30代の就職

30歳で初就職を成功させる5つのコツ【初めての就活が不安な方へ】

30歳で初就職を成功させる5つのコツ【初めての就活が不安な方へ】

30歳で初めての就職を
考えている。
でも、年齢が不安だな。。。

初就職が30代なんて、
正社員は無理かも。。。

こんなふうに悩んでいませんか?

ダイスケ

はじめまして!「就職ナビゲーターのダイスケ」です。

30代で初めての就職は、いろいろ不安になりますよね。

実はぼくもフリーター・ニートから就活した経験があるので、その気持ちはよくわかります。

 

でも、たとえ30歳で正社員が未経験でも、きちんとコツを押さえて就活を進めれば必ず就職チャンスは巡ってきます。

この記事では、ぼくの就活経験と人事目線をもとに「初就職を成功させる5つのコツ」をまとめました。

  1. 就活の目的を明確化する
  2. 仕事選びを最適化する
  3. アルバイト経験と上手に伝える
  4. 何を求められているか把握する
  5. 就活をひとりで進めない
ダイスケ

なにかひとつでも参考にしてもらえたら嬉しいです!

30歳でフリーターを脱出する方法を解説【正社員で就職しよう】
30歳でフリーターを脱出する方法を解説【正社員で就職しよう】 こんなふうに悩んでいませんか? ぼくもフリーターから就職したので、気持ちはよくわかります。 とくに30歳は、...

30歳で初就職を叶えるために就活の目的を明確化する

もしかすると、

30代で初めて就職なんて
無理かもしれない。。。

と自信をもてない人は多いかもしれません。

  • 年齢的に厳しいのでは?
  • 雇ってくれる会社はある?
  • 面接をどう乗り切ったら良い?

など、悩みますよね。

 

たしかに30代の就職率は、20代と比べてグッと下がることがわかっています。

以下は、年齢別のフリーターの就職率を調査したデータですが、30代になると20%を切っています。

【フリーターの就職率】

  • 15~19歳……29.9%
  • 20~24歳……32.7%
  • 25~29歳……25.5%
  • 30~34歳……18.1%
  • 35~39歳……15.5%
  • 40~44歳……15.6%

引用元:第二の就活より

でも、よく考えてみてください。

就職している人がゼロになるわけではないですよね。30代どころか、40代になってもフリーターから就職している人はいるんです。

 

これはぼくの感覚でしかありませんが、結局フリーターや既卒から就職できるかどうかは

諦めずに就活を続けられるかどうか次第

だと思います。

就職率が下がるのは、数社面接を受けて

やっぱり自分はダメだ
年齢的にも厳しい

と年齢を理由に諦めてしまったり、そもそも最初から就活をしない人が多いからではないでしょうか。

 

逆に言えば、きちんと就活のコツを頭に入れて諦めずに頑張れば、就職できた人20%に入るチャンスはいくらでもあります。

なのでまずは、

諦めずにチャレンジすれば30歳でも初就職できる

と前向きに捉えて、就活を進めていきましょう。

就活のモチベーションになるのは「就職をする本当の目的」

そこで考えておきたいのが、就職の目的を明確化することです。

就職の目的!?
内定をもらうことでしょ!?

と思うかもしれませんが、ここで言う「目的」は少し違います。

 

きっと、30歳で就職しようと思ったのには、なにかしらの理由がありますよね。

  • フリーターを続けるのが不安になった
  • もっと余裕のある生活がしたい
  • 彼女や彼氏と結婚を考えている

こんな感じです。

例えば、漠然と「フリーターを続けるのが不安で就職を考えた」という人も、裏を返せば

安定した生活を贈って
精神的に楽になりたい

給料を上げてもっと趣味に
お金を使えるようになりたい

親や周りの人を安心させたい
認められたい

こんな目的があるはずです。

つまり、就職後に叶えたい目的に向かって就活をがんばるわけですよね。

何が言いたいかというと、30歳で初就職を叶えるのは決して簡単なことではありません。

面接がなかなか受からなかったり、書類落ちが続くことも多々あります。

そんなとき、就活を続けるモチベーションになるのは「就職をする自分だけの目的」です。

内定を取ることだけが目的になってしまうと、モチベーションは続きません。

 

なので、

就職してどんな生活を送りたいか

もしくは、

就職したら自分はどうなっているか

をはっきりイメージしておきましょう。

あくまでも「就職や就活」は、希望を叶えるための通過点に過ぎません。

ダイスケ

その希望が明確なら、多少辛くても就活を乗り切るモチベーションになります!

【就職しやすい仕事とは!?】仕事選びを最適化して30歳の初就職を成功させる

次のコツは、仕事選びの最適化です。

内定がほしいときこそ企業(求人を出している会社)の気持ちを考えることが大切

きっと、30歳で初就職を考える人の多くは、

  • 就職するなら
    自分に合う業界にいきたい
  • 好きな仕事をしたい
  • 給料の良い職場で働きたい

こんなふうに思うはずです。

間違いではないですし、挑戦してみたい業界や仕事があるならまずはトライしてみるべきです。

でも、仕事を選びすぎたり自分の考えばかり突き通すと、不採用がどんどん積み上がってしまいます。

なかなか内定が取れず、時間だけが過ぎてしまうかもしれません。

 

なので、まずは

  1. 30歳の未経験者でも
    就職しやすい仕事に目を向ける
  2. そのなかでチャレンジ
    できそうな求人にアプローチしていく

というのも一つの方法です。

狙い目の就職しやすい求人とは

では、具体的にどんな求人が「30歳の未経験者でも就職しやすい」と言えるのでしょうか?

それは、

  • 人手が足りない業界
  • 未経験者の採用が多い職種

この2つです。

人手が足りない業界は、求人が多く採用のハードルが低くなります。

そのため、経験やスキルが無かったり、年齢が高くても就職しやすい傾向にあります。

とくに以下の業界は、人手不足の割合が高く、慢性的に働き手が足りない代表例です。

【業界別集計】

  1. 介護・看護 72.2%
  2. 運輸業 60.9%
  3. 建設業 60.7%
  4. その他サービス 58.1%
  5. 情報通信・情報サービス業 56.7%

以下省略
引用データ:日本商工会議所より

まずはこうした業界に目を向けて、どんどん求人を集めてみましょう。

もしかすると、「介護」や「運輸」などは、ブラックで厳しいイメージが強いかもしれません。

でも、すべての会社がブラックというわけではありません。

きちんと情報を集めれば、入社しやすいうえに高待遇・高収入を期待できる求人も存在します。

 

また、「介護業界=介護業務」「運輸業界=運送業務」と考えがちですが、例えば、

介護業界で
事務の仕事をする

運輸業界で
営業の仕事をする

といった可能性もあります。

最初から「これはダメ!」と決めつけずに広い視野で仕事を探してしてみてください。

また、そもそも未経験者歓迎の割合が多い職種を狙うのもおすすめです。

「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

  1. 美容・ブライダル・ホテル・交通
  2. 販売・フード・アミューズメント
  3. 技能工・設備・配送・農林水産 他
  4. 保育・教育・通訳
  5. 医療・福祉
  6. 管理・事務
  7. 公共サービス
  8. 企画・経営
  9. 医薬・食品・化学・素材
  10. コンサルタント・金融・不動産専門職
  11. 営業
  12. クリエイティブ
  13. 電気・電子・機械・半導体
  14. 建築・土木
  15. WEB・インターネット・ゲーム
  16. ITエンジニア

引用元:マイナビ転職

未経験者を歓迎している職種は、就職しやすいだけでなく

  • 研修制度の充実
  • 職場への溶け込みやすさ
  • キャリアアップのしやすさ

なども期待できるので、初就職する30歳には様々なメリットがあります。

ダイスケ

仕事選びを最適化することで就職出来るチャンスはグッと上がります!

【初就職の面接で役立つ】30歳までのアルバイト経験を上手に伝える

3つ目のコツは、アルバイト経験の上手な伝え方です。

フリーター就職のための職務経歴書 サンプルはこんな感じ

30歳で初めて就職をする人の多くは、これまでに何かしらの仕事(アルバイトやパートなど)をしてきたはずです。

就活では、こうした「アルバイト経験」をアピールするわけですが、、、

実は伝え方によってはマイナスになる場合もあります。

 

例えば、以下のようなアルバイト歴があるとします。

  • コンビニ店員
  • 電気店で携帯電話の案内
  • アパレルのショップスタッフ

仮に、こうしたアルバイト歴をそのまま書類や面接でアピールすると、採用担当者に

採用担当

この人はいったい
何をしたいんだろう?
バイトを転々としているだけ。。。

こんなふうに思われてしまうかもしれません。

一貫性のない職歴は、「フラフラしていただけ」というイメージを与えてしまうんです。

 

もちろん、豊富なアルバイト経験をプラス評価する企業もあるかもしれませんが、基本的に企業の採用担当者や面接官は、

この応募者は

  • 具体的になにが優れているか
  • どんなスキルや経験があるか

をいち早く知りたいと思っています。

言葉を変えると、一貫性のあるアピールが大きなプラスになるんです。

ライバルを引き離すには必要!? 添え状(カバーレター)の書き方 まとめ

なので、アルバイト経験はそのまま羅列するのではなく、

そのアルバイトをしたことで
どんなスキルや経験を得たか

そのアルバイト経験のおかげで
どんな業務に優れているか

をきちんと伝えるようにしましょう。

先程のアルバイト経験を例にすれば、

  • 接客力(会話力)
  • 対応力(クレーム対応など)
  • 在庫管理
  • 時間管理
  • 商品知識

などが共通するスキルや経験になります。

【例】コンビニエンスストアやアパレルショップのアルバイトで「接客」と「在庫管理」、「商品知識」のスキルを磨きました。また、大手電気店で携帯電話の販売もしていたので、お客様の「クレーム処理」や「対応力」にも自信があります。

このようなアピールをすれば、接客系の一貫した経験・スキルがプラス評価に繋がります。

ダイスケ

アルバイト経験は上手に伝えて、少しでも面接を有利に進めましょう!

【30歳の初就職に必要なもの】企業に何を求められているか把握して就活を進める

次のコツは、企業に何を求められているかを把握することです。

前の章では、アルバイト経験の上手な伝えかたをお話ししましたが、、、

実はスキルや経験以上に、企業が「初めて就職する30歳」に求めるポイントがあるんです。

それはズバリ、

  • 熱意・やる気
  • ポテンシャル
  • 人間性

この3つです。

 

きっと、30歳で初就職を目指す人の多くは、

自分には目立った
スキルや経験がない。。。

だから就活が難しい

こんなふうに思うはずです。

しかし、そもそもスキルや経験を最重要とする企業は、初就職する未経験者をターゲットにはしません。

最初から、社会人経験が豊富な転職者を探すからです。

 

つまり、未経験者を採用する企業は、スキルや経験をそこまで重視していない面もあるわけです。

では、代わりに何を求めているかというと、やる気や将来性、人間的な部分なんですね。

未経験者はスキルや経験で評価がしにくい分、人間的な部分を重要視するわけです。

ここを勘違いすると、

  • 背伸びをした
    スキルアピール
  • 大げさに盛った
    経験アピール

に力を注ぐあまり、本当に伝えるべきことをおろそかにしてしまいます。

なので、まずはなによりも

  • 就職にかける想い
    (熱意)
  • 就職後にどうしていきたいか
    (ポテンシャル)
  • 自分という人間が伝わるエピソード
    (人柄)

をきちんと練っておきましょう。

それができたら、アルバイト経験などを上手に伝える努力をするのがおすすめです。

ダイスケ

就活の合否は、最終的に「熱意や人柄」で決まることも多いです!

【30歳の初就職を挫折しないコツ】就活をひとりで進めないことが大切

最後のコツは、就活をひとりで進めないことです。

繰り返しになりますが、30歳で初就職を叶えるのは決して簡単なことではありません。

面接がなかなか受からなかったり、書類落ちが続くこともあります。

しかも、

  • どんな仕事を選ぶべきかわからない
  • 面接や書類に自信がない
  • 企業とのやりとりの仕方が不安

など、悩みも尽きません。

そんな状態でたったひとり就活をがんばるのは、非常に大変です。

実際ぼくは、一度就活を諦めてフリーターに舞い戻った時期があります。

そんな経験から言えるのは、就活をひとりでがんばる必要はないということです。

 

幸い今は、フリーターの就活をじっくりサポートしてくれるサービスがいくつもあります。

  • わかものハローワーク
  • サポステ
  • 就職エージェント

などは、無料で就活を相談することができます。

キャリアアドバイザーと面談

とくに就職エージェントは、求人を出している企業と結びつきが強く、

  • 仕事を紹介してもらいやすい
  • 細かな情報をおしえてもらえる
  • 書類免除のケースもある

など、たくさんメリットがあります。

就活の不安や悩みをキャリアアドバイザーやカウンセラーが解決してくれたりもします。

 

また、面接に自信がなかったり、仕事選びで迷ったときも、エージェントの担当者に相談すれば、

担当者

面接では、
こんなアピールが好印象です。

担当者

職場の雰囲気はこんな感じだったので
◯◯さんに合っていると思います。

このように的確なアドバイスをもらえます。

 

もちろん、エージェントを使えば絶対に就職できるわけではないですし、「就活はひとりで進めたい!」という人にはおすすめできません。

ですが、エージェントを活用することで、情報収集の質はグッと上がり、自分にとって最適な職場に応募できるチャンスは確実に広がります。

ぼく自身はエージェントサービスを活用したことで

  • 書類落ちが激減した
  • 面接に自信をもてるようになった
  • 普通は応募できない
    求人を紹介してもらえた

などいろいろなメリットがありました。

エージェントは必須と思っているので、まずは1〜2社登録してみると良いですよ。

既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社をまとめました。の画像
既卒・フリーターに絶対おすすめの就職支援サービス3社まとめ【未経験でもしっかりサポート】 既卒・フリーターの就職に強い【JAIC(ジェイック)】 ジェイックは、既卒者・フリーターを専門に就職支援を行なってい...

注意したいエージェント選び

ただし、エージェントの選び方だけは注意してください。

エージェントといえば、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「doda」などが有名ですが、これらは社会人経験がある転職者を対象としたサービスです。

そのため、「サポートは難しい」と断られるケースも多いです。

【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法
【フリーターや既卒がdodaを使うのはどうなの?】迷ったときの対処法 こんなふうに悩んでいませんか? フリーターや既卒、ニートや無職などで正社員経験がない(少ない)と、dodaをはじめ...

ですから、「未経験者を専門としているサービス」を活用してください。

そうすれば、きちんとサポートをしてくれますし、30歳で初就職するコツをしっかり教えてもらえますよ。

 

とくにおすすめしたいのは、「ジェイック(JAIC)」というサービスです。

フリーター既卒者の就職にジェイック

ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。

  • 初めてでも相談しやすい
  • 離職率の低い企業を紹介してもらえる
  • 無料の就職講座を実施している

ブラック企業対策に強くバックアップもしっかりしているので、未経験でも良い企業に就職しやすいサービスです。

さらに、厚生労働省委託業者が全国でたった43社しか認めていない「職業紹介優良事業者」なので安心して利用できます。

サポート対応地域は、下記のとおり。

東京 神奈川 千葉 埼玉 
愛知 大阪 兵庫 広島 福岡 
宮城 岡山 札幌 石川
(※対応地域は変わる可能性あり)

会員登録は簡単な入力をすれば1分程度で終わります。

まずは登録をサクッと済ませて、1歩前に進みましょう。

※ジェイックは現在、世の中の情勢からWEB面談もしています。自宅にいながら安心して相談できます。

ジェイックの公式サイト
をチェックする≫

ジェイック登録の仕方はこちら

 

ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。

第二新卒エージェントneoのイメージ画像

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営しているフリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。

 

特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。

なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。

キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。

 

もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、

  • 取引企業は1万社以上
  • 1人あたり10時間以上サポート
  • 訪問済の企業だけを紹介してくれる

このように実力があるエージェントです。

求人は全国に対応しているので、うまく活用してください(登録は30秒で完了します!)。

第二新卒エージェントneo
の公式サイト>>

未経験者の就活に強い就職支援サービス3社とは!?
フリーター就職のために 通過する職務経歴書を作成するには!?

フリーターや既卒、ニートからの就職を成功させるには、未経験者の就職に特化したサービスを選ぶことが大切です。

  • 未経験歓迎の求人にたくさん出会える
  • フリーターや既卒、ニートからの就職ノウハウを教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談できる

 

こんなメリットがあるので、就職支援サービスを使わないのは損です。

未経験からの就職に強いサービスを3社厳選したので、チェックしてみてください。

厳選3社をチェックする