェイック(JAIC)というサービスを使ってみてください。

フリーター既卒者の就職にジェイック

こちらも職歴がない人やフリーター、既卒者などを対象にしたサービスなので、仕事を紹介してもらいやすく就活で分からないことがあっても丁寧に教えてもらえます。

離職率が低い企業を紹介してくれますし、無料の就職講座を実施しているので、就活がかなり有利になりますよ。

関東はもちろんですが、

  • 北海道
  • 宮城
  • 愛知
  • 石川
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡
  • 広島
  • 熊本

などの就職にも対応しています。(※対応地域は変わる可能性があります)

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒ジェイックの公式サイトへ

⇒ジェイックの登録の仕方はこちら

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする