既卒フリーター就活のコツ

37歳・38歳のフリーターやニートは就職できない?【チャンスを掴む方法】

37歳・38歳のフリーターやニートは就職できない?【チャンスを掴む方法】

これ以上フリーターは厳しいけど、
37歳で就職は無理かも。。。

38歳までニートをしていたら
就職できない?

こんなふうに悩んでいませんか?

ダイスケ

はじめまして!このサイトの管理人「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

ぼくも就職前はフリーター・ニートをしていたので、不安な気持ちはよくわかります。

これから就活なんて無理ゲーではと思いますよね。

 

そこでこの記事では、ぼくの就活経験と人事目線をもとにして「37歳・38歳のフリーターやニートが就職チャンスを掴む方法」をまとめました。

  • 背伸びをせず前向きに
  • 内定の取りやすい仕事にフォーカス
  • 効率的にフリーター歴をアピール
  • 弱みに関する質問をかわす回答
  • 就活をひとりで進めない
ダイスケ

なにかひとつでも参考になればぼくも嬉しいです。

「37歳・38歳のフリーターやニートは就職できない」と悩んだら

就職チャンスを掴む方法をお伝えする前に、ひとつだけお伝えしたいことがあります。

きっと、

そもそも
37歳・38歳のフリーターやニートが
本当に就職できるの?

このような疑問を持っている方は多いはずです。

 

結論を言うと、就職できるかどうかは「今後の自分次第」と言えます。

もちろん、20代に比べれば就職できる可能性は下がっていますし、新卒のように選択肢がたくさんあるとは言えません。

ですが、30代からでも就職している人はたくさんいます。

とある機関の調査によれば、非正規の35歳〜39歳は、

  • 男性 21.9%
  • 女性 12.1%

独立行政法人 労働政策研究・研修機構調べ

が正社員になっているというデータもあります。

 

当たり前ですが、「フリーターの37歳だから」「38歳でニートだし」と諦めてしまったら可能性はゼロですよね。

しかし、就活をすることにリスクはないですし、チャレンジをすれば必ず次の扉が開きます。

 

ですので、まずは諦めずにこれからお伝えするポイントを押さえて就活を進めてみてください。

ダイスケ

諦めずに一歩踏み出すことが大切です。

背伸びをせず前向きな姿勢【37歳・38歳のフリーターやニートが大切にしたいこと】

就職チャンスを掴む1つ目のポイントは、背伸びをせずに前向きな姿勢で就活に臨むことです。

37歳・38歳のフリーターやニートが就活をする場合、

スキルは大げさに
アピールしたほうがいい?

職歴(アルバイト経験)
は盛るべき?

このように「背伸びをしなきゃ」を考える方は多いはずです。

もちろん、スキルやアルバイト経験を魅力的に伝える工夫は必要ですが、嘘やおおげさなアピールは逆効果です。

 

基本的に面接官や採用担当者は、何十人、何百人という応募者をチェックしています。

つまり、人を見る目は相当に養われています。

そのため、嘘や過大アピールは見透かされますし、「信用度」も下がります。

 

フリーターやニートの就活では、いかに「この人なら大丈夫そうだ」と信用してもらうことが大切です。

背伸びをしすぎるのはリスキーということは頭に入れておきましょう。

アピールするべきポイントとは

では、37歳・38歳のフリーターやニートが就活をする場合、どんなポイントをアピールしたら良いのでしょうか。

実は、未経験者を採用する企業は過度に職歴やスキルを求めてはいません。

そのかわり

  • 熱意・やる気
  • バイタリティ
  • 将来性
  • 人間性(信頼できるか)

このような人間的な部分を重視する傾向にあります。

未経験者は職歴やスキルの判断が難しいので、やる気やポテンシャル、人間性をチェックするというわけです。

なので、背伸びをしたアピールに頭を悩ますよりも、

  • どうしてこの会社で働きたいのか
  • 入社後はどんな活躍をしたいか
  • 自分はどんな人間でなぜ信頼できるか

このあたりをきちんと伝えられるように準備することをおすすめします。

ダイスケ

基本的なことかもしれませんが、もっとも大切なポイントです。

37歳・38歳のフリーターやニートが内定を取りやすい仕事にフォーカスする

2つ目のポイントは、内定の取りやすい仕事にフォーカスすることです。

先にお伝えしたように、37歳・38歳のフリーターやニートは20代に比べれば就職チャンスが減っています。

つまり、仕事を選びすぎたり条件が厳しすぎると、いつまで経っても就職できない可能性が高くなってしまいます。

 

もちろん、やりたい仕事や興味がある業界を目指すのも一つの方法です。

しかし、就職できない期間が長引くのはリスキーなので、まずは内定の取りやすい仕事にフォーカスして就活を進めていきましょう。

人手が足りない業界・未経験者歓迎の割合が多い職種が狙い目

では、どんな仕事であれば37歳・38歳のフリーターやニートが内定を取りやすいのでしょうか。

それは、「人手が足りない業界」「未経験者歓迎の割合が多い職種」です。

言うまでもありませんが、人手が足りない業界は求人が増えますし、採用のハードルが低くなります。

また、人手不足解消のために給料が高く設定されるケースもあります。

これは37歳・38歳のフリーターやニートには追い風ですよね。

 

近年は、50%を超える中小企業が人手不足に陥っていると言われています。

【人員の過不足状況について】

  • 不足している 50.2%
  • 過不足はない 45.5%
  • 過剰である 3.5%
  • 無回答 0.7%

調査地域:全国47都道府県
調査対象:中小企業 4,072社
調査期間:平成27年6月1日~23日
引用データ:日本商工会議所より

とくに以下の業界は、人手不足の割合が高いことも分かっています。

【業界別集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

こうした業界を狙って求人を探すことで就職チャンスが上がるはずです。

 

また、そもそも未経験者歓迎の割合が多い職種にも目を向けることも大切です。

以下のデータは、未経験者の受け入れが多い職種を集めたものです。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

未経験者を採用する頻度が高い職種では、

  • 研修等が充実している
  • 周りに馴染みやすい
  • スキルアップしやすい

こうしたメリットもあります。

37歳・38歳のフリーターやニートが闇雲に就活をしても、なかなか内定には結びつきません。

ダイスケ

まずは内定の取りやすい仕事にフォーカスしてみることをおすすめします。

37歳・38歳のフリーターやニートは効率的に職歴をアピールする

3つ目のポイントは、効率的にアルバイト経験(職歴・学習歴など)をアピールすることです。

きっと37歳・38歳でフリーターやニートの方は、それなりにアルバイト経験を積んでいたり、資格の勉強、趣味などに時間を費やしているはずです。

しかし、就活でそうした経験をただ伝えるだけでは、良い印象を与えることはできません。

 

例えば、応募書類に以下のようなアルバイト歴を羅列したとします。

  • コンビニ店員
  • 通販のオペレーター
  • 電気店で携帯電話の販売
  • カフェのスタッフ

これでは採用担当者に

採用担当

いろいろな経験はしているけど、
何をしたい人かよくわからない。。。
長続きしないのかも

と思われてしまうかもしれません。

関連性や一貫性に着目する

そこでおすすめしたいのは、「関連性」「一貫性」に着目したアピールです。

上記のアルバイト歴で言えば、

  • 接客マナー
  • 営業力
  • 在庫管理

などが共通したスキルですよね。

コンビニエンスストアやオペレーターとして培った接客マナーをさらに磨くため、携帯販売、カフェスタッフのアルバイトにも挑戦しました。そのなかで、在庫管理や営業についても学びました。

このように「関連性」「一貫性」が認められると、採用担当者や面接官の印象はグッと上がります。

また、どんなことに注意してアルバイトや勉強に励んでいたかを伝えることも好印象を与えるコツと言えます。

ダイスケ

フリーター経験は効率的にアピールをしましょう。

37歳・38歳のフリーターやニートからの就活はひとりで進めない

最後のポイントは、就活をひとりで進めないことです。

もしかすると、

え、就活ってひとりでがんばるものでしょ?

と思った方は多いかもしれません。

たしかにフリーターやニートの就活は、自分で積極的に動かなくては前に進みません。

ですが、すべてをひとりで抱え込む必要は無いんです。

 

37歳・38歳で就職をするということは、

  • どんな仕事に応募すべきか
  • 面接を乗り切るコツ
  • 企業とのやりとり

など不安でいっぱいですよね。なにから始めていいかわからない方も多いはずです。

そんな状態でたったひとり就活をがんばったら、挫折してしまうかもしれません。

実際ぼくは、一度就活を諦めてフリーターに舞い戻った時期があります。

 

ですので、就活はひとりで進めずに就職をサポートしてくれるサービスを積極的に活用してください。

具体的には、ハローワークやサポステなどの国が運営している機関や就職エージェントなどの就活サービスの力を借りるのがおすすめです。

キャリアアドバイザーと面談

とくに一般企業が運営している就職エージェントは、求人を出している企業との結びつきが強いので、

  • 希望に沿う求人を紹介してもらいやすい
  • 書類選考なしで面接に進める
  • 好印象を与えるコツを教えてもらえる

このようなケースが珍しくありません。

 

また、どんな仕事に応募すべきかを相談できたり、企業とのやりとりまでサポートしてくれるので、就活の負担は軽くなります。

就職エージェントの担当者(キャリアアドバイザーやカウンセラー)は、紹介する企業を訪問するなどして情報収集をしているので、

  • どんな雰囲気の職場か
  • 上司になる人物の人柄
  • 面接でアピールすべきポイント

などをアドバイスしてくれたりもします。

37歳・38歳のフリーターやニートから就職を成功させるには、こうした細かな情報と挫折しない環境づくりが非常に大切です。

 

もちろん、「就活は全部ひとりでやりたい」という方にはおすすめできませんが、就職チャンスを広げるには就職エージェントを賢く活用しましょう。

既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。の画像
既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社まとめ【未経験でもしっかりサポート】 既卒・フリーターの就職に強い【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行なってい...

注意したい就職エージェントの選び方

ただし就職エージェントは、未経験者に特化したサービスを選ぶようにしてください。

エージェント系のサービスで知名度が高いのは、リクルートエージェントやマイナビエージェント、dodaなどですよね。

しかしこうしたサービスは、正社員経験のある転職者をターゲットにしているので、フリーターやニートはサポートしてもらえないケースが多くなります。

ニートやフリーターはリクルートエージェントを使える?【就活するなら必ず知っておきたいこと】
ニートやフリーターはリクルートエージェントを使える?【就活するなら必ず知っておきたいこと】 こんなふうに悩んでいませんか? リクルートエージェントは、大手「リクルート」が運営している転職エージェント。「就職...

未経験者に特化したサービスであれば、仕事を紹介してもらいやすくなりますし、親身なサポートを受けられます。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉
愛知 大阪 熊本
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする

関連記事