ニート就活のコツ

働くならアルバイトと正社員どっち?【7つのポイントを比較してみた】

働くならアルバイトと正社員どっち?【7つのポイントを比較してみた】

ニートをやめて働きたい。。。
でも、アルバイトと正社員どっちがいい?

無職から抜け出したいな。
アルバイトよりも正社員を目指すべき?

こんなふうに悩んでいませんか?

働こうと思っても、アルバイトを始めるべきか正社員を目指すべきか、迷う方は多いのではないでしょうか。

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

実はぼくもフリーターから就職した経験があるので、気持ちはよくわかります。

アルバイトが楽だと思うだけど、正社員が安心かも。。。と悩みました。

 

どちらが正解ということはありませんが、安易に「楽できる方」「世間の常識」に流されると、あとで後悔するかもしれません。

 

そこでこの記事では、ぼくの就活経験と人事目線をもとに、

  • アルバイトと正社員を7つのポイントで比較
  • どちらを選ぶか迷ったときに考えてほしい3つのこと

これらをまとめてみました。

ダイスケ

なにかひとつでも参考になれば嬉しいです。

働くならアルバイトか正社員か7つのポイントを比較

では早速、以下のポイントについてアルバイトと正社員の比較をしていきます。

  1. 入社のしやすさ
  2. 仕事の責任
  3. 自由度(休日や残業など)
  4. 周りの反応
  5. 社会的な信用度
  6. 将来性
  7. 収入面
ダイスケ

気になるポイントを7つまとめたので、チェックしてみてください。

入社のしやすさ

1つ目は「入社のしやすさ」です。

入社のしやすさ

比較するまでもありませんが、

  • アルバイト=入社しやすい
  • 正社員=入社の難易度は高い

このような傾向が強いですね。

仕事内容や業界にもよりますが、アルバイトよりも正社員のほうが入社ハードルは高めです。

 

どうしてかというと、正社員採用は、

  • 1人採用するたびに給料の2〜3倍コストがかかる
  • 長期的に育成する必要がある
  • 簡単に解雇はできない

このような理由があるので、会社にとってはリスクが高く、慎重にならざる得ないからです。

もしも、採用した人材がすぐに辞めてしまったり、仕事が全くできなかったら、会社にとっては大損害というわけです。

 

もちろん、アルバイトも同様にリスクはありますが、正社員よりはコストがかからないため採用ハードルは低めです。

ですので、たとえニートや無職期間が長くても、受かるチャンスは正社員よりもグッと高い「アルバイト」に軍配が上がります。

アルバイト」に軍配が上がる

ただし、いくらアルバイト採用は入社がしやすいと言っても、

  • 言葉づかいなどのマナー
  • 身だしなみができていない
  • やる気がない
  • 履歴書などの書類がスカスカ
  • シフトが合わない

このような問題があると、なかなか採用してもらえないので注意してくださいね。

仕事の責任

続いて2つ目は「仕事の責任」についてです。

仕事の責任
  • アルバイト=責任は軽い
  • 正社員=責任は重い

このようなイメージです。

 

アルバイトの仕事は、基本的に「すぐにできる・誰でもできる業務」を任されるケースが多いため、責任は軽くチャレンジしやすいのが特徴です。

逆に正社員の仕事は、

  • 経験やスキルを積む必要がある
  • 人間関係を構築する必要がある
  • 大きなお金が動く・スケールが大きい

このような傾向があるため、責任の度合いは重いと言えます。

 

ここで知っておいてほしいのは、責任が軽いほう良いわけではないということです。

責任が軽いほう良いわけではない

でも、責任が重くて大変よりは、
仕事が楽でプレッシャーを感じにくいアルバイトのほう良いでしょ?

と思うかもしれませんが、責任が重い正社員のほうが、

  • やりがいや達成感がある
  • 経験やスキルを積みやすい
  • 高い給料を得やすい

という利点があるということは押さえておいてくださいね。

自由度

3つ目は、休日やプライベートなどの「自由度」についてです。

自由度
  • アルバイト=自由度が高い
  • 正社員=自由度は低い

このような傾向にあります。

 

アルバイトの場合、シフトの希望は自由が利くため、休日が取得しやすかったりプライベートの時間を確保しやすいという利点があります。

時給で給料が支払われるケースが多いので、「稼ぎたい分シフトを入れる」という働き方もできますね。

 

一方正社員の場合は、

  • 残業
  • 急な休日出勤

などがある会社も多いので、拘束時間は長めになりがちです。

残業

とくに就職したての新入社員は、自分の裁量で仕事ができるわけではないので、自由度という点ではアルバイトに軍配があがるかもしれません。

 

ただし、ぼくの経験上アルバイトは、「経済的に苦しくなりがち」「肩身がせまい」と言った理由で、本当の意味で自由な暮らしができるわけではないと思います。

このあたりは後ほど別の章でお話ししますね。

周りの反応

次は「周りの反応」についてです。

周りの反応

本人が気にしなければ問題ありませんが、個人的には、

  • アルバイト=なにかと肩身がせまい
  • 正社員=周囲の受けは良い

このような印象が強いです。

 

ぼくはフリーターだったころ、アルバイトをして働いてはいましたが、

  • 実家の両親や親戚と合わす顔がない
  • 学生時代の就職した友人と会うのが億劫
  • 付き合っていた彼女に振られる

など、ずいぶん肩身のせまい思いをしました。

 

「職業:フリーター」という肩書きは、お世辞にも胸を張れるものではありませんでした。

「自由だから」と選んだはずのアルバイト生活でしたが、実際はあまり自由な気持ちにはなれませんでした。

 

やはり、正社員のほうが周りの反応が良いですし、就活を乗り切ることで自信もつきます。

周りの反応や人間関係が気になるなら、正社員になったほうが絶対に後悔しないはずです。

社会的な信用度

フリーターから正社員になりやすい方法を選択する

社会的な信用度に関しては、

  • アルバイト=信用度は低い
  • 正社員=信用度は高い

と言えます。

 

「社会的な信用度」というのは、例えば

ローンを組む時

アパートを借りる時

クレカを作る時

このようなときに「どれだけ信用してもらえるか(借りられるか・作れるか)」の指針ですね。

 

アルバイトは、収入は正社員に劣るケースが多いですし、いつ仕事がなくなるかわからない不透明な部分があるため、社会的な信用度は低くなりがちです。

そのため、ローンが組めなかったり、クレジットカードの審査が通りにくかったり、など不便が生じます。

クレジットカードの画像

一方正社員は、ある程度は雇用が保証されていますし、一定の給料やボーナスが期待できるため社会的な信用度はアルバイトよりも高い傾向にあります。

「周りの反応」の章で話したように、いくら自由度が高いアルバイト生活も、社会的な信用度が低いことで逆に不自由だったりします。

将来性

次は「将来性」を見ていきましょう。

将来性
  • アルバイト:将来が不安・期待できない
  • 正社員:将来の予測やキャリアプランを立てやすい

 

アルバイト生活は、

  • 経験やスキルなどがさほど身につかない
  • なかなか収入が上がらない
  • 社会的な信用が得られにくい

このような理由で、年齢を重ねれば重ねるほど将来が不安になりがちです。

例えば、フリーターを10年続けたとしても、それが評価されるケースは稀ですし、むしろ、

どうしてこれだけ長くアルバイトを続けているんだろう。
なにか特別な理由があるのでは!?

という目で見られる可能性が高くなります。

 

正社員の場合は、

  • 経験やスキルが積める
  • 年齢が上がるにつれ収入も増える傾向にある
  • 自分が得意とするポジションや能力がわかってくる

このような理由でキャリアプランや将来の見通しが立てやすくなります。

将来性という意味では、正社員のほうが安心です。

収入面

最後7つ目は、「収入面」についての比較です。

収入面
  • アルバイト=なかなか給料は上がらない・すぐに頭打ちになる
  • 正社員=20代中盤からグンと伸びる傾向にある

 

ここまで何度もお話ししているように、アルバイトは収入面で不利です。

以下は、正社員と正社員以外(フリーターなど)の賃金を年代別に比較したデータです。

20台中盤から大きな差がつくことがわかりますよね。

 

一説には、フリーターと正社員では一生に稼げるお金が以下のデータのように2〜3倍とも言われています。

【フリーター】

  • 男性 6000万円
  • 女性 6000万円

【大卒正社員】

  • 男性 2億8000万円
  • 女性 2億4000万円

引用データ:ハタラクティブより一部抜粋

アルバイトは時給の伸び幅が少ないため、すぐに給料が頭打ちになってしまいます。

そのため、収入を増やすには

  • シフトを増やすしかない
  • 休日を削るしかない
  • 過酷な仕事を選ぶしかない

このようなアルバイト地獄にハマる可能性もあります。

アルバイト地獄にハマる

もちろん、お金がすべてではありませんし、世の中には正社員以上に高時給のアルバイトもあります。

ですが、給与や福利厚生などトータルで考えた場合は、正社員に軍配が上がると言えます。

アルバイトと正社員どちらを選ぶか迷ったときに考えてほしい3つのこと

さてここまで、7つのポイントをアルバイトと正社員で比較してみました。

もしかすると、

それぞれの良いところや悪いところはわかったけど、
結局どっちが良いか迷ったまま。。。

という方が多いかもしれません。

 

そんな場合は、次にお話する3つの基準をもとに「アルバイト」か「正社員」かを考えてみてください。

  1. 自分にとって何がもっとも大切かを考えてみる
  2. 「今」だけではなく「近い将来」にも目を向ける
  3. 世の中の流れを知ってベストな選択をする

自分にとって何がもっとも大切かを考えてみる

まずは、自分にとって何が1番大切かを明確にしましょう。

自分にとって何がもっとも大切かを考えてみる

例えば、

  • 「お金をたくさん稼ぐこと」が大切な人
  • 「バンド活動のために自由時間の確保」が大切な人

では、働き方のベストな答えは変わってきますよね。

お金がたくさんほしいのにアルバイトをしていたら年収を上げるのは難しいですし、自由時間がほしいのに正社員になったら幸福度は下がるばかりです。

 

もちろん実際は、

お金もたくさんほしいし、休日も多いほうがいい

このように、様々な希望があるとは思いますが、物事を決めるときは

  • 最も大切なことを叶えるための選択をする
  • 優先順位をつけてみる

これらが有効です。

ダイスケ

最初にお話ししたように、アルバイトも正社員も正解があるわけではないので、1度は自分の本心と向き合ってみると良いですね。

「今」だけではなく「近い将来」にも目を向ける

人間は誰もが、目の前の利益やリスクにとらわれがちです。

  • 「今すぐ10,000円あげる」
  • 「5年後なら100,000円あげる」

と言われたら、前者(今10,000円)を選ぶ人が多いはずです。

また、少しでも「簡単なほう」に流れやすいのも人間です。

 

しかし、アルバイトか正社員か働き方で迷っているなら、「今」だけを考えずに、近い将来に目を向けることも大切。

あとで自分のプラスになる働き方を選んだほうが後悔する可能性はグッと低くなります。

後悔する可能性はグッと低くなる

例えば、「今」だけを考えるなら、日雇いバイトで食いつなぐこともできますし、楽な仕事を選んで毎日なんとなく過ごすのもアリです

けれど、1年後そのバイトが無くなっているかもしれませんし、なんとなくフリーターを何年も続けてしまったら、経験やスキルは全く身につかずに30代、40代になってしまいますよね。

 

ですので、

  • この仕事を選んだら近い将来自分はどうなるか
  • 本当に自分が希望する生活や生き方に近づけるか

を考えてみてください。

ダイスケ

「今」辛い思いをしたり、がんばる必要があったとしても、近い将来笑えるなら必要な投資・辛抱です。

現在の就職事情を知ってベストな選択をする

最後にお伝えしたいのは、現在の就職事情についてです。

現在の就職事情について

きっと、アルバイトか正社員か迷っている方の大半は、

正社員になるのは厳しそう。。。
ニートや無職だと無理ゲー!?

とりあえずアルバイトのほうが
望みは高いかも

このように思っているはずです。

 

たしかに、最初にお伝えしたとおりアルバイトのほうが採用ハードルが低いため入社しやすいのは間違いありません。

ですが、現在の就職事情を考えると、個人的には「まずは正社員にチャレンジしてみては?」と思います。

 

なぜかというと、

  • 人手不足の企業が増えている
  • 若手採用のニーズが増えている

このような影響で、現在は未経験者やニートでも正社員になりやすい環境が整っているからです。

 

以下は、商工会議所が調査した中小企業の人手不足に関するデータです。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

このように、実に半数の企業は人手不足を抱えていることがわかっています。

 

業界別の人手不足の割合は以下のようになっています。

【業界別集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

データを見ればわかりますが、

  • 介護業界
  • 運輸業界
  • 建設業界
  • IT業界

などは人手不足が深刻化しているため、

求人が増える⇒

採用ハードルも下がる⇒

未経験者やニートにも就職チャンスが広がる

このような状況になっています。

フリーターから就職するなら知っておきたい「SEに求められること」

また、正社員採用は「大卒の新卒」が1番人気と思っている方が多いと思いますが、実は近年は、

  • 第二新卒
  • 高卒者

のほうが需要があることもわかっています。

求める人材について【複数回答】

  1. 即戦力となる中堅層、専門家 62.0%
  2. 一定の経験を有した若手社員(第二新卒等) 60.3%
  3. 新規学卒者(高卒) 40.3%
  4. 新規学卒者(大学卒、既卒) 37.9%
  5. 一般職層・非専門的な人材(パート・アルバイト等) 37.1%
  6. 管理職経験者 15.3%
  7. その他 3.2%

引用元:日本商工会議所より 

つまり、学歴や新卒という肩書きを重視する傾向は薄れているわけですね。

 

このような就職事情は、未経験者やニート、無職で正社員を目指す人にとっては大きなチャンスです。

ぼくもそうでしたが、「就活をしてみたら案外チャンスがあるとがわかった」というケースは多いので、まずはどんな就職先があるかを探ってみてください。

ダイスケ

頭で考えているよりも行動することで道は開けますよ。

今回の記事のまとめ

いかがでしたか?

  • アルバイトと正社員を7つのポイントで比較
  • どちらを選ぶか迷ったときに考えてほしい3つのこと

をお伝えしました。

アルバイトか正社員か、自分にとってベストな選択をする参考になれば嬉しいです。

 

また、正社員を目指す場合は「未経験者」の就活に強い就活サービスを使うと、就活がグッと楽になります。

以下の記事では、未経験者に特化したエージェント系サービスをまとめているので、こちらもチェックしてみてくださいね。

既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。の画像
既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。 既卒・フリーターの就職に強い「JAIC(ジェイック)」 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行なってい...
未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事